新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年4月21日以降の記事更新をお休みいたします。
不要不急のおでかけを控え、おうちでバックナンバーをご覧いただきながら、ゆっくりお過ごしください。
 

大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

宮城県大崎市にある「感覚ミュージアム」は、五感をテーマにしたミュージアムです。体全体を使って線を描いたり、空が映り込んだ鏡張りの空間に入り込んだり、お子さんも大人も楽しめる体験型の展示が盛りだくさん。オリジナルグッズがそろうショップや、地元食材を使ったメニューを味わえるカフェにもたち寄ってみましょう。


想像力をかきたてる展示がいっぱいの「感覚ミュージアム」

「感覚ミュージアム」

JR岩出山駅から歩いて約7分。「感覚ミュージアム」は、のどかな田園風景のなかにたっています。

館内の展示ゾーンは大きく分けて3つ。楽器を演奏したりペダルを漕いだりと体を動かす「ダイアローグゾーン」、光と音、香りが感覚を刺激する「モノローグゾーン」、その2つのゾーンをつなぐ「トラバースゾーン」です。

体を動かし、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚といった五感を働かせることで、豊かな想像力がはぐくまれます。

「ダイアローグゾーン」で元気に体を動かそう

「ダイアローグゾーン」

体を使う体験型の展示が多い「ダイアローグゾーン」。

なかでも人気なのは、大きな車輪が目を引く「サークル・ン・サークル」です。真ん中の台に寝転がり手足でペダルを漕ぐと、歯車が回り出して壁にチョークで線が描かれます。不規則な線で壁に描かれたらくがきは、巨大なアートのよう。台から降りたら、自分が引いた線がどこにあるのか見つけてみてくださいね。

ほかにも、木や竹といった身近な素材でつくった楽器を演奏する「創作楽器」、ところせましと並んだ1,000個の引き出しを開けてアート作品を鑑賞する「1000の小箱」など、ユニークな展示がたくさん。ひとつひとつじっくり鑑賞しましょう。

静かに五感が研ぎ澄まされる「モノローグゾーン」

「香りの森」

「モノローグゾーン」では、ゆらゆらと揺れる水と光を眺めたり、映像と音で架空の世界を想像したりと、非日常の空間を体験できます。

木に見立てた7本の柱がたち、数十万本もの紙縒り(こより)で構成されたファンタジックな部屋は「香りの森」。柱に開いた穴に顔を近づけて、地元の自然をイメージした香りと音を楽しみましょう。気に入った香りがあれば、ミュージアムショップで同じ香りのアロマオイルを購入できますよ。

2つのゾーンをつなぐ「トラバースゾーン」のユニークな展示

「ライト3Dスカルプチャー」

「トラバースゾーン」にも、ずっと遊んでいたくなるようなおもしろい展示がたくさんあります。

黒い壁一面に無数のピンが埋め込まれた「ライト3Dスカルプチャー」は、ピンが押し出されたときだけライトが点灯する仕組み。自分の体全体を使い、光のアートを描くことができます。

「エアートラバース」

このゾーンでもうひとつオススメなのが「エアートラバース」。部屋全体に張られた鏡が天窓を映し、空を取り込んだ万華鏡のような不思議な空間が広がります。天候や時間帯で雰囲気が変わるので、いろいろな季節や時間に訪れてみましょう。

地元食材を味わえる「カフェ るぽ」でひと休み

「カフェ るぽ」

おなかが空いたら、ミュージアムの受付近くにある「カフェ るぽ」へ。カレーやパスタといった食事から、ホットケーキやパフェなどのデザートまでラインナップが充実しています。
なかでもオススメは、鳴子温泉で栽培された無農薬のブルーベリーを使った「ブルーベリーシェイク」。ベリーの甘酸っぱさと豊かな香りが感じられますよ。

音や香り、光、そして食べもので、五感をフルに使った体験ができる「感覚ミュージアム」。さまざまな展示をとおしてお子さんの想像力を育ててみませんか。

「感覚ミュージアム」をもっと楽しむ!ななびチェック!

多彩にそろうワークショップに参加

キャンドルづくりや楽器づくりのワークショップは、事前予約により体験できます。特別企画のワークショップが開催されることも。

ミュージアムショップとカフェを気軽に利用しましょう

入り口付近にあるミュージアムショップとカフェは、入館券なしで利用可能。ランチやショッピングで気軽に訪れることができます。

屋外のオブジェも体験型の展示のひとつ

屋外にある、ラッパ状のオブジェの穴に耳を近づけてみましょう。川のせせらぎや電車が走る音など、周囲のさまざまな音が聞こえてきます。

「感覚ミュージアム」について詳しくはこちら

関連する投稿


仙台 |「どようびキッズ・プログラム」で遊びながらアートに親しもう

仙台 |「どようびキッズ・プログラム」で遊びながらアートに親しもう

宮城県仙台市の「宮城県美術館」で毎月開催される「どようびキッズ・プログラム」は、3歳くらいから10歳くらいまでのお子さんを対象とした無料のワークショップ。水や土、木などの身近な素材を使って遊んだり、美術館の敷地内を探検したり、五感を使ったアート体験ができますよ。


仙台 |「スプリングバレー泉高原」アクセス抜群のスキー場

仙台 |「スプリングバレー泉高原」アクセス抜群のスキー場

寒い冬の楽しみといえば雪遊び。宮城県仙台市の「スプリングバレー泉高原」では、はじめてのチャレンジから滑りなれた上級者までお子さんがスキーレッスンを受けられる「スキッズ・キャンプ」、スノーチュービングやそり遊びができる「雪の冒険王国」など、ウィンターアクティビティが充実!思いきり体を動かしてリフレッシュしませんか?


南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

宮城県南三陸町は、県内外から観光客が集まる商店街や、旬魚をたっぷりと盛った丼が有名な街。そんな南三陸町のおみやげの定番は“モアイグッズ”!手がけるのは、モアイグッズの専門店「南三陸モアイファミリー」です。なぜ南三陸町でモアイなのか、どんなアイテムが人気なのか…、気になる疑問をリサーチします。


名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

宮城県山元町で栽培される「ミガキイチゴ」をご存じでしょうか?濃厚な甘みと形の美しさから、“食べる宝石”と呼ばれるブランドいちごです。そのミガキイチゴを使ったスイーツを提供しているのが、名取市の「ICHIBIKO 閖上店」。ドリンクやプリン、大福など、バラエティに富んだミガキイチゴスイーツを味わってみませんか。


登米 |「津山もくもくランド秋祭り」登米の特産品をゲットしよう!

登米 |「津山もくもくランド秋祭り」登米の特産品をゲットしよう!

「津山もくもくランド秋祭り」は、例年10月に「道の駅 津山もくもくランド」で開催されるイベントです。登米市の特産品を購入できるほか、餅つき大会やビンゴゲーム、木工体験など、お子さんがわくわくする企画がたくさん。会場となる道の駅には大型遊具が設置された公園や郷土料理を味わえる食事処もあり、ファミリーでゆっくり楽しめますよ。


最新の投稿


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。