新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年4月21日以降の記事更新をお休みいたします。
不要不急のおでかけを控え、おうちでバックナンバーをご覧いただきながら、ゆっくりお過ごしください。
 

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

宮城県南三陸町は、県内外から観光客が集まる商店街や、旬魚をたっぷりと盛った丼が有名な街。そんな南三陸町のおみやげの定番は“モアイグッズ”!手がけるのは、モアイグッズの専門店「南三陸モアイファミリー」です。なぜ南三陸町でモアイなのか、どんなアイテムが人気なのか…、気になる疑問をリサーチします。


南三陸町とモアイの関係とは?

「モアイ像」

宮城県仙台市中心部から車で約1時間30分、宮城県の北東部に位置する南三陸町を訪れると、街のあちこちでモアイ像を見かけます。

南三陸町にモアイ像が設置されるきっかけとなったのは、1960年のチリ地震。マグニチュード9.5と世界的にも非常に大きな地震で、地球の反対側にあたる日本にまで津波が押し寄せたほど。南三陸町(旧志津川町)では高さ5.5メートルもの津波に襲われ、甚大な被害を受けました。

その30年後、津波の記憶を後世に伝えようと、チリ共和国と南三陸町の交流がスタート。1990年にはチリから国鳥であるコンドルの碑が寄贈されました。翌年には南三陸町がチリ人の彫刻家に依頼し、街にモアイ像を設置するなど、友好関係を築いてきたそうです。

「贈呈されたモアイ像」

2011年の東日本大震災の津波によりモアイ像は流出してしまったものの、被害状況を知ったイースター島の長老会が南三陸町の復興を願い、2013年にイースター島の石を彫ったモアイ像を寄贈。他国にモアイ像が贈られるのは世界ではじめてのことで、大きな話題になりました。

こちらのモアイ像の特徴は目があること。モアイ像に目が入ると、モアイにマナ(霊力)が宿るといわれていて、制作した彫刻家、マヌエル・トゥキ氏の「人々が再びそこで生きたいと思えるようなマナを与えるモアイを贈りたい」という思いが込められています。目が入っているモアイ像は、世界に2体しかない貴重なものなのだとか。

贈呈されたモアイ像は、「南三陸さんさん商店街」で見ることができます。ほかに、橋の欄干や海岸沿いなど町内の5ヶ所に点在しているので、観光しながらモアイ像探しをする人が多いそうですよ。

「南三陸さんさん商店街」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

ショップイチオシのモアイグッズをご紹介

「ミニモアイ像」

街のシンボルであるモアイ像をモチーフにしたオリジナルグッズを扱っているのが、「南三陸モアイファミリー」。インテリア雑貨や文房具、お菓子など、バラエティ豊かなモアイグッズを製造・販売しています。

1番人気は、多彩なカラーリングが魅力の「ミニモアイ像」。ブルー、グリーン、ゴールドなど10色がそろい、仕事・学業運や家族・子宝運の上昇など、それぞれのミニモアイ像に意味が込められています。材料の砂には、パワースポットとして知られる鳥取砂丘の砂(国立公園外)と、南三陸町の海岸・サンオーレ袖浜の砂を使用。特殊な製法で固めているので、とても頑丈なんだとか。

「マナ・モアイ像」

「ミニモアイ像」に次いで人気なのが、イースター島から寄贈されたモアイ像を再現した「マナ・モアイ像」。寄贈された像と同様に目を入れることで、「マナ(霊力)が宿るように」という思いを込めたのだそう。腰帯やプカオ(男性の結髪)など、細部までこだわってつくられています。

「モアイのカケラ」

震災を経験した南三陸町ならではの商品「モアイのカケラ」も要チェック。非常食として開発されたラスクで、製造日から約5年間の長期保存ができます。

味は、チョコレート、黒糖、仙台味噌の3種類。宮城県産・ひとめぼれの米粉を使い、職人が手焼きで仕上げたラスクは、保存食でありながら、香ばしさとサクサク食感が楽しめる本格派です。パッケージにひそむモアイにも注目してくださいね。

モアイグッズはどこで買える?

「南三陸さんさん商店街」

南三陸モアイファミリーのモアイグッズは、南三陸さんさん商店街内の「わたや」「フレンズ」「さんさんマルシェ」のほか、「南三陸ホテル観洋」や「ハマーレ歌津」で購入できます。オンラインでの販売も行なっているので、お店まで足を運べない人は利用してみてくださいね。

どっしりとしたたたずまいや凛とした表情が迫力満点のモアイですが、グッズに変身すると、シュールでかわいらしさも感じられます。見れば見るほど愛着がわくモアイグッズを見つけに、南三陸町を訪れてみませんか?

「南三陸モアイファミリー」が教える、モアイの魅力をななびチェック!

南三陸さんさん商店街には、モアイスイーツが充実

今回ご紹介したグッズだけではなく、モアイをモチーフにした最中や飴、ソフトクリームなどが勢ぞろい。商店街を訪れたら、ぜひ味わってみましょう。

志津川高校には震災で流出したモアイ像が!

1991年に設置されたモアイ像は東日本大震災によって流失。しかし頭部は見つかり、今は町内の志津川高等学校の屋外に展示されています。

海に浮かぶモアイ岩を探そう!

南三陸町の海岸「サンオーレ袖浜」には、モアイ像の横顔に似た岩があります。地元で「モアイ岩」と呼ばれる個性的な岩は必見です。

「南三陸モアイファミリー」について詳しくはこちら

関連する投稿


仙台 |「どようびキッズ・プログラム」で遊びながらアートに親しもう

仙台 |「どようびキッズ・プログラム」で遊びながらアートに親しもう

宮城県仙台市の「宮城県美術館」で毎月開催される「どようびキッズ・プログラム」は、3歳くらいから10歳くらいまでのお子さんを対象とした無料のワークショップ。水や土、木などの身近な素材を使って遊んだり、美術館の敷地内を探検したり、五感を使ったアート体験ができますよ。


仙台 |「スプリングバレー泉高原」アクセス抜群のスキー場

仙台 |「スプリングバレー泉高原」アクセス抜群のスキー場

寒い冬の楽しみといえば雪遊び。宮城県仙台市の「スプリングバレー泉高原」では、はじめてのチャレンジから滑りなれた上級者までお子さんがスキーレッスンを受けられる「スキッズ・キャンプ」、スノーチュービングやそり遊びができる「雪の冒険王国」など、ウィンターアクティビティが充実!思いきり体を動かしてリフレッシュしませんか?


大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

宮城県大崎市にある「感覚ミュージアム」は、五感をテーマにしたミュージアムです。体全体を使って線を描いたり、空が映り込んだ鏡張りの空間に入り込んだり、お子さんも大人も楽しめる体験型の展示が盛りだくさん。オリジナルグッズがそろうショップや、地元食材を使ったメニューを味わえるカフェにもたち寄ってみましょう。


名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

宮城県山元町で栽培される「ミガキイチゴ」をご存じでしょうか?濃厚な甘みと形の美しさから、“食べる宝石”と呼ばれるブランドいちごです。そのミガキイチゴを使ったスイーツを提供しているのが、名取市の「ICHIBIKO 閖上店」。ドリンクやプリン、大福など、バラエティに富んだミガキイチゴスイーツを味わってみませんか。


登米 |「津山もくもくランド秋祭り」登米の特産品をゲットしよう!

登米 |「津山もくもくランド秋祭り」登米の特産品をゲットしよう!

「津山もくもくランド秋祭り」は、例年10月に「道の駅 津山もくもくランド」で開催されるイベントです。登米市の特産品を購入できるほか、餅つき大会やビンゴゲーム、木工体験など、お子さんがわくわくする企画がたくさん。会場となる道の駅には大型遊具が設置された公園や郷土料理を味わえる食事処もあり、ファミリーでゆっくり楽しめますよ。


最新の投稿


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。