新型コロナウイルス感染症の影響により、「ななび」に掲載しているスポットやイベントなどの
開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。
おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。
 

仙台 |「どようびキッズ・プログラム」で遊びながらアートに親しもう

仙台 |「どようびキッズ・プログラム」で遊びながらアートに親しもう

宮城県仙台市の「宮城県美術館」で毎月開催される「どようびキッズ・プログラム」は、3歳くらいから10歳くらいまでのお子さんを対象とした無料のワークショップ。水や土、木などの身近な素材を使って遊んだり、美術館の敷地内を探検したり、五感を使ったアート体験ができますよ。


「どようびキッズ・プログラム」ってどんなワークショップ?

「〇〇とあそぶ日」

仙台市営地下鉄東西線の国際センター駅から徒歩7分ほどの場所にある「宮城県美術館」。洋画、日本画、彫刻、工芸など、幅広いジャンルの作品が展示されています。

そんな宮城県美術館で、毎月第1土曜日に行なわれる「どようびキッズ・プログラム」は、作品を鑑賞するだけではなく、五感を使ってアートに親しめるワークショップ。お子さんが美術館のスタッフとともにアートを体験し、創造的に遊べる人気のイベントです。

プログラムは2種類で、水や土など身の回りにあるものを使って遊ぶ「〇〇とあそぶ日」と、美術館内や敷地内をスタッフと一緒に歩いて発見を楽しむ「たんけんの日」。月ごとに交互に開催されています。

水や土で遊ぶ「〇〇とあそぶ日」

「色水遊(イロミズアソビ)」

「〇〇とあそぶ日」は、水遊びや土遊びなどさまざまな素材を使って遊ぶプログラム。お子さんの自由な発想を活かし、アートを体感することができます。

たとえば、色水をつくって遊ぶ「色水遊(イロミズアソビ)」というプログラムでは、食紅を溶かした赤・青・黄・緑の水をビニール袋のなかで混ぜあわせ、さまざまな色の色水を制作。最後に、オリジナルカラーの色水が入ったビニール袋を窓辺に吊るし、光に透ける様子を鑑賞します。無限に変化する色の世界に、お子さんは夢中になりそうですね!

色水には絵の具ではなく食紅が使われているので、万が一お子さんの口に入っても大丈夫。安心してお子さんを遊ばせられる気配りがあるのもうれしいポイントです。

宮城県美術館のホームページでは、プログラムごとに対象年齢の目安が記載されているので、参加するときの参考にしましょう。あくまで目安なので、そのほかの年齢のお子さんでも参加OK。対象年齢よりも小さいお子さんには、パパ・ママが付き添ってあげてくださいね。

美術館をめぐろう!「たんけんの日」

「たんけんの日」

「たんけんの日」は、美術館の敷地内をスタッフと一緒にめぐるツアー。美術館館内をはじめ、ウサギやネコなどの動物をモチーフにした彫刻が11点展示されている「アリスの庭」、広瀬川を見下ろせる「北庭」を散策します。ときにはビニール袋でお手製のポンチョをつくって探検することも。“美術館”というと賑やかに作品を鑑賞するイメージはありませんが、「たんけんの日」に参加すれば、みんなでおしゃべりをしながら美術館を楽しめますよ。
「アリスの庭」や「北庭」は、いつでも自由に散策することができます。ワークショップ以外の日も気軽に立ち寄ってみてくださいね。

「〇〇とあそぶ日」と「たんけんの日」は、いずれも予約不要。人数制限はないので、参加者が多い場合は道具や材料を譲りあいながら遊びましょう。水や土を使ったり野外で遊んだりすることもあるので、着替えをお忘れなく。動きやすい服装なら元気いっぱいアートを体感できますよ。

「宮城県美術館」

美術館内にはレストランやカフェが併設し、食事や休憩に利用できます。また、館内の「造形遊戯室」には、木製の遊具や絵本を用意。お子さん向けに開放されているので、ワークショップのあとも遊び続けられるのがうれしいですね。大人の付き添いがあれば、小さなお子さんでも利用できますよ。

遊びをとおしてアートを体験できる、どようびキッズ・プログラム。ワークショップに参加して、お子さんの自由でのびのびとした感性をのばしてみませんか。

※ご紹介した内容は、過去のイベント情報をもとにしています。最新年度の開催内容は、宮城県美術館の公式ホームページにてご確認ください。

宮城県美術館の「どようびキッズ・プログラム」をファミリーで楽しもう!ななびチェック!

ミュージアムショップでアートな雑貨選び

美術館内のミュージアムショップは入場無料。アート作品をモチーフにした付箋やノート、クリアファイルなどプレゼントにはもちろん、日常使いしやすい雑貨がそろいます。

作品をつくりたくなったら「創作室」へ

「創作室」は、開館中なら予約不要で誰でも使える無料のオープンアトリエ。材料を持っていけば、道具や机などを使って、自由に創作活動ができます。

ランチは「カフェ モーツァルト・フィガロ」がオススメ

「カフェ モーツァルト・フィガロ」

美術館内に併設する「カフェ モーツァルト・フィガロ」は、白を基調とした空間にデザイナーズ家具が並ぶおしゃれなカフェ。日替わりランチやスイーツなど、メニューが豊富です。

「どようびキッズ・プログラム」について詳しくはこちら

関連する投稿


名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

宮城県名取市の「カフェ モーツァルト ユリイカ」は、JR名取駅と直結している「名取市図書館」併設のカフェ。日差しがたっぷり入り込む明るい店内で、地元食材を活かしたランチや華やかなスイーツが味わえます。カフェと同じフロアに設けられた図書館の児童コーナーには、靴を脱いでお子さんと一緒に読書が楽しめるスペースもありますよ。


仙台 |「スプリングバレー泉高原」アクセス抜群のスキー場

仙台 |「スプリングバレー泉高原」アクセス抜群のスキー場

寒い冬の楽しみといえば雪遊び。宮城県仙台市の「スプリングバレー泉高原」では、はじめてのチャレンジから滑りなれた上級者までお子さんがスキーレッスンを受けられる「スキッズ・キャンプ」、スノーチュービングやそり遊びができる「雪の冒険王国」など、ウィンターアクティビティが充実!思いきり体を動かしてリフレッシュしませんか?


南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

宮城県南三陸町は、県内外から観光客が集まる商店街や、旬魚をたっぷりと盛った丼が有名な街。そんな南三陸町のおみやげの定番は“モアイグッズ”!手がけるのは、モアイグッズの専門店「南三陸モアイファミリー」です。なぜ南三陸町でモアイなのか、どんなアイテムが人気なのか…、気になる疑問をリサーチします。


大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

宮城県大崎市にある「感覚ミュージアム」は、五感をテーマにしたミュージアムです。体全体を使って線を描いたり、空が映り込んだ鏡張りの空間に入り込んだり、お子さんも大人も楽しめる体験型の展示が盛りだくさん。オリジナルグッズがそろうショップや、地元食材を使ったメニューを味わえるカフェにもたち寄ってみましょう。


名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

宮城県山元町で栽培される「ミガキイチゴ」をご存じでしょうか?濃厚な甘みと形の美しさから、“食べる宝石”と呼ばれるブランドいちごです。そのミガキイチゴを使ったスイーツを提供しているのが、名取市の「ICHIBIKO 閖上店」。ドリンクやプリン、大福など、バラエティに富んだミガキイチゴスイーツを味わってみませんか。


最新の投稿


上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

上越 |「上越市立水族博物館 うみがたり」子どもから大人まで海の世界に癒やされる空間

新潟県上越市にある、地元の人から80年以上愛されていきた「上越市立水族博物館」が、2018年に装いも新たにグランドオープン!名称も「上越市立水族博物館 うみがたり」とし、迫力のあるドルフィンパフォーマンスや100羽以上のマゼランペンギンなど、1日中楽しめるゾーンが盛りだくさん!家族やカップル、友達みんなと満喫できるスポットです。※現在新型コロナウイルス感染症対策を行っています


東根 |「東根市さくらんぼタントクルセンター」お子さんの想像力を刺激する遊びがいっぱい

東根 |「東根市さくらんぼタントクルセンター」お子さんの想像力を刺激する遊びがいっぱい

「お子さんをのびのびと遊ばせたい」「楽しみながら自分で考える力を養ってほしい」…そんなパパとママの願いを叶えてくれるのが、山形県東根市にある「東根市さくらんぼタントクルセンター」。巨大な複合遊具をはじめとする多彩な遊びが盛りだくさんのスポットです。大人も一緒に楽しみたくなる遊び場の魅力に迫ります。


秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

全国で広がりをみせる「ブックスタート推進事業」。秋田県秋田市では、0歳児とその保護者を対象に絵本の読み聞かせを定期開催し、絵本をプレゼントする子育て支援事業のひとつとして推進されています。無料で参加できるので、赤ちゃんのはじめての絵本選びや読み聞かせの参考にしてみてくださいね。


名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

宮城県名取市の「カフェ モーツァルト ユリイカ」は、JR名取駅と直結している「名取市図書館」併設のカフェ。日差しがたっぷり入り込む明るい店内で、地元食材を活かしたランチや華やかなスイーツが味わえます。カフェと同じフロアに設けられた図書館の児童コーナーには、靴を脱いでお子さんと一緒に読書が楽しめるスペースもありますよ。


奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

岩手県南部の奥州市水沢地区にある「N'CAFE」は、住宅ショールーム内に設けられたカフェ。“無添加”をキーワードにしたナチュラルな空間で、体にやさしい素材を使ったスイーツをいただけます。日によって担当シェフが替わるランチも要チェックですよ。