猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.2】自然を感じるおでかけスポット3選

猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.2】自然を感じるおでかけスポット3選

人と大地の関係を楽しみながら学習できる自然公園“日本ジオパーク”にも認定された猪苗代町には、雄大な自然を満喫できるレジャースポットがたくさん!今回はそのなかでも親子でのおでかけにぴったりの場所をご紹介します。猪苗代ならではの自然体験を、家族そろって楽しみましょう!


遊覧船や白鳥の餌付け体験を猪苗代湖で楽しもう!

「長浜」

日本で4番目の大きさを誇る猪苗代湖には、外周に沿って15もの浜があります。
そのなかでも、ヨットや水上バイクを楽しむ人で賑わう「長浜」からは、遊覧船も運航しています。

「はくちょう丸」

「はくちょう丸」「かめ丸」といったユニークな形の遊覧船は、35分ほどかけて猪苗代湖をゆっくりと航行。航行中は猪苗代湖にまつわる音声案内が流れます。
晴れた日に湖上から臨む磐梯山は思わず写真を撮りたくなるような絶景!
悪天候時や冬期間の一部を除いて毎日運航しているので、季節ごとに変わる風景も楽しみですね。

「翁島」

もうひとつの見どころは、猪苗代湖唯一の島である「翁島」。水の少ない時期になると陸続きになる翁島は、磐梯山の噴火にまつわる不思議な伝説が残る場所でもあります。
遊覧船では、翁島を間近に見ながら猪苗代湖を約半周して長浜へと帰港。運航中は猪苗代湖にまつわる音声案内も流れるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

「白鳥」

そして冬の猪苗代湖の風物詩といえば白鳥です。
猪苗代湖は白鳥の飛来地として有名で、毎年10月上旬~翌年4月上旬ころまで、羽を休める白鳥の姿を見ることができます。

「餌やり」

比較的広い浜辺が続く長浜や志田浜では、白鳥やカモに直接餌をあげることもでき、子どもたちに大人気!近くの売店で餌が販売されていますが、自宅からパンの耳やお麩、お米などを持参してもOKですよ。
貴重な野鳥とのふれあいを、家族で楽しんでくださいね。

遊びながら自然を学べる「アクアマリンいなわしろカワセミ水族館」

「アクアマリンいなわしろカワセミ水族館」
「アクアマリンいなわしろカワセミ水族館」2

「アクアマリンいなわしろカワセミ水族館」は、「ふくしまの湖沼群をとおして、人と地球の未来を考える。」をテーマに、福島県内で見られる淡水生物を、生息環境を再現した水槽に展示しています。
魚だけではなく爬虫類や水生昆虫、鳥まで幅広く見ることができ、実際にふれあえて学べるコーナーが多いのが特徴です。

「ユーラシアカワウソのお食事タイム」

1番人気はユーラシアカワウソのお食事タイム!
チロルとゆきの親子2頭が飼育されていて、水族館のマスコット的な存在です。午前と午後の1日2回、飼育員さんがカワウソの生態について解説しながら餌やりを行なう様子を見学できますよ。
一生懸命餌を食べるカワウソたちの姿は、とてもかわいい!

「森のこばこ」

また、2階にある木育広場・森のこばこには、木のぬくもりを感じるさまざまな木製おもちゃが並び、自由に遊べるキッズスペースもあります。ボルダリングやボードゲームに積み木など、子どもたちは時間を忘れて夢中になってしまいそう。

「森のこばこ」2

さらに、館内の生き物たちをモデルにしたスタッフさんお手製のおもちゃや、カワセミ水族館オリジナルの塗り絵なども。遊びから楽しく生き物への興味が深まりそうですね。

「釣り堀」

夏には敷地内の釣り堀で魚釣りが楽しめ、季節ごとに開催される趣向を凝らした企画展も人気!親子で体験しながら楽しめる企画がいっぱいなので、アクアマリンいなわしろカワセミ水族館は何度訪れても新しい発見がありそうですよ。

動物とのふれあいや、冬は雪遊びも!1年中楽しめる「南ヶ丘牧場」

「南ヶ丘牧場」

磐梯山を望む高原にある「南ヶ丘牧場」では、のどかな風景と、ウシやウマ、ヒツジ、ロバ、ウサギといったさまざまな動物に出会えます。餌やりや乗馬などが体験できるので、動物たちとふれあいながらかわいらしい姿に癒やされましょう。

「ファミリースキー場」

実は、年中無休の南ヶ丘牧場!
冬になると、動物たちはお休みですが、「ファミリースキー場」という雪遊び場がオープン!スキーやそりを持ち込んで思いっきり雪遊びを楽しみましょう。そりはレンタルもできますよ。
予約制ですが、バナナボートやスノーモービル体験も!そりでは物足りないという子どもたちもスリリングに楽しめますね。

「三角屋根がかわいいロッジ」

暖炉が焚かれた三角屋根がかわいいロッジでは、事前予約をすればバターやアイスクリームづくり、会津らしい赤べこの絵付け体験などができます。赤べこの絵付け体験は当日受付でも参加できますよ。

「アイスクリームづくり」
「アイスクリームづくり」2

オススメは、日本に約200頭しかいないといわれている、貴重なガーンジィ牛のミルクを使ったアイスクリームづくり!
ガーンジィ牛乳と生クリーム、砂糖が入ったアイスミックスに卵を加えてよく混ぜたあと、マイナス25℃に冷えたアイスクリームをつくる冷却ポットへ。冷たいポットの側面にアイスの素を付けて約10分混ぜながら固まらせると、特製のアイスクリームが完成!家族みんなでおいしく味わえますよ。

「名物のボルシチ」

たくさん遊んだら、創業者である初代場長が満州開拓時代にその土地の人から教わったという、名物のボルシチをはじめとしたロシア料理であたたまりましょう。

「ペロシキ」

こちらは、豚ひき肉と自家製野菜がたっぷり入ったペロシキ。
一般的には“ピロシキ”と呼ばれますが南ヶ丘牧場では、当時、初代場長が現地で耳にした「ペロシキ」をそのまま商品名としているのだそう。“おいしくてペロッと食べれる”から…、そんな意味も込められているんですよ!

ほかにも、ジンギスカンやハンバーグなど、レストラン顔負けの本格的な料理でおなかも満たされますよ。

猪苗代には、四季折々の自然を感じながら1年中楽しめるおでかけスポットがたくさん!
家族で、ステキな体験を楽しんでくださいね。

次回は、おいしものもいっぱいの猪苗代グルメを紹介します!

「南ヶ丘牧場」2

猪苗代へのおでかけまえに!ななびチェック

「猪苗代湖遊覧船」運航状況やお得な情報はHPをチェック

遊覧船は天候次第で運休することもあるので事前に確認を。そのほか、5月5日の子どもの日は小学生の乗船無料や、年に数回イベントでの特別クルーズも必見ですよ。

冬の「アクアマリンいなわしろカワセミ水族館」では、防寒具が必須!

生き物への配慮のため、館内の温度も自然に近い設定に。そのため冬場はあたたかい格好でおでかけくださいね。川がきコーナーで魚にふれる場合は、タオルを準備しておくとよいでしょう。

「南ヶ丘牧場」はお財布にもやさしい!

なんと入場料も駐車場代も無料!アクティビティや体験コーナーごとに料金を支払いましょう。お得な分、貴重なガーンジィ牛のミルクを使った、おいしいヨーグルトやアイスクリームをおみやげに買えそうですね!

「白鳥とかめ丸」
「猪苗代湖遊覧船」について詳しくこちら
「アクアマリンいなわしろカワセミ水族館」について詳しくはこちら
「磐梯高原 南ヶ丘牧場」について詳しくはこちら

関連する投稿


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.4】親子で楽しめるイベントが盛りだくさん!

猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.4】親子で楽しめるイベントが盛りだくさん!

猪苗代では、1年をとおして多彩なイベントが行なわれています。主催が行政・企業・個人だったり、テーマもスポーツ・音楽フェス・桜祭り・花火・マルシェ…と多岐にわたります。今回はそんな楽しいイベントが盛りだくさんなイベントの街・猪苗代と、ご家族連れにオススメの「観音寺川桜祭り」「つながるしぇ」をご紹介します。


天栄村 |「ブリティッシュヒルズ」ラグジュアリーなイギリスの街を親子で体験

天栄村 |「ブリティッシュヒルズ」ラグジュアリーなイギリスの街を親子で体験

福島県岩瀬郡天栄村にある「ブリティッシュヒルズ」は、福島県にいながらイギリスに留学したような雰囲気で、滞在しながら英語を学ぶことができるリゾート施設。中世イギリスを再現したマナーハウスや街並みは、まるで本物のイギリスのよう!レストランやティールームで、本場イギリスの料理やスイーツなども味わえます。


猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.3】ランチからご当地スイーツまで!猪苗代のオススメグルメ3選

猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.3】ランチからご当地スイーツまで!猪苗代のオススメグルメ3選

猪苗代町では、寒暖差のある気候を活かしてそばやお米、新鮮な高原野菜が栽培されています。今回は、そんな旬な新米やそばをおなかいっぱい食べられる人気のお店に加え、昔ながらのご当地スイーツ「天ぷらまんじゅう」をご紹介します。


猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.1】猪苗代町ってどんなところ?

猪苗代 |【ななび連載:猪苗代編vol.1】猪苗代町ってどんなところ?

猪苗代町は福島県のほぼ中央に位置する高原の街。豊かな自然を活用したアウトドアやスポーツが盛んで、1年中観光客で賑わいます。今回はそんな猪苗代町のなかでも、家族連れで楽しめるスポットを中心にご紹介。レジャーにグルメ、温泉やイベントなど思わずおでかけしたくなるスポットが満載です!


最新の投稿


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形県山形市の「シベールファクトリーパーク」は、洋菓子店「シベール」のショップやラスク工場がたつスイーツのテーマパーク。ラスクやケーキ、パンなどが盛りだくさんにそろうショップでのお買いものや、ラスク工場の見学を満喫できます。カフェを併設していて、ファミリーでゆっくり過ごすのにオススメのスポットです。


由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

標高2,236メートルの鳥海山の自然に恵まれた、秋田県由利本荘市にある「鳥海山 木のおもちゃ美術館」。国登録有形文化財の廃校を利用した館内では、由利本荘産の木材のおもちゃで遊びながら、木の魅力と文化にふれることができます。赤ちゃんからお年寄りまで多世代で楽しめるとあって、2018年のオープン以来人気を集めています。