新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年4月21日以降の記事更新をお休みいたします。
不要不急のおでかけを控え、おうちでバックナンバーをご覧いただきながら、ゆっくりお過ごしください。
 

五所川原 |「ストーブ列車」冬の奥津軽で感じる、ぬくもりと情緒あふれる列車旅

五所川原 |「ストーブ列車」冬の奥津軽で感じる、ぬくもりと情緒あふれる列車旅

青森県五所川原市の津軽鉄道によって、冬季限定で運行されている「ストーブ列車」。ダルマストーブが設置された昭和レトロな列車からは、どこまでも広がる雪景色を眺めることができます。あたたかい車内でゆったり過ごしたり、観光スポットにたち寄ったりしながら、ストーブ列車の旅を満喫しませんか?


ぬくもりあふれる「ストーブ列車」で、ノスタルジックな旅に出かけよう

「ストーブ列車1」

津軽五所川原駅~津軽中里駅を結ぶ、津軽鉄道線の冬の風物詩「ストーブ列車」。1930年に五所川原から津軽中里までの全線が開業し、その12月に運行がはじまりました。

「ストーブ列車」とは、暖房用にダルマストーブを設置した列車で、毎年12月1日~3月31日の期間中、津軽五所川原~津軽中里間を1日2~3往復のみ日中に運行する限定列車のこと。

「ストーブ列車社内」

昭和レトロな列車は、ダルマストーブが描かれたヘッドマークを掲げ、車内ではぽかぽかとしたあたたかさに包まれながら雪景色を一望できます。
乗車の際は、運行時間のチェックはもちろん、目的地までの普通乗車券とストーブ列車券の購入をお忘れなく!

楽しい会話とおいしい名物で、団らんのひとときを過ごそう

「ストーブ列車社内2」

乗車後は、車窓からの景色を眺めたり、同乗したお客さんとのコミュニケーションを楽しんだりと、過ごし方はさまざま。
アテンダントさんも乗車していて、郷土の話題を津軽弁でおもしろく話してくれます。

「スルメ」

また、飲食の持ち込みが可能で、ダルマストーブの熱を利用してスルメをあぶって食べるのがちょっとした名物。スルメの車内販売もあり、アテンダントさんがあぶってくれるので、おいしいタイミングで食べることができますよ。

「ストーブ酒」

ほかにも、石炭に見たてた真っ黒の「石炭クッキー」や、ストーブ列車の焼き印が施されたりんごあんの「ストーブどら焼き」、「ストーブ酒」と名付けられた日本酒なども販売されていて、あたたかな車内でくつろげそう。

美しい銀世界を背景に、楽しい会話とおいしい名物でなごやかなひとときを満喫してくださいね。

自然風景と鉄道スポットも満喫しよう

「ストーブ列車2」
「ストーブ列車3」
「車窓からの岩木山」

運行ルートには、雪国ならではの風景や、人気鉄道スポットが点在。車窓からは、窓枠と相まって絵画のように明媚な「岩木山」や、場所によって種類の異なる「防雪柵」など、この時季ならではの光景を見ることができます。

また、鉄道にゆかりのあるオススメエリアも。沿線にある「芦野公園駅」は、公園内を列車が横断するめずらしい光景に加え、春には桜のトンネルと列車のコラボレーションが美しく、毎年多くの観光客で賑わいます。

その旧駅舎を活用した喫茶店・赤い屋根の喫茶店「駅舎」は、当時のきっぷ売り場の窓口や昔の電話機などを残した、どこか懐かしさを感じるお店です。金木町出身の作家・太宰治の小説に登場した駅としても知られ、名産の馬肉を使用した「激馬かなぎカレー」、肉まんならぬ「馬まん」などが食べられますよ。

売店には、ここでしか購入できないおみやげも

「石炭クッキー」
「ストーブ弁当」

旅の締めくくりには、駅構内でのショッピングもオススメ。津軽五所川原駅、金木駅、津軽中里駅では、乗車券以外にもオリジナルグッズなどを取り扱っています。

旧式の使用済み乗車券セットや、廃版品となった時刻表、ストーブ列車の石炭などマニア心をくすぐる商品から、電車モチーフのピンバッチやキーホルダーなど、乗車記念に購入したくなる雑貨類までさまざま。

さらに、津軽鉄道のキャラクター「つてっちー」に関するグッズも人気で、日常使いできるバッグや文具類、手づくりのマスコットや「つてっちーなりきり帽子」など、ここでしか購入できない商品も幅広く展開!

自分用はもちろん、おみやげにぴったりなお菓子なども販売されているので、どれを購入するか迷ってしまいそう。

ちょっぴり昔にタイムスリップしたような、懐かしく趣あふれるストーブ列車の旅。ゆったりとした時間のなかで、冬にしか味わえない贅沢なひとときを過ごしてみませんか?

「ストーブ列車」以外にも!めずらしいイベント列車をななびチェック!

趣あふれる「風鈴列車」で涼を感じよう

毎年7月1日~8月31日の期間中、全列車に設置される津軽金山焼の風鈴。列車に揺られながら、この土地ならではの風情と涼やかな音色を感じてみてくださいね。

津軽の夏を凝縮した「真夏のストーブ列車」がアツい!

五所川原市の夏祭りに合わせて運行する真夏のストーブ列車。ダルマストーブに火をつけ45度~50度まで熱した車内では、窓をあけて自然の風を感じながら津軽三味線の生演奏を聴き、アイスやビールで涼む…暑い夏をさらにアツくするイベントです。

「鈴虫列車」で心地よい虫の音に癒やされる

毎年9月1日~10月中旬まで運行される鈴虫列車。駅員さんが飼育した鈴虫を虫かごに入れ、全列車の棚に設置します。秋の訪れを感じられるかわいらしい鳴き声に癒やされそうですね。

「ストーブ列車」について詳しくはこちら
「ストーブ列車」の2019年12月1日(日)~2020年3月31日(火)までの時刻表はこちら

関連する投稿


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!


青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森市には、青森県産の豊富なフルーツや新鮮な卵を使用した自家製スイーツを販売しているお店がたくさんあります。今回はそのなかでも、オススメのスイーツ店を3店舗ご紹介。素材へのこだわりだけではなく見た目も華やかなスイーツを味わってみませんか。


青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森県青森市は100店舗以上のラーメン店が軒を連ねる激戦区!その8割以上が昔ながらの中華そばのお店で、煮干しだしをベースにしたラーメンが多く扱われています。今回は、青森県民が愛してやまない煮干しだしラーメンと、1度は食べてほしい青森のソウルフード「味噌カレー牛乳ラーメン」が食べられる2店舗をご紹介します。


最新の投稿


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。