新型コロナウイルス感染症の影響により、「ななび」に掲載しているスポットやイベントなどの
開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。
おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。
 

十日町 |【ななび連載:十日町編vol.4】日帰り温泉巡りで十日町を楽しもう

十日町 |【ななび連載:十日町編vol.4】日帰り温泉巡りで十日町を楽しもう

十日町市には、日本三大薬湯のひとつである松之山温泉をはじめ、気軽に温泉を楽しめる日帰り入浴施設がたくさんあります。豊かな効能はもちろん、迫力満点のロケーションを眺めながらの湯浴みや、十日町名物のふのりそばを堪能できたりと、どの施設も魅力たっぷり。そんな十日町市の日帰り温泉をご紹介します。


松之山温泉街で、効能豊かな温泉を気軽に楽しむなら「鷹の湯」

「鷹の湯」
「鷹の湯2」

有馬温泉、草津温泉と並んで日本三大薬湯として、古くからその名を知られてきた松之山温泉。歴史は古く、そのはじまりは今から700年ほど前にさかのぼるといわれています。

松之山温泉には鷹の湯、鏡の湯、湯田の湯、じょうもんの湯など、6つの源泉があり、どれも天然自噴。塩分濃度の高さが特徴で、湯冷めしにくいといわれています。かつて、温泉から塩を採取したこともあるほどなのだとか。

松之山温泉街には、細い道を挟んで数軒の旅館と食堂、みやげ物店がたち並び、昔ながらの面影を残しています。温泉街のほぼ中央に位置するのが、日帰り入浴施設「鷹の湯」です。

鷹の湯では、男女別の内風呂と露天風呂がひとつずつあります。湯船はコンパクトな大きさですが、贅沢なまでに湯船から源泉が流れ出ているのが特徴。湯の温度は少し高く、最初は熱く感じますが、湯船に入っているうちに慣れてきて、熱さも気にならなくなります。冬はもちろん、夏の冷房で冷えた体にもオススメです。

さまざまな施設がそろう「ナステビュウ湯の山」

「ナステビュウ湯の山」外観

松之山温泉街から車で2分ほどの場所にあるのが「ナステビュウ湯の山」。1994年にオープンした日帰り入浴施設で、休憩広間や食事会場、個室や売店などがあり、1日中のんびりと過ごす人も多い人気の施設です。

小さなお子さん連れにうれしいのが、休憩広間や食事会場が畳になっていること。畳の大広間なら、ゆっくりと休めますね。

「ナステビュウ湯の山」露天風呂

ナステビュウ湯の山で特にオススメなのは露天風呂。目の前には鮮やかな緑に覆われた山並みが広がります。浴槽の先には仕切りがなく、美しい景色を見ながら温泉に浸かっていると、時間を忘れてしまいそう。

内風呂の窓ガラスも大きいため、内風呂とは思えないほど開放感がありますよ。湯船も大きく、熱めのお風呂と、ぬるめのお風呂に仕切られているので、交互に入って温泉を楽しむ人も多いのだとか。

温泉を満喫したあとは、食事会場で地元の食材を取り入れた料理をいただけます。ほかにも、漫画本が多くそろうコーナーや、地元の名物菓子や農産物などを取りそろえる売店なども。松之山温泉を使ってつくられた豆腐や施設オリジナルの黒糖饅頭、全国各地のユニークなサイダーやスタッフが試食しておいしいと思ったものを販売。気になるポイントがたくさんあり、おみやげ選びにもぴったりです。

ファミリーに人気の「千手温泉千年の湯」

「千手温泉千年の湯」

十日町市の西部にある「千手温泉千年の湯」は、なめらかな湯で、肌に優しいと評判の温泉。もちろん源泉かけ流しで、露天風呂や内風呂のほかに、貸切風呂もあります。

湯船は畳3畳分もあり、パパとママとお子さんが一緒に入っても余裕がありそう。家族でゆっくり温泉に入りたいファミリーには大人気です。

「玉石風呂」
「桧風呂」

内風呂と露天風呂は、桧風呂のほかに、信濃川の玉石を積み上げてつくった玉石風呂があります。週変わりで男湯と女湯が入れ替わるため、リピートするお客さんも多いのだとか。

ユニークなのは、内風呂が桧風呂のときは露天風呂が玉石風呂に、内風呂が玉石風呂のときは露天風呂が桧風呂になっているところ。しかも露天風呂には湯船が2つずつあり、温度も異なるのでいろいろなスタイルで温泉を楽しめますね。

千手温泉千年の湯では、温泉に入ってゆっくり体を休められるだけではなく、希望すれば源泉を無料でもらえるサービスがあるんです。家庭でも温泉を楽しみたい人や、アトピー肌の人にもよろこばれているのだそう。希望する際は、源泉を入れる容器をお忘れなく!

運がよければ雲海も眺められる「まつだい芝峠温泉雲海」

「まつだい芝峠温泉雲海」

十日町市の中心部から車で約30分。「まつだい芝峠温泉雲海」は、日帰り入浴のほかに宿泊もできます。オススメは、雲の上にいるような感覚に浸れる露天風呂!眼下には美しい棚田風景が、遠くには美しい山並みが広がります。

そして天候がよい日には、幻想的な雲海を眺めながら温泉に入ることができるんです。温泉はナトリウム塩化物温泉で、体の芯から温まると評判。ダイナミックなパノラマを眺めながらの温泉もオススメ。

「まつだい芝峠温泉雲海」食堂

温泉に入ったあとはおなかがすきますよね。まつだい芝峠温泉雲海には広い食堂もあり、麺類から丼ものまでメニューはさまざま。ドリンクバーもあり、お子さんにもよろこばれています。

日帰り入浴だけではなく、宿泊して朝から夜まで温泉三昧に浸るのはいかがですか?

雄大な景色を眺め、ゆったりと温泉に浸かれば、日頃の疲れも癒されるはず。十日町の温泉の魅力を存分に楽しんでくださいね。

効能豊かな日帰り温泉を楽しむためのななびチェック!

ゆっくり温泉を楽しむなら、開店と同時に出かけよう

大広間など休憩室がある日帰り温泉施設はどこも人気があります。特に休日は開店から次々と温泉を楽しむお客さんが訪れます。温泉に浸かりながら1日中のんびり過ごすには、開店直後に訪れるのがオススメです!

種類豊富な温泉で体を温め、疲れを癒そう

十日町市には日本三大薬湯で知られている松之山温泉をはじめ、炭酸水素ナトリウムを含み美肌に効果があるとされる千手温泉、雄大な絶景を眺められるまつだい芝峠温泉など、特徴のある温泉が点在しています。

温泉に入ったあとは地元グルメも満喫しよう

十日町市はふのりそばが有名な土地。食事処を備えた温泉施設で、手軽にふのりそばを味わったり、近くのお店に食べにいくのも、楽しみのひとつにしてはいかがでしょうか?

「鷹の湯」について詳しくはこちら
「ナステビュウ湯の山」について詳しくはこちら
「千手温泉千年の湯」について詳しくはこちら
「まつだい芝峠温泉雲海」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

日本有数の豪雪地帯の津南町で行なわれる「つなん雪まつり」は、雪の楽しさ、美しさを体験できるイベント。注目イベントはスカイランタンの打ち上げですが、ほかにも雪を使ったアトラクションや露店市などイベントが盛りだくさんです。


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

「城下町しばた全国雑煮合戦」は毎年1月に城下町・新発田市で開催されるイベント。新潟県内のみならず、全国から個性あふれるお雑煮が大集合し、みなさんの投票でグランプリが決まります。当日は餅まきなどのイベントもあり、親子でたっぷりと楽しめます。


柏崎 |「さけ豊漁まつり」体験して、味わって、サケにふれるイベント

柏崎 |「さけ豊漁まつり」体験して、味わって、サケにふれるイベント

柏崎市は海と山に囲まれた自然が豊かな地域。市内を流れる谷根川は秋になると数多くのサケが遡上します。そんなサケの豊漁を祝って、「さけ豊漁まつり」は1986年にはじまりました。今では柏崎の秋を代表する行事のひとつになっています。2019年は11月23日と24日に開催されます。さけ豊漁まつりの見どころを紹介します。


最新の投稿


秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

全国で広がりをみせる「ブックスタート推進事業」。秋田県秋田市では、0歳児とその保護者を対象に絵本の読み聞かせを定期開催し、絵本をプレゼントする子育て支援事業のひとつとして推進されています。無料で参加できるので、赤ちゃんのはじめての絵本選びや読み聞かせの参考にしてみてくださいね。


名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

宮城県名取市の「カフェ モーツァルト ユリイカ」は、JR名取駅と直結している「名取市図書館」併設のカフェ。日差しがたっぷり入り込む明るい店内で、地元食材を活かしたランチや華やかなスイーツが味わえます。カフェと同じフロアに設けられた図書館の児童コーナーには、靴を脱いでお子さんと一緒に読書が楽しめるスペースもありますよ。


奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

岩手県南部の奥州市水沢地区にある「N'CAFE」は、住宅ショールーム内に設けられたカフェ。“無添加”をキーワードにしたナチュラルな空間で、体にやさしい素材を使ったスイーツをいただけます。日によって担当シェフが替わるランチも要チェックですよ。


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)