青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森市には、青森県産の豊富なフルーツや新鮮な卵を使用した自家製スイーツを販売しているお店がたくさんあります。今回はそのなかでも、オススメのスイーツ店を3店舗ご紹介。素材へのこだわりだけではなく見た目も華やかなスイーツを味わってみませんか。


「SWEETS LABO C&Y」おみやげにもぴったりな焼き菓子がズラリ!

「SWEETS LABO C&Y」

青森市旭町の通り沿いにある「SWEETS LABO C&Y(スイーツラボキャンディ)」。街のケーキ屋さんらしい洋生菓子のショーケースと、ギフトなどに購入しやすい焼き菓子がズラリと並んでいます。

「SWEETS LABO C&Y」店内
「焼きドーナツ」

なかでもオススメなのが焼きドーナツ。もち小麦やリンゴ、カシス、トウモロコシなどの青森県産の食材を使っていて、見た目が色鮮やかで見ているだけで楽しめるお菓子です。

「ショーケース」

ショーケースに並ぶケーキは、ひとつひとつ趣向を凝らしたデザインのものばかり。

「ケーキ」

洋生菓子で人気のパンダケーキは、1家族につき2個までと限定しているほどの人気。ケーキの上に乗ったパンダがかわいくて、どこから食べるか迷ってしまいそう!

「焼き菓子の詰めあわせ」

SWEETS LABO C&Yでは、ギフトに重宝しそうな焼き菓子の詰めあわせも販売しています。バラでも購入できるので、オリジナルの組み合わせをつくるのも楽しめそう。 ぜひプレゼントしてみてくださいね。

「NATURE CAFÉ」話題の青森生プリンと絶品パンケーキ

「NATURE CAFÉ」外観

青森駅から車で10分ほどの距離にある「NATURE CAFÉ(ナチュールカフェ)」は、2019年の4月にオープンしたばかり。店内は、持ち帰り商品を販売するショップスペースと、カフェスペースに分かれています。

「NATURE CAFÉ」店内

カフェスペースにはカウンター席やボックス席があり、ゆったりとした空間を過ごしやすく、連日女性のお客さんで賑わっています。

「あおもり生プリン」

そんなNATURE CAFÉでは、生パスタやふわふわのパンケーキをはじめ、青森の厳選素材を使用した看板商品の「あおもり生プリン」を味わうことができます。

この生プリンの特長は、食べる直前に生卵の黄身をのせること!そして卵は「緑の一番星」という、うっすらと緑がかっためずらしい卵を使用しています。

「あおもり生プリン2」

生卵をのせたら、上から塩キャラメルのソースをかけていただきましょう。弾力ある卵をスプーンで割ると、黄身と塩キャラメルのソースが混ざり合って、口のなかで濃厚な卵プリンの味が完成します。卵がメインの素材ひとつひとつにとことんこだわってつくられている、ここでしか味わえない新感覚のプリンを味わってみてくださいね。

「あおもり生プリン3」

ほかにもさまざまな種類のプリンがあり、ショップスペースでは持ち帰り用としても購入できるので、おみやげにいかがですか?

「ガトーポコ・ア・ポコ」お持ち帰りだけでなく、イートインスペースでもゆったり味わえる

「ガトーポコ・ア・ポコ」外観

一軒家のかわいらしい三角屋根が「ガトーポコ・ア・ポコ」の目印です。店内にはバウムクーヘンをはじめとするさまざまなお菓子が並んでいます。

「ガトーポコ・ア・ポコ」内装
「バウムクーヘンをはじめとするさまざまなお菓子」

リンゴはもちろん、カシスや和栗、はちみつなど、青森県産の食材を活かした素朴でおいしいスイーツをラインナップ。青森林檎のベイクドチーズケーキは海外でも人気の商品で、ガトーポコ・ア・ポコのネットショップでも販売しています。

「アップルパイ」

持ち帰り用に販売しているアップルパイやバウムクーヘンは、お店近くのスペースでゆっくりいただくこともできます。ガトーポコ・ア・ポコでは、それぞれのお菓子を最もおいしい状態で提供することを心がけているそうで、アップルパイはあたためたあと、ソフトクリームを添えて提供してくれるんですよ。

今回は青森県のさまざまなシーンを彩るスイーツ店3店舗をご紹介しました。自分へのご褒美として、大切な人へのギフトとして、青森県の食材を使ったお菓子を贈りませんか。

スイーツをより楽しもう!ななびチェック

各店とも青森市の中心街にあり、アクセスしやすい!

今回紹介した3店舗は、青森市の中心地からアクセスしやすい場所に立地しています。無料駐車場もあるので、車で気軽に訪れることができます。

「SWEETS LABO C&Y」ではオーダーメイドのホールケーキも

気分が上がる、かわいらしいデコレーションケーキは洋菓子店ならでは。完全予約制ですが、ご希望に添うデコレーションケーキをつくってくれますよ。

「NATURE CAFÉ」「ガトーポコ・ア・ポコ」のカフェスペースは広くて快適

「NATURE CAFÉ」にはお子さん用の椅子も。お子さん連れでもゆったりと過ごせますよ。

「SWEETS LABO C&Y」について詳しくはこちら
「SWEETS LABO C&Y」の公式Facebookページはこちら
「NATURE CAFÉ」について詳しくはこちら
「ガトーポコ・ア・ポコ」について詳しくはこちら
「ガトーポコ・ア・ポコ」の公式Facebookページはこちら

関連する投稿


三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!


青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森県青森市は100店舗以上のラーメン店が軒を連ねる激戦区!その8割以上が昔ながらの中華そばのお店で、煮干しだしをベースにしたラーメンが多く扱われています。今回は、青森県民が愛してやまない煮干しだしラーメンと、1度は食べてほしい青森のソウルフード「味噌カレー牛乳ラーメン」が食べられる2店舗をご紹介します。


むつ |「冬の下北半島 食の祭典」下北のおいしいが大集合!自慢のメニューを心ゆくまで食べつくそう

むつ |「冬の下北半島 食の祭典」下北のおいしいが大集合!自慢のメニューを心ゆくまで食べつくそう

青森県北の5市町村を指す“下北半島”のご当地グルメが1度に味わえる「冬の下北半島 食の祭典」。さまざまな地場産品を使用した郷土料理や、冬が旬のメニュー、人気グルメ店の自慢の逸品などがいただける冬の名物イベントです。お料理体験やステージショー、クイズラリーなど、お食事がより楽しくなる催し物も開催されますよ。


青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森といえば、リンゴ、ほたて…とたくさんの特産品があります。今回はそんな青森市内にある、自分で収穫して食べられる体験スポットをご紹介。収穫時期によってさまざまな食材を楽しめるので、何度訪れても楽しめますよ。


青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森県の県庁所在地である青森市は、美しい自然や新鮮な海の幸・山の幸、歴史を感じる文化財に恵まれた中心都市。四季の風景や熱く盛り上がるイベントなどは、海外からの観光客にも注目される、魅力たっぷりの街です。今回は、家族でおでかけしたくなるイベントや観光スポットをご紹介します!


最新の投稿


南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

宮城県南三陸町は、県内外から観光客が集まる商店街や、旬魚をたっぷりと盛った丼が有名な街。そんな南三陸町のおみやげの定番は“モアイグッズ”!手がけるのは、モアイグッズの専門店「南三陸モアイファミリー」です。なぜ南三陸町でモアイなのか、どんなアイテムが人気なのか…、気になる疑問をリサーチします。


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

茅葺き屋根の街並みが美しい、福島県下郷町の大内宿。毎年2月には「大内宿雪まつり」が開催され、「1度は訪れてみたい!」と遠方にもファンが多いお祭りです。雪まつりの夜には、雪灯籠が灯り雪に覆われ白くなった茅葺き屋根を、打ち上げ花火が照らし幻想的な雰囲気に!雪国ならではの風景と、伝統行事や郷土料理が楽しめるのも魅力です。


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。