五城目 |「五城目朝市」500年以上続く秋田の本格朝市の楽しみ方

五城目 |「五城目朝市」500年以上続く秋田の本格朝市の楽しみ方

秋田県五城目町で毎月開催されている昔ながらの朝市を知っていますか?その名も「五城目朝市」。町民を中心に50ものお店が自慢の品を持ち寄って市を開催します。店に並ぶ物は、野菜から雑貨類までさまざま。体験イベントや、季節ごとのイベントも企画されています。朝市の開催日から内容、魅力、より楽しめる方法をご紹介します。


朝市の基本情報をチェック!

「五城目朝市」のはじまりは、なんと500年以上も前の1495年にさかのぼります。五城目町馬場目地方の地頭であった安東季宗が齊藤弥七郎に命じ、取引の無事、市場の守護をする「市神」を各町村でまつらせ、市を開かせたことが起源となり今日まで続いているそう。

朝市は、毎月2・5・7・0のつく日に、通称「朝市通り」と呼ばれる五城目町下夕町通りで開催されます。JR八郎潟駅からバスで10分、徒歩で5分程度の近さ。お店には農家で収穫された新鮮な野菜や果物が並び、季節によっては山菜やキノコも買うことができます。

作り手と直接会話しながら買い物をする機会が近年減りつつあるなか、お子さん連れで訪れると新鮮な体験をさせることができそうですね。

日曜日は特別!?「朝ぷら」しよっ♪

500年以上続く朝市ですが、スーパーマーケットや大型店、コンビニなどの出現により、出店者や利用者は高齢化が進んでいました。そこで、2016年からは朝市開催日と重なる日曜日を「ごじょうめ朝市plus+」として開催しています。

こちらは、伝統的で歴史的な文化を守りながらも、若手の出店や新たなチャレンジを応援する企画。キャッチーなチラシで告知をしたり、リヤカーや販売台の貸し出しを行うことで新たな参加者を増やす試みが行われています。

カード占いの店舗や、消しゴムはんこ、手作りアクセサリーなどの従来にはなかった出店が増加。来場者は思いがけないお気に入りの品を見つけたり、訪れるたびに変わるお店を巡る楽しさも生まれています。

季節イベントも要チェック!

定期朝市以外にも季節によってイベントが開催されます。四季に合わせ、朝市では「山菜まつり」「市神祭」「きのこまつり」「あったか鍋まつり」などのイベントが盛りだくさん。

さらに、わくわく盛り上げ隊主催の浴衣を着て朝市を楽しむ「浴衣de朝市」ハロウィンの時期には「仮装de朝市」など趣向を凝らしたイベントも開催されています。「五城目朝市わくわく盛り上げ隊!」のFacebookページで最新情報を確認してみましょう!

出店することで朝市を体験も!

訪れるだけでも楽しめる朝市ですが、趣味で小物やお菓子をつくったり、自家栽培をしている方は、実際に出店して参加してみるのもいかがでしょうか。町民であれば110円、町外の人でも210円から出店できます。

出店業種は一般マナーに反していなければOK。手作りアクセサリーの販売や、手相占いなどの特技でも出店できるかもしれません!出店することで、近隣の露店や、お客さんとのふれあいが増えて、より「五城目朝市」を楽しめそうですね。

まとめ

500年以上前から続き、伝統を守りながら進化をしている「五城目朝市」。新鮮な野菜や、地元の人とのふれあいを求めて、活気を感じるため、時には自分の作品や商品を販売する先として出店も。いろいろな楽しみ方ができる朝市をあなたも訪れてみませんか?

「五城目朝市(五城目町公式HP)」について詳しくはこちら
「五城目朝市わくわく盛り上げ隊!」について詳しくはこちら

関連する投稿


横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつりin鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


宮城 | 「ゆりあげ港朝市」で朝市のおもしろさを体感!

宮城 | 「ゆりあげ港朝市」で朝市のおもしろさを体感!

仙台市に隣接する名取市で毎週日曜と祝日に開催される「ゆりあげ港朝市」。東日本大震災の津波により大きな被害を受けましたが見事に復活し、今では震災前よりも多くの人で賑わう朝市になりました。お買い得な新鮮魚介や野菜、そして港町ならではの海鮮グルメ、多彩なイベントなど楽しさ満載です!!


羽後 |「うご牛まつり」モ~最高!おいしい和牛に舌鼓

羽後 |「うご牛まつり」モ~最高!おいしい和牛に舌鼓

秋田県羽後町が誇る特産品、「羽後牛」を堪能できる毎年恒例のおまつり、「うご牛(べこ)まつり」が、今年も9月3日(日)に「五輪坂温泉としとらんど」で開催されます。当日は羽後牛のバーベキューをメインに、子どもから大人まで楽しめるイベントが満載!家族そろって訪れてみてはいかがでしょうか。


大仙 |「大曲の花火」全国の花火師が腕を競いあう!

大仙 |「大曲の花火」全国の花火師が腕を競いあう!

秋田県大仙市で開催される「大曲の花火」といえば、日本でも指折りの規模を誇る花火大会。でも、一般の花火大会とは大きく異なる点があること、ご存じでしたか?実はこちらのイベント、正式名称は「全国花火競技大会」といい、「花火師による競技大会」なんです。その華やかな祭典の内容をご紹介します。


秋田 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

秋田 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒におでかけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


最新の投稿


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

酒田 |「ワンタンメンの満月本店」手作りワンタンで55年以上!山形県酒田を代表するラーメン店

日本海に面した港町・酒田のご当地ラーメンといえば、すっきり醤油味の「酒田のラーメン」。自家製麺の比率が約8割という酒田のラーメンは、全国のラーメンファンも注目するご当地麺です。なかでも極薄ワンタンメンで名を馳せる「ワンタンメンの満月本店」は、酒田の名物店として絶大な人気を誇ります。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

横手 |「いものこまつりin鶴ヶ池」で秋の風物詩“いものこ汁”を味わう

毎年9月の第3日曜に秋田県横手市山内で行われる「いものこまつりin鶴ヶ池」。第31回となる2017年は、3連休の中日・9月17日(日)に開催されます。山内地域の特産「いものこ汁」を味わって秋の訪れを感じながら、イベント競技に参加するもよし、物産コーナーでお土産を探すもよし。フィナーレの水上花火まで目が離せませんよ!


山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形 | 「日本一の芋煮会フェスティバル」でホカホカの芋煮を味わおう!

山形の秋の風物詩・芋煮会が壮大なスケールで行なわれる「日本一の芋煮会フェスティバル」。例年9月、山形市の馬見ヶ崎川の河川敷を会場に、直径6メートルの巨大な鉄鍋で30,000人分の芋煮が調理され、できたてがふるまわれます。同時に、花笠踊りやライブ演奏、ステージショーなど、さまざまなイベントも開催されます。