新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年4月21日以降の記事更新をお休みいたします。
不要不急のおでかけを控え、おうちでバックナンバーをご覧いただきながら、ゆっくりお過ごしください。
 

由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

標高2,236メートルの鳥海山の自然に恵まれた、秋田県由利本荘市にある「鳥海山 木のおもちゃ美術館」。国登録有形文化財の廃校を利用した館内では、由利本荘産の木材のおもちゃで遊びながら、木の魅力と文化にふれることができます。赤ちゃんからお年寄りまで多世代で楽しめるとあって、2018年のオープン以来人気を集めています。


“おもちゃ列車”に乗って「鳥海山 木のおもちゃ美術館」へ!

日本海東北道自動車道本荘ICから車で10分ほどのところに「鳥海山 木のおもちゃ美術館」はあります。車でアクセスできますが、由利高原鉄道鳥海山ろく線を利用して訪れるのもオススメです。

「由利高原鉄道」はこちらの記事で詳しくご紹介中です!

「おもちゃ列車」
「なかよしこよし」社内

オススメの理由は、羽後本荘駅と矢島駅を結ぶローカル線を走る、鳥海おもちゃ列車「なかよしこよし」。多様な木材を豊富に使ったぬくもりあふれる内装で、木のボールプールやおもちゃで遊べるスペースをしつらえた夢のような列車です。パノラマ席からは鳥海山と田園風景をゆっくりと眺められますよ。

鳥海山 木のおもちゃ美術館の最寄りの鮎川駅には、お子さんサイズのインテリアを備えた「おもちゃまちあいしつ・こどもハウス」があります。ここでも木のおもちゃで遊ぶことができ、バスを待つ間にお子さんを飽きさせない工夫が施されているんですよ。鮎川駅から美術館までは無料シャトルバスが運行しています。

「おもちゃまちあいしつ・こどもハウス」

美しい廃校をリノベーションして誕生

「鳥海山 木のおもちゃ美術館」外観

鳥海山 木のおもちゃ美術館は、おもちゃと遊びの文化を全国に広げる「東京おもちゃ美術館」監修のもと、2018年7月にオープン。戦後まもない時期にたてられた、全国でも数少ない木造校舎である国登録有形文化財「旧鮎川小学校」を利用して誕生し、館内には昭和レトロな雰囲気が漂います。

「鳥海山 木のおもちゃ美術館」内装

内装やインテリア、おもちゃに使われた木材は由利本荘産がメイン。木製のオリジナルおもちゃも地元の職人さんたちの手によってつくられました。秋田県内トップの人工林地帯であり、林業が盛んな地域ならではの木の文化にふれることができますよ。

美術館ゾーン「もりのあそびば」が人気!

「もりのあそびば」

鳥海山 木のおもちゃ美術館の館内は、有料の美術館ゾーンと、カフェや民具展示室などがある無料の市民ゾーンに分かれています。

お子さんに大人気なのが、かつての体育館につくられた美術館ゾーンにある「もりのあそびば」です。柱や壁、床に秋田杉が使われた空間の中央にそびえるのは、大型アスレチック「ちょうかいタワー」。さらに、さまざまな樹種の地元素材でつくられたどんぐりが約5,000個入った「木のどんぐりプール」やツリーハウスなどで遊べます。

「ハイハイひろば」

ほかにも美術館ゾーンには赤ちゃんから大人まで楽しめるコーナーがいっぱい。「ハイハイひろば」は、2歳以下のお子さん専用のコーナーで、秋田杉のやわらかくあたたかみのある雰囲気が漂います。

東京おもちゃ美術館が毎年認定する100種類以上のおもちゃがそろう「グッド・トイ・サロン」や、「遊び文化の継承」をテーマに世界のおもちゃが並ぶ「特別企画展示室」では、美しい形のおもちゃにもふれられるので、思わず大人も夢中になってしまいそう。

「おもちゃ学芸員」

また、ボランティアスタッフ「おもちゃ学芸員」が常駐。おもちゃの遊び方を教えてくれたり、お子さんと一緒に遊んでくれたりするのも魅力です。

木のぬくもりに包まれながら多世代で遊べる、鳥海山 木のおもちゃ美術館。今度の休日は、家族でおでかけしてみませんか?

まだある!「鳥海山 木のおもちゃ美術館」の魅力をななびチェック!

「おもちゃファクトリー」でおもちゃをつくろう

美術館ゾーンにあるおもちゃファクトリーでは、身近にある素材を使っておもちゃづくりを体験できます。つくったおもちゃは持ち帰ることができるので、お家でも楽しめますよ。

「木工室」で木工体験に挑戦!

市民ゾーンにある木工室では、木を使ったワークショップを開催。さまざまな道具を使って木工体験ができます。

ミュージアムショップでおみやげ選び

イタリア語で「感動」を意味する「トイショップtocca(トッカ)」。地元の木工作家の作品や国産材を使った木のおもちゃがそろいます。

「鳥海山 木のおもちゃ美術館」について詳しくはこちら

関連する投稿


横手 |「小松屋本店」本物のような幼虫チョコレートが人気の菓子店

横手 |「小松屋本店」本物のような幼虫チョコレートが人気の菓子店

秋田県横手市にある菓子店「小松屋本店」。こちらで販売されている「カブトムシの幼虫チョコレート」は、そのリアルな見た目が県内外で話題となっています。昔ながらの製法で手づくりするアイスキャンディーやイートインメニューなども種類豊富にそろっているので、お気に入りのスイーツを探してみませんか?


秋田 |「nico」焼きたてのパンケーキが人気!ファミリーでくつろげるカフェ

秋田 |「nico」焼きたてのパンケーキが人気!ファミリーでくつろげるカフェ

夏の「秋田竿灯まつり」で有名な秋田市の中心街に、朝から元気に営業しているカフェ「nico」があります。素材と盛り付けにこだわったパンケーキをはじめ、手づくりのメニューとおしゃれなインテリアが評判で、多くのお客さんから人気を集めています。おいしいスイーツと淹れたてコーヒーで、癒やしの時間を過ごしましょう。


湯沢 |「犬っこまつり」雪国で400年続く伝統の小正月行事

湯沢 |「犬っこまつり」雪国で400年続く伝統の小正月行事

秋田県湯沢市は、積雪期間が年間100日以上あり、街全域が特別豪雪地帯になっている雪国。そんな厳しい寒さが続く冬の湯沢で、毎年2月に行なわれるお祭りが「犬っこまつり」です。お祭りが開催される2日間、街には犬の雪像と雪のお堂が並び、冬の寒さをやわらげるようなあたたかな光景がつくりだされます。


横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

秋田県横手市にある「横手市増田まんが美術館」は、マンガをテーマにした美術館です。原画の所蔵枚数はなんと23万枚以上!マンガファンなら一度は目にしたい名作マンガの原画を見られるとあって、国内はもちろん海外からも注目されています。


小坂 |「小坂・鉄道まつり2019」貴重な列車に出会える鉄道イベントへ行こう!

小坂 |「小坂・鉄道まつり2019」貴重な列車に出会える鉄道イベントへ行こう!

秋田県鹿角郡小坂町にある「小坂鉄道レールパーク」は、廃線になった小坂鉄道の設備や車両を見学できる複合施設。毎年10月14日の「鉄道の日」には「小坂・鉄道まつり」が行なわれ、鉄道ファンやファミリーで賑わいます。2019年は10月13日(日)・14日(月・祝)に開催予定。秋の行楽にぴったりのイベントに出かけましょう。


最新の投稿


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。