新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年4月21日以降の記事更新をお休みいたします。
不要不急のおでかけを控え、おうちでバックナンバーをご覧いただきながら、ゆっくりお過ごしください。
 

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


室内外で遊べるのが魅力の公園「プリンス・ウィリアムズ・パーク」

「プリンス・ウィリアムズ・パーク」

「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は屋内と室外のあそび場からなる、のびのびと思いきり遊べる人気のスポット!
室内外のあそび場のほか、イギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに整備された英国庭園もあり、赤ちゃんからお年寄りまで集う憩いの公園です。

「屋内あそび場」

室内・室外とそれぞれ違った楽しみかたができるのが魅力のパークは、お天気の悪い日や真夏日などの暑い日には「屋内あそび場」が大活躍!室内という空間でも、子どもたちの身体能力や想像力を引き出しながら、夢中になって遊べる工夫が凝らされています。

「砂遊びのお部屋」

乳幼児~小学生までのびのびと遊べるよう、乳幼児がゆっくり遊べる「ベビーコーナー」や小学生がアクティブに動ける「ジュニアアスリートエリア」など、5つのコーナーがあります。

オススメは「砂遊びのお部屋」。このコーナーは、日本初の「ダンシングサンド」を使用したちょっと変わった砂場で遊べるお部屋なんです!

「砂遊びのお部屋」2

粒子の細かい砂に特殊な加工が施されているダンシングサンドは、湿ったような質感で細かい形や大きな作品をつくることも可能。手で持ち上げるとフワフワと砂同士が泡のようにつながって、まるでダンスをしているかのような不思議な感触に、思わずはまってしまいそう。

「プレイルーム」

ほかにも、1番大きな部屋の「プレイルーム」で、ボールプールやエアートラック、クライミングウォールなどで身体を思いっきり動かしたり、テラスにある「サーキット」では1人乗りや2人乗りなどのいろいろな三輪車に乗れますよ。

自然と調和したワクワクがいっぱいの「屋外あそび場」

「屋外あそび場」

お天気がよい日は、自然の地形や木々を活かしたアスレチックがステキな「屋外あそび場」で身体を使って遊びましょう!

「トンネル入口」

屋外あそび場へは、屋内あそび場の駐車場から市道の下をくぐるトンネルを歩いて向かいます。実は、そのトンネルも「杜の洞窟!探検ゾーン」というあそび場になっているんです。杜の動物や昆虫たちと出会いながら楽しく、そして安全・快適に移動ができますよ。

「杜の洞窟!探検ゾーン」

“小さな冒険者の杜”をテーマにした屋外あそび場は、おとぎの国のようなユニークでかわいらしいアスレチックフィールド。

幼児向けの「キッズゾーン」や、いきものを観察したりふれあえる「里山あそびゾーン」、わんぱくな子どもたちに人気の「杜の冒険!チャレンジゾーン」など、6つのゾーンがありますよ。

「里山あそびゾーン」

自然に触れて、子どもたちの好奇心を刺激してくれる屋外あそび場で、パパやママも童心に帰って親子で楽しんでみてくださいね。

日本とイギリスの友好をつなぐ本格ガーデン「英国庭園」

「英国庭園」

そして、室外あそび場の一角には、日本とイギリスの友好と復興の証として整備された「英国庭園」が。2015年にプリンス・ウィリアムズ・パークへウィリアム王子がご訪問されたことをきっかけに計画され、2017年11月にオープンしました。

「ローズガーデン」
「ローズガーデン」2

英国庭園には、人工的に整形されたフォーマルガーデンと、自然の風景そのままを演出したインフォーマルガーデンの2種類の庭園様式が。
英国風のローズガーデンやローズアーチにトピアリー、写真のようなおしゃれなガゼボなど、ステキに演出されたガーデンで色とりどりの花々に癒やされます。

「記念碑」

ガゼボ近くの小道には、開園式でウィリアム王子やチャールズ皇太子、安倍内閣総理大臣などから寄せられた、お祝いのメッセージが入った記念碑が。
日英両国の多くの人から寄せられたメッセージに、イギリスとの絆やつながりを感じて、あたたかな気持ちになりますね。

「ローズガーデン」3

ロマンチックなウォーターガーデンや散策路をのんびり歩けば、気分もリフレッシュできそう。日々成長していく植物の変化も楽しみに、ぜひ家族で何度でも訪れてみませんか?

「英国庭園」2

「プリンス・ウィリアムズ・パーク」を満喫するななびチェック!

屋内あそび場のエントランスには、売店とイートインコーナーも

屋内あそび場のエントランスには、お菓子やコーヒーなどを販売している休憩スペースがあります。たくさん遊んでおなかがすいたら、ゆっくり休んで心もおなかも満たしましょう。

英国庭園ショップ「まぁぶるローズ」がオープン!

2019年4月に、英国庭園ショップ「まぁぶるローズ」が庭園内にオープン。クッキーにサンドウィッチ、ソフトクリームやコーヒー、紅茶などをテイクアウトでき、ガーデンでのひとときをよりステキに過ごせそう。限定のオリジナルマグカップの販売もありますよ!

プリンス・ウィリアム・パークは入園料無料!

プリンス・ウィリアム・パークのあそび場や英国庭園は、すべて入園料が無料。屋内あそび場も、屋外あそび場もキレイでゆったりとしたトイレがあるので安心です。おむつ替えシートもありますよ。

「プリンス・ウィリアム・パーク」について詳しくはこちら

関連する投稿


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.4】親子で楽しめるイベントが盛りだくさん!

猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.4】親子で楽しめるイベントが盛りだくさん!

猪苗代では、1年をとおして多彩なイベントが行なわれています。主催が行政・企業・個人だったり、テーマもスポーツ・音楽フェス・桜祭り・花火・マルシェ…と多岐にわたります。今回はそんな楽しいイベントが盛りだくさんなイベントの街・猪苗代と、ご家族連れにオススメの「観音寺川桜祭り」「つながるしぇ」をご紹介します。


天栄村 |「ブリティッシュヒルズ」ラグジュアリーなイギリスの街を親子で体験

天栄村 |「ブリティッシュヒルズ」ラグジュアリーなイギリスの街を親子で体験

福島県岩瀬郡天栄村にある「ブリティッシュヒルズ」は、福島県にいながらイギリスに留学したような雰囲気で、滞在しながら英語を学ぶことができるリゾート施設。中世イギリスを再現したマナーハウスや街並みは、まるで本物のイギリスのよう!レストランやティールームで、本場イギリスの料理やスイーツなども味わえます。


猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.3】ランチからご当地スイーツまで!猪苗代のオススメグルメ3選

猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.3】ランチからご当地スイーツまで!猪苗代のオススメグルメ3選

猪苗代町では、寒暖差のある気候を活かしてそばやお米、新鮮な高原野菜が栽培されています。今回は、そんな旬な新米やそばをおなかいっぱい食べられる人気のお店に加え、昔ながらのご当地スイーツ「天ぷらまんじゅう」をご紹介します。


猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.2】自然を感じるおでかけスポット3選

猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.2】自然を感じるおでかけスポット3選

人と大地の関係を楽しみながら学習できる自然公園“日本ジオパーク”にも認定された猪苗代町には、雄大な自然を満喫できるレジャースポットがたくさん!今回はそのなかでも親子でのおでかけにぴったりの場所をご紹介します。猪苗代ならではの自然体験を、家族そろって楽しみましょう!


最新の投稿


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。