青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森県の県庁所在地である青森市は、美しい自然や新鮮な海の幸・山の幸、歴史を感じる文化財に恵まれた中心都市。四季の風景や熱く盛り上がるイベントなどは、海外からの観光客にも注目される、魅力たっぷりの街です。今回は、家族でおでかけしたくなるイベントや観光スポットをご紹介します!


青森市でおでかけもグルメもショッピングも!家族で楽しめる魅力がいっぱい

「青森県風景」

青森県の県庁所在地である青森市は、県内人口が最も多く、約30万人が暮らす中心都市として発展してきました。山と海に囲まれた街のため、新鮮な食材や自然の美しい景観が豊富に存在。

縄文遺跡群をはじめとする歴史スポットにも恵まれていて、観光もグルメもショッピングも、車1台で気軽におでかけしやすい距離感が魅力です。

また、そんな青森の気候は春~秋にかけては比較的過ごしやすく、冬になると雪の多さが世界規模の豪雪都市となります。短い夏を熱く盛り上げる祭りや、長い冬を明るく過ごせる雪祭りなど、四季の移ろいを楽しむイベントが盛りだくさん。ぜひ参加してみてくださいね。

「青森ねぶた祭」短い夏を熱く燃やす、大迫力の日本の火祭り

「青森ねぶた祭」

写真提供:青森観光コンベンション協会

東北三大祭りのひとつとして全国的にも有名な「青森ねぶた祭」。毎年8月2日から8月7日の海上運行まで6日間にわたって開催され、200万人以上が訪れる夏の一大イベントです。

各ねぶた師が歴史や神話の一部を題材に、針金と紙をつかってつくりあげたねぶたは、鋭くにらみの利いた表情と色づかいで、いまにも動きだしそうな迫力と美しさ。

「大型ねぶた」

写真提供:青森観光コンベンション協会

祭り期間中は20台以上のねぶたが運行し、特に「大型ねぶた」と呼ばれる高さ約5メートル、幅約9メートル、奥行き約7メートルものねぶたが運行する勇ましさは圧巻。
観覧席のそばまでねぶたを曳き、傾けたり回転させたりするパフォーマンスには大歓声が上がり、祭りの一体感が味わえますよ。

また、太鼓や笛、手振り鉦(がね)という手のひらほどの大きさの鉦を打ち鳴らす和楽器などで運行を盛り上げる「囃子(はやし)」や、ラッセラーの掛け声で舞い踊る「跳人(はねと)」もねぶた祭に華を添えます。跳人は衣装を身につけていれば誰でも参加することができるので、ぜひ運行に参加して、祭りの熱気を全身で体感してみてくださいね。

「八甲田山」四季折々の雄大な自然美を堪能

「八甲田山」

写真提供:青森市役所 観光課

日本百名山のひとつである「八甲田山」は、18の山々からなる火山群です。

高山植物や湿原植物の宝庫でもあり、季節によってがらりと異なるダイナミックな景観が特徴。
雪解けとともに草花が芽吹きはじめ、新緑、紅葉、雪景色と、どの時季に訪れても美しい景色を眺めることができます。

「ロープウェー」

写真提供:青森市役所 観光課

より雄大な景色を楽しみたい人はロープウェーの利用がオススメ。360度に広がる絶景は、思わず目を見張る美しさです。

「八甲田山」冬

写真提供:青森市役所 観光課

また、例年10月下旬~5月中旬頃までは降雪があり、12月上旬からはスキーやスノーボードといったウィンタースポーツも楽しめますよ。

「スノーモンスター」と呼ばれる巨大な樹氷を眺めながらの滑走やトレッキングは、ほかのレジャー施設では味わえない貴重な体験になりそう。周辺には温泉や宿泊施設も充実しているため、ゆったりと泊まりがけで景色やスポーツを楽しんでみてはいかがですか?

「青森冬まつり」小さいお子さんものびのび遊べる、冬の定番イベント

「青森冬まつり」

写真提供:青森観光コンベンション協会

豪雪都市の冬を楽しむイベントのひとつとして人気なのが「青森冬まつり」。
9:00~15:00と明るい時間帯に開催される祭りで、小さいお子さん連れでも遊びにいきやすいイベントです。

特にお子さんに人気なのが、雪でつくられたすべり台。高さ約6メートルの超大型すべり台は、いくつかのレーンに分けられていて、タイヤチューブに乗ってすべり降ります。
大人も遊ぶことができ、子どもより体重が重い分スピードが出るので、スリリングなすべり台に大人のほうがはしゃいでしまいそう!

「棒パン」

写真提供:青森観光コンベンション協会

また、青森のローカルフード「棒パン」の出店もお楽しみポイントのひとつ。棒に巻きつけたパン生地を炭火で炙りながら焼き上げるもので、小さいお子さんもチャレンジすることができます。ほかほかの棒パンは、寒い屋外で食べるとよりおいしく感じるのでは?

ほかにも、乗馬体験や凧揚げ、ステージショー、青森グルメなどを扱う露店といった、盛りだくさんの内容が行なわれます。寒い冬を家族でホットに過ごすにはぴったりのイベントですよ。

知っているとおでかけがもっと楽しくなる!ななびチェック!

「青森ねぶた祭」アプリを利用して、ねぶたを隅々まで楽しもう

「青森ねぶた祭アプリ」をダウンロードすることで、各ねぶたの現在地をリアルタイムで知ることができます。位置情報をONにすると、目の前のねぶたの情報や、周辺の駐車場、トイレなどの施設の情報も快適にチェック可能。外国語にも対応しているので、海外の観光客への案内もスムーズです。

「八甲田山」四季の見どころを満喫できるイベントにも参加してみよう

ロープウェーからゆったり眺める景観の美しさはもちろんですが、その時季だけの見どころを体感できるイベントも外せません。八甲田山を中心にトレッキングやカヤック、スキー、スノーボードなど、さまざまなツアーも用意されているので、思い出づくりにおでかけするのもよさそうです。

「青森冬まつり」タオルや着替えを用意して思いっきり遊ぼう

屋外で遊べるイベントがめじろ押しなので、汗で風邪をひかないようにタオルやお子さんの着替えを用意しておくのがオススメ。また、ウェットティッシュなどもあると屋外でのお食事に便利です。

「青森ねぶた祭」について詳しくはこちら
「八甲田ロープウェー」について詳しくはこちら
「青森冬まつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!


青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森市には、青森県産の豊富なフルーツや新鮮な卵を使用した自家製スイーツを販売しているお店がたくさんあります。今回はそのなかでも、オススメのスイーツ店を3店舗ご紹介。素材へのこだわりだけではなく見た目も華やかなスイーツを味わってみませんか。


青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森県青森市は100店舗以上のラーメン店が軒を連ねる激戦区!その8割以上が昔ながらの中華そばのお店で、煮干しだしをベースにしたラーメンが多く扱われています。今回は、青森県民が愛してやまない煮干しだしラーメンと、1度は食べてほしい青森のソウルフード「味噌カレー牛乳ラーメン」が食べられる2店舗をご紹介します。


むつ |「冬の下北半島 食の祭典」下北のおいしいが大集合!自慢のメニューを心ゆくまで食べつくそう

むつ |「冬の下北半島 食の祭典」下北のおいしいが大集合!自慢のメニューを心ゆくまで食べつくそう

青森県北の5市町村を指す“下北半島”のご当地グルメが1度に味わえる「冬の下北半島 食の祭典」。さまざまな地場産品を使用した郷土料理や、冬が旬のメニュー、人気グルメ店の自慢の逸品などがいただける冬の名物イベントです。お料理体験やステージショー、クイズラリーなど、お食事がより楽しくなる催し物も開催されますよ。


青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森といえば、リンゴ、ほたて…とたくさんの特産品があります。今回はそんな青森市内にある、自分で収穫して食べられる体験スポットをご紹介。収穫時期によってさまざまな食材を楽しめるので、何度訪れても楽しめますよ。


最新の投稿


南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

宮城県南三陸町は、県内外から観光客が集まる商店街や、旬魚をたっぷりと盛った丼が有名な街。そんな南三陸町のおみやげの定番は“モアイグッズ”!手がけるのは、モアイグッズの専門店「南三陸モアイファミリー」です。なぜ南三陸町でモアイなのか、どんなアイテムが人気なのか…、気になる疑問をリサーチします。


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

茅葺き屋根の街並みが美しい、福島県下郷町の大内宿。毎年2月には「大内宿雪まつり」が開催され、「1度は訪れてみたい!」と遠方にもファンが多いお祭りです。雪まつりの夜には、雪灯籠が灯り雪に覆われ白くなった茅葺き屋根を、打ち上げ花火が照らし幻想的な雰囲気に!雪国ならではの風景と、伝統行事や郷土料理が楽しめるのも魅力です。


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。