五城目 |「五城目朝市」500年以上続く秋田の本格朝市の楽しみ方

五城目 |「五城目朝市」500年以上続く秋田の本格朝市の楽しみ方

秋田県五城目町で毎月開催されている昔ながらの朝市を知っていますか?その名も「五城目朝市」。町民を中心に50ものお店が自慢の品を持ち寄って市を開催します。店に並ぶ物は、野菜から雑貨類までさまざま。体験イベントや、季節ごとのイベントも企画されています。朝市の開催日から内容、魅力、より楽しめる方法をご紹介します。


朝市の基本情報をチェック!

「五城目朝市」のはじまりは、なんと500年以上も前の1495年にさかのぼります。五城目町馬場目地方の地頭であった安東季宗が齊藤弥七郎に命じ、取引の無事、市場の守護をする「市神」を各町村でまつらせ、市を開かせたことが起源となり今日まで続いているそう。

朝市は、毎月2・5・7・0のつく日に、通称「朝市通り」と呼ばれる五城目町下夕町通りで開催されます。JR八郎潟駅からバスで10分、徒歩で5分程度の近さ。お店には農家で収穫された新鮮な野菜や果物が並び、季節によっては山菜やキノコも買うことができます。

作り手と直接会話しながら買い物をする機会が近年減りつつあるなか、お子さん連れで訪れると新鮮な体験をさせることができそうですね。

近くにはこんなスポットも!

日曜日は特別!?「朝ぷら」しよっ♪

500年以上続く朝市ですが、スーパーマーケットや大型店、コンビニなどの出現により、出店者や利用者は高齢化が進んでいました。そこで、2016年からは朝市開催日と重なる日曜日を「ごじょうめ朝市plus+」として開催しています。

こちらは、伝統的で歴史的な文化を守りながらも、若手の出店や新たなチャレンジを応援する企画。キャッチーなチラシで告知をしたり、リヤカーや販売台の貸し出しを行うことで新たな参加者を増やす試みが行われています。

カード占いの店舗や、消しゴムはんこ、手作りアクセサリーなどの従来にはなかった出店が増加。来場者は思いがけないお気に入りの品を見つけたり、訪れるたびに変わるお店を巡る楽しさも生まれています。

季節イベントも要チェック!

定期朝市以外にも季節によってイベントが開催されます。四季に合わせ、朝市では「山菜まつり」「市神祭」「きのこまつり」「あったか鍋まつり」などのイベントが盛りだくさん。

さらに、わくわく盛り上げ隊主催の浴衣を着て朝市を楽しむ「浴衣de朝市」ハロウィンの時期には「仮装de朝市」など趣向を凝らしたイベントも開催されています。「五城目朝市わくわく盛り上げ隊!」のFacebookページで最新情報を確認してみましょう!

出店することで朝市を体験も!

訪れるだけでも楽しめる朝市ですが、趣味で小物やお菓子をつくったり、自家栽培をしている方は、実際に出店して参加してみるのもいかがでしょうか。町民であれば110円、町外の人でも210円から出店できます。

出店業種は一般マナーに反していなければOK。手作りアクセサリーの販売や、手相占いなどの特技でも出店できるかもしれません!出店することで、近隣の露店や、お客さんとのふれあいが増えて、より「五城目朝市」を楽しめそうですね。

まとめ

500年以上前から続き、伝統を守りながら進化をしている「五城目朝市」。新鮮な野菜や、地元の人とのふれあいを求めて、活気を感じるため、時には自分の作品や商品を販売する先として出店も。いろいろな楽しみ方ができる朝市をあなたも訪れてみませんか?

店舗情報

「五城目朝市(五城目町公式HP)」について詳しくはこちら
「五城目朝市わくわく盛り上げ隊!」について詳しくはこちら

関連する投稿


秋田 |「冬遊びのススメ~スケートリンクにでかけよう!」

秋田 |「冬遊びのススメ~スケートリンクにでかけよう!」

まだまだ寒いシーズンが続きますね。あったかいお部屋でのんびり過ごすのもいいですが、たまにはおでかけもよいもの。今回は、お子さんと一緒に楽しみたい秋田県内のスケートリンク場をご紹介します。


横手 |「横手の雪まつり」で冬の“あったか”体験をしよう

横手 |「横手の雪まつり」で冬の“あったか”体験をしよう

雪でつくった社に水神様を祀る横手の「かまくら」は、約450年もの歴史を誇る小正月行事。2018年もたくさんのかまくらが街に並びます。さらに、豪華な頭飾りが特徴の「ぼんでん」を奉納する神事も開催。今回は、心温まるかまくら体験や熱気あふれるぼんでんなど、冬の寒さを吹き飛ばす「横手の雪まつり」をガイドします。


大館 |「大館アメッコ市」で飴を食べて、風邪知らずの1年に!

大館 |「大館アメッコ市」で飴を食べて、風邪知らずの1年に!

毎年2月の第2土・日曜に開催される「大館アメッコ市」は、大館の冬に欠かせない恒例行事。会場となる「おおまちハチ公通り」には、枝アメやきりたんぽ、比内地鶏の焼き鳥などを販売する露店が並び、県内をはじめ全国から多くの観光客が訪れます。今年は2月10日(土)、11日(日)に開催。会場でアメを食べておいしく邪気を払いましょう!


秋田 |「お正月とお餅のあれこれ」フグ出汁にバター餅!秋田の餅グルメ

秋田 |「お正月とお餅のあれこれ」フグ出汁にバター餅!秋田の餅グルメ

みなさんのご家庭でお餅を食べる機会は、1年にどれくらいありますか?よくお餅を食べるのはお正月ですが、それ以外にも日本の伝統行事などにはお餅つきもの。今回は、秋田のお雑煮やお餅についてお届けします。


大館 |「比内とりの市」で、おいしい比内地鶏に感謝し味わう2日間

大館 |「比内とりの市」で、おいしい比内地鶏に感謝し味わう2日間

秋田県大館市比内町の代名詞といえば、濃厚な旨みと歯ごたえが特徴の比内地鶏。本場のきりたんぽ鍋にも欠かせない食材です。そんな比内地鶏をメインに、地場食材を食べて買って楽しむ「比内とりの市」が1月27日(土)・28日(日)の2日間比内町で開催されます。毎年多くの人でにぎわうイベントの見どころや楽しみ方をご紹介します。


最新の投稿


秋田 |「冬遊びのススメ~スケートリンクにでかけよう!」

秋田 |「冬遊びのススメ~スケートリンクにでかけよう!」

まだまだ寒いシーズンが続きますね。あったかいお部屋でのんびり過ごすのもいいですが、たまにはおでかけもよいもの。今回は、お子さんと一緒に楽しみたい秋田県内のスケートリンク場をご紹介します。


塩竈 |「海鮮せんべい塩竈」でせんべいの絵付け&手焼き体験にチャレンジ!

塩竈 |「海鮮せんべい塩竈」でせんべいの絵付け&手焼き体験にチャレンジ!

古くから港町として栄え、生まぐろの水揚げ量では全国トップクラスを誇る塩竈市。観光客はもちろんファミリーのおでかけスポットとしても人気なのが、三陸の海の幸を使ったせんべいの専門店「海鮮せんべい塩竈」です。焼きたてのせんべいを味わえるほか、せんべいの工場見学や手づくり体験が楽しめますよ。


郡山 |「暮らしづくりビレッジ」ママの暮らしに役立つイベント満載!ランチもお仕事さがしもできる複合施設

郡山 |「暮らしづくりビレッジ」ママの暮らしに役立つイベント満載!ランチもお仕事さがしもできる複合施設

福島県郡山市にある複合施設「暮らしづくりビレッジ」は、ベーグルとコーヒーの専門店と、日本初のママ向けの民間型ハローワーク、キッズスペース付きのイベントスペースが好評の施設。街の憩いの場のような施設では、ママたちのスキルアップや趣味など、暮らしを充実させるさまざまなイベントが開かれ、毎回人気を呼んでいます。


西川 |「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」灯りに包まれた雪の宿場町で遊ぶ!

西川 |「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」灯りに包まれた雪の宿場町で遊ぶ!

冬真っ盛りの山形で開催される「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」。2018年2月23日(金)~25(日)までと、3月2日(金)~3月4日(日) までの6日間、雪旅籠のやわらかな灯りに照らされる月山志津温泉の温泉街は、多彩なイベントでにぎわいます。わくわくがいっぱいの「月山志津温泉 雪旅籠の灯り」の楽しみ方をご紹介します。


石巻 |【ななび連載:石巻編vol.2】家族でのんびり過ごしたい、石巻市のおしゃれな古民家カフェ3選

石巻 |【ななび連載:石巻編vol.2】家族でのんびり過ごしたい、石巻市のおしゃれな古民家カフェ3選

海沿いの街・石巻市には、そのロケーションを活かしたステキな古民家カフェがたくさん。ノスタルジックな雰囲気のなか、海を眺めながらのんびりしたり、地場産の食材を使ったジビエなどのメニューを味わったりと、石巻市らしいゆったりとしたカフェタイムを過ごしてみませんか。