青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島、新潟
7県の地域情報を掲載!

青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県 新潟県
連載

連載

毎月ひとつの地域をピックアップして、その魅力を発掘するオリジナル連載コンテンツを掲載しています。実際に取材に行き、全4回に渡って、さまざまな角度からその地域の魅力をご紹介していきます。


連載の記事一覧

米沢 |【ななび連載:米沢編vol.4】ファミリーにオススメ!米沢八湯の立ち寄り湯でほっこり

米沢 |【ななび連載:米沢編vol.4】ファミリーにオススメ!米沢八湯の立ち寄り湯でほっこり

上杉家の城下町・米沢は、郊外に名湯・秘湯が点在する山形県きっての温泉天国。小野川・白布・姥湯・五色・新高湯・滑川・大平・湯の沢の8ヶ所にものぼる温泉が自噴する全国でも珍しいエリアで、「米沢八湯」の名で親しまれています。絶景を望む露天風呂や、上杉家ゆかりの温泉など、ファミリーにオススメの立ち寄り湯をご紹介します。


米沢 |【ななび連載:米沢編vol.3】伝統の織物に木製ブロック…“MADE IN 米沢”の雑貨

米沢 |【ななび連載:米沢編vol.3】伝統の織物に木製ブロック…“MADE IN 米沢”の雑貨

江戸時代の産業開発により織物の一大産地となった米沢市には、今もたくさんの工房が残っています。今回は、繊維産地ならではの布小物と帆布アイテムをご紹介。米沢市内にあるパソコン関連企業が、技術と地域資源を活かして開発した木製ブロックにも、国内外から注目が集まっています。


米沢 |【ななび連載:米沢編vol.2】米沢牛だけじゃない!米沢市の名物グルメ

米沢 |【ななび連載:米沢編vol.2】米沢牛だけじゃない!米沢市の名物グルメ

農業や畜産業が盛んな山形県米沢市は、ご当地グルメが多彩にそろう街。なかでも“米沢の味ABC”といわれるApple(りんご)、Beef(牛肉)、Carp(鯉)は、歴史ある名物グルメとして知られています。今回はさらに米沢らーめんや、伝統野菜をアレンジしたスイーツなど、米沢ならではのグルメをご紹介します。


米沢 |【ななび連載:米沢編vol.1】米沢市ってどんなところ?名所やイベントなど基本情報をチェック

米沢 |【ななび連載:米沢編vol.1】米沢市ってどんなところ?名所やイベントなど基本情報をチェック

福島との県境に横長に広がり、吾妻連峰や朝日連峰などの大自然に包まれた米沢市。戦国の雄・上杉謙信を家祖とする上杉家の城下町として発展し、今も街のあちこちにゆかりの史跡が残ります。米沢織や米沢鯉など米沢藩第9代藩主・鷹山の時代から大切に受け継がれてきた産業や食、伝統と歴史が息づく街です。


仙台 |「ななび連載:仙台編vol.4」子育て中のママにオススメ!とっておきのキッズカフェ3選

仙台 |「ななび連載:仙台編vol.4」子育て中のママにオススメ!とっておきのキッズカフェ3選

子育てに追われる日々、たまには自分の時間をもちたいもの。そんな願いをかなえてくれる、子ども連れでも安心して楽しめる、宮城県仙台市内のキッズカフェを3店舗ご紹介します。プレミアム感あふれる街なかのカフェや、家具づくりやヨガ体験でリフレッシュできるカフェなど、思い立ったらさっそく親子でおでかけしましょう。


仙台 |「ななび連載:仙台編vol.3」仙台で見つけた絵本&木のおもちゃのお店3選

仙台 |「ななび連載:仙台編vol.3」仙台で見つけた絵本&木のおもちゃのお店3選

「どんなおもちゃや絵本なら喜んでくれるのか、プロに相談しながらじっくり選びたい…。」お子さんへ手渡すアイテム選びに悩むことはありませんか?今回は、お子さんが夢中になるような絵本や木のおもちゃがそろうお店をご紹介。40年続く老舗や経験豊富なアドバイザーのいるお店で、確かなアイテムを選びましょう。


仙台 |「ななび連載:仙台編vol.2」ジェラートにかき氷♪夏の仙台でオススメのひんやりスイーツ3選

仙台 |「ななび連載:仙台編vol.2」ジェラートにかき氷♪夏の仙台でオススメのひんやりスイーツ3選

夏本番を迎え、冷たいスイーツが恋しくなる季節。今回は、ひんやりスイーツが味わえる仙台市内のオススメショップを3つご紹介します。厳選素材でつくるジェラートやふんわり食感のかき氷など、魅力的なメニューがそろうお店ばかり。涼を求めて、ぜひおでかけしてみましょう。


仙台 |「ななび連載:仙台編vol.1」仙台市ってどんなところ?名所やイベントなど基本情報をチェック

仙台 |「ななび連載:仙台編vol.1」仙台市ってどんなところ?名所やイベントなど基本情報をチェック

「杜の都」と呼ばれ、街中にビル群と緑の木々が共存する宮城県仙台市。戦国武将・伊達政宗が礎を築き、城下町の歴史を今に伝える名所旧跡が多く残ります。人口100万人を超える東北最大の都市でもあり、6つの商店街が連なるアーケード街、牛たんをはじめとしたご当地グルメ、季節を彩る祭りなど、さまざまな魅力にあふれています。


一関 |「ななび連載:一関編vol.4」子どもと遊ぶ、動物&花スポット3選

一関 |「ななび連載:一関編vol.4」子どもと遊ぶ、動物&花スポット3選

岩手県一関市には、景勝地やグルメスポットだけでなく、ファミリーで楽しめるおでかけスポットも充実しています。「館ヶ森アーク牧場」ではニワトリのたまご拾い体験、「岩手サファリパーク」ではゾウライド、「花と泉の公園」では一年を通して花を楽しめます。さまざまな体験ができる一関市のレジャースポットをご紹介します。


一関 |「ななび連載:一関編vol.3」雑貨店や老舗染め物店でショッピング

一関 |「ななび連載:一関編vol.3」雑貨店や老舗染め物店でショッピング

藩政期の面影がそこはかとなく残る一関市の中心街。ここにはオリジナルグッズを扱う老舗染め物店やハンドメイドのアクセサリー作家の手づくりグッズがそろうショップがあります。郊外に行けば、厳美渓の近くに世界中の色鮮やかなガラス製品を販売する「サハラガラスパーク」もあり、日用品からアート作品まで幅広いガラス製品が見られます。


一関 |「ななび連載:一関編vol.2」バラエティに富んだ一関の餅料理

一関 |「ななび連載:一関編vol.2」バラエティに富んだ一関の餅料理

一関市は、日常で餅を食べる食文化が溶け込み、「もちのせき」と呼ばれるほど餅好きが多いお国柄。餅料理のバリエーションはなんと300以上といわれ、そのもち食文化が「ユネスコ無形文化遺産」にも認定されています。一関市内には餅をメインメニューとした食事処も多く点在。お店自慢の餅料理を、餅の聖地で味わってみましょう。


一関 |「ななび連載:一関編vol.1」一関市ってどんな場所?

一関 |「ななび連載:一関編vol.1」一関市ってどんな場所?

岩手県への南玄関口の街、一関市。雄大な名勝地・猊鼻渓(げいびけい)と厳美渓(げんびけい)、「もちのせき」と呼ばれるほど餠を食べる文化が生活に溶け込んでいることで有名です。そして地元では「夏から秋には毎週何かが開催されている」といわれるほど、なにかしらのイベントも行なわれているそう。今回はそんな一関市の魅力をご紹介。


能代 |「ななび連載:能代編vol.4」木都能代からロケット実験場まで!地元が好きになるスポット3選

能代 |「ななび連載:能代編vol.4」木都能代からロケット実験場まで!地元が好きになるスポット3選

古くは「東洋一の木都(もくと)」と呼ばれ、現代では「バスケの街」、「宇宙の街」となった能代市には、ユニークな施設がたくさんあります。今回は能代市内にあるファミリーにオススメなおでかけ3スポットをご紹介。歴史を学ぶもよし、未来を学ぶもよし!きっと能代がもっと好きになりますよ。


能代 |「ななび連載:能代編vol.3」穴場感満載!能代市のうまいもんに出会いたいならココ!

能代 |「ななび連載:能代編vol.3」穴場感満載!能代市のうまいもんに出会いたいならココ!

秋田県能代市といえば名門・能代工業高校を擁するバスケットボールの街ですが、毎日練習に励むバスケ選手をはじめ、地元の人々の食生活を支えているのが、能代産のうまいもんの数々です。地場産の新鮮な野菜に地元でずっと愛されてきたお菓子、昔ながらの母の味…豊かな自然が育んだ、能代の味に出会ってみませんか?


能代 |「ななび連載:能代編vol.2」通いたくなる!能代市の「ファミリーOK」なカフェ3選

能代 |「ななび連載:能代編vol.2」通いたくなる!能代市の「ファミリーOK」なカフェ3選

お子さん連れでものんびりランチやお茶を楽しみたいですよね。でも、実際に行ってみないとお店の雰囲気はわかりづらいものです。そこで今回は、能代市にあるファミリーもOKなカフェをご紹介。買い物帰りにお子さんと一緒に立ち寄って、ちょっと一息してみては?


能代 |「ななび連載:能代編vol.1」能代市ってどんな場所?

能代 |「ななび連載:能代編vol.1」能代市ってどんな場所?

秋田県北西部の中心地「能代市」は、人口約5万5千人の都市。日本海に面した市の西側には、遠く中岳・八幡平を源流とする一級河川こと米代川が注ぎ、沿岸にはクロマツ約700万本の広大な防風林「風の松原」が、市街地を護るように広がっています。ここでは豊かな自然やそれを活かした産業、スポーツなど、能代市の魅力をご紹介します。


むつ |「ななび連載:むつ編vol.4」自然たっぷり!むつ市おでかけスポット

むつ |「ななび連載:むつ編vol.4」自然たっぷり!むつ市おでかけスポット

むつ市連載の最終回は、ぜひ訪れたいおでかけスポットを2つご紹介。広大な大地で自然が育んだ絶品スイーツと、壮大な科学技術の両方にふれられるのがむつ市の魅力!青森の端っこには、まだまだ魅力が詰まっていますよ。


むつ |「ななび連載:むつ編vol.3」むつ市厳選のうまいもん!

むつ |「ななび連載:むつ編vol.3」むつ市厳選のうまいもん!

青森市から車で2時間程のところにある、青森県むつ市には、昔から地元市民に親しまれている老舗人気飲食店が数多く存在します。大人もお子さんも好み、今や地元の人だけでなく青森県内外からもファンが訪れる、根強いグルメスポットをご紹介します。


むつ |「ななび連載:むつ編vol.2」薬研温泉ほか、むつ市周辺のオススメ温泉

むつ |「ななび連載:むつ編vol.2」薬研温泉ほか、むつ市周辺のオススメ温泉

青森県むつ市の周辺には大小さまざまな温泉が点在し、地元の方に広く親しまれています。風光明媚な山間の温泉郷や絶景露天風呂、アウトドアの立ち寄りに便利な日帰り温泉など、週末レジャーや小旅行にオススメの温泉をご紹介します。


むつ |「ななび連載:むつ編vol.1」むつ市ってどんな場所?

むつ |「ななび連載:むつ編vol.1」むつ市ってどんな場所?

青森県北東部の下北半島は、その形から別名「まさかり半島」とも呼ばれています。下北半島の中心である「むつ市」は3方が海に面し、釜臥山から望む夜景は青森県内随一。人口約6万人、青森県で5番目に大きい都市です。多くの景勝地、豊かな自然や信仰を集める恐山などによって、さまざまな表情を見せてくれるむつ市の魅力をご紹介します。