新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


吹きガラスにこだわる小さなガラス工房「秋葉硝子」

「秋葉硝子」

「秋葉硝子」がある新潟県の新津地域は、全国有数の石油産出県として知られるほか、日本海側の鉄道の要としても栄えてきました。また、ガラスの一大産地としても全国にその名を知られていたといいます。当時は多くのガラス工場がありましたが、時代と共に減っていったそうです。

そんな地域で古くから続く秋葉硝子は、かつて新津地域がガラスの産地だったことを伝えるために、照井康一さんが休業したガラス工場の建物を引き継ぎ、2014年4月にスタートさせた工房です。

「秋葉硝子制作過程」

秋葉硝子で生産するガラスは、大量生産ではなく1つ1つ手づくりで制作。照井さんがつくりだすのは吹きガラスと呼ばれる作品で、1300℃の高熱で溶かしたガラスを吹き竿の先につけて、息を吹き込むことでふくらませて形をつくります。

日常の食卓に欠かせない、食器類を中心とした作品が多いのが特徴。1つずつ手づくりのため、手に取ってみるとあたたかさが伝わり、どの作品にもガラスの繊細な美しさが引きだされています。

吹きガラスの制作過程も見学可能

「照井康一さん」

照井康一さん

「ガラスの原料」

秋葉硝子では工房を見学することができます。作業風景はあまり公開されることはなく、間近で見学できるのはとても貴重なことなのだとか。

工房に入ると目に飛び込んでくるのが、大きなガラスの溶解炉。この炉は現在は使用していませんが、脇にある炉内では、1300℃まで熱されたガラスの原料がオレンジ色の光を放っていて、その熱さに思わずびっくりしてしまいます。

熱されたガラスの原料は、照井さんの手によってさまざまな作品に仕立てられていきます。その作業は真剣そのもの。貴重な機会だけに、見ているだけでも楽しめそうですね。

制作体験でガラスの魅力に触れよう

「吹きガラスの制作体験」

秋葉硝子では、予約をすれば吹きガラスの制作を体験できます。グラスや小鉢、花器などから好みの作品を1点つくることができます。

小学生以下のお子さんでも保護者同伴であれば体験できるそうなので、ママやパパと一緒にチャレンジしてみましょう。

「キルンワーク体験」

ほかにはキルンワークの体験もできます。キルンワークとは、常温のガラスを組みあわせて電気炉電子炉であたため、形を変えたりつなげていく手法のこと。

つくりたいものによってどちらを体験するか選ぶことができるので、両方を組みあわせてつくってみては?

暮らしにあわせて選びたいガラス作品がたくさん

「販売スペース」
「販売スペース」2

秋葉硝子の工房の一角には作品の販売スペースもあり、かわいらしいガラス作品がズラリと並んでいます。手づくりというと「お値段が張るのでは…?」と思われるかもしれませんが、リーズナブルに買える作品も多いんですよ。

おみやげやお祝いのギフトにもオススメなのが、照井さんのオリジナル「淡黄金(あわこがね)」というシリーズ。少し黄金色を帯びた作品は、ほかでは見ることができない風合いをだしていて、ガラスのもつ魅力が伝わってきます。

年に数回行なわれるイベントも要チェック!

「工房内イベント」
「工房内イベント」2

工房では年に数回イベントも開催。ジャズを中心にしたライブや、地元出身の音楽ユニットのコンサートなど、開催内容は毎回違うのだとか。

会場は、なんと作業場である工房!工場のなかにある大きな窯のまわりをステージに見たてて使用しているのだそう。コンサートホールとは違う雰囲気も魅力で、このライブを楽しみにするファンも多いんですよ。

休業したガラス工房を引き継いで誕生した、ガラス工房「秋葉硝子」。緑に囲まれた小さな工房でガラスの魅力を感じてみませんか。

「秋葉硝子」の魅力に触れる!ななびチェック!

緑に囲まれた環境でガラスができるまでを見学

工房があるのはのどかな里山で、このロケーションが工房の魅力。工房へ訪れて、実際の作業過程を間近で見学できる機会はなかなかありません。工房の制作風景を見ることで、ガラスがどのようにつくられるか詳しく学んでみましょう。

子どももつくれるガラス作品なので親子で緒戦しよう!

こちらではガラスの制作体験ができます。吹きガラスだけでなくキルンワークも体験できます。スタッフがわかりやすく説明してくれるのも安心です。親子で一緒にオリジナルの作品をつくってみませんか。

工場併設のショップには、バラエティー豊かなガラス作品が多数!

ショップではさまざまな作品を展示・販売しています。日常の食卓に彩りを添えるガラスの器や皿、酒器などのほかに、ギフトにもよろこばれる作品も多数ありますよ。

「秋葉硝子」については詳しくはこちら

関連する投稿


津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

日本有数の豪雪地帯の津南町で行なわれる「つなん雪まつり」は、雪の楽しさ、美しさを体験できるイベント。注目イベントはスカイランタンの打ち上げですが、ほかにも雪を使ったアトラクションや露店市などイベントが盛りだくさんです。


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

「城下町しばた全国雑煮合戦」は毎年1月に城下町・新発田市で開催されるイベント。新潟県内のみならず、全国から個性あふれるお雑煮が大集合し、みなさんの投票でグランプリが決まります。当日は餅まきなどのイベントもあり、親子でたっぷりと楽しめます。


柏崎 |「さけ豊漁まつり」体験して、味わって、サケにふれるイベント

柏崎 |「さけ豊漁まつり」体験して、味わって、サケにふれるイベント

柏崎市は海と山に囲まれた自然が豊かな地域。市内を流れる谷根川は秋になると数多くのサケが遡上します。そんなサケの豊漁を祝って、「さけ豊漁まつり」は1986年にはじまりました。今では柏崎の秋を代表する行事のひとつになっています。2019年は11月23日と24日に開催されます。さけ豊漁まつりの見どころを紹介します。


十日町 |【ななび連載:十日町編vol.4】日帰り温泉巡りで十日町を楽しもう

十日町 |【ななび連載:十日町編vol.4】日帰り温泉巡りで十日町を楽しもう

十日町市には、日本三大薬湯のひとつである松之山温泉をはじめ、気軽に温泉を楽しめる日帰り入浴施設がたくさんあります。豊かな効能はもちろん、迫力満点のロケーションを眺めながらの湯浴みや、十日町名物のふのりそばを堪能できたりと、どの施設も魅力たっぷり。そんな十日町市の日帰り温泉をご紹介します。


最新の投稿


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形県山形市の「シベールファクトリーパーク」は、洋菓子店「シベール」のショップやラスク工場がたつスイーツのテーマパーク。ラスクやケーキ、パンなどが盛りだくさんにそろうショップでのお買いものや、ラスク工場の見学を満喫できます。カフェを併設していて、ファミリーでゆっくり過ごすのにオススメのスポットです。


由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

標高2,236メートルの鳥海山の自然に恵まれた、秋田県由利本荘市にある「鳥海山 木のおもちゃ美術館」。国登録有形文化財の廃校を利用した館内では、由利本荘産の木材のおもちゃで遊びながら、木の魅力と文化にふれることができます。赤ちゃんからお年寄りまで多世代で楽しめるとあって、2018年のオープン以来人気を集めています。