雫石 |「元祖!しずくいし軽トラ市」軽トラックが並ぶユニークな屋外マーケット

雫石 |「元祖!しずくいし軽トラ市」軽トラックが並ぶユニークな屋外マーケット

毎年5月~11月の第1日曜に、岩手県雫石町の「雫石よしゃれ通り商店街」で開催される「元祖!しずくいし軽トラ市」。470メートルの通りを埋め尽くすように、新鮮な野菜やフルーツ、海産物、クラフト雑貨などを積んだ軽トラックがずらりと並びます。ショッピングはもちろん、お子さんが楽しめるワークショップもありますよ。


「元祖!しずくいし軽トラ市」ってどんなイベント?

「しずくいし軽トラ市の様子」

「元祖!しずくいし軽トラ市」は、毎年5月~11月の第1日曜日に雫石町で開催される屋外マーケット。2005年にスタートし、2019年6月で第100回を迎えました。

採れたての農作物や加工品を会場まで軽トラックで運び、荷台がそのままお店になるスタイルは、雫石町に農作業用の軽トラック所有者が多いことから生まれたアイデア。そのユニークな販売スタイルが評判となり、回を重ねるたびに多くの人が訪れ、1回の開催で来場者が5,000人を超えることもあります。

全国の地方都市でも同じような軽トラ市が生まれ、生産者からリーズナブルに新鮮な食材を購入できると人気です。

出店者は、採れたての青果を扱う農家、蒸しガキやホタテ汁が味わえる鮮魚店、手工芸品を扱う作家、淹れたてのコーヒーが楽しめるカフェなどさまざま。地元ならではの品ぞろえは、見ているだけでワクワクします。

「犬と触れ合うお子さん」

元祖!しずくいし軽トラ市の楽しみのひとつは、出店者とのコミュニケーション。会場のあちこちで楽しそうな会話が飛び交います。生産者やつくり手と栽培方法や制作過程などについて直接会話ができるので、パパやママも興味津々。ペットショップが参加することもありますよ。

お子さんがワクワクするイベントがいっぱい!

「流しそうめんを楽しむお子さん」

お祭りのように賑わうマーケットは、ショッピングだけでなくイベントも楽しめます。地元の学生合唱団によるコンサートや町内の温泉宿泊券が当たる抽選会、夏には流しそうめんなどが行なわれ、会場がアットホームな雰囲気に包まれますよ。

「お子さん向けのイベントやワークショップ」

お子さん向けのイベントやワークショップも多く、氷柱を溶かしてなかにあるおもちゃを取るゲームや、自分だけのオリジナルスノードームをつくる工作コーナーなど、毎回工夫を凝らした企画が盛りだくさん。

会場のひとつ「雫石町まちおこしセンター しずく×CAN」には消防自動車が設置され、消火体験や記念撮影会が行なわれることも。本物の消防車が間近で見られる体験に、車好きなお子さんは大興奮!

イベントは毎回変わるので、公式ホームページで確認してみてくださいね。

オススメの立ち寄りスポットもチェック

「しずくいし軽トラ市の様子2」

元祖!しずくいし軽トラ市の開催時間は9:00~13:00。ゆっくりショッピングを満喫したあとは、「小岩井農場」でアクティビティを体験したり、「つなぎ温泉」や「鶯宿(おうしゅく)温泉」の日帰り温泉でリフレッシュしたりと、周辺観光をプラスするのもオススメ。いずれも、よしゃれ通りから車で15分ほどでアクセスできます。

「小岩井農場」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

ファミリーでショッピングとイベントが楽しめる、元祖!しずくいし軽トラ市。開店早々に商品が完売してしまう人気店もあるので、はやめに訪れてみてくださいね。

「元祖!しずくいし軽トラ市」を快適にめぐる!ななびチェック!

食べ歩きグルメを満喫

ピザやアイスクリーム、チョコバナナなど、食べ歩きグルメがいっぱい。ウェットティッシュや小さなごみ袋を持参すると便利です。

お天気対策を万全に

屋外マーケットなので、水分補給や日よけなどの防暑対策、雨具の用意をお忘れなく。

最新情報をチェック!

出店者や配置情報、イベント情報などは、公式のホームページやFacebookなどのSNSで発信しています。お出かけ前に確認しましょう。

「元祖!しずくいし軽トラ市」について詳しくはこちら
「元祖!しずくいし軽トラ市」の公式Facebookページはこちら

関連する投稿


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。


盛岡 |「BAzaR et panpantutu 盛岡店」女の子が夢見るかわいいデザインの子ども服

盛岡 |「BAzaR et panpantutu 盛岡店」女の子が夢見るかわいいデザインの子ども服

岩手県盛岡市にある「BAzaR et panpantutu 盛岡店」は、小さな女の子がときめくようなキュートな服が集まるショップ。白を基調にした明るい店内には、カラフルなチュチュスカート、リボンや花をモチーフにした飾りが付いたコート、帽子などが所狭しと並びます。出産祝いにぴったりのギフトアイテムも豊富ですよ。


久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

岩手県久慈市で行なわれる「北三陸くじ冬の市」は、海の幸が豊富な三陸沿岸地域ならではの冬の味覚を中心に、久慈の魅力をまるごと体感できるイベント。例年11月~2月に開催され、地元の特産品や選りすぐりのグルメを味わえるほか、ファミリーで楽しめる企画がいっぱいです。


奥州 |「奥州市水沢産業まつり」地元グルメを楽しめる一大イベント

奥州 |「奥州市水沢産業まつり」地元グルメを楽しめる一大イベント

岩手県奥州市で毎年10月中旬に開催される「奥州市水沢産業まつり」。旬の地場産品の販売が行なわれる、実りの秋にぴったりのイベントです。同時開催の「奥州水沢グルメまつり」には、巨大な鉄鍋で煮込む芋の子汁が登場!食欲の秋を存分に満喫できる名物イベントの内容をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。


最新の投稿


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

茅葺き屋根の街並みが美しい、福島県下郷町の大内宿。毎年2月には「大内宿雪まつり」が開催され、「1度は訪れてみたい!」と遠方にもファンが多いお祭りです。雪まつりの夜には、雪灯籠が灯り雪に覆われ白くなった茅葺き屋根を、打ち上げ花火が照らし幻想的な雰囲気に!雪国ならではの風景と、伝統行事や郷土料理が楽しめるのも魅力です。


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。


三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!