むつ |「冬の下北半島 食の祭典」下北のおいしいが大集合!自慢のメニューを心ゆくまで食べつくそう

むつ |「冬の下北半島 食の祭典」下北のおいしいが大集合!自慢のメニューを心ゆくまで食べつくそう

青森県北の5市町村を指す“下北半島”のご当地グルメが1度に味わえる「冬の下北半島 食の祭典」。さまざまな地場産品を使用した郷土料理や、冬が旬のメニュー、人気グルメ店の自慢の逸品などがいただける冬の名物イベントです。お料理体験やステージショー、クイズラリーなど、お食事がより楽しくなる催し物も開催されますよ。


「冬の下北半島 食の祭典」では、ごはん・スイーツ・おみやげ…おいしいがいっぱい!

「冬の下北半島 食の祭典」

写真提供:むつ商工会議所

青森県むつ市で毎年1月に開催される「冬の下北半島 食の祭典」。5市町村からなる下北半島と、隣接する町村のおいしいものが一堂に集結する食のイベントです。会場となるむつグランドホテルには30店舗以上のブースが並び、お食事メニューやスイーツ、ドリンク、加工食品などを販売します。

「冬の下北半島 食の祭典2」

写真提供:むつ商工会議所

なかでも毎年人気なのは、ご当地食材を使用したグルメの数々。下北の海の幸・山の幸を使用し、牛脂で揚げた「大湊海軍コロッケ」や、むつ湾産の魚介類たっぷりのラーメンなど、あたたかいご当地グルメは寒い季節にピッタリです。

ほかにも、下北半島のお食事処や惣菜店、カフェ、加工食品店などの自慢の商品も多数販売されます。ごはんをおなかいっぱい食べても、食後のスイーツやお酒のおつまみまで欲しくなってしまいそう。

ふるまいや数量限定販売など、特別なおいしさに舌鼓

「下北鍋のふるまい」

写真提供:むつ商工会議所

無料ふるまいや数量限定販売、特価販売など見逃せないイベントも。そのひとつが先着100名に無料でふるまわれる「下北鍋勝負」です。

「下北鍋」

写真提供:むつ商工会議所

2つのチームが下北の食材を使用した鍋をふるまい、お客さんからの投票数が多いチームが優勝、という鍋勝負のこと。2019年の優勝チームが連勝するか、リベンジチームが勝利するか目が離せませんね!

また、全国的にもめずらしいあんこうのお寿司も販売されます。風間浦村産の新鮮なあんこうが握り寿司と軍艦巻きになり、肝がトッピング。ちょっぴり大人の味わいなお寿司は、各日50パック限定の贅沢なひと品です。

さらに大間産マグロの特価販売も!大トロ、中トロ、赤身をリーズナブルに購入できるため、この機会に大間ブランドのマグロを味わってみるのはいかがですか?

ふるさとの味を調理体験できるコーナーも

「郷土料理づくり体験」

写真提供:むつ商工会議所

「郷土の味を覚えて帰りたい!」という人には、イベントコーナーで行なわれる郷土料理づくりの体験がオススメ。

「東通べこもち」と「東通そば」の実演と無料体験が行なわれ、先着数名が対象となります。

「べこもち」とは、金太郎飴のようにさまざまな色のおもちを重ねあわせて、絵柄をつくる祝い菓子のこと。ほんのりとした砂糖の甘みが感じられるおもちを、重ねる、切るなどの工程を体験し、できあがったべこもちは持ち帰れます。

「東通そば」は東通村の名産品で、そば粉100%の香り高いおそばです。こちらはそば切り体験をすることができ、切った1玉をプレゼント。ご自宅で十割そばとそば湯まで味わえるのはうれしいですね。

お食事がもっと楽しくなる催し物も開催!

「多彩なショー」

写真提供:むつ商工会議所

イベント開催中は、食以外の催し物も行なわれます。

飲食・休憩コーナーの目の前に設けられたステージでは、多彩なショーを披露。過去には保育園・幼稚園の園児による和太鼓の演奏、青森ゆかりのタレントによるステージやライブ、歌謡ショーなどが行なわれました。ステージを楽しみながらのお食事は、ついつい箸が進んでしまうかも。

また、「食の祭典クイズラリー」を両日開催。主催者のむつ商工会議所に関するクイズに挑戦し、10問中6問正解するとお買い物券200円分をプレゼント!ブースで利用できるので、気になる商品をお得にゲットしたり、おみやげをひと品追加したりと、なにを買おうかわくわくしてしまいそうです。

定番ご当地グルメをはじめ、旬のおいしさを1度に堪能できる「冬の下北半島 食の祭典」。たくさん食べて、つくって、遊んで…下北半島の食の魅力を存分に味わいに、お出かけしてみませんか?

事前に知っておきたい!「冬の下北半島 食の祭典」のななびチェック!

アクセスに便利な臨時駐車場とシャトルバスを使いこなそう

会場となるむつグランドホテル駐車場は混雑が予想されるため、田名部畜産農業協同組合に臨時駐車場が用意されます。さらに会場と臨時駐車場をつなぐシャトルバスも運行するので、ぜひ利用してみてくださいね。

お会計には「むつ市共通商品券」が利用可能

ブースでは「むつ市共通商品券」でお会計をすることができます。ただしお釣りは出ないので、上手にお買い物を楽しんでくださいね。

冬遊びイベントも同時開催!

会場の屋内外では、冬を楽しむ「ゆきんこ祭り」が併催されます。雪のすべり台や馬そり体験など、冬ならではの遊びを親子で満喫してみませんか?

「冬の下北半島 食の祭典」について詳しくはこちら

関連する投稿


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


五所川原 |「ストーブ列車」冬の奥津軽で感じる、ぬくもりと情緒あふれる列車旅

五所川原 |「ストーブ列車」冬の奥津軽で感じる、ぬくもりと情緒あふれる列車旅

青森県五所川原市の津軽鉄道によって、冬季限定で運行されている「ストーブ列車」。ダルマストーブが設置された昭和レトロな列車からは、どこまでも広がる雪景色を眺めることができます。あたたかい車内でゆったり過ごしたり、観光スポットにたち寄ったりしながら、ストーブ列車の旅を満喫しませんか?


三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!


青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森市には、青森県産の豊富なフルーツや新鮮な卵を使用した自家製スイーツを販売しているお店がたくさんあります。今回はそのなかでも、オススメのスイーツ店を3店舗ご紹介。素材へのこだわりだけではなく見た目も華やかなスイーツを味わってみませんか。


青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森県青森市は100店舗以上のラーメン店が軒を連ねる激戦区!その8割以上が昔ながらの中華そばのお店で、煮干しだしをベースにしたラーメンが多く扱われています。今回は、青森県民が愛してやまない煮干しだしラーメンと、1度は食べてほしい青森のソウルフード「味噌カレー牛乳ラーメン」が食べられる2店舗をご紹介します。


最新の投稿


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形県山形市の「シベールファクトリーパーク」は、洋菓子店「シベール」のショップやラスク工場がたつスイーツのテーマパーク。ラスクやケーキ、パンなどが盛りだくさんにそろうショップでのお買いものや、ラスク工場の見学を満喫できます。カフェを併設していて、ファミリーでゆっくり過ごすのにオススメのスポットです。


由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

標高2,236メートルの鳥海山の自然に恵まれた、秋田県由利本荘市にある「鳥海山 木のおもちゃ美術館」。国登録有形文化財の廃校を利用した館内では、由利本荘産の木材のおもちゃで遊びながら、木の魅力と文化にふれることができます。赤ちゃんからお年寄りまで多世代で楽しめるとあって、2018年のオープン以来人気を集めています。