新型コロナウイルス感染症の影響により、「ななび」に掲載しているスポットやイベントなどの
開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。
おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。
 

新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

「城下町しばた全国雑煮合戦」は毎年1月に城下町・新発田市で開催されるイベント。新潟県内のみならず、全国から個性あふれるお雑煮が大集合し、みなさんの投票でグランプリが決まります。当日は餅まきなどのイベントもあり、親子でたっぷりと楽しめます。


市役所や商店街を会場に盛り上がる「城下町しばた全国雑煮合戦」

「城下町しばた全国雑煮合戦」

新潟県の北部に位置する新発田市。江戸時代に十万石の城下町として栄え、新発田城をはじめ足軽長屋や大名庭園など、今も街並みにその歴史や文化が色濃く残っています。全国的に有名な月岡温泉もあり、山や海などの自然も美しく、食の宝庫でもあるのです。

そんな情緒あふれる実り豊かな街で、熱きグルメの闘い「城下町しばた全国雑煮合戦」は繰り広げられます。

「城下町しばた全国雑煮合戦」2

「城下町しばた全国雑煮合戦」は、2004年に新発田城の実質的な天守である三重三階のやぐら「三階櫓」と二重二階の「辰巳櫓」が復元されたことを記念し、新発田の街を盛り上げようと2005年にはじまったイベント。

2020年で16回目を迎え、当初は7,000人ほどの来場者数でしたが、今では2万5,000人を超える一大イベントとなっています。

会場は、日本海東北道・聖籠新発田ICから車で約10分、JR新発田駅からは徒歩約10分の新発田市庁舎です。「ヨリネスしばた」という通称で市民に親しまれています。

「お雑煮ブース」

周辺の商店街にもお雑煮ブースが立ち並び、街の中心部にお雑煮のいい香りが広がるのだそう。

ブースには新発田市をはじめ、新潟県内そして全国から約40の団体が出店し、それぞれの地域の特色を活かしたお雑煮でグランプリを目指します。

これはごはん?スイーツ?日本各地からお雑煮大集合

「新発田の伝統的なお雑煮」

こちらの写真は地元・新発田の伝統的なお雑煮。サケとイクラ、そして野菜もたくさん入っていて具だくさん。その地域に昔から伝わるお雑煮から、全く新しい発想から誕生した創作雑煮まで、さまざまな種類のお雑煮がそろいます。

「チョコレートを使ったお雑煮」

こちらも新発田市の団体が作ったお雑煮ですが、これまでの概念を変える、チョコレートを使ったお雑煮です。揚げたお餅とチョコレートの相性は抜群で、まるでデザートのよう。

「ほうとうを使ったお雑煮」

こちらの写真は山梨県から参加した団体の、山梨県名物「ほうとう」を使ったお雑煮です。かぼちゃが入った食べ応えのある一杯。

「ネギ推し!牛もつ あったか味噌雑煮」

こちらは、新発田市の地元企業のサトウ食品がつくった「ネギ推し!牛もつ あったか味噌雑煮」。2019年のグランプリを獲得しました。国内産の美味しい牛モツとネギ串を添えた、コクのある味噌仕立てです。

「雑煮を食べている様子」
「雑煮を食べている様子」2

全国から集まったいろいろなお雑煮を食べたら、いざ、投票です。お客さんと審査員による投票で「征夷大将軍」、つまりはお雑煮のグランプリが決まるのです。

どのお雑煮がグランプリを獲得するか、ご家族で一緒に予想してみるのも楽しそうですね。

お雑煮はお餅が決め手!最高級の新発田産のお米「こがねもち」を味わおう

「田植えの様子」

城下町しばた全国雑煮合戦の審査基準のなかには、“お雑煮として餅を引き立たせる工夫をしているかどうか”という項目もあります。お雑煮の主役はお餅ですので、じっくり味わいましょう。

特に城下町しばた全国雑煮合戦で使用されるお餅には、もち米のなかでも高級な品種「こがねもち」が使われます。

それもただの「こがねもち」ではなく、新発田市近隣の子どもたちと保護者が田植え・収穫し、地元の企業がお餅に加工したもの。地域の方々の想いがこもっているのですね。

イベント盛りだくさん。いっぱい食べて、いっぱい遊ぼう

「餅まき」

お雑煮を食べ歩きながら、同時に開催されるイベントにも参加してみてはいかがですか?

たとえば、午後には毎年恒例「餅まき」が行なわれます。「餅まき」でまかれるのは、なんとおせんべい。地元米菓メーカーの米菓詰めあわせが宙を舞います。なんとかキャッチしようと、子どもたちも真剣そのもの。

ほかにも家族みんなで楽しめるさまざまなイベントが開催されます。そしてなにより、冬の寒空の下でいただくアツアツのお雑煮は絶品。
第16代征夷大将軍にはどのようなお雑煮が選ばれるのでしょうか?食べたらぜひ、投票をしてみてくださいね。

「城下町しばた全国雑煮合戦」をもっと楽しむための、ななびチェック!

暖かい服装で出かけよう!

会場のほとんどが屋外です。体が冷えないように防寒対策をしっかりしましょう。

便利なシャトルバスを利用しよう!

臨時駐車場は郊外に2ヶ所あり、会場までは無料シャトルバスが運行します。ぜひ利用してみてくださいね。

食べたいと思ったら、迷わず食べよう!

人気のお雑煮はすぐに売り切れてしまうことも。食べたいお雑煮を見つけたら、迷わず並ぶのがオススメ。

「城下町しばた全国雑煮合戦」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

日本有数の豪雪地帯の津南町で行なわれる「つなん雪まつり」は、雪の楽しさ、美しさを体験できるイベント。注目イベントはスカイランタンの打ち上げですが、ほかにも雪を使ったアトラクションや露店市などイベントが盛りだくさんです。


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


柏崎 |「さけ豊漁まつり」体験して、味わって、サケにふれるイベント

柏崎 |「さけ豊漁まつり」体験して、味わって、サケにふれるイベント

柏崎市は海と山に囲まれた自然が豊かな地域。市内を流れる谷根川は秋になると数多くのサケが遡上します。そんなサケの豊漁を祝って、「さけ豊漁まつり」は1986年にはじまりました。今では柏崎の秋を代表する行事のひとつになっています。2019年は11月23日と24日に開催されます。さけ豊漁まつりの見どころを紹介します。


十日町 |【ななび連載:十日町編vol.4】日帰り温泉巡りで十日町を楽しもう

十日町 |【ななび連載:十日町編vol.4】日帰り温泉巡りで十日町を楽しもう

十日町市には、日本三大薬湯のひとつである松之山温泉をはじめ、気軽に温泉を楽しめる日帰り入浴施設がたくさんあります。豊かな効能はもちろん、迫力満点のロケーションを眺めながらの湯浴みや、十日町名物のふのりそばを堪能できたりと、どの施設も魅力たっぷり。そんな十日町市の日帰り温泉をご紹介します。


最新の投稿


秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

全国で広がりをみせる「ブックスタート推進事業」。秋田県秋田市では、0歳児とその保護者を対象に絵本の読み聞かせを定期開催し、絵本をプレゼントする子育て支援事業のひとつとして推進されています。無料で参加できるので、赤ちゃんのはじめての絵本選びや読み聞かせの参考にしてみてくださいね。


名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

宮城県名取市の「カフェ モーツァルト ユリイカ」は、JR名取駅と直結している「名取市図書館」併設のカフェ。日差しがたっぷり入り込む明るい店内で、地元食材を活かしたランチや華やかなスイーツが味わえます。カフェと同じフロアに設けられた図書館の児童コーナーには、靴を脱いでお子さんと一緒に読書が楽しめるスペースもありますよ。


奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

岩手県南部の奥州市水沢地区にある「N'CAFE」は、住宅ショールーム内に設けられたカフェ。“無添加”をキーワードにしたナチュラルな空間で、体にやさしい素材を使ったスイーツをいただけます。日によって担当シェフが替わるランチも要チェックですよ。


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)