寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

冬の山形県は、豪雪地帯ならではの雪にちなんだイベントが目白押し。その先陣を切るのが、寒河江市で開催される「やまがた雪フェスティバル」です。巨大な雪像をバックに行なわれるアーティストのライブや、雪を使ったアトラクション、ラーメンをはじめ地元のグルメが集まる屋台、夜のイルミネーションに花火大会と、お楽しみがいっぱいです。


「やまがた雪フェスティバル」ってどんなイベント?

「やまがた雪フェスティバル」

冬の寒さが厳しい山形県内では、豊富な雪を活かしたお祭りが各地で行なわれます。そのオープニングイベントとして2016年からスタートしたのが、寒河江(さがえ)市で行なわれる「やまがた雪フェスティバル」。例年1月下旬~2月上旬の3日間にわたって開催され、2020年は1月31日(金)~2月2日(日)を予定しています。

会場の最上川ふるさと総合公園は、イベント広場やパークゴルフ場などを備えた施設。やまがた雪フェスティバルでは、その広々とした敷地を存分に活かしたステージイベントやグルメ、雪遊びを楽しめます。

「紅花美人」

やまがた雪フェスティバルで恒例となっているのが、シンボル雪像の展示です。2019年の開催時には、山形県花の紅花(べにばな)にちなんで、「紅花美人」をテーマにした幅12.6メートル・高さ7.6メートルの巨大な雪像が展示されました。2020年はどんな雪像が制作されるか楽しみですね。

シンボル雪像の前に設けられたメインステージでは、アーティストによるライブ、県内外の雪祭りのPRタイム、スイカ割り大会など、ユニークな催しが行なわれます。雪像と一緒に写真を撮れる撮影会もあるので、家族写真として思い出に残してみてはいかがですか?

ラーメンに芋煮…山形県内各地のグルメが集まる「雪中屋台」

「雪中屋台」

「雪中屋台」には、県内各地から約30店舗が出店。ラーメンに芋煮、山形県民のソウルフードとして愛される玉こんにゃくやどんどん焼きなど、地元ならではのグルメが大集合!なにを食べるか迷ってしまいそうです。

「雪中屋台ラーメン博覧会のラーメン」

山形県は、ラーメン消費量日本一を誇るラーメン王国。山形県内の人気ラーメン店が集結する「雪中屋台ラーメン博覧会」のコーナーは見逃せません。事前にチケット売り場でチケットを購入し、各屋台でラーメンと交換しましょう。

「寒河江やきとり」

「寒河江やきとり」は、寒河江市で人気のご当地グルメ。“やきとり”という名前ですが、鶏肉ではなく豚肉を使っているのが特徴です。炭火でじっくり焼いたゴロゴロと大きな豚肉は食べごたえ抜群ですよ。

「スノーランド」で思い切り雪遊び!

「SNOWトレジャーハンティング」

雪遊びをするなら「スノーランド」へ。雪のなかに隠されたお宝を探す「SNOWトレジャーハンティング」では、お宝を見つけると豪華な山形県産品がもらえるとあって、お子さんから大人まで夢中になって探します。実施は1日3回で定員は各回100名の予定ですが、すぐに定員に達してしまうことがあるので、参加したい場合はおはやめに。

「スノーチューブ」

ゴム製のチューブに乗って斜面を滑り降りる「スノーチューブ」も、人気のアトラクションの1つ。迫力満点の雪遊びは何度もリピートしたくなりそうですね。

夜のお楽しみはイルミネーション&花火

「会場内のイルミネーション」

やまがた雪フェスティバルは夜も見どころがいっぱい。日が暮れると会場内にイルミネーションが点灯し、雪と光がつくりだす幻想的な光景が広がります。

「雪フェス冬花火」

2日目の夜には「雪フェス冬花火」が行なわれ、冬の夜空に約1,000発の花火が打ち上げられます。音楽とコラボレーションした鮮やかな花火に注目してくださいね。

この冬、雪深い山形ならではの体験を楽しみに、やまがた雪フェスティバルへおでかけしてみませんか。

「やまがた雪フェスティバル」を楽しく快適に過ごす!ななびチェック!

寒さへの備えは万全に

寒河江市の2月の平均気温はマイナス0.6℃。しっかりと防寒対策をして、あたたかい格好でおでかけしましょう。雪遊びを楽しみたいお子さんは、スキーウェアやスノーブーツがマスト。

会場へは無料シャトルバスでアクセス

会場周辺に駐車場が設けられますが、台数には限りがあります。JR寒河江駅や道の駅 寒河江 チェリーランドなどを発着する無料シャトルバスを利用しましょう。

会場をまるごと使った「雪フェススタンプラリー」に参加

会場内の3ヶ所に設置されたスタンプをすべて集めると、抽選でプレゼントが当たるチャンス!景品がなくなり次第終了なので、集めたらはやめに抽選会場へ。

「やまがた雪フェスティバル」について詳しくはこちら

関連する投稿


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

山形県の中央部・村山地域に位置し、朝日連峰の主峰・大朝日岳がある朝日町。毎年11月に開催される「朝日町産業まつり・りんごまつり」では、農産物の販売や街の名産品であるりんごの品評会、お子さんが楽しめる催しが行なわれます。餅まきや三平汁のふるまいなど、うれしいサービスも盛りだくさんのイベントですよ。


上山 |「上山市総合子どもセンター めんごりあ」親子にやさしい無料で楽しめる屋内遊び場

上山 |「上山市総合子どもセンター めんごりあ」親子にやさしい無料で楽しめる屋内遊び場

名湯・かみのやま温泉で有名な山形県上山市にある「上山市総合子どもセンター めんごりあ」。大型遊具でわんぱくに遊べるエリアと、小さいお子さんが安心して遊べるエリアに分かれた屋内遊び場です。気軽に参加できるイベントや休憩スペースも充実。しかも入館無料とあって、地元をはじめ県内外のファミリーが訪れる人気のスポットです。


庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

毎年10月上旬に山形県庄内町で開かれる「しょうない秋まつり」。例年、地元特産品の販売、餅つき大会や和太鼓の演奏などが行なわれて賑わいます。なかでも人気なのは、地元食のコーナー。川ガニ汁やイワナの塩焼きをはじめとした山形県の郷土料理、庄内町の友好町・宮城県南三陸町のホタテの炭火焼きといったグルメが充実しています。


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.4】お子さんとおでかけ!レジャースポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.4】お子さんとおでかけ!レジャースポット3選

日本海と山に抱かれた鶴岡市で、お子さんと思う存分遊んでみませんか?今回は、世界的に有名なクラゲの水族館「鶴岡市立加茂水族館」、全天候型の遊戯施設「KIDS DOME SORAI」、江戸時代にタイムスリップした気分になれる映画の撮影所「スタジオセディック庄内オープンセット」をご紹介。ファミリーでのおでかけにオススメです!


最新の投稿


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

茅葺き屋根の街並みが美しい、福島県下郷町の大内宿。毎年2月には「大内宿雪まつり」が開催され、「1度は訪れてみたい!」と遠方にもファンが多いお祭りです。雪まつりの夜には、雪灯籠が灯り雪に覆われ白くなった茅葺き屋根を、打ち上げ花火が照らし幻想的な雰囲気に!雪国ならではの風景と、伝統行事や郷土料理が楽しめるのも魅力です。


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。


三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!