新型コロナウイルス感染症の影響により、「ななび」に掲載しているスポットやイベントなどの
開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。
おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。
 

小坂 |「小坂・鉄道まつり2019」貴重な列車に出会える鉄道イベントへ行こう!

小坂 |「小坂・鉄道まつり2019」貴重な列車に出会える鉄道イベントへ行こう!

秋田県鹿角郡小坂町にある「小坂鉄道レールパーク」は、廃線になった小坂鉄道の設備や車両を見学できる複合施設。毎年10月14日の「鉄道の日」には「小坂・鉄道まつり」が行なわれ、鉄道ファンやファミリーで賑わいます。2019年は10月13日(日)・14日(月・祝)に開催予定。秋の行楽にぴったりのイベントに出かけましょう。


駅舎や看板が懐かしい雰囲気を再現

「小坂鉄道レールパークの様子」

「小坂鉄道レールパーク」は、東北自動車道小坂ICから車で約3分のところにあります。2009年に惜しまれつつ廃線となった小坂鉄道の線路と設備を利用した“観て・学んで・体験できる”レール遊びの複合施設として、2014年6月にオープンしました。

「鉄道の日」がある10月には「小坂・鉄道まつり」が開催され、毎年多くの鉄道ファンやファミリーが訪れます。現役を引退した貴重な車両を見学できたり、観光トロッコやレールバイクの乗車体験、ラッセル車の走行撮影会など、大人からお子さんまで楽しめます。

「駅舎」

小坂鉄道は1909年に設立され、同時に拠点となる駅舎も建設されました。現在の駅舎やプラットホームは国の登録有形文化財に指定されていて、小坂鉄道レールパークの受付でもある待合室や引き戸の入り口、駅に掲げられた「こさか」のプレートなどは、なんと営業当時のもの。懐かしい時代にタイムスリップしたような気分になれます。

貴重な列車の見学プログラムに参加しよう

「機関車庫見学ツアー」

受付を済ませてなかへ進むと、現在ではあまり見られない歴史的に貴重な車両がたくさん保存されています。車両の整備・保管をしている機関車庫をめぐる「機関車庫見学ツアー」では、普段は公開していない場所もガイドの解説を聞きながら見学できるので必見です。

ほかにも、砕石に見立てたカラーボールを散布する様子が見られる「ホッパー車操作見学」や、除雪作業に使われる「ラッセル車動作見学」など、イベントでしか体験できないプログラムも多数開催予定。日程や運行時間はプログラムによって異なるので、お目当てのものを見逃さないように出かける前に確認しましょう。

「ブルートレインあけぼの」

パーク内には、ピカピカの青い車体がひときわ目をひく列車があります。上野駅と青森駅を東北本線・上越線・羽越本線・奥羽本線等経由で結び、2015年に役目を終えたJR東日本の寝台特急「あけぼの号」です。現在は修復を施し「ブルートレインあけぼの」として保存。夜間は予約制の宿泊施設として利用されています。

小坂・鉄道まつりでは、車内見学(13日)や駅構内を往復する乗車体験(14日)ができるので、当時のままの雰囲気を感じながら、寝台や設備をじっくり見てまわれます。13日には、小・中学生向けに人数限定で車内放送体験も実施予定。体験時間が決まっているので、事前に確認しましょう。

小さいお子さんが夢中になれる企画も!

「小坂鉄道レールパークの様子2」

小坂・鉄道まつりでは、車両見学のほかにも楽しい体験が盛りだくさん。線路を実際に走行できる乗り物には、足で漕いで運転する「レールバイク」と、係員の運転でのんびり景色を楽しめる「観光トロッコ」(13日のみ体験可能)があります。お子さんの好みや年齢に合わせて乗車してみてくださいね。

鉄道のおもちゃで自由に遊べる無料のコーナーも登場。小さなお子さんも夢中になって楽しめますよ。

「小坂鉄道レールパークの様子3」

イベントに来たら忘れてはいけないのがおみやげですよね。パーク内では、小坂鉄道の車両がプリントされたクリアファイル、組み立て式ペーパークラフト、駅名標型ストラップなど、ここでしか手に入らないグッズを多数販売。帰る前にチェックしてみましょう。

10月14日の鉄道の日に合わせて開催される、小坂・鉄道まつり。山々に囲まれた自然豊かな場所にある小坂鉄道レールパークで、レトロな駅舎や貴重な車両の歴史などを学んで体験し、心に残る思い出をつくりましょう。

「小坂・鉄道まつり2019」を1日中満喫する!ななびチェック!

カメラをもって出かけよう

パーク内は写真撮影ができるので、車両や建物と記念撮影するのがオススメ。

各種体験には別途料金が必要なものもあります

「レールバイク」や「観光トロッコ」などの体験には、入園料のほかに料金が必要です。事前にホームページで確認しましょう。

周辺施設も一緒に楽しもう

小坂鉄道レールパークに加え、周辺にある明治時代の芝居小屋「康楽館」と小坂鉱山の資料館「小坂鉱山事務所」の入館券がセットになった「三館共通入館券」があり、お得に見てまわれます。

「小坂・鉄道まつり2019」について詳しくはこちら

関連する投稿


秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

全国で広がりをみせる「ブックスタート推進事業」。秋田県秋田市では、0歳児とその保護者を対象に絵本の読み聞かせを定期開催し、絵本をプレゼントする子育て支援事業のひとつとして推進されています。無料で参加できるので、赤ちゃんのはじめての絵本選びや読み聞かせの参考にしてみてくださいね。


由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

標高2,236メートルの鳥海山の自然に恵まれた、秋田県由利本荘市にある「鳥海山 木のおもちゃ美術館」。国登録有形文化財の廃校を利用した館内では、由利本荘産の木材のおもちゃで遊びながら、木の魅力と文化にふれることができます。赤ちゃんからお年寄りまで多世代で楽しめるとあって、2018年のオープン以来人気を集めています。


横手 |「小松屋本店」本物のような幼虫チョコレートが人気の菓子店

横手 |「小松屋本店」本物のような幼虫チョコレートが人気の菓子店

秋田県横手市にある菓子店「小松屋本店」。こちらで販売されている「カブトムシの幼虫チョコレート」は、そのリアルな見た目が県内外で話題となっています。昔ながらの製法で手づくりするアイスキャンディーやイートインメニューなども種類豊富にそろっているので、お気に入りのスイーツを探してみませんか?


秋田 |「nico」焼きたてのパンケーキが人気!ファミリーでくつろげるカフェ

秋田 |「nico」焼きたてのパンケーキが人気!ファミリーでくつろげるカフェ

夏の「秋田竿灯まつり」で有名な秋田市の中心街に、朝から元気に営業しているカフェ「nico」があります。素材と盛り付けにこだわったパンケーキをはじめ、手づくりのメニューとおしゃれなインテリアが評判で、多くのお客さんから人気を集めています。おいしいスイーツと淹れたてコーヒーで、癒やしの時間を過ごしましょう。


湯沢 |「犬っこまつり」雪国で400年続く伝統の小正月行事

湯沢 |「犬っこまつり」雪国で400年続く伝統の小正月行事

秋田県湯沢市は、積雪期間が年間100日以上あり、街全域が特別豪雪地帯になっている雪国。そんな厳しい寒さが続く冬の湯沢で、毎年2月に行なわれるお祭りが「犬っこまつり」です。お祭りが開催される2日間、街には犬の雪像と雪のお堂が並び、冬の寒さをやわらげるようなあたたかな光景がつくりだされます。


最新の投稿


秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

全国で広がりをみせる「ブックスタート推進事業」。秋田県秋田市では、0歳児とその保護者を対象に絵本の読み聞かせを定期開催し、絵本をプレゼントする子育て支援事業のひとつとして推進されています。無料で参加できるので、赤ちゃんのはじめての絵本選びや読み聞かせの参考にしてみてくださいね。


名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

宮城県名取市の「カフェ モーツァルト ユリイカ」は、JR名取駅と直結している「名取市図書館」併設のカフェ。日差しがたっぷり入り込む明るい店内で、地元食材を活かしたランチや華やかなスイーツが味わえます。カフェと同じフロアに設けられた図書館の児童コーナーには、靴を脱いでお子さんと一緒に読書が楽しめるスペースもありますよ。


奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

岩手県南部の奥州市水沢地区にある「N'CAFE」は、住宅ショールーム内に設けられたカフェ。“無添加”をキーワードにしたナチュラルな空間で、体にやさしい素材を使ったスイーツをいただけます。日によって担当シェフが替わるランチも要チェックですよ。


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)