朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

山形県の中央部・村山地域に位置し、朝日連峰の主峰・大朝日岳がある朝日町。毎年11月に開催される「朝日町産業まつり・りんごまつり」では、農産物の販売や街の名産品であるりんごの品評会、お子さんが楽しめる催しが行なわれます。餅まきや三平汁のふるまいなど、うれしいサービスも盛りだくさんのイベントですよ。


「朝日町産業まつり・りんごまつり」ってどんなイベント?

「朝日町産業まつり・りんごまつり」様子

山形県朝日町は、米や野菜、フルーツなどの農産物の生産が盛んな地域で、無袋で栽培するふじりんごの発祥地として知られています。

「朝日町産業まつり・りんごまつり」は、朝日町を支える産業が一堂に集まるイベント。お祭りは、りんごをはじめ、野菜やワインの販売、三平汁の無料配布、お子さんが楽しめる企画など、ワクワクする内容が充実しています。

会場は、山形自動車道・寒河江ICから車で25分ほどの場所にある「朝日町町民体育館」とその周辺。例年、県内外から多くの人が訪れ、賑わいをみせます。2018年は11月の第3土曜日・日曜日の2日間で行なわれましたが、2019年は第4土曜日・日曜日の11月23日(土・祝)・24日(日)に開催が決定しました。

お祭りの主役は朝日町産の高級りんご

「りんごの販売会」

朝日町産業まつり・りんごまつりのメインイベントといえるのが、りんごまつり。朝日町産の高品質なりんごがずらりと並ぶ品評会や授賞表彰式、品評会に出品されたりんごの販売会が行なわれます。

ツヤツヤと輝く真っ赤なりんごは品評会用とあって高級品ですが、あっという間に完売。高級りんごだけではなく、お財布にやさしい価格のりんごもたくさんそろっているのだそう。

「りんご釣りゲーム」

お子さんに人気なのは、両日13時から行なわれる「りんご釣りゲーム」。小さな釣竿を使って、プールにぷかぷかと浮かぶりんごや西洋梨を釣り上げます。お子さんよりも、パパやママが思わず夢中になっている姿も多いのだとか。なくなり次第終了なのではやめに訪れるのがオススメです。

街の魅力を伝える特産品や展示をチェック!

「朝日町ワインのコーナー」

会場の朝日町町民体育館内には、街ゆかりのさまざまなブースが集まります。りんごと並ぶ特産品の「朝日町ワイン」のコーナーをはじめ、地元の家具メーカーによる家具の展示即売会や地元の中学校の学習発表展示など見どころがいっぱいです。

「菓子実演コーナー」

なかでも毎年お子さんの目を引きつけるのが、町菓子組合による「菓子実演コーナー」。ドーナツの生地を油に落としていき、製造器が次々とドーナツをつくる様子に、お子さんは興味津々!揚げたてのドーナツは大人気で、ひと口頬張るとそのおいしさに思わず笑顔になりますよ。

つきたて餅に餅まき!餅イベントを楽しもう

「福入り餅まき」

会場の外では杵つき餅がふるまわれ、毎年長蛇の列ができるほどの人気ぶりです。スタッフが杵と臼でついた餅をすぐに味付けして配布するので、ほんのりとあたたかくやわらかいのが特徴。ほかにも、鮭や野菜が入った塩味の三平汁や米を使った素朴な味わいの「ばくだん・ぽんせんべい」など種類豊富なグルメが無料配布されます。

大人もお子さんも大興奮するのが、1日2回行なわれる「福入り餅まき」。当たりの餅には、会場内で使える100円券や500円券が入っているので、参加者の表情は真剣そのもの!

何ができるかな?体験コーナーで創作心を刺激

「体験コーナー」

お祭りには、お子さんが参加できる体験コーナーが充実。体験は、きのこの菌を原木に植え付ける「きのこの菌打ち体験」や、木材を使って本棚をつくる「本棚つくり体験」などバラエティ豊かです。

朝日町の魅力がたくさんある朝日町産業まつり・りんごまつり。地元ならではのグルメ・ショッピング・体験が詰まったお祭りに足を運んでみませんか。

「朝日町産業まつり・りんごまつり」をもっと楽しみたい!ななびチェック!

福入り餅まきやグルメの無料配布を満喫

当日は時間が決まっているイベントもあるので、会場に貼り出される案内図やタイムスケジュールを見て、効率よく周りましょう。

エコバッグの用意を忘れずに

りんごのほかにも、採れたての野菜やフルーツ、雑貨などを販売するブースが多数出店します。エコバッグがあれば、購入品がいっぱいになっても安心ですよ。

お祭り会場に謎のキャラクターが出没?

朝日町の非公式PRキャラクター「桃色ウサヒ」が会場に出没するかもしれません!会場内に現れる、ピンク色のウサギの着ぐるみを見つけてみてくださいね。

「朝日町産業まつり・りんごまつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

冬の山形県は、豪雪地帯ならではの雪にちなんだイベントが目白押し。その先陣を切るのが、寒河江市で開催される「やまがた雪フェスティバル」です。巨大な雪像をバックに行なわれるアーティストのライブや、雪を使ったアトラクション、ラーメンをはじめ地元のグルメが集まる屋台、夜のイルミネーションに花火大会と、お楽しみがいっぱいです。


上山 |「上山市総合子どもセンター めんごりあ」親子にやさしい無料で楽しめる屋内遊び場

上山 |「上山市総合子どもセンター めんごりあ」親子にやさしい無料で楽しめる屋内遊び場

名湯・かみのやま温泉で有名な山形県上山市にある「上山市総合子どもセンター めんごりあ」。大型遊具でわんぱくに遊べるエリアと、小さいお子さんが安心して遊べるエリアに分かれた屋内遊び場です。気軽に参加できるイベントや休憩スペースも充実。しかも入館無料とあって、地元をはじめ県内外のファミリーが訪れる人気のスポットです。


庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

毎年10月上旬に山形県庄内町で開かれる「しょうない秋まつり」。例年、地元特産品の販売、餅つき大会や和太鼓の演奏などが行なわれて賑わいます。なかでも人気なのは、地元食のコーナー。川ガニ汁やイワナの塩焼きをはじめとした山形県の郷土料理、庄内町の友好町・宮城県南三陸町のホタテの炭火焼きといったグルメが充実しています。


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.4】お子さんとおでかけ!レジャースポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.4】お子さんとおでかけ!レジャースポット3選

日本海と山に抱かれた鶴岡市で、お子さんと思う存分遊んでみませんか?今回は、世界的に有名なクラゲの水族館「鶴岡市立加茂水族館」、全天候型の遊戯施設「KIDS DOME SORAI」、江戸時代にタイムスリップした気分になれる映画の撮影所「スタジオセディック庄内オープンセット」をご紹介。ファミリーでのおでかけにオススメです!


最新の投稿


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

茅葺き屋根の街並みが美しい、福島県下郷町の大内宿。毎年2月には「大内宿雪まつり」が開催され、「1度は訪れてみたい!」と遠方にもファンが多いお祭りです。雪まつりの夜には、雪灯籠が灯り雪に覆われ白くなった茅葺き屋根を、打ち上げ花火が照らし幻想的な雰囲気に!雪国ならではの風景と、伝統行事や郷土料理が楽しめるのも魅力です。


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。


三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!