新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年4月21日以降の記事更新をお休みいたします。
不要不急のおでかけを控え、おうちでバックナンバーをご覧いただきながら、ゆっくりお過ごしください。
 

十日町 |【ななび連載:十日町編vol.3】十日町の文化を感じるイベントへ!

十日町 |【ななび連載:十日町編vol.3】十日町の文化を感じるイベントへ!

十日町市は、雪とともに暮らしてきた地域。春は芽吹きを感じ、夏は自然豊かななかでアウトドアを楽しめ、山里が色づく秋は米どころならではのおいしいグルメを味わえます。冬の雪景色は息をのむほど美しく、四季折々の楽しみ方ができる場所です。そんな十日町を楽しめるイベントをご紹介します。


織物の街の伝統をつなぎ、春を告げる「十日町きものまつり」

「十日町きものまつり」
「十日町きものまつり2」

毎年5月3日に開催される「十日町きものまつり」は、着物の街である十日町の産業と誇りを伝える春のイベント。十日町では、同日に成人式も開催されます。

振り袖姿の新成人や、着物の貸し出しや着付けをしてくれる企画「きものの里をきもので歩こう」に参加した人々の姿で、街は華やかな雰囲気に。

「十三詣り」

当日は市街中心地が歩行者天国になり、「きもの掘り出し市」や、着物や浴衣、洋服でも参加できる「きものパーティー」、「十日町きもの女王撮影会」のほか、成人に達するための大切な時期であり、厄年にあたる13歳に健康増進と学業向上を祈願する「十三詣り」、かわいらしい稚児の衣装を着た子どもたちが練り歩く「稚児行列」などの伝統行事も行なわれます。

現代の雪まつり発祥の地で雪と親しむ「十日町雪まつり」

「十日町雪まつり」
「十日町雪まつり2」

「十日町雪まつり」は「雪を友とし、雪を楽しむ」という市民の想いから生まれた雪まつりで、70回もの開催回数を重ねています。市民が手がけた芸術性の高い雪像をはじめ、さまざまな企画が催される、真冬の十日町を彩る一大イベントです。

「おまつりひろば」

素朴で温かいおもてなしが人気の「おまつりひろば」は、市街地や山あいの集落各地で開設され、なかには雪上茶席、巨大な雪の滑り台などが楽しめる「ひろば」もあります。

街中がアート一色に!世界最大級の国際芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」

「清津峡渓谷トンネル」

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」は、3年に1度開催される世界最大級の国際芸術祭。

舞台となる越後妻有は、里山の暮らしが残っている地域です。過疎高齢化が進む日本有数の豪雪地ではありますが、もともと地域にあったものを活かし、アートを通じて価値と魅力を高め、世界に発信しています。

3年に1回だけでなく、通年で常設作品や施設を、また毎シーズンごとに開催される企画展やイベントなどの季節プログラムを楽しむことが可能です。11月までは越後湯沢駅発着のガイド&ランチ付きの日帰りツアーもオススメ。名所のひとつである「清津峡渓谷トンネル」の作品であるマ・ヤンソン/MADアーキテクツによる「Tunnel of Light」をはじめ、点在するアートを道しるべに、里山の風景をめぐる旅を楽しめます。

「花咲ける妻有」草間彌生
「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」田島征三
「Kiss & Goodbye」ジミー・リャオ

たとえば、日本を代表するアーティスト・草間彌生さんによる「花咲ける妻有」、小学校がまるごと空間絵本になった田島征三さんの「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」、台湾の人気絵本作家ジミー・リャオさんの「Kiss & Goodbye」など約200点もの作品があります。お子さんから大人まで楽しめそうですね。

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

雪原を舞台に花火で彩られる雪の世界「越後妻有 雪花火」

「越後妻有 雪花火/Gift for Frozen Village」

大地の芸術祭の冬プログラムのひとつ、冬の夜空と地上を彩る「越後妻有 雪花火/Gift for Frozen Village」もオススメ。雪原に咲く、花火と光のアートが幻想的な世界へといざないます。

「越後妻有 雪花火/Gift for Frozen Village」2
「Gift for Frozen Village」

音楽と花火が共演するミュージックスターマインのクライマックスは、冬の三尺玉が大輪を咲かせます。雪一面の世界に一瞬だけ浮かび上がる花火は、思わず感動する美しさ。雪原には光の花畑、髙橋匡太の作品「Gift for Frozen Village」が広がり、半年以上雪に埋もれたこの地に空と地上から少し早い春をお届けします。

幻想的な風景を楽しんだ後は、地元の食材をふんだんに使う、愛情のこもった屋台の温かい食事も魅力的ですよ。雪の美しさと厳しさを体感できるイベントとなっています。次回は2020年2月29日(土)に開催されます。実際に足を運んで、すてきな雪の世界を堪能してくださいね。

次回は日本三大薬湯のひとつである松之山温泉をはじめとした日帰り温泉をご紹介します。お楽しみに!

十日町市のイベントめぐりをさらに楽しむ!ななびチェック!

十日町を季節ごとに味わおう!

きものまつりに雪まつり、「越後妻有 雪花火」とイベントごとに屋台などが立ち、十日町産の米やお酒、ふのりそばなどが気軽に味わえます。大自然に育まれた食の恵みを堪能しましょう!

ツアーを利用して「大地の芸術祭」をめぐりましょう

週末を中心に、11月までガイドやランチ付きの有料ツアーがあります。見どころを押さえられ、移動も便利なのでオススメです。

冬のイベントは防寒対策をしっかりと

十日町市は日本でも有数の豪雪地帯です。寒さや積雪への対策は万全に。使い捨てカイロなども利用しましょう。

「十日町きものまつり」について詳しくはこちら
「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」について詳しくはこちら
「十日町雪まつり」について詳しくはこちら
「越後妻有 雪花火」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

日本有数の豪雪地帯の津南町で行なわれる「つなん雪まつり」は、雪の楽しさ、美しさを体験できるイベント。注目イベントはスカイランタンの打ち上げですが、ほかにも雪を使ったアトラクションや露店市などイベントが盛りだくさんです。


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

「城下町しばた全国雑煮合戦」は毎年1月に城下町・新発田市で開催されるイベント。新潟県内のみならず、全国から個性あふれるお雑煮が大集合し、みなさんの投票でグランプリが決まります。当日は餅まきなどのイベントもあり、親子でたっぷりと楽しめます。


柏崎 |「さけ豊漁まつり」体験して、味わって、サケにふれるイベント

柏崎 |「さけ豊漁まつり」体験して、味わって、サケにふれるイベント

柏崎市は海と山に囲まれた自然が豊かな地域。市内を流れる谷根川は秋になると数多くのサケが遡上します。そんなサケの豊漁を祝って、「さけ豊漁まつり」は1986年にはじまりました。今では柏崎の秋を代表する行事のひとつになっています。2019年は11月23日と24日に開催されます。さけ豊漁まつりの見どころを紹介します。


最新の投稿


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。