新型コロナウイルス感染症の影響により、「ななび」に掲載しているスポットやイベントなどの
開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。
おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。
 

東根 |「東根市さくらんぼタントクルセンター」お子さんの想像力を刺激する遊びがいっぱい

東根 |「東根市さくらんぼタントクルセンター」お子さんの想像力を刺激する遊びがいっぱい

「お子さんをのびのびと遊ばせたい」「楽しみながら自分で考える力を養ってほしい」…そんなパパとママの願いを叶えてくれるのが、山形県東根市にある「東根市さくらんぼタントクルセンター」。巨大な複合遊具をはじめとする多彩な遊びが盛りだくさんのスポットです。大人も一緒に楽しみたくなる遊び場の魅力に迫ります。


無料の遊び場が人気「東根市さくらんぼタントクルセンター」

「東根市さくらんぼタントクルセンター」

山形県東根市のさくらんぼ東根駅から車で約5分の場所にある「東根市さくらんぼタントクルセンター」。子育て支援センターや保育所などを備えるこの複合施設には、休日になると東根市内外から多くのファミリーが訪れます。

ファミリーのお目当ては、センター内にある無料の遊び場「けやきホール」。3階まで吹き抜けになったホールには、大型遊具をはじめ、お子さんが全身を使って楽しめる遊具がそろいます。一部をのぞき、ホール内のほとんどの遊具には年齢制限がありません。年齢差のある兄弟や友達と一緒に遊べるのは、お子さんにとっても、パパやママにとってもうれしいですね。

全長約21メートルのすべり台にわくわく!

「全長約21メートルのすべり台」

メイン遊具は、東根市のシンボルである「大ケヤキ」をモチーフにしたタワー型遊具。タワーの周囲には、ネット遊具やジャングルジムなどが木の枝のように連結され、その迫力にお子さんはもちろん大人もわくわくしてしまうほど。

なかでも人気なのが3階から続くすべり台で、全長はなんと約21メートル!上から一気に1階まですべり降りるのでスリル満点。スピードが出ることから、利用は3歳以上のお子さんのみ。摩擦によるケガを防ぐため、挑戦するときは必ず靴下を着用しましょう。

「全長約21メートルのすべり台」

すべり台のスタート地点までは、タワーを囲むように設置された通路や、登り棒やネット遊具を通る方法など、さまざまなルートがあります。たとえば、2階から続くジャングルジムは、途中からネット遊具に変わり。ネットが枝分かれしていて、「どっちを通るとはやいかな」と、お子さんの想像力を刺激してくれます。

そのほか、水の音が聞こえる登り棒、1段登るたびに風が吹くはしごなど、仕掛け付きの遊具も大人気。すべての遊具が通路とつながっているので、体力にあわせてルートを決められますよ。

小さなお子さん向けの遊び場も充実

「カラフルなボールプール」

1階には、クッションのようにやわらかなマットでできた「ひだまりの丘」や、仕掛け付きの「洞くつ」などの遊び場も勢ぞろい。カラフルなボールプールは特に好評なんだそう。ここなら小さなお子さんでも思いきり遊べそうですね。年長さんや小学生のお子さんがのんびり過ごしたいときにもオススメです。

親子で参加できるイベントを開催!

「みんな友達の時間」

第1土曜日と第3土曜日には、工作や体を使った遊びを行なう「みんな友達の時間」を開催。予約不要・無料で参加でき、親子で一緒に楽しめるので、パパやママ同士の交流にもオススメですよ。

お子さんのチャレンジ精神をくすぐる工夫がいっぱいの、東根市さくらんぼタントクルセンター。今度の休日は、友達ファミリーと一緒に訪れてみてはいかがですか?

「東根市さくらんぼタントクルセンター」をもっと楽しむ!ななびチェック!

「赤ちゃんルーム」を設置

月齢の低いお子さんは、絵本や赤ちゃん向けの遊具がある2階の「赤ちゃんルーム」へ。やわらかな素材の壁に囲まれ、パパとママも安心できそうです。

日曜日は大人もすべり台で遊べます

毎週日曜日の10:40~11:30の間は、大人も大型すべり台で遊ぶことができます。童心に返って、お子さんと一緒に思いきり楽しんでみては?

お弁当の持ち込みも

1階の喫茶コーナーと2階のラウンジは飲食が可能です。お弁当を持参し、家族みんなでゆっくりと過ごしましょう。

「東根市さくらんぼタントクルセンター」について詳しくはこちら

関連する投稿


山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形県山形市の「シベールファクトリーパーク」は、洋菓子店「シベール」のショップやラスク工場がたつスイーツのテーマパーク。ラスクやケーキ、パンなどが盛りだくさんにそろうショップでのお買いものや、ラスク工場の見学を満喫できます。カフェを併設していて、ファミリーでゆっくり過ごすのにオススメのスポットです。


鶴岡 |「木村屋 ファクトリーストア」焼きたてパンが並ぶ人気の老舗菓子店

鶴岡 |「木村屋 ファクトリーストア」焼きたてパンが並ぶ人気の老舗菓子店

山形県鶴岡市にある「木村屋 ファクトリーストア」は、明治時代に創業した老舗菓子店「木村屋」の工場直営店舗。ケーキや和菓子が種類豊富にそろい、ラインナップは季節ごとに入れ替わります。工場直営店舗ならではの焼きたてパンのコーナーも要チェック。イートインスペースを併設する広い店内で、ゆっくりショッピングを楽しみませんか?


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

冬の山形県は、豪雪地帯ならではの雪にちなんだイベントが目白押し。その先陣を切るのが、寒河江市で開催される「やまがた雪フェスティバル」です。巨大な雪像をバックに行なわれるアーティストのライブや、雪を使ったアトラクション、ラーメンをはじめ地元のグルメが集まる屋台、夜のイルミネーションに花火大会と、お楽しみがいっぱいです。


朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

山形県の中央部・村山地域に位置し、朝日連峰の主峰・大朝日岳がある朝日町。毎年11月に開催される「朝日町産業まつり・りんごまつり」では、農産物の販売や街の名産品であるりんごの品評会、お子さんが楽しめる催しが行なわれます。餅まきや三平汁のふるまいなど、うれしいサービスも盛りだくさんのイベントですよ。


最新の投稿


上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

新潟県上越市にある、地元の人から80年以上愛されていきた「上越市立水族博物館」が、2018年に装いも新たにグランドオープン!名称も「上越市立水族博物館 うみがたり」とし、迫力のあるドルフィンパフォーマンスや100羽以上のマゼランペンギンなど、1日中楽しめるゾーンが盛りだくさん!家族やカップル、友達みんなと満喫できるスポットです。※現在新型コロナウイルス感染症対策を行っています


秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

全国で広がりをみせる「ブックスタート推進事業」。秋田県秋田市では、0歳児とその保護者を対象に絵本の読み聞かせを定期開催し、絵本をプレゼントする子育て支援事業のひとつとして推進されています。無料で参加できるので、赤ちゃんのはじめての絵本選びや読み聞かせの参考にしてみてくださいね。


名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

宮城県名取市の「カフェ モーツァルト ユリイカ」は、JR名取駅と直結している「名取市図書館」併設のカフェ。日差しがたっぷり入り込む明るい店内で、地元食材を活かしたランチや華やかなスイーツが味わえます。カフェと同じフロアに設けられた図書館の児童コーナーには、靴を脱いでお子さんと一緒に読書が楽しめるスペースもありますよ。


奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

岩手県南部の奥州市水沢地区にある「N'CAFE」は、住宅ショールーム内に設けられたカフェ。“無添加”をキーワードにしたナチュラルな空間で、体にやさしい素材を使ったスイーツをいただけます。日によって担当シェフが替わるランチも要チェックですよ。


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。