相馬 |「斎春商店」相馬復興の感動の味!とにかくおいしい海鮮を味わおう

相馬 |「斎春商店」相馬復興の感動の味!とにかくおいしい海鮮を味わおう

福島県相馬市の松川浦に、銀座や築地にも負けない味と評判の海鮮料理のお店「齋春(さいはる)商店」があります。東日本大震災では津波による大きな被害を受けながらも再建し、遠方からその味を求め、多くのファンや著名人が訪れます。地元のママやパパに推薦されている「斎春商店」、さっそくご紹介します。


「並んでも食べたい!」福島県内外のたくさんのファンを魅了し続けるお店

土日はオープン時間の11:00には、お店の前にお客さんの列が続き、3階までの客席がいっぱいになるほどの人気ぶり!専務取締役の齋藤さんに伺うと「うちは福島県外からのお客さんも多くて、遠方からいらしても『また並んでも食べたい!』といって来ていただけるのが何よりうれしい」とお話しされます。

店内にはその日オススメの新鮮な魚介類の寿司や刺身のほか、焼き物、揚げ物、煮付けなどの豊富なメニューが並び、そのボリュームと豪華さに感動です。

近くにはこんなスポットも!

たしかな目利きで仕入れる鮮度抜群の海鮮料理

「とにかくおいしい海鮮を食べてほしい!」というお客さんへの想いとたしかな目利きで、全国から仕入れる自慢の鮮魚は、ときには利益度外視というから驚きです!

そんなありがたい「斎春の復興丼(海鮮丼・写真上)」には、北海道から生きたまま仕入れた大きなエビや、艶やかでプリプリとした新鮮なネタがぎっしり!口に入れるととろけるように甘さが広がり、脂ののったネタに負けないという赤酢のシャリが、さらにおいしさを引き立て、ドンドン箸が進みます。

そして、平日限定でお得な「日替わり定食(写真上)」は、カレイの煮付けが脂がのってふっくら肉厚!なにを食べても「おいしい!おいしい!」と言う言葉がこぼれる感動の味なんです。

安心安全な相馬復興の味

震災後から未だに試験操業を余儀なくされている相馬の漁港。少しずつお店でも懐かしい相馬の味が戻りつつあります。今年も6月から期待したいのが、2016年に5年ぶりに水揚げされ復活した「相馬名物のほっき」。

「斎春商店」では、最高級の赤酢を使用し、肉厚で美しいピンク色の見事な「ホッキ丼(写真上)」が提供され話題となりました。そのほか、ホッキサラダや天ぷら、ボリューム満点の天丼も好評で、それぞれの味が楽しめます。

相馬の漁港では水揚げした魚介類の安全性を確保するため、国の基準よりもさらに厳しい厳密なスクリーニング検査を行い出荷されます。自身も小さいお子さんをお持ちの齋藤さんは「きちんと検査している相馬の魚だからこそ、どこよりも安全と自信をもって提供できる」と語ります。その言葉に安心納得しながら、ますます相馬の味が楽しみになりますね。

お子さん連れでも大歓迎

「元気な子連れでも大丈夫ですか?」という問い合わせにも「全然よいですよ!」と、気さくに答えてくださった齋藤さん。取材時も、優しいスタッフのみなさんは、子どもにもにこやかに対応してくださりました。

また、子ども用の食器やおしぼりはもちろん「お子さまにぎり」にはデザートのサービスもあり、大人も子どもも大満足できるでしょう。お子さんが小さい方には、予約制の夜や平日ですと個室を予約できるのでオススメですし、父の日や家族の記念日にもピッタリで、豪華な料理にパパやご両親にもよろこんでもらえるでしょう。

まとめ

美しい松川浦を望む場所に位置し、旅館と鮮魚店でもある「斎春商店」。とにかおいしいこの素晴らしいお料理を宿泊で楽しんだり、新鮮な魚介類を購入することもできます。

7月には有名な「相馬野馬追まつり」が開催されるほか、周辺にはお子さんがゆったりと3,000冊の本や絵本が楽しめる、LVMH(モエネシー・ルイヴィトン)提供の「子どもアートメゾン」など話題のスポットもありますので、ご家族でゆっくり行ってみてはいかがでしょうか?

そしてなにより、「ウチは利益よりも、お客さんにとにかくおいしいものを提供しているんです!それは創業者の祖父の代から変わりません。」という、相馬の復興をけん引するような、浜の男の心意気!ぜひ味わってみてくださいね!

店舗情報

「旅館斎春商店」について詳しくはこちら
「LVMH子どもアート・メゾン」について詳しくはこちら

関連する投稿


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


小野町 |「ACNあぶくまキャンプランド」と、「コピスCafe」でおいしい秋を楽しもう!

小野町 |「ACNあぶくまキャンプランド」と、「コピスCafe」でおいしい秋を楽しもう!

福島県小野町にあるキャンプ場「ACNあぶくまキャンプランド」では、BBQのほか、ピサ焼きや燻製づくりなどの本格的なアウトドアメニューを体験できます!また、焼き立てのパンやピザが味わえる人気のパン屋さん「コピスCafe」も併設。季節の味覚を味わいながら、オーナーさん手づくりの遊び場で遊んだり、親子で秋を満喫しませんか?


会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

会津若松 |「会津まつり」会津最大のお祭りをさらに楽しめる「会津で着物レンタル」

福島県会津若松市のシンボル・鶴ヶ城で、毎年9月下旬に開催される会津最大のお祭り「会津まつり」。メインの会津藩公行列では、豪華ゲストや地元の子どもから大人まで、約500人が武家姿に扮して市内を練り歩きます。さらに、伝統のお祭りを楽しみながら、話題の「会津で着物レンタル」をして街散策するのもオススメです。


福島 |「honey bee」アイス大好き福島っ子に大人気の絶品ジェラート!

福島 |「honey bee」アイス大好き福島っ子に大人気の絶品ジェラート!

実は、アイスの消費量が全国第2位の福島市。アイス大好き福島っ子に愛される本格ジェラートを提供する「honey bee」は、素材にとことんこだわったくだもの屋さんが運営するお店です。旬なくだものと、福島の上質なミルクを使用したジェラートレシピは、なんと100種類以上!福島のおいしいさがぎゅっと詰まっています。


福島 |郡山「柳橋歌舞伎」江戸時代から息づく伝統芸能。住民一丸となって継承する柳橋歌舞伎に感動!

福島 |郡山「柳橋歌舞伎」江戸時代から息づく伝統芸能。住民一丸となって継承する柳橋歌舞伎に感動!

福島県郡山市柳橋地区で毎年第3日曜日に開催されている「柳橋歌舞伎」。江戸時代から伝承されている伝統芸能で、役者から義太夫、衣装、三味線、音響、照明、化粧など、すべて住民が行っています。地域住民が一丸となって継承する、郡山市の重要無形民俗文化財にも指定された「柳橋歌舞伎」をご紹介します。


最新の投稿


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.2】久慈に行ったら必食!絶対にはずせない三大グルメ

岩手県久慈市は、世界有数の漁場として知られる三陸沖の魚介、テレビドラマ『あまちゃん』で注目を集めた郷土料理「まめぶ汁」、さらには豊かな森が広がる山間部では赤身がおいしいブランド牛「短角牛」と、グルメが充実した街でもあります。そんな久慈のおいしさを満喫するグルメ旅へでかけましょう。


蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

蔵王 |「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」で絶景に出会える非日常体験を!

世界でも数ヶ所でしか見られない冬の自然現象・樹氷。宮城県蔵王町にある「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で行なわれるツアー「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」では、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの樹氷を間近で見られます。観賞後は、レストハウスの名物メニューと蔵王山の麓にある温泉も満喫しましょう。


新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

新潟 |「ウィンターイルミネーション」でカラフルにきらめく新潟の冬を楽しもう

クリスマスやお正月など、わくわくするイベントが多い冬。2018年の冬は新潟できらめくイルミネーションを楽しんでみませんか。「子どもも一緒に楽しみたい」「いろんな形や色のイルミネーションも見てみたい」そんな人にオススメの3つのイルミネーションスポットをご紹介します。防寒対策をしっかりして、幻想的な光の世界へでかけませんか。


新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟 |「そら野テラス」新潟の農業、食、自然を一度に体験できる産直市場

新潟市西蒲区にある「そら野テラス」は、農園と直売所、カフェが一体となったスポットです。新鮮な野菜や果物を買えるのはもちろん、その土地で大切に育てられた季節の食材を使った料理も味わえ、楽しみ方はさまざま!豊かな自然に囲まれたのどかな場所で、四季を感じながら新潟の農業やおいしいグルメにふれてみませんか。


久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

久慈 |【ななび連載:久慈編vol.1】久慈ってどんなところ?

岩手県久慈市といえば、2013年に放送されたテレビドラマ『あまちゃん』の舞台として一躍スポットを浴びた街。ダイナミックな海岸美が続く「三陸復興国立公園」の北部に位置し、伝統的な素潜りでウニを獲る“北限の海女”で有名な「小袖海岸」、山間部には日本一の群落面積を誇る白樺林が広がる「平庭高原」など、見どころがいっぱいです。