新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年4月21日以降の記事更新をお休みいたします。
不要不急のおでかけを控え、おうちでバックナンバーをご覧いただきながら、ゆっくりお過ごしください。
 

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!


「三戸名物元祖まける日」各商店からの感謝の“おまけ”にあふれたお祭り

「三戸名物元祖まける日」

青森県三戸町で1633年から続く、歴史あるお祭り「三戸名物元祖まける日」。
中心商店街にある各商店が、日ごろの感謝をこめて商品を安く販売したり、おまけを付けたりと、買いものをするお客さんに「まける」お祭りです。

また、お得にショッピングが楽しめるだけではなく、グルメを味わいながら三戸町の魅力を体感できるイベントがめじろ押し。

目玉イベントの餅まきをはじめ、伝統芸能の披露、郷土料理やB級グルメ販売、まち歩きツアーやミニゲームなど、お子さんから大人まで、外の寒さを忘れるほど夢中になってしまいそうな催し物が盛りだくさんです。

驚きのサービスにショッピングが止まらない!?

「三戸名物元祖まける日」2

三戸名物元祖まける日の醍醐味といえば、各商店のお得でうれしい大サービスの数々。
通常価格の半額や、ポイントサービスなど、お財布の紐がゆるみすぎてしまいそうなお店も!

また、値引きやポイントサービス以外に、おまけを付けてくれる店舗もあります。
お店によって種類はさまざまですが、食品類や生活雑貨など、買いものをした後もうれしいおまけがたくさん用意されているんですよ。

お得に購入できておまけまでもらえるので、この機会に欲しかった商品を奮発したり、まとめ買いするのもいいかもしれませんね。

「餅まき」でお買い物券や特産品が当たる!?

「餅まき」

お祭りに訪れたら、ぜひ参加したいのが「餅まき」です。
ステージややぐらの上からまかれたお餅をつかみ取るイベントで、時間と場所を変えて1日3回行なわれます。

餅まきの人気の秘密は、お餅の袋の中身。なんと、三戸名物元祖まける日の2日間で利用できるお買い物券や、各商店で提供しているサービス券、特産品の引き換え券などが入っているのです!

偶然上着のフードに入っていることもあるそうなので、フード付けの洋服で挑むと大量ゲットも夢じゃないかも…!?

観て、遊んで、食べて…家族で楽しめる多彩なイベントも

「えんぶり」

三戸名物元祖まける日の期間中は、お得なショッピング以外にもさまざまなイベントが行なわれます。

たとえば、豊作祈願の伝統芸能で、烏帽子をかぶって力強く舞う「えんぶり」や、獅子舞、神楽などが披露され祭りに華をそえます。(六日町、下二日町、上二日町、八日町、同心町と広範囲のコース)

また、お子さん連れにオススメなのが、「さんのへ遊遊ランド」。お菓子のつかみ取りやテーブルゲームなどがあり、屋内でゆったり遊ぶことができます。昭和レトロなミニゲームやボードゲームは、懐かしさにパパやママのほうが夢中になってしまうかもしれませんね。

さんのへ遊遊ランドの向かいには、無料休憩スポット「くつろぎ横丁」も。三戸町の自慢の品々や生活応援のお店、B級グルメのお店などが出店するので、郷土の味であたたまりながら、次のお買いものコースを計画するのもよさそうです。ほかにも、2019年から登場した「ケータリングカー大集合」や、「こどもお絵かきコンテスト」といった楽しいイベントが2020年も行われますよ。



次から次へとショッピングしたくなる大サービスと、三戸町の魅力がたくさん感じられる「三戸名物元祖まける日」。380年以上の歴史を誇る、お得で楽しいお祭りを家族で満喫してみませんか?

うれしいサービスや見どころはまだまだ!「三戸名物元祖まける日」のななびチェック!

あったか無料ふるまいに癒やされる

祭り期間中は、先着100名に「元祖せんべい汁」と「ホットココア」の無料ふるまいが。身も心もあたたまるうれしいサービスです。

まち歩きツアーも同時開催

三戸町観光協会による、三戸町のレトロな街並みを楽しむツアーも併催。三戸名物元祖まける日で利用できるお買い物券付きなので、ぜひ参加してみてくださいね。

三戸町ゆかりの「11ぴきのねこ」を探してみよう!

「11ぴきのねこ」の作家・馬場のぼるさんの出身地であることから、街のいたるところに11ぴきのねこの装飾が施されています。お買いものをしながら写真を撮ったり、限定グッズをチェックしてみませんか?

「三戸名物元祖まける日」について詳しくはこちら

関連する投稿


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


五所川原 |「ストーブ列車」冬の奥津軽で感じる、ぬくもりと情緒あふれる列車旅

五所川原 |「ストーブ列車」冬の奥津軽で感じる、ぬくもりと情緒あふれる列車旅

青森県五所川原市の津軽鉄道によって、冬季限定で運行されている「ストーブ列車」。ダルマストーブが設置された昭和レトロな列車からは、どこまでも広がる雪景色を眺めることができます。あたたかい車内でゆったり過ごしたり、観光スポットにたち寄ったりしながら、ストーブ列車の旅を満喫しませんか?


青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森市には、青森県産の豊富なフルーツや新鮮な卵を使用した自家製スイーツを販売しているお店がたくさんあります。今回はそのなかでも、オススメのスイーツ店を3店舗ご紹介。素材へのこだわりだけではなく見た目も華やかなスイーツを味わってみませんか。


青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森県青森市は100店舗以上のラーメン店が軒を連ねる激戦区!その8割以上が昔ながらの中華そばのお店で、煮干しだしをベースにしたラーメンが多く扱われています。今回は、青森県民が愛してやまない煮干しだしラーメンと、1度は食べてほしい青森のソウルフード「味噌カレー牛乳ラーメン」が食べられる2店舗をご紹介します。


最新の投稿


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。