横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

秋田県横手市にある「横手市増田まんが美術館」は、マンガをテーマにした美術館です。原画の所蔵枚数はなんと23万枚以上!マンガファンなら一度は目にしたい名作マンガの原画を見られるとあって、国内はもちろん海外からも注目されています。


蔵の街に建つ「横手市増田まんが美術館」

「横手市増田まんが美術館」外観

明治期の蔵が今も多く残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている秋田県横手市増田地区。この蔵の街に、「横手市増田まんが美術館」はあります。

横手市増田まんが美術館は、現代の蔵としてマンガ原画の収蔵と展示に特化しためずらしい美術館。『釣りキチ三平』などで知られている地元出身の矢口高雄さんをはじめ、国内外の人気マンガ家179名分もの原画が収蔵され、貴重な直筆原稿を間近で見ることができます。

「マンガウォール」

館内に入るとまず目に留まるのが「マンガウォール」。高さ約10メートル、幅約7メートルの壁一面に、名作マンガの名シーンを引き伸ばしたパネルが飾られています。『ブラックジャック』の手塚治虫さんや、『ゴルゴ13』のさいとう・たかをさんといった、そうそうたる作家による名シーンの数々に期待感が高まります。

原画でマンガを読める!「マンガの蔵」

「マンガの蔵」

横手市増田まんが美術館の最大の見どころは、“魅せる収蔵”をコンセプトとした「マンガの蔵」。ガラス張りの原画収蔵庫には、膨大な原画が収められた引き出し付きのキャビネットが並びます。

「原画が収められた引き出し付きのキャビネット」

引き出しを上から順にスライドさせると、1話分の原画をすべて鑑賞できるようになっています。原画は定期的に入れ替わり、常時2名分の作品を展示。筆のタッチや下書きの跡からは、制作中のマンガ家のエネルギーが伝わってくるようです。

「マンガの蔵の大型タッチパネル」

「マンガの蔵」には「アーカイブルーム」が併設され、原画を高解像度のデジタルデータとして保存する作業をガラス越しに見学できます。デジタルデータの一部は検索して呼び出し、マンガの蔵の大型タッチパネルで閲覧可能。画面をピンチアウトして拡大して見ると、細かな修正の跡や、製本時はカットされる端の部分への描き込みなど、原画だからこその発見があります。

あの名作の名シーンを発見!「常設展示室」

「常設展示室」

「常設展示室」は1階からスロープを通って2階へと続いたところにあります。壁には常時74名分もの原画が展示されているので、パパやママの思い出のマンガや、お子さんが好きなマンガを探してみましょう。

「マンガの名セリフが壁を彩るスペース」

横手市増田まんが美術館では、館内のさまざまなスペースを使って展示が行なわれています。2階にはマンガの名セリフが壁を彩るスペースもあります。

出典のマンガが気になったら、「マンガライブラリー」へ。約25,000冊のマンガが読み放題なので、興味がわいたマンガはすぐにチェックできます。

フォトジェニックな仕掛け満載のカフェ

「マンガカフェ」

ひととおり展示を楽しんだら、「マンガカフェ」でひと休み。各テーブルには、マンガ風のセリフがデザインされ、料理やドリンクを置くとマンガの世界から飛び出したような写真を撮ることができます。

「ワークショップ」

ワークショップも随時開催しています。コマ割りを使ってマンガを描いたり、自作のイラストでバッジやキーホルダーをつくったりと、プログラムは多彩。大人が楽しめるプログラムもあるので、訪れる前にホームページをチェックするのがオススメです。

横手市増田まんが美術館では、特別企画展を除き入場は無料です。原画の世界を体感して、大好きなマンガをさらに楽しんでみてくださいね。

「横手市増田まんが美術館」のお楽しみポイント!ななびチェック!

セリフの形のソファに座って写真を撮ろう!

「「ウォォォー」というセリフの文字をかたどったソファ」

『釣りキチ三平』に登場する「ウォォォー」というセリフの文字をかたどったソファは、人気の撮影スポット。ちょこんと座って上から撮影すれば、セリフに乗って飛んでいるよう!

トイレにも笑える仕掛けが

男子トイレの床には、マンガらしい擬音が描かれています。ついつい吹き出してしまいそうですね。

マンガライブラリーのマンガは持ち出し自由

マンガライブラリーのマンガは、バルコニーを含む館内のどこに持って行ってもOK!原画と見比べて楽しめますよ。

「横手市増田まんが美術館」について詳しくはこちら

関連する投稿


湯沢 |「犬っこまつり」雪国で400年続く伝統の小正月行事

湯沢 |「犬っこまつり」雪国で400年続く伝統の小正月行事

秋田県湯沢市は、積雪期間が年間100日以上あり、街全域が特別豪雪地帯になっている雪国。そんな厳しい寒さが続く冬の湯沢で、毎年2月に行なわれるお祭りが「犬っこまつり」です。お祭りが開催される2日間、街には犬の雪像と雪のお堂が並び、冬の寒さをやわらげるようなあたたかな光景がつくりだされます。


小坂 |「小坂・鉄道まつり2019」貴重な列車に出会える鉄道イベントへ行こう!

小坂 |「小坂・鉄道まつり2019」貴重な列車に出会える鉄道イベントへ行こう!

秋田県鹿角郡小坂町にある「小坂鉄道レールパーク」は、廃線になった小坂鉄道の設備や車両を見学できる複合施設。毎年10月14日の「鉄道の日」には「小坂・鉄道まつり」が行なわれ、鉄道ファンやファミリーで賑わいます。2019年は10月13日(日)・14日(月・祝)に開催予定。秋の行楽にぴったりのイベントに出かけましょう。


仙北 |「田沢湖キャンプ場」でキャンプ&アウトドアスポーツを体験!

仙北 |「田沢湖キャンプ場」でキャンプ&アウトドアスポーツを体験!

秋田県仙北市にたたずむ日本一深い湖・田沢湖。湖畔から歩いて約5分の場所にあるのが「田沢湖キャンプ場」です。雑木林に囲まれたキャンプサイトは、エメラルドグリーンに輝く田沢湖を望む絶好のロケーション。湖でのカヌーやカヤック、周辺の山や川でのトレッキングやラフティングなど、さまざまなアウトドアツアーも行なっています。


鹿角 |「花輪ばやし」華やかな屋台が夜の街を彩る夏の祭典

鹿角 |「花輪ばやし」華やかな屋台が夜の街を彩る夏の祭典

秋田県鹿角市で行なわれる「花輪ばやし」。地元で信仰される神様を祀った幸稲荷神社にお囃子を奉納する、江戸時代から伝わる祭りです。壮麗な屋台と賑やかなお囃子が連なるパレードや、全町内会の屋台が駅前広場にそろい人々が円陣を組んでお囃子を奏でる「駅前行事」は大迫力。花輪の夏を派手に締めくくる伝統行事を楽しみましょう。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


最新の投稿


南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

宮城県南三陸町は、県内外から観光客が集まる商店街や、旬魚をたっぷりと盛った丼が有名な街。そんな南三陸町のおみやげの定番は“モアイグッズ”!手がけるのは、モアイグッズの専門店「南三陸モアイファミリー」です。なぜ南三陸町でモアイなのか、どんなアイテムが人気なのか…、気になる疑問をリサーチします。


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

茅葺き屋根の街並みが美しい、福島県下郷町の大内宿。毎年2月には「大内宿雪まつり」が開催され、「1度は訪れてみたい!」と遠方にもファンが多いお祭りです。雪まつりの夜には、雪灯籠が灯り雪に覆われ白くなった茅葺き屋根を、打ち上げ花火が照らし幻想的な雰囲気に!雪国ならではの風景と、伝統行事や郷土料理が楽しめるのも魅力です。


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。