妙高 |「アパリュージョン」音楽とイルミネーションによる幻想的な世界を楽しもう!

妙高 |「アパリュージョン」音楽とイルミネーションによる幻想的な世界を楽しもう!

新潟県妙高市にあるホテル&リゾート「アパリゾート上越妙高」では、2014年からイルミネーションイベントが開催されています。2018年に「アパリュージョン」という名称になってから、光と音で構成するデジタルアートイリュージョンとして、内容も規模もパワーアップ!その魅力をご紹介します!


五感を刺激する迫力満点のイルミネーション「アパリュージョン」

「アパリュージョン」

(c)(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー/丸田あつし

夏は避暑地、秋は紅葉など四季を通じて楽しめるリゾートホテル「アパリゾート上越妙高」。日本百名山の1つ、妙高山の麓にあります。このホテルで夏から秋にかけて開催されているイベント「アパリュージョン」は、新潟県内でも人気のイルミネーションです。

アパリュージョン2019の会場は、27,000平方メートル!広大な敷地に約60万球のLED電球とともに、音と映像のコラボレーションで幻想的な世界がつくり出されます。

そんな、毎年内容も規模も工夫をこらして、多くの人を魅了する「アパリュージョン」ですが、2019年の見どころの1つが「グラウンドプロジェクションマッピング&オーロラショー」。
大型プロジェクターを使い、広大な水面に世界各地の名所が映し出されます。ダイナミックな眺めで、妙高にいながら世界を旅している気分を味わえます。

さらに、上空には幻想的な光によるオーロラショーが繰り広げられ、神秘的な世界が会場を包みこみます。

そんな、世界の絶景と天空のオーロラショーが一体になった空間づくりを手がけるのは、国内外で活躍する夜景評論家・夜景プロデューサーである、丸々もとお氏。さまざまな色のイルミネーションがきらめく幻想的な景観に見とれてしまいそうですね。

「アニマルロード」

(c)(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー/丸田あつし

そのほかにも注目したいスポットが「アニマルロード」です。

「アニマルロード」はアパリュージョンのゲートをくぐると最初に見えてくるエリア。約300メートルの坂道を歩いていくと、両脇に光輝く動物たちのオブジェと出会えます。カンガルーやしまうま、白鳥たちが鮮やかに照らされていて、驚くことに鳴き声が聞こえてくる演出も。臨場感もあり、まるでナイトサファリのような雰囲気です。

うれしいのはどの場所でもフォトジェニックな写真が撮れること。記念写真を撮りたい人にはオススメのエリアですよ。

「絶景フラワーロード」

(c)(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー/丸田あつし

色あざやかなバラで埋め尽くされた「絶景フラワーロード」は、お子さんだけではなく大人もよろこぶエリアです。

ライトアップした約23,000本のバラの花畑に、それを照らすイルミネーション。花と光の絶景コラボレーションに、うっとりしてしまいそう。

打ち上げ花火

また、アパリュージョン2019の開催期間中、毎週土曜日、お盆、特定日には打ち上げ花火が上がります。開催日はホームページをご覧ください。

9月~11月の期間は19:00から約1分30秒間、夜空を鮮やかな花火が彩ります。お子さん連れのファミリーにはちょっとだけ見て満喫できるちょうどよい時間になりそう。こんな演出もうれしいですね。

アパリュージョンだけじゃない!2019年誕生の新スポット「ひまわりコキア王国」も

「ひまわりコキア王国」

アパリゾート上越妙高の敷地面積は、なんと500万平方メートルで、東京ドーム約100個分の広さ!ここに東京ドームと阪神甲子園球場を足した大きさの約10万平方メートルの「ひまわりコキア王国」が、2019年に新しく登場しました。

世界的庭園デザイナー・石原和幸さんプロデュースで、夏には約100万本のひまわりが黄色の花を咲かせ、秋には約15万本のコキアが庭を赤く埋め尽くします。
石原さんは「英国チェルシー・フラワー・ショー」で累計11個のゴールドメダルを受賞していて「ひまわりコキア王国」は園芸好きの人からも注目されている場所なのだとか。開花情報など詳しくは施設のホームページをご覧ください。

子どもたちが遊べるスポットも満載

「こどもタイヤ広場」

ホテルにはゴルフ場やテニスコート、屋内プール(夏休み限定)をはじめサイクリングロードなど、多彩なスポーツ施設がそろいます。

お子さんたちに人気なのが「こどもタイヤ広場」です。使用済みのタイヤを利用したすべり台や、トンネルなどがあり、青空の下で思いっきり遊べます。

せっかくなら昼間から出かけ、屋外で遊んでみてはいかがですか。

宿泊して、リゾートホテルを満喫しよう!

壺風呂の露天風呂

日帰りでアパリュージョンを楽しむのもいいですが、ゆっくり満喫するなら、宿泊がオススメです。

なぜなら、アパリゾート上越妙高は温泉やスポーツ施設を備えたリゾートホテル。2018年4月には大浴場をリニューアルし、壺風呂の露天風呂が新しく誕生しました。露天風呂の目の前に広がるのは雄大な妙高山のパノラマで、ダイナミックな景色を眺めながら温泉に入れば疲れも癒やされるはず。

バイキング

また、バイキングディナーでは、和食、中華、洋食などバラエティに富んだメニューがたくさん。お子さんたちがよろこぶパフェづくりコーナーもあるんですよ。

昼間はアクティブに過ごし、夕方からは「アパリュージョン」を楽しみ、夜はホテルでリラックス。こんな過ごし方も魅力的。次のお休みはぜひアパリュージョンへ訪れてみてはいかがですか?

「アパリュージョン」をファミリーで楽しむためのななびチェック!

小学生以下のお子さんは入場料無料

ファミリーで楽しめるように、小学生以下のお子さんはアパリュージョンの入場料が無料。しかも、ひまわりコキア王国も小学生以下の入園料が無料。お財布にも優しく、何度も通いたくなりますね。

人気イベントなので、早めに出かけよう!

無料駐車場がありますが、アパリュージョンは毎年多くの人が訪れる人気イベント。混雑しているときはイルミネーション会場まで徒歩約5分の駐車場を利用することになります。小さなお子さんがいるファミリーははやめのおでかけがオススメです。

歩きやすい靴で出かけよう!

イルミネーション会場はなだらかな坂道が多いため、スニーカーなど歩きやすい靴で向かいましょう。

「アパリュージョン2019」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 |「新潟の定期市」新鮮な野菜や魚、店の人との会話も楽しい定期市

新潟 |「新潟の定期市」新鮮な野菜や魚、店の人との会話も楽しい定期市

新潟県内では、毎日どこかで定期市が開催されています。採れたての野菜や新鮮な魚介、おいしいお菓子や衣類などがそろい、まるでお宝の山のよう。お店の人からは野菜の育て方や調理方法など、ためになる話を直接聞けて、実りの多い時間を過ごせそうです。旅の途中に訪れても温かく迎えてくれるので、親子で定期市めぐりをしてみてはいかがですか?


十日町 |【ななび連載:十日町編vol.2】十日町でオススメのふのりそば店4選

十日町 |【ななび連載:十日町編vol.2】十日町でオススメのふのりそば店4選

十日町に来たらどうしても食べておきたいのが、十日町発祥の「ふのりそば」。つなぎに「布海苔(ふのり)」という海藻を使い、「へぎ」という器に盛り付けるため、「へぎそば」とも呼ばれ、とても強いコシとツルツルの喉ごしが特徴です。近年は首都圏でも人気があり、これをめあてに多くの人が訪れる「ふのりそば」についてご紹介します。


十日町 |【ななび連載:十日町編vol.1】十日町市ってどんなところ?

十日町 |【ななび連載:十日町編vol.1】十日町市ってどんなところ?

十日町市は新潟県南部に位置し、信濃川が中央を流れ、山々に囲まれた自然豊かな町。日本の原風景のような棚田やブナ林が今でも残っていて、豊かな食文化や織物などの産業を育んできました。世界が注目する大地の芸術祭や縄文文化、温泉、そして温かい人情も味わえる十日町市を紹介していきます。


新潟 |「mimi(ミミ)」子どもの靴と洋服がそろうセレクトショップ

新潟 |「mimi(ミミ)」子どもの靴と洋服がそろうセレクトショップ

新潟県新潟市にある「mimi」は、子ども靴や服を取り扱うセレクトショップ。「足に合う靴選びのお手伝い」をテーマに、赤ちゃんからキッズまで、さまざまなタイプの靴がそろっています。棚にずらりと並んだ靴や洋服など、扱う商品はどれもかわいいだけでなく、かっこいいものもいっぱい。大人サイズの洋服や雑貨もあり親子で楽しめます。キッズスペースもあり、お子さん連れも安心してショッピングができるお店です。


十日町 |「アウトランド」まるで異国!アート作品でもあるログハウス村&キャンプ場

十日町 |「アウトランド」まるで異国!アート作品でもあるログハウス村&キャンプ場

新潟県十日町市の山裾に、突然現れる異空間。まるで異国のような雰囲気が漂うキャンピングビレッジです。このログハウス群をはじめ、約3,000坪の敷地内はすべてオーナーがつくったセルフビルド王国であり、泊まれるアート作品でもあります。異国情緒漂う「アウトランド」で、大自然を満喫してみませんか?


最新の投稿


上山 |「上山市総合子どもセンター めんごりあ」親子にやさしい無料で楽しめる屋内遊び場

上山 |「上山市総合子どもセンター めんごりあ」親子にやさしい無料で楽しめる屋内遊び場

名湯・かみのやま温泉で有名な山形県上山市にある「上山市総合子どもセンター めんごりあ」。大型遊具でわんぱくに遊べるエリアと、小さいお子さんが安心して遊べるエリアに分かれた屋内遊び場です。気軽に参加できるイベントや休憩スペースも充実。しかも入館無料とあって、地元をはじめ県内外のファミリーが訪れる人気のスポットです。


新潟 |「新潟の定期市」新鮮な野菜や魚、店の人との会話も楽しい定期市

新潟 |「新潟の定期市」新鮮な野菜や魚、店の人との会話も楽しい定期市

新潟県内では、毎日どこかで定期市が開催されています。採れたての野菜や新鮮な魚介、おいしいお菓子や衣類などがそろい、まるでお宝の山のよう。お店の人からは野菜の育て方や調理方法など、ためになる話を直接聞けて、実りの多い時間を過ごせそうです。旅の途中に訪れても温かく迎えてくれるので、親子で定期市めぐりをしてみてはいかがですか?


十日町 |【ななび連載:十日町編vol.2】十日町でオススメのふのりそば店4選

十日町 |【ななび連載:十日町編vol.2】十日町でオススメのふのりそば店4選

十日町に来たらどうしても食べておきたいのが、十日町発祥の「ふのりそば」。つなぎに「布海苔(ふのり)」という海藻を使い、「へぎ」という器に盛り付けるため、「へぎそば」とも呼ばれ、とても強いコシとツルツルの喉ごしが特徴です。近年は首都圏でも人気があり、これをめあてに多くの人が訪れる「ふのりそば」についてご紹介します。


横浜町 |「湧水亭」湧き水×大豆のおいしさに夢中!老若男女を虜にする憩いの豆腐店

横浜町 |「湧水亭」湧き水×大豆のおいしさに夢中!老若男女を虜にする憩いの豆腐店

青森県上北郡横浜町の国道279号線沿いにたたずむ、豆腐茶屋「湧水亭」。この地に湧き出るお水と良質な国産大豆でつくる、こだわりのお豆腐やスイーツを販売している人気店です。平日でも多くのお客さんで賑わうお店の魅力と、リピーター続出の絶品お豆腐グルメをたっぷりとご紹介します!


登米 |「津山もくもくランド秋祭り」登米の特産品をゲットしよう!

登米 |「津山もくもくランド秋祭り」登米の特産品をゲットしよう!

「津山もくもくランド秋祭り」は、例年10月に「道の駅 津山もくもくランド」で開催されるイベントです。登米市の特産品を購入できるほか、餅つき大会やビンゴゲーム、木工体験など、お子さんがわくわくする企画がたくさん。会場となる道の駅には大型遊具が設置された公園や郷土料理を味わえる食事処もあり、ファミリーでゆっくり楽しめますよ。