青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森といえば、リンゴ、ほたて…とたくさんの特産品があります。今回はそんな青森市内にある、自分で収穫して食べられる体験スポットをご紹介。収穫時期によってさまざまな食材を楽しめるので、何度訪れても楽しめますよ。


「青森観光りんご園」リーズナブルに収穫体験を楽しもう

「リンゴ」

青森市の中心街から車で約30分、青森市を見下ろす八甲田山のふもとに「青森観光りんご園」はあります。八甲田山の恵みを受けて大切に育てられているリンゴは、なんと26種類・250本の樹があるのだそう。幼稚園や修学旅行客などからも人気の観光りんご園です。

「サクランボ」

青森観光りんご園ではリンゴだけでなく、さまざまな果物のもぎ取りが体験できます。サクランボ、モモ、ナシ、クリ、ブドウなど、果物の種類はおよそ20種類。リンゴのもぎ取り体験は費用がリーズナブルなので、家族全員で何度でも楽しめそう。

「三内縄文ベリーランド」日本最大級のブラックベリー農園

「三内縄文ベリー園」

三内丸山遺跡から車で約5分のところにある「三内縄文ベリー園」は、開園当初から農薬不使用、化学肥料不使用でブラックベリーを中心にいろいろなベリーを栽培しています。ブラックベリーの農園は日本全国で見てもめずらしく、三内縄文ベリー園での収穫量は国内トップクラス。園内もかなり広く、収穫時期の夏~秋にかけて、収穫体験や食べ放題を行なっています。

「ブラックベリー」

ブラックベリーは木イチゴの一種で、熟すと黒く色づきます。酸味が強く、完熟だと実が柔らかくつぶれやすいため、生のままで市場に出回ることはあまりなく、冷凍やピューレやジャムなどに加工されることが多いんだとか。冷凍した果実を、ミキサーで牛乳やヨーグルトと混ぜてスムージーにしてもおいしく味わえますよ。

抗酸化物質のアントシアニンや、ビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれているのが特長で、女性の身体にうれしい栄養素がつまっています。

「収穫風景」

ブラックベリー、ポイズンベリー、ラズベリーの3種類では食べ放題を実施していて、2020年の夏からは甘い品種のブラックベリーも増えます。忙しい時期には収穫のお手伝いを募集していることもあるそう。ベリーによって収穫時期が異なるので、ホームページを確認してから向かいましょう。

「あおもり帆立小屋」自分で釣ったほたてを食べよう

「ほたて釣り」

青森駅前に広がるベイエリアには、観光スポットが集まっています。そんなエリアにある「あおもり帆立小屋」は、店内のいけすから制限時間内に釣り上げた活ほたてを、その場で味わえる人気スポット。

店内のほたて釣りコーナーにあるいけすには、元気なほたてがたくさん!専用の釣竿を使い、制限時間3分の間にほたてを釣り上げます。釣った分だけ全部食べられるので、気合が入りますね。釣竿は先の丸い安全な針を使っているので、お子さんも安心して挑戦できますよ。

「ほたて」

釣ったほたてはその場で浜焼きやお刺身などにして、すぐにいただけます。ぷりっぷりの新鮮なほたては格別!

ほたて釣り体験のほかにも、定食やお刺身の盛り合わせ、青森県の郷土料理であるほたての貝焼き味噌など、陸奥湾の海で捕れた新鮮な魚介料理を堪能できますよ。週末に家族で楽しみたい人や、青森観光でお酒と一緒に魚介類を味わいたい人にもオススメです。

今回は、ご家族でも観光でも、訪れれば盛り上がれる収穫体験スポットをご紹介しました。青森市には、自分で収穫してその場で味わえるおいしいスポットが盛りだくさん。ぜひさまざまな体験を楽しんでみてくださいね。

収穫体験をより楽しもう!ななびチェック

果物の収穫体験では事前に連絡を!

当日現地に向かい、「お目当ての果物がなかった…!」ということにならないためにも、まずは連絡して園の状況を調べましょう。

果物の収穫体験では、暑さ対策や虫よけ対策を万全に

屋外での収穫体験は、気候によっては体力が必要だったり、無農薬で栽培しているので虫が多いこともあります。水分やタオルの準備、虫よけの準備などは万全にしましょう。

「あおもり帆立小屋」のほたて釣りは、うまく釣れなくても大丈夫!

店員さんが釣り方を丁寧に教えてくれます。また、おまけのサービスもしてくれますよ。

「青森観光りんご園」について詳しくはこちら
「三内縄文ベリーランド」について詳しくはこちら
「あおもり帆立小屋」について詳しくはこちら

関連する投稿


三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!


青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森市には、青森県産の豊富なフルーツや新鮮な卵を使用した自家製スイーツを販売しているお店がたくさんあります。今回はそのなかでも、オススメのスイーツ店を3店舗ご紹介。素材へのこだわりだけではなく見た目も華やかなスイーツを味わってみませんか。


青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森県青森市は100店舗以上のラーメン店が軒を連ねる激戦区!その8割以上が昔ながらの中華そばのお店で、煮干しだしをベースにしたラーメンが多く扱われています。今回は、青森県民が愛してやまない煮干しだしラーメンと、1度は食べてほしい青森のソウルフード「味噌カレー牛乳ラーメン」が食べられる2店舗をご紹介します。


むつ |「冬の下北半島 食の祭典」下北のおいしいが大集合!自慢のメニューを心ゆくまで食べつくそう

むつ |「冬の下北半島 食の祭典」下北のおいしいが大集合!自慢のメニューを心ゆくまで食べつくそう

青森県北の5市町村を指す“下北半島”のご当地グルメが1度に味わえる「冬の下北半島 食の祭典」。さまざまな地場産品を使用した郷土料理や、冬が旬のメニュー、人気グルメ店の自慢の逸品などがいただける冬の名物イベントです。お料理体験やステージショー、クイズラリーなど、お食事がより楽しくなる催し物も開催されますよ。


青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森県の県庁所在地である青森市は、美しい自然や新鮮な海の幸・山の幸、歴史を感じる文化財に恵まれた中心都市。四季の風景や熱く盛り上がるイベントなどは、海外からの観光客にも注目される、魅力たっぷりの街です。今回は、家族でおでかけしたくなるイベントや観光スポットをご紹介します!


最新の投稿


南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

宮城県南三陸町は、県内外から観光客が集まる商店街や、旬魚をたっぷりと盛った丼が有名な街。そんな南三陸町のおみやげの定番は“モアイグッズ”!手がけるのは、モアイグッズの専門店「南三陸モアイファミリー」です。なぜ南三陸町でモアイなのか、どんなアイテムが人気なのか…、気になる疑問をリサーチします。


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

茅葺き屋根の街並みが美しい、福島県下郷町の大内宿。毎年2月には「大内宿雪まつり」が開催され、「1度は訪れてみたい!」と遠方にもファンが多いお祭りです。雪まつりの夜には、雪灯籠が灯り雪に覆われ白くなった茅葺き屋根を、打ち上げ花火が照らし幻想的な雰囲気に!雪国ならではの風景と、伝統行事や郷土料理が楽しめるのも魅力です。


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。