遠野 |「遠野どべっこ祭り」遠野の濁り酒と郷土料理に舌つづみ

遠野 |「遠野どべっこ祭り」遠野の濁り酒と郷土料理に舌つづみ

民話の里として知られる岩手県遠野市では、古くから「どぶろく」の文化が生きていました。“どべっこ”とは、地元の方言で「どぶろく」を意味します。毎年冬になると、「遠野ふるさと村」オリジナルのどぶろくや地元造り酒屋の濁り酒が楽しめる「遠野どべっこ祭り」が開催されます。郷土芸能の披露や昔話の語りなどを、ファミリーで楽しめますよ。


古民家で濁り酒と郷土料理を堪能!「遠野どべっこ祭り」

「どべっこ」

カッパや座敷童子など数々の妖怪にまつわる伝説が受け継がれてきた岩手県遠野市。周囲を山々が囲み、のどかな田園風景が今も残されています。

そんな遠野で行なわれる「遠野どべっこ祭り」は、晩秋から翌3月にかけて毎年5回ほど開催される人気のイベント。「どぶろく」や「どべっこ」と呼ばれる、ここでしか味わえない自家製のお酒と郷土料理を、昔懐かしい古民家のお座敷で楽しめるとあって、毎回多くの人が参加します。

「どべっこ」2

米と米麹を発酵させ、一度も濾さずにつくるどぶろく・どべっこ。どぶろくとは“密造酒”を意味する言葉ですが、遠野市はふるさと再生特区制度により「どぶろく特区」に認定され、「遠野ふるさと村」のように許可を受けた製造所でどぶろくを製造しています。

イベントをはじめた当初はどぶろく特区に認定されていなかったため、“どぶろく”という言葉を使うことも、酒屋以外で製造することもできず、地元造り酒屋の濁り酒を提供することで「どべっこ祭り」としてイベントがスタートしました。

現在は、濁り酒とどぶろくを提供しています。どぶろくは仕込みの状況によって味わいが異なり、酸味が強かったりまろやかだったり、その時々の違いを感じながら味わってください。

「遠野ふるさと村」はこんなところ

「遠野ふるさと村」

遠野どべっこ祭りが開催される「遠野ふるさと村」は、水車小屋や田畑などとともに江戸時代の農村風景を再現した施設。イベントのメイン会場となる「肝煎りの家」をはじめ、市内から移築した古い農家「南部曲り家」が建ち並び、ノスタルジックな雰囲気が漂います。

イベント期間中、遠野ふるさと村までは、遠野駅から無料シャトルバスが運行しています。普段のおでかけではドライバーとしてアルコールをひかえているパパやママも、安心してどべっこを味わえそうですね。

郷土料理を味わいながら、神楽と昔話を楽しもう

「神楽の鑑賞」

遠野どべっこ祭りで楽しめるのはお酒だけではなく、山菜料理やヤマメの塩焼きなどの滋味深い料理も登場します。練った小麦粉をちぎって入れた汁物・ひっつみをはじめとする郷土料理をいただけるのもうれしいポイント。
料理やお酒は1品ずつオーダーできますが、予約制のお食事プランもあるので、ゆったりと味わうのもオススメです。

また、食事をしながら神楽の鑑賞もできます。遠野では郷土芸能が盛んで、市内で20以上もの神楽の団体が活動をしているのだとか。出演団体によって異なる地域の神楽を楽しむことができます。
古民家のやわらかな明かりのもとで伝統の舞を鑑賞していると、民話の世界に迷い込んだかのような不思議な気持ちになりそうですね。

「カッパおじさん」

神楽の披露のほかに、遠野でカッパを探し続けている“カッパおじさん”のトークショーや、別会場の古民家「大野どん」では昔話の語りも行なわれます。昔話は、10時30分から15時まで随時開催。出入り自由で、来場者にあわせてお話の内容や長さを調整してくれます。遠野のゆったりとした方言で語られるカッパや座敷童子の民話は、どこか懐かしく幻想的。お子さんだけでなく、パパやママも聞き入ってしまいそう。

「とおの物語の館」

遠野どべっこ祭りの次回の開催は、2020年2月23日(日)と3月1日(日)。また、2020年は遠野の市街地にある「とおの物語の館」でも、2月22日(土)と2月29日(土)に「どぶろくまつり」が特別開催されます。遠野産のどぶろくが大集合するこちらのイベントも、ぜひチェックしてみてください。予約受け付けは遠野ふるさと村で行なっていますよ。

どべっこやどぶろくにちなんだ遠野のイベントに参加して、昔ながらの食文化を体験してみませんか。

「とおの物語の館」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

「遠野どべっこ祭り」はお酒が飲めなくても楽しめる!ななびチェック!

飲み放題付き、食事のみのプランは予約可能!

「遠野ふるさと村」への入村料込みの予約プランは、どぶろく&どべっこの飲み放題付き食事プランのほか、お酒を飲まない人向けに食事のみのプランも準備されています。

遠野の限定商品「どぶろくジェラート」を味わおう

会場に用意されている、どぶろく「河童の舞」を使った「どぶろくジェラート」はアルコールが含まれていません。お酒を飲まない人でも、どぶろくの風味を楽しめますよ。

お酒のほか、ソフトドリンクや甘酒などの飲み物を用意

どぶろくやどべっこ以外にも、地元のクラフトビール「ズモナビール」や地酒、ソフトドリンクがあります。

「遠野どべっこまつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


盛岡 |「チーズケーキのチロル 大通店」ふわふわ食感&濃厚な味わいのチーズケーキ

盛岡 |「チーズケーキのチロル 大通店」ふわふわ食感&濃厚な味わいのチーズケーキ

盛岡市中心部、飲食店や映画館がたち並ぶ通りの一角に、赤白ストライプ模様のテント看板が印象的な「チーズケーキのチロル 大通店」があります。こちらのお店で人気なのが、手づくりにこだわったチーズケーキ。ふわっと軽い口あたりとクリームチーズの濃厚な味わいを、スプーンですくって楽しみましょう。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。


盛岡 |「BAzaR et panpantutu 盛岡店」女の子が夢見るかわいいデザインの子ども服

盛岡 |「BAzaR et panpantutu 盛岡店」女の子が夢見るかわいいデザインの子ども服

岩手県盛岡市にある「BAzaR et panpantutu 盛岡店」は、小さな女の子がときめくようなキュートな服が集まるショップ。白を基調にした明るい店内には、カラフルなチュチュスカート、リボンや花をモチーフにした飾りが付いたコート、帽子などが所狭しと並びます。出産祝いにぴったりのギフトアイテムも豊富ですよ。


久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

岩手県久慈市で行なわれる「北三陸くじ冬の市」は、海の幸が豊富な三陸沿岸地域ならではの冬の味覚を中心に、久慈の魅力をまるごと体感できるイベント。例年11月~2月に開催され、地元の特産品や選りすぐりのグルメを味わえるほか、ファミリーで楽しめる企画がいっぱいです。


雫石 |「元祖!しずくいし軽トラ市」軽トラックが並ぶユニークな屋外マーケット

雫石 |「元祖!しずくいし軽トラ市」軽トラックが並ぶユニークな屋外マーケット

毎年5月~11月の第1日曜に、岩手県雫石町の「よしゃれ通り商店街」で開催される「元祖!しずくいし軽トラ市」。470メートルの通りを埋め尽くすように、新鮮な野菜やフルーツ、海産物、クラフト雑貨などを積んだ軽トラックがずらりと並びます。ショッピングはもちろん、お子さんが楽しめるイベントもありますよ。


最新の投稿


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形県山形市の「シベールファクトリーパーク」は、洋菓子店「シベール」のショップやラスク工場がたつスイーツのテーマパーク。ラスクやケーキ、パンなどが盛りだくさんにそろうショップでのお買いものや、ラスク工場の見学を満喫できます。カフェを併設していて、ファミリーでゆっくり過ごすのにオススメのスポットです。


由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

標高2,236メートルの鳥海山の自然に恵まれた、秋田県由利本荘市にある「鳥海山 木のおもちゃ美術館」。国登録有形文化財の廃校を利用した館内では、由利本荘産の木材のおもちゃで遊びながら、木の魅力と文化にふれることができます。赤ちゃんからお年寄りまで多世代で楽しめるとあって、2018年のオープン以来人気を集めています。