青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島、新潟
7県の地域情報を掲載!

青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県 新潟県

青森 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

青森 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。お子さんを連れておでかけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


青森 |「AOMORI COFFEE FESTIVAL」コーヒーで人と街を元気に!

青森 |「AOMORI COFFEE FESTIVAL」コーヒーで人と街を元気に!

青森県青森市で開催される「AOMORI COFFEE FESTIVAL」。青森県全域からコーヒーショップやロースター、パン屋さんなどの飲食店が集まり、コーヒーの力で地域活性を図るイベントです。第2回目となる2017年は、10月7日(土)に青森市昭和通り商店街で開催。フェスがもっと楽しみになるポイントをご紹介します!


青森 |「space mizuiro.inc」自然の色でつくられた、おやさいクレヨン

青森 |「space mizuiro.inc」自然の色でつくられた、おやさいクレヨン

青森県青森市にある「space mizuiro.inc」は、野菜から色を抽出してつくった自社製品「おやさいクレヨン」を中心に、原材料やデザインにこだわった文房具や雑貨を取り扱うお店。ギャラリーも兼ねていて、クリエイターによる展示やワークショップなどのイベントも多数開催中。ショッピングと一緒にアートを楽しめます。


黒石 |「黒石こみせまつり」情緒あふれる“市民手作りのまちなか文化祭”

黒石 |「黒石こみせまつり」情緒あふれる“市民手作りのまちなか文化祭”

青森県黒石市の中町こみせ通りで行われる「黒石こみせまつり」は、郷土芸能の演奏や、ご当地グルメが味わえるおまつり。例年9月の第2土曜日・日曜日に行われ、2017年は9月9日(土)・10日(日)に開催されます。そこで今回は、「黒石こみせまつり」の見どころを、意外と知られていない中町こみせ通りの魅力とともにご紹介します!


青森 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

青森 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒にお出かけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森県といえば真っ先に思い浮かぶ特産物が「リンゴ」。国内生産第1位で、もはや代名詞とも呼べるほど青森を象徴する名産品です。ですが、そのほかにも青森県は十和田市のにんにくや、カシス、そして大間漁港のマグロなど、さまざまな特産品があります。また近年注目を集めているせんべえ汁など、魅力的なご当地グルメも数多くあります。


世界で注目される、シンプルでユニークな「BUNACO」製品

世界で注目される、シンプルでユニークな「BUNACO」製品

青森県弘前市には、およそ50年の伝統をもつ工芸品「BUNACO(ブナコ)」があります。独自の製法でひとつずつ丁寧につくられた「ブナコ」製品は、エコロジーな技術が国内外で高く評価され、世界中から注目を集めるほど。弘前市にある唯一の専門ショールーム「BUNACO ShowRoom BLESS」をご紹介します。


八戸 |「八戸ポータルミュージアム はっち」八戸市民の応援拠点!

八戸 |「八戸ポータルミュージアム はっち」八戸市民の応援拠点!

青森県八戸市の中心街にある「八戸ポータルミュージアム はっち」は、八戸の地域資源をベースに、八戸市民のさまざまな活動をサポートする拠点施設。観光にも、市民活動にも、どちらにも大活躍している八戸の顔ともいえる施設です。1階から5階まで八戸づくしな「はっち」の魅力をご紹介します。


青森 |「青森ねぶた」に「八戸三社大祭」…2017年青森の夏まつりまとめ

青森 |「青森ねぶた」に「八戸三社大祭」…2017年青森の夏まつりまとめ

この夏、青森で開催される夏まつりをピックアップしてご紹介します。青森の「青森ねぶた祭り」、弘前の「弘前ねぷたまつり」、八戸の「八戸三社大祭」、五所川原の「五所川原立佞武多祭り」、むつ市大湊地の「大湊ネブタ」、田名部地の「田名部まつり」。観光などで初めて参加する方にも、地元の方にもお役立ていただけるようまとめました!


青森 |「工藤パン」挑戦が止まらないご当地製パン

青森 |「工藤パン」挑戦が止まらないご当地製パン

青森県青森市に、パンと和洋菓子の製造工場を構える「工藤パン」。青森県民から「くどパン」の愛称で親しまれ、なじみの商品を数々つくり出している有名製パンメーカーです。1932年にむつ市の小さなパン屋さんからはじまり、今やテレビにも取り上げられるほど有名に。全国からも注目が集まる「工藤パン」の魅力をご紹介します!


弘前 |「城北公園交通広場」遊びながら交通ルールを学ぼう

弘前 |「城北公園交通広場」遊びながら交通ルールを学ぼう

青森県弘前市の弘前駅から車で10分ほどのところにある「城北公園交通広場」は、ゴーカートなどの乗り物で遊べる公園です。実際の交通標識や信号機がある敷地内を走ることができ、楽しみながら交通ルールを身につけられます。


青森 |「A-line」夏のはじまりに!東北最大級のクラフトフェア

青森 |「A-line」夏のはじまりに!東北最大級のクラフトフェア

毎年7月1週末に開催されるクラフトフェア「A-line(エーライン)」が、今年も7月1日(土)、2日(日)の2日間開催されます!日本全国から集まったクラフト作家の作品が1度に楽しめる「A-line」の見どころをご紹介します!


青森 |「浅虫水族館」本州最北端の水族館で青森の海を堪能

青森 |「浅虫水族館」本州最北端の水族館で青森の海を堪能

青森市の東端にある温泉街「浅虫温泉」には、本州最北端の水族館「浅虫水族館」があります。展示生物が多種多様で、定番のイルカパフォーマンスや、むつ湾を再現したトンネル水槽が人気。生きたウニやホタテガイ、ホヤを手にとって観察できるコーナーなど、青森ならではの設備が充実した「浅虫水族館」。大人も子どもも時間を忘れて楽しめます。


青森 |「夏の健康相談窓口」

青森 |「夏の健康相談窓口」

気温の上昇とともに、食中毒や熱中症が心配なシーズンが近づいてきました。ご家族の健やかな暮らしのために、これからの季節に役立つ健康・医療に関する情報をまとめました。ぜひお役立てください。


青森 |「喫茶マロン」昔ながらの隠れた名店でいただく絶品ランチとデザートを満喫!

青森 |「喫茶マロン」昔ながらの隠れた名店でいただく絶品ランチとデザートを満喫!

青森市の中心街、しんまち通りから徒歩2分にある、「喫茶マロン」。創業47年を迎えるこのお店は、昔ながらの純喫茶として地元の人々に親しまれています。平日は働く人々、休日は家族連れや友人などのお客さんでにぎわい、「喫茶マロン」オリジナルの味がたくさんあります。


むつ |「ななび連載:むつ編vol.4」自然たっぷり!むつ市おでかけスポット

むつ |「ななび連載:むつ編vol.4」自然たっぷり!むつ市おでかけスポット

むつ市連載の最終回は、ぜひ訪れたいおでかけスポットを2つご紹介。広大な大地で自然が育んだ絶品スイーツと、壮大な科学技術の両方にふれられるのがむつ市の魅力!青森の端っこには、まだまだ魅力が詰まっていますよ。


八戸 |「八戸ブックセンター」で運命の”本との出会い”を

八戸 |「八戸ブックセンター」で運命の”本との出会い”を

「八戸ブックセンター」は、2016年12月にオープンした、全国でも珍しい本の購入ができる八戸市運営の公共施設です。中心市街地における、新たな交流と創造の拠点「八戸ポータルミュージアムはっち」からほど近いこの施設は、一般的な本屋とも、図書館とも違います。本をより魅力的にする空間「八戸ブックセンター」をご紹介します。


青森 |「お金の便利帳」

青森 |「お金の便利帳」

新生活、ゴールデンウィークなどのイベントごとが終わって、気がついたら散在していた!というご家庭も多いのでは?少しでも暮らしの経済面のやりくりを円滑にするための、お金に関するお役立ち情報をまとめました。ぜひお役立てください!


むつ |「ななび連載:むつ編vol.3」むつ市厳選のうまいもん!

むつ |「ななび連載:むつ編vol.3」むつ市厳選のうまいもん!

青森市から車で2時間程のところにある、青森県むつ市には、昔から地元市民に親しまれている老舗人気飲食店が数多く存在します。大人もお子さんも好み、今や地元の人だけでなく青森県内外からもファンが訪れる、根強いグルメスポットをご紹介します。


八戸 |「八食センター」どでか市場に港町八戸のうまいもんが大集合!

八戸 |「八食センター」どでか市場に港町八戸のうまいもんが大集合!

青森県八戸市で地元グルメを堪能できる場所といえば、捕れたて新鮮な魚介類に、八戸を代表するおみやげや贈答品がそろう「八食センター」。観光スポットの定番として知られていますが、実は地元の人にとっても繰り返し訪れたくなる魅力がいっぱいです。それでは「八食センター」の多彩な楽しみ方をご紹介しましょう。