秋田 |「横田屋まさ」夫婦・家族でのごほうびディナーにピッタリ!秋田のうなぎ料理店

秋田 |「横田屋まさ」夫婦・家族でのごほうびディナーにピッタリ!秋田のうなぎ料理店

秋田のうまいものといえば、なにを思い浮かべますか?きりたんぽやお酒、比内地鶏などいろいろありますが、今回オススメするのは「うなぎ」です。定番の蒲焼きや白焼き、さらにはうなぎの串焼きまで楽しめる、秋田のうなぎ料理店「横田屋まさ」をご紹介します。


老舗で経験を積んだ店主による、とっておきのうなぎ料理

「横田屋まさ」は秋田市の飲食街が立ち並ぶ川反エリアの北西側、すずらん通りと川反通りの十字路にあります。お店の裏側に旭川が流れ、お店のすぐ後ろにかかる橋を渡る際に、おいしそうなうなぎの蒲焼きなどの香りがすることも。

「横田屋まさ」の隣には、1950年創業の老舗「横田屋」。「横田屋まさ」は、大学卒業後13年間「横田屋」で経験を積んだ桃園昌典さんが、老舗のこだわりを継承しつつ、自身のこだわりを取り入れたメニューを提供するため、2016年12月に開店した新しいお店です。

アットホームな雰囲気で、夫婦や家族連れにオススメ

お店に入るとまず、カウンター席と向い合せでオープンになった調理場が目に入ります。赤々と炭が燃え、奥でスタッフがうなぎの調理をしている様子を見ることができます。また、サラサラとした流水音は、うなぎの生け簀の音。ここでは生け簀にいる新鮮なうなぎを食べることができるのです。

店内はカウンターが8席、テーブル席と小上がりが各1席の計23席で、営業時間は17:00~22:00。お客さんひとりひとりのオーダーを、すぐにお伺いできるように配慮したという店内は、あえてこぢんまりとしたつくりに。

また、スタッフの方は笑顔でアットホームな接客をしてくれるので、夫婦そろっての記念日ディナーや、家族でのお祝いなどにオススメです。

生け簀のうなぎをその場で調理

「横田屋まさ」ではこだわりの国産のうなぎを使っていて、坂東太郎や共水などのブランドうなぎが楽しめます。うな重、蒲焼き、白焼き、塩焼きは、ブランドを選んで注文できるので、食べ比べをしてみて自分好みのうなぎを探してみるのもいいかもしれません。

白焼きや蒲焼きは注文が入ってから、生け簀の活きうなぎを調理するため、少し待ち時間があります。そのひとときは、どんなおいしいうなぎが食べられるのだろう…などと想像をふくらませて待ってみてくださいね。

うなぎのタレは、「横田屋」秘伝のタレをベースに、調味料にこだわっています。お米は、ササニシキ、ひとめぼれ、あきたこまち、コシヒカリをブレンドしたものを使用。ちょうどよい硬さと真っ白なお米が、うなぎのおいしさを引き立てます。

また、卵は横手市平鹿のあやめ卵と神奈川の鳳凰卵を使っていて、うなぎはもちろん、ひとつひとつの素材にこだわっています。

店主のこだわり「国産うなぎの串焼き」

「横田屋まさ」のなかでも特にオススメしたいのは、「国産うなぎの串焼き」です。串焼きは、「横田屋」では提供しておらず、「まさ」を開店することが決まったとき、桃園さんが絶対に扱いたかったメニューだそう。

うなぎの背、腹、きも、首、ひれなど、なかなか想像できないような部位を、桃園さんがそれぞれにあわせた洗い方、焼き方を考案し、提供しています。

まとめ

秋田でうなぎを食べたいときには「横田屋まさ」を選んでみてはいかがでしょう。きりたんぽ、ハタハタ、しょっつる鍋だけじゃない、意外な秋田のうまいものに出会えるかもしれません。

「横田屋まさ」について詳しくはこちら

関連する投稿


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

能代 |「ときめきマルシェ」毎回替わるテーマが楽しみな話題のイベント

秋田県能代市といえば、全国屈指のバスケットボールの強豪校があることで知られる街。そんな能代市内中心部の上町通りで行なわれるイベント「ときめきマルシェ」が、いま地元で注目を集めています。毎回工夫が凝らされたテーマに沿ってさまざまな店が出店し、能代の新たな魅力に出会えると人気なんですよ。


由利本荘 |「自然食堂パドマーニー」でカラダがよろこぶヘルシーメニューを味わおう!

由利本荘 |「自然食堂パドマーニー」でカラダがよろこぶヘルシーメニューを味わおう!

秋田県南部の日本海に面した街・由利本荘市にある「自然食堂パドマーニー」は、地元産の有機野菜を使った総菜や発酵熟成玄米が味わえるレストラン。カラダにやさしいメニューにこだわり、調味料もオーガニックのものを使っています。店内は広々としているので、お子さん連れでも安心ですよ。


男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.4】なまはげスポットをめぐろう

男鹿 |【ななび連載:男鹿編vol.4】なまはげスポットをめぐろう

男鹿といえば「なまはげ」が全国的に有名です。なまはげとは山に棲む神様の化身で、大晦日の夜に「泣ぐ子はいねがー」と叫びながら家々を回る男鹿の伝統行事。2018年の冬には「来訪神行事」のひとつとしてユネスコの無形文化遺産に登録される予定です。今回はなまはげを体験できる施設やなまはげ立像など、なまはげスポットをご紹介!


五城目 |「ただのあそび場ゴジョーメ」お子さん自身が遊びを生み出す!好奇心をくすぐるプレイスポット

五城目 |「ただのあそび場ゴジョーメ」お子さん自身が遊びを生み出す!好奇心をくすぐるプレイスポット

最近お子さんと一緒に思いきり遊べていますか?近ごろは遊びにさまざまな制約が設けられるなど、遊びの環境が以前と比べ少し窮屈になっています。そんな状況を変えようとオープンしたのが、秋田県五城目町の「ただのあそび場ゴジョーメ」。一歩足を踏み入れればワクワクが止まらない、たくさんの魅力がつまった遊び場にさっそく出かけましょう。


最新の投稿


西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

西郷村 |「セブン-イレブン白河インター店」ワインショップ顔負けの品揃えを誇るコンビニ

東北自動車道白河I.Cを降りて国道4号線を東京方面に1kmほどのところにある「セブン-イレブン白河インター店」は、ワインショップといってもいいほどワインの品揃えが豊富。それもそのはず、オーナーはソムリエ兼ワインのインポーター。しかもお値段は1,500円前後が主流とお手頃価格。今回は番外編として、パーティーシーンに大活躍のコスパワインもご紹介します。


秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田 |「なかいちウィンターパーク2018-2019」秋田県内の冬イベントが大集合!

秋田県秋田市で開催される「なかいちウィンターパーク2018-2019」は、イルミネーションや雪遊びなど、ファミリーで楽しめる体験が盛りだくさんの冬限定イベント。開催期間が長く内容も大充実と地元で評判なんですよ。今回は、そんな大人気イベントの最新情報を詳しくご紹介します。


白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

白石 |「こじゅうろうキッズランド」がオープン!宮城県内最大級の屋内遊び場

宮城県南端の街・白石市に2018年8月にオープンしたばかりの「こじゅうろうキッズランド」は、一度に260人が入場できる屋内遊び場。乳幼児から小学生まで年齢にあわせて遊べる3つのエリアに分かれていて、自由に利用できる休憩スペースも充実。オープンから2ヶ月で来場者が約2万人となり、宮城県南エリアの人気スポットになっています。


天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

天童 |「平成鍋合戦」でおいしい鍋を味わって日本一を決めよう!

毎年、冬の山形県天童市では国内最大の鍋イベントが開催されます。武器を使わずに味で勝負する平和な戦い、「平成鍋合戦」です。山形県をはじめ、東北や全国各地、さらには海外の料理も幅広く参戦。多彩な鍋を食べ比べ、お気に入りに投票して、初冬の一日をおいしく楽しく過ごしてみてはいかがでしょう。


南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

南魚沼 |南魚沼プロジェクト「本気丼2018」コシヒカリ×地元食材×地元料理人の“本気”なうまさを味わう!

ツヤツヤと美しい粒と噛むほどにうま味と香りを口いっぱいに堪能できる「南魚沼産コシヒカリ」。日本一おいしいとも言われるこの米を主役にした南魚沼市独自のプロジェクト「本気丼2018」が今年も開催中です。4度目の開催となる2018年は、66杯の本気丼が登場。その土地ならではの美味や料理人たちの趣向を凝らした1杯を味わってみませんか?