下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

茅葺き屋根の街並みが美しい、福島県下郷町の大内宿。毎年2月には「大内宿雪まつり」が開催され、「1度は訪れてみたい!」と遠方にもファンが多いお祭りです。雪まつりの夜には、雪灯籠が灯り雪に覆われ白くなった茅葺き屋根を、打ち上げ花火が照らし幻想的な雰囲気に!雪国ならではの風景と、伝統行事や郷土料理が楽しめるのも魅力です。


美しい景観が人気の江戸宿場「大内宿」

「大内宿」

茅葺き屋根の街並みが美しい「大内宿」は、江戸時代、会津と日光を結ぶ会津西街道の宿場町として栄えていました。その美しい景観は、400年以上ものあいだ大内宿の人々によって大切に守り継がれ、「国選定重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています。

「お店の軒先の風景」

現在は、当時からの宿場の風景をそのままに、茅葺き屋根の軒先には色とりどりの民芸品や地元のおいしい郷土食が並び、年間約120万人もの観光客が訪れる人気スポットに!大内宿に住む人々が家族経営で、おそば屋さんやおみやげ屋さん民宿などを営み、訪れる人々をあたたかくもてなしてくれます。

「茅葺き屋根白い雪に覆われている様子」

標高670メートルの山あいに位置する大内宿は、なんといっても四季折々の美しい風景が魅力です。
なかでも冬は積雪も多く、茅葺き屋根の街並みが真っ白い雪にすっぽりと覆われる風景はまるで昔話の世界のよう!この雪景色を気に入って、何度も訪れる人も多いのだそうですよ。

「大内宿雪まつり」

そんな美しい雪景色と大内宿の魅力を1度に楽しめるのが、毎年2月の第2土・日曜日に開催される「大内宿雪まつり」です。
全国各地から多くの人が訪れる人気のお祭りで、2020年は2月8日(土)13:00~の開会式を皮切りに、9日(日)まで2日間開催されます。

1日目は「日本一の団子さし」「具止餅拾い」で伝統行事を体験!

「日本一の団子さし」

お祭りのスタートは、豊作を祈願する会津地方の小正月の伝統行事「団子さし」が体験できる「日本一の団子さし」。

雪まつりでは、約5メートルもある大きなミズキの木に、たくさんの参加者で五穀豊穣を願いながら色とりどりの団子をさしていきます。

「日本一の団子さし」2

完成後はメイン会場の前に飾られ、雪景色のなかの団子の木はまるでお花が咲いたよう!
通常は室内で行なう「団子さし」ですが、大内宿雪まつりならではの貴重な体験になりそうです。
誰でも参加できるそうなので、白い雪の街並みをぜひ一緒に彩ってみてくださいね。

「日本一の団子さし」3

そのあとは、屋根から餅などをまいて家屋の安全を願う「具止餅拾い」へ。お餅やみかんがまかれ、なかには当たりくじがついたものも!当たりをキャッチしたラッキーな人は、地酒や特産品がもらえるのだとか。

ほかにも、雪まつり期間中は甘酒や桜肉を使った肉汁のお振る舞いもありますので、ぜひ味わってみてくださいね。

1日目の夜を飾る、神聖で美しい「御神火載火」と「花火大会」

「綿帽子を被った茅葺き屋根が並ぶ沿道」

大内宿雪まつりではお祭りにあわせ、雪灯籠とかまくらがつくられ綿帽子を被った茅葺き屋根が並ぶ沿道を飾ります。
趣向を凝らしたさまざまなかまくらと、風情ある雪灯籠が並ぶ風景は、どこか懐かしくほっこりとした気分になれそう。

「御神火載火(ごじんかさいか)」

そして初日の夜を迎えると、大内宿雪まつり1番の見どころ「御神火載火(ごじんかさいか)」と「花火大会」が行なわれます。

「御神火載火(ごじんかさいか)」2

御神火載火とは、高倉神社の神前で清められた下帯姿の男衆が、祭壇から御神火をいただき、宿場内の雪灯籠に火を入れていく神事のこと。沿道の雪灯籠がひとつひとつ灯っていく情景は、とても美しく神聖な雰囲気に。

「花火大会」

クライマックスは、メイン会場の両脇にあるかがり火に最後の御神火を灯し終えるとはじまる花火大会!澄んだ冬の夜空に大輪の雪花火が打ち上がります。

「花火大会」2

雪化粧した大内宿の茅葺き屋根の上に、勢いよく打ち上げられる花火と雪灯籠の柔らかな灯火…。美しくやさしい光りに包まれる世界は、まさに幻想的で忘れられない光景ですよ。

2日目も見どころいっぱい!「そば食い競争」と「時代風俗仮装大会」

「大内宿雪まつり」

大内宿雪まつりは、2日目も見どころがたくさんあります。

「見ているだけでも楽しい!」と地元の人のオススメは、11:00から行なわれる「そば食い競争」。そばの早食い競争なのですが、熱々のそばを食べて競うため毎年珍プレーが続出!
熱々ではやく食べられませんが味はとてもおいしいので、大内宿名物のおそばを目当てに、挑戦してみるのもよさそうですね。当日の朝に受付でエントリーできますよ。

「時代風俗仮装大会」

そして、子どもから大人まで時代衣装に変身したステキな仮装姿を見て楽しめる「時代風俗仮装大会」も!お侍さんや町娘、お殿さまやお姫さまなど、毎年、志向を凝らした仮装が大集合!街並みにピッタリな仮装から、時代衣装以外のおもしろ仮装まで、一緒に写真を撮りたくなるような力作もたくさんあるんだとか。
こちらも、参加者募集中なので、みなさんも思い思いの仮装にチャレンジしてみてくださいね。

「雪んこスタンプラリー」

ほかにも、小学生以下の子どもたちが参加できる「雪んこスタンプラリー」など、大人から子どもまで楽しめるもようしがたくさんあります。

そしてなんといっても、「美しすぎる!」と評判の大内宿の雪景色。昼も夜もそれぞれの趣があるフォトジェニックな世界に、思わずシャッターをたくさん切ってしまいそう。「大内宿雪まつり 写真コンテスト」もあるそうなので、力作はぜひコンテストに応募してみてくださいね。

見て・食べて・遊んで!雪国ならではの体験と極上の景色を味わいに、今年の冬は大内宿雪まつりを訪れてみませんか?

「大内宿雪まつり」をもっと楽しむためのななびチェック!

名物のネギそばから川魚料理まで、大内宿の味覚も堪能しよう

辛味ダイコンで味わう高遠そばを箸のかわりにネギ1本で味わう「ネギそば」や、「栃もち」「しんごろう」「イワナの塩焼き」など、大内宿名物も味わってみてはいかがですか?大内宿雪まつりの初日は、花火が終わったあとも営業しているお店もあるそうなので、食べ歩きはもちろん囲炉裏があたたかな古民家のなかでゆっくりと味わうことができますよ。

夕方は渋滞注意!大内宿へは、はやめに入場しましょう

大内宿へは、1本道のため花火近くの時間は渋滞となってしまうことも。渋滞を避け、花火のある初日は15:00までの入場がオススメ。雪道の運転が不安な人は、会津鉄道湯野上温泉駅からシャトルバス猿游号もありますが時間帯に注意しましょう。

めいっぱい楽しむなら、大内宿や湯野上温泉に宿泊しよう!

大内宿雪まつりは、初日も2日目も見どころが満載!大内宿内の民宿や、駅の近くの湯野上温泉に宿泊すれば思う存分楽しめますね。

「花火大会」3
「大内宿雪まつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


猪苗代町 |「沼尻スキー場」ママにうれしい工夫やサービスがいっぱい

猪苗代町 |「沼尻スキー場」ママにうれしい工夫やサービスがいっぱい

福島県猪苗代町にある「沼尻スキー場」は、スキーやスノーボードはもちろん、そりすべりやふわふわ遊具、スノーパークなどのアクティビティが充実しているスキー場です。まるで雪の遊園地のような施設には、室内休憩所も兼ねたあたたかいキッズスペースも!今年は「沼尻スキー場」で親子スキーを楽しんでみてはいかがですか?


福島 |「御とめ湯り」土湯温泉にたたずむ、源泉かけ流しの湯と充実の休憩所が自慢の温泉施設

福島 |「御とめ湯り」土湯温泉にたたずむ、源泉かけ流しの湯と充実の休憩所が自慢の温泉施設

福島県の名湯・土湯温泉に誕生した、立ち寄り温泉施設「御とめ湯り」。10種類以上の泉質をもつ土湯の湯を、源泉かけ流しで堪能できます。フード&ドリンクも充実のラインナップ。それぞれのスタイルで、1日中存分にくつろげる立ち寄り温泉施設です。


伊達郡 |「道の駅国見 あつかしの郷」グルメとショッピングだけじゃない!遊んで泊まれる道の駅

伊達郡 |「道の駅国見 あつかしの郷」グルメとショッピングだけじゃない!遊んで泊まれる道の駅

福島県伊達郡国見町にある「道の駅国見 あつかしの郷」は、食べて買って遊んで泊まれる、福島県では“初”の宿泊施設を備えた道の駅。地元産の果物や野菜、国見町生まれの商品や、福島の名産品などを販売する直売所をはじめ、ビュッフェレストランやカフェ、木の遊具やおもちゃがある室内遊び場など、わくわく感満載の道の駅です。


西白河郡 |「SAKAI SWEETS MARKET」老舗菓子店が手がける、お菓子を買うだけじゃなく“楽しむ”ためのお店

西白河郡 |「SAKAI SWEETS MARKET」老舗菓子店が手がける、お菓子を買うだけじゃなく“楽しむ”ためのお店

福島県西白河郡矢吹町にある「SAKAI SWEETS MARKET」は、2019年で創業106年を迎える「お菓子のさかい」が提案するカフェ併設の菓子店。ショッピングだけではなく、ケーキやサンドイッチ、スペシャリティーコーヒーとともに、のんびりカフェタイムが楽しめます。


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


最新の投稿


南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

宮城県南三陸町は、県内外から観光客が集まる商店街や、旬魚をたっぷりと盛った丼が有名な街。そんな南三陸町のおみやげの定番は“モアイグッズ”!手がけるのは、モアイグッズの専門店「南三陸モアイファミリー」です。なぜ南三陸町でモアイなのか、どんなアイテムが人気なのか…、気になる疑問をリサーチします。


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。


三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!