相馬 |「斎春商店」相馬復興の感動の味!とにかくおいしい海鮮を味わおう

相馬 |「斎春商店」相馬復興の感動の味!とにかくおいしい海鮮を味わおう

福島県相馬市の松川浦に、銀座や築地にも負けない味と評判の海鮮料理のお店「齋春(さいはる)商店」があります。東日本大震災では津波による大きな被害を受けながらも再建し、遠方からその味を求め、多くのファンや著名人が訪れます。地元のママやパパに推薦されている「斎春商店」、さっそくご紹介します。


「並んでも食べたい!」福島県内外のたくさんのファンを魅了し続けるお店

土日はオープン時間の11:00には、お店の前にお客さんの列が続き、3階までの客席がいっぱいになるほどの人気ぶり!専務取締役の齋藤さんに伺うと「うちは福島県外からのお客さんも多くて、遠方からいらしても『また並んでも食べたい!』といって来ていただけるのが何よりうれしい」とお話しされます。

店内にはその日オススメの新鮮な魚介類の寿司や刺身のほか、焼き物、揚げ物、煮付けなどの豊富なメニューが並び、そのボリュームと豪華さに感動です。

近くにはこんなスポットも!

たしかな目利きで仕入れる鮮度抜群の海鮮料理

「とにかくおいしい海鮮を食べてほしい!」というお客さんへの想いとたしかな目利きで、全国から仕入れる自慢の鮮魚は、ときには利益度外視というから驚きです!

そんなありがたい「斎春の復興丼(海鮮丼・写真上)」には、北海道から生きたまま仕入れた大きなエビや、艶やかでプリプリとした新鮮なネタがぎっしり!口に入れるととろけるように甘さが広がり、脂ののったネタに負けないという赤酢のシャリが、さらにおいしさを引き立て、ドンドン箸が進みます。

そして、平日限定でお得な「日替わり定食(写真上)」は、カレイの煮付けが脂がのってふっくら肉厚!なにを食べても「おいしい!おいしい!」と言う言葉がこぼれる感動の味なんです。

安心安全な相馬復興の味

震災後から未だに試験操業を余儀なくされている相馬の漁港。少しずつお店でも懐かしい相馬の味が戻りつつあります。今年も6月から期待したいのが、2016年に5年ぶりに水揚げされ復活した「相馬名物のほっき」。

「斎春商店」では、最高級の赤酢を使用し、肉厚で美しいピンク色の見事な「ホッキ丼(写真上)」が提供され話題となりました。そのほか、ホッキサラダや天ぷら、ボリューム満点の天丼も好評で、それぞれの味が楽しめます。

相馬の漁港では水揚げした魚介類の安全性を確保するため、国の基準よりもさらに厳しい厳密なスクリーニング検査を行い出荷されます。自身も小さいお子さんをお持ちの齋藤さんは「きちんと検査している相馬の魚だからこそ、どこよりも安全と自信をもって提供できる」と語ります。その言葉に安心納得しながら、ますます相馬の味が楽しみになりますね。

お子さん連れでも大歓迎

「元気な子連れでも大丈夫ですか?」という問い合わせにも「全然よいですよ!」と、気さくに答えてくださった齋藤さん。取材時も、優しいスタッフのみなさんは、子どもにもにこやかに対応してくださりました。

また、子ども用の食器やおしぼりはもちろん「お子さまにぎり」にはデザートのサービスもあり、大人も子どもも大満足できるでしょう。お子さんが小さい方には、予約制の夜や平日ですと個室を予約できるのでオススメですし、父の日や家族の記念日にもピッタリで、豪華な料理にパパやご両親にもよろこんでもらえるでしょう。

まとめ

美しい松川浦を望む場所に位置し、旅館と鮮魚店でもある「斎春商店」。とにかおいしいこの素晴らしいお料理を宿泊で楽しんだり、新鮮な魚介類を購入することもできます。

7月には有名な「相馬野馬追まつり」が開催されるほか、周辺にはお子さんがゆったりと3,000冊の本や絵本が楽しめる、LVMH(モエネシー・ルイヴィトン)提供の「子どもアートメゾン」など話題のスポットもありますので、ご家族でゆっくり行ってみてはいかがでしょうか?

そしてなにより、「ウチは利益よりも、お客さんにとにかくおいしいものを提供しているんです!それは創業者の祖父の代から変わりません。」という、相馬の復興をけん引するような、浜の男の心意気!ぜひ味わってみてくださいね!

店舗情報

「旅館斎春商店」について詳しくはこちら
「LVMH子どもアート・メゾン」について詳しくはこちら

関連する投稿




郡山 |「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

郡山 |「仁井田本家」酒蔵なのにスイーツ?! 自然酒造りが自慢の酒蔵が手がける「糀スイーツ」

創業300年超の歴史を誇り、自然米・純米・自然派酒母すべて100%の日本酒の醸造、販売をしている「仁井田本家」。ここ数年、日本酒造りと並行して力を入れているのが、発酵食品の開発や製造で、無肥料・無農薬栽培の自然米だけでつくった「糀」のスイーツが人気を呼んでいます。


郡山 |「のんびりアルパカ牧場」遊んで食べてのんびりできる、アットホームな雰囲気の小さな牧場

郡山 |「のんびりアルパカ牧場」遊んで食べてのんびりできる、アットホームな雰囲気の小さな牧場

郡山市の静かな山あいにある施設「のんびり温泉別館イワナの里」。この施設にある「アルパカ牧場」では、アルパカや羊、ミニチュアホースなどの動物たちが、のんびり暮らしています。動物たちとふれあった後は、カフェやベーカリーでのんびりとくつろぎ、至福のひとときを過ごしてみませんか?


大玉村 |「向山製作所 大玉ベース店」ベーカリーとバターサンドが自慢!カフェ併設のスイーツショップ

大玉村 |「向山製作所 大玉ベース店」ベーカリーとバターサンドが自慢!カフェ併設のスイーツショップ

福島みやげ、福島スイーツを代表する存在のひとつとなっている「向山製作所の生キャラメル」。2018年7月、本拠地である福島県大玉村に郊外型カフェ併設の大型店「大玉ベース店」をオープン。バラエティ豊かなスイーツからカフェメニュー、本格パンまで、本拠地・大玉ベース店ならではの魅力をご紹介します!


最新の投稿


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.2】家族みんなが大満足の蔵王グルメを満喫

自然豊かな蔵王町には、大地の恵みがギュッと詰まったおいしい農産物がいっぱい!また、近隣の市町村も農業が盛んだったり、ブランド豚を飼育していたりすることから、フレッシュな食材でつくる料理自慢のお店がたくさんあります。今回はそんな蔵王町のお店のなかから、お子さんの大好物がそろう人気の3店をご紹介します。


新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟の大福は、県外の人がびっくりするほどのおいしさで知られています。新潟にはきんぴらごぼうを入れたものや、塩だけで煮た甘くないあんこが入った「おやき」と呼ばれる大福など、珍しい大福も。ただ、今回紹介するのは定番の豆大福。新潟の老舗がつくるこだわりや工夫が詰まった豆大福をぜひ食べ比べてみてください。