新型コロナウイルス感染症の影響により、「ななび」に掲載しているスポットやイベントなどの
開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。
おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。
 

秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

全国で広がりをみせる「ブックスタート推進事業」。秋田県秋田市では、0歳児とその保護者を対象に絵本の読み聞かせを定期開催し、絵本をプレゼントする子育て支援事業のひとつとして推進されています。無料で参加できるので、赤ちゃんのはじめての絵本選びや読み聞かせの参考にしてみてくださいね。


「ブックスタート推進事業」ってどんな取り組み?

「ブックスタート推進事業」

「ブックスタート推進事業」は子育て支援事業の一環として、絵本の楽しさを伝える活動をサポートする「NPOブックスタート」協力のもと、秋田県秋田市では2013年にはじまりました。市内の図書館や市民サービスセンターの子育て交流ひろばなどで、月1回または毎週土曜日に定期的に絵本の読み聞かせを開催し、絵本を通して親子の絆を深めるサポートをしています。

「ブックスタート推進事業」

対象は秋田市在住の生後4ヶ月以上の0歳児とその保護者。現在、秋田市立中央図書館 明徳館文庫(フォンテ文庫)をはじめ市内の19ヶ所の施設で開催されていて、お子さんと一緒に訪れやすい場所を選べるのがうれしいですね。

楽しい読み聞かせの時間を体験しましょう

「読み聞かせの時間」

ブックスタート推進事業は、会場で申し込みをすれば無料で参加できます。会場に直接行くだけなので、赤ちゃんの体調や予定にあわせられるのがうれしいポイント。また、2020年4月からフォンテ文庫では、事前連絡をすれば開館時間内の希望日時での開催も可能になりました。必要事項を記入した参加申込書と母子健康手帳が必要なので、忘れずに持参しましょう。

「読み聞かせの時間」

会場ではまず、図書館職員やボランティアスタッフがブックスタート推進事業について説明。そのあと、赤ちゃんと保護者に向けて声をかけながら読み聞かせを行ないます。赤ちゃんだけではなく保護者も一緒に体験することで、絵本の時間の楽しみ方や絵本の選び方などの参考になりますよ。

赤ちゃんがはじめて絵本とふれあうきっかけに

「ブックスタートパック」

読み聞かせのほかには、赤ちゃんの成長への願いや、子育て応援の気持ちを込めて、参加者に「ブックスタートパック」がプレゼントされます。

内容は、赤ちゃん向け絵本が2冊、赤ちゃんと絵本を聞く楽しさを伝えるアドバイスブックレット、絵本紹介リーフレット、イラストが描かれたコットンバッグの5点。ブックスタートパックに含まれている絵本は、かわいらしい絵と擬音語(オノマトペ)で目と耳で楽しめる内容になっているので、はじめての絵本選びに迷わず安心ですね。

「絵本」

ブックスタート推進事業の取り組みは、ただ絵本を提供するだけではなく、読み聞かせを一緒に体験し、絵本を読む楽しさを知るきっかけづくりを目的としています。体験を通して赤ちゃんが絵本に興味をもってくれたら、お家での絵本タイムがますます楽しみになりそうですね。

さまざまなことを吸収する乳幼児期。赤ちゃんにとってはじめての絵本とのふれあいが親子で楽しめる時間になるよう、ゆったりとした気持ちでブックスタート推進事業に参加してみてはいかがですか。

「ブックスタート推進事業」参加前に知っておきたい!ななびチェック!

開催日時をチェックしましょう

開催日時は会場によって異なります。詳しくは秋田市のホームぺージで事前に確認してみてくださいね。

読み聞かせ以外にもお楽しみが!

ブックスタート推進事業は、絵本の読み聞かせだけではなく、スタッフからオススメの絵本を聞いたり、ほかの参加者と地域の情報を話したりできるよい機会。いろいろな人に気軽に声をかけてみましょう。

「ブックスタートパック」の絵本は交換可能

プレゼントされる絵本をすでにもっている場合は、別の絵本と交換できますよ。

「ブックスタート推進事業」について詳しくはこちら

関連する投稿


由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

標高2,236メートルの鳥海山の自然に恵まれた、秋田県由利本荘市にある「鳥海山 木のおもちゃ美術館」。国登録有形文化財の廃校を利用した館内では、由利本荘産の木材のおもちゃで遊びながら、木の魅力と文化にふれることができます。赤ちゃんからお年寄りまで多世代で楽しめるとあって、2018年のオープン以来人気を集めています。


横手 |「小松屋本店」本物のような幼虫チョコレートが人気の菓子店

横手 |「小松屋本店」本物のような幼虫チョコレートが人気の菓子店

秋田県横手市にある菓子店「小松屋本店」。こちらで販売されている「カブトムシの幼虫チョコレート」は、そのリアルな見た目が県内外で話題となっています。昔ながらの製法で手づくりするアイスキャンディーやイートインメニューなども種類豊富にそろっているので、お気に入りのスイーツを探してみませんか?


秋田 |「nico」焼きたてのパンケーキが人気!ファミリーでくつろげるカフェ

秋田 |「nico」焼きたてのパンケーキが人気!ファミリーでくつろげるカフェ

夏の「秋田竿灯まつり」で有名な秋田市の中心街に、朝から元気に営業しているカフェ「nico」があります。素材と盛り付けにこだわったパンケーキをはじめ、手づくりのメニューとおしゃれなインテリアが評判で、多くのお客さんから人気を集めています。おいしいスイーツと淹れたてコーヒーで、癒やしの時間を過ごしましょう。


湯沢 |「犬っこまつり」雪国で400年続く伝統の小正月行事

湯沢 |「犬っこまつり」雪国で400年続く伝統の小正月行事

秋田県湯沢市は、積雪期間が年間100日以上あり、街全域が特別豪雪地帯になっている雪国。そんな厳しい寒さが続く冬の湯沢で、毎年2月に行なわれるお祭りが「犬っこまつり」です。お祭りが開催される2日間、街には犬の雪像と雪のお堂が並び、冬の寒さをやわらげるようなあたたかな光景がつくりだされます。


横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

秋田県横手市にある「横手市増田まんが美術館」は、マンガをテーマにした美術館です。原画の所蔵枚数はなんと23万枚以上!マンガファンなら一度は目にしたい名作マンガの原画を見られるとあって、国内はもちろん海外からも注目されています。


最新の投稿


上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

新潟県上越市にある、地元の人から80年以上愛されていきた「上越市立水族博物館」が、2018年に装いも新たにグランドオープン!名称も「上越市立水族博物館 うみがたり」とし、迫力のあるドルフィンパフォーマンスや100羽以上のマゼランペンギンなど、1日中楽しめるゾーンが盛りだくさん!家族やカップル、友達みんなと満喫できるスポットです。※現在新型コロナウイルス感染症対策を行っています


東根 |「東根市さくらんぼタントクルセンター」お子さんの想像力を刺激する遊びがいっぱい

東根 |「東根市さくらんぼタントクルセンター」お子さんの想像力を刺激する遊びがいっぱい

「お子さんをのびのびと遊ばせたい」「楽しみながら自分で考える力を養ってほしい」…そんなパパとママの願いを叶えてくれるのが、山形県東根市にある「東根市さくらんぼタントクルセンター」。巨大な複合遊具をはじめとする多彩な遊びが盛りだくさんのスポットです。大人も一緒に楽しみたくなる遊び場の魅力に迫ります。


秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

全国で広がりをみせる「ブックスタート推進事業」。秋田県秋田市では、0歳児とその保護者を対象に絵本の読み聞かせを定期開催し、絵本をプレゼントする子育て支援事業のひとつとして推進されています。無料で参加できるので、赤ちゃんのはじめての絵本選びや読み聞かせの参考にしてみてくださいね。


名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

宮城県名取市の「カフェ モーツァルト ユリイカ」は、JR名取駅と直結している「名取市図書館」併設のカフェ。日差しがたっぷり入り込む明るい店内で、地元食材を活かしたランチや華やかなスイーツが味わえます。カフェと同じフロアに設けられた図書館の児童コーナーには、靴を脱いでお子さんと一緒に読書が楽しめるスペースもありますよ。


奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

岩手県南部の奥州市水沢地区にある「N'CAFE」は、住宅ショールーム内に設けられたカフェ。“無添加”をキーワードにしたナチュラルな空間で、体にやさしい素材を使ったスイーツをいただけます。日によって担当シェフが替わるランチも要チェックですよ。