仙台 |「どようびキッズ・プログラム」で遊びながらアートに親しもう

仙台 |「どようびキッズ・プログラム」で遊びながらアートに親しもう

宮城県仙台市の「宮城県美術館」で毎月開催される「どようびキッズ・プログラム」は、3歳くらいから10歳くらいまでのお子さんを対象とした無料のワークショップ。水や土、木などの身近な素材を使って遊んだり、美術館の敷地内を探検したり、五感を使ったアート体験ができますよ。


「どようびキッズ・プログラム」ってどんなワークショップ?

「〇〇とあそぶ日」

仙台市営地下鉄東西線の国際センター駅から徒歩7分ほどの場所にある「宮城県美術館」。洋画、日本画、彫刻、工芸など、幅広いジャンルの作品が展示されています。

そんな宮城県美術館で、毎月第1土曜日に行なわれる「どようびキッズ・プログラム」は、作品を鑑賞するだけではなく、五感を使ってアートに親しめるワークショップ。お子さんが美術館のスタッフとともにアートを体験し、創造的に遊べる人気のイベントです。

プログラムは2種類で、水や土など身の回りにあるものを使って遊ぶ「〇〇とあそぶ日」と、美術館内や敷地内をスタッフと一緒に歩いて発見を楽しむ「たんけんの日」。月ごとに交互に開催されています。

水や土で遊ぶ「〇〇とあそぶ日」

「色水遊(イロミズアソビ)」

「〇〇とあそぶ日」は、水遊びや土遊びなどさまざまな素材を使って遊ぶプログラム。お子さんの自由な発想を活かし、アートを体感することができます。

たとえば、色水をつくって遊ぶ「色水遊(イロミズアソビ)」というプログラムでは、食紅を溶かした赤・青・黄・緑の水をビニール袋のなかで混ぜあわせ、さまざまな色の色水を制作。最後に、オリジナルカラーの色水が入ったビニール袋を窓辺に吊るし、光に透ける様子を鑑賞します。無限に変化する色の世界に、お子さんは夢中になりそうですね!

色水には絵の具ではなく食紅が使われているので、万が一お子さんの口に入っても大丈夫。安心してお子さんを遊ばせられる気配りがあるのもうれしいポイントです。

宮城県美術館のホームページでは、プログラムごとに対象年齢の目安が記載されているので、参加するときの参考にしましょう。あくまで目安なので、そのほかの年齢のお子さんでも参加OK。対象年齢よりも小さいお子さんには、パパ・ママが付き添ってあげてくださいね。

美術館をめぐろう!「たんけんの日」

「たんけんの日」

「たんけんの日」は、美術館の敷地内をスタッフと一緒にめぐるツアー。美術館館内をはじめ、ウサギやネコなどの動物をモチーフにした彫刻が11点展示されている「アリスの庭」、広瀬川を見下ろせる「北庭」を散策します。ときにはビニール袋でお手製のポンチョをつくって探検することも。“美術館”というと賑やかに作品を鑑賞するイメージはありませんが、「たんけんの日」に参加すれば、みんなでおしゃべりをしながら美術館を楽しめますよ。
「アリスの庭」や「北庭」は、いつでも自由に散策することができます。ワークショップ以外の日も気軽に立ち寄ってみてくださいね。

「〇〇とあそぶ日」と「たんけんの日」は、いずれも予約不要。人数制限はないので、参加者が多い場合は道具や材料を譲りあいながら遊びましょう。水や土を使ったり野外で遊んだりすることもあるので、着替えをお忘れなく。動きやすい服装なら元気いっぱいアートを体感できますよ。

「宮城県美術館」

美術館内にはレストランやカフェが併設し、食事や休憩に利用できます。また、館内の「造形遊戯室」には、木製の遊具や絵本を用意。お子さん向けに開放されているので、ワークショップのあとも遊び続けられるのがうれしいですね。大人の付き添いがあれば、小さなお子さんでも利用できますよ。

遊びをとおしてアートを体験できる、どようびキッズ・プログラム。ワークショップに参加して、お子さんの自由でのびのびとした感性をのばしてみませんか。

※ご紹介した内容は、過去のイベント情報をもとにしています。最新年度の開催内容は、宮城県美術館の公式ホームページにてご確認ください。

宮城県美術館の「どようびキッズ・プログラム」をファミリーで楽しもう!ななびチェック!

ミュージアムショップでアートな雑貨選び

美術館内のミュージアムショップは入場無料。アート作品をモチーフにした付箋やノート、クリアファイルなどプレゼントにはもちろん、日常使いしやすい雑貨がそろいます。

作品をつくりたくなったら「創作室」へ

「創作室」は、開館中なら予約不要で誰でも使える無料のオープンアトリエ。材料を持っていけば、道具や机などを使って、自由に創作活動ができます。

ランチは「カフェ モーツァルト・フィガロ」がオススメ

「カフェ モーツァルト・フィガロ」

美術館内に併設する「カフェ モーツァルト・フィガロ」は、白を基調とした空間にデザイナーズ家具が並ぶおしゃれなカフェ。日替わりランチやスイーツなど、メニューが豊富です。

「どようびキッズ・プログラム」について詳しくはこちら

関連する投稿


仙台 |「スプリングバレー泉高原」アクセス抜群のスキー場

仙台 |「スプリングバレー泉高原」アクセス抜群のスキー場

寒い冬の楽しみといえば雪遊び。宮城県仙台市の「スプリングバレー泉高原」では、はじめてのチャレンジから滑りなれた上級者までお子さんがスキーレッスンを受けられる「スキッズ・キャンプ」、スノーチュービングやそり遊びができる「雪の冒険王国」など、ウィンターアクティビティが充実!思いきり体を動かしてリフレッシュしませんか?


南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

宮城県南三陸町は、県内外から観光客が集まる商店街や、旬魚をたっぷりと盛った丼が有名な街。そんな南三陸町のおみやげの定番は“モアイグッズ”!手がけるのは、モアイグッズの専門店「南三陸モアイファミリー」です。なぜ南三陸町でモアイなのか、どんなアイテムが人気なのか…、気になる疑問をリサーチします。


大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

宮城県大崎市にある「感覚ミュージアム」は、五感をテーマにしたミュージアムです。体全体を使って線を描いたり、空が映り込んだ鏡張りの空間に入り込んだり、お子さんも大人も楽しめる体験型の展示が盛りだくさん。オリジナルグッズがそろうショップや、地元食材を使ったメニューを味わえるカフェにもたち寄ってみましょう。


名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

宮城県山元町で栽培される「ミガキイチゴ」をご存じでしょうか?濃厚な甘みと形の美しさから、“食べる宝石”と呼ばれるブランドいちごです。そのミガキイチゴを使ったスイーツを提供しているのが、名取市の「ICHIBIKO 閖上店」。ドリンクやプリン、大福など、バラエティに富んだミガキイチゴスイーツを味わってみませんか。


登米 |「津山もくもくランド秋祭り」登米の特産品をゲットしよう!

登米 |「津山もくもくランド秋祭り」登米の特産品をゲットしよう!

「津山もくもくランド秋祭り」は、例年10月に「道の駅 津山もくもくランド」で開催されるイベントです。登米市の特産品を購入できるほか、餅つき大会やビンゴゲーム、木工体験など、お子さんがわくわくする企画がたくさん。会場となる道の駅には大型遊具が設置された公園や郷土料理を味わえる食事処もあり、ファミリーでゆっくり楽しめますよ。


最新の投稿


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形県山形市の「シベールファクトリーパーク」は、洋菓子店「シベール」のショップやラスク工場がたつスイーツのテーマパーク。ラスクやケーキ、パンなどが盛りだくさんにそろうショップでのお買いものや、ラスク工場の見学を満喫できます。カフェを併設していて、ファミリーでゆっくり過ごすのにオススメのスポットです。


由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

標高2,236メートルの鳥海山の自然に恵まれた、秋田県由利本荘市にある「鳥海山 木のおもちゃ美術館」。国登録有形文化財の廃校を利用した館内では、由利本荘産の木材のおもちゃで遊びながら、木の魅力と文化にふれることができます。赤ちゃんからお年寄りまで多世代で楽しめるとあって、2018年のオープン以来人気を集めています。