新型コロナウイルス感染症の影響により、「ななび」に掲載しているスポットやイベントなどの
開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。
おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。
 

妙高 |「アパリュージョン」音楽とイルミネーションによる幻想的な世界を楽しもう!

妙高 |「アパリュージョン」音楽とイルミネーションによる幻想的な世界を楽しもう!

新潟県妙高市にあるホテル&リゾート「アパリゾート上越妙高」では、2014年からイルミネーションイベントが開催されています。2018年に「アパリュージョン」という名称になってから、光と音で構成するデジタルアートイリュージョンとして、内容も規模もパワーアップ!その魅力をご紹介します!


五感を刺激する迫力満点のイルミネーション「アパリュージョン」

「アパリュージョン」

(c)(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー/丸田あつし

夏は避暑地、秋は紅葉など四季を通じて楽しめるリゾートホテル「アパリゾート上越妙高」。日本百名山の1つ、妙高山の麓にあります。このホテルで夏から秋にかけて開催されているイベント「アパリュージョン」は、新潟県内でも人気のイルミネーションです。

アパリュージョン2019の会場は、27,000平方メートル!広大な敷地に約60万球のLED電球とともに、音と映像のコラボレーションで幻想的な世界がつくり出されます。

そんな、毎年内容も規模も工夫をこらして、多くの人を魅了する「アパリュージョン」ですが、2019年の見どころの1つが「グラウンドプロジェクションマッピング&オーロラショー」。
大型プロジェクターを使い、広大な水面に世界各地の名所が映し出されます。ダイナミックな眺めで、妙高にいながら世界を旅している気分を味わえます。

さらに、上空には幻想的な光によるオーロラショーが繰り広げられ、神秘的な世界が会場を包みこみます。

そんな、世界の絶景と天空のオーロラショーが一体になった空間づくりを手がけるのは、国内外で活躍する夜景評論家・夜景プロデューサーである、丸々もとお氏。さまざまな色のイルミネーションがきらめく幻想的な景観に見とれてしまいそうですね。

「アニマルロード」

(c)(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー/丸田あつし

そのほかにも注目したいスポットが「アニマルロード」です。

「アニマルロード」はアパリュージョンのゲートをくぐると最初に見えてくるエリア。約300メートルの坂道を歩いていくと、両脇に光輝く動物たちのオブジェと出会えます。カンガルーやしまうま、白鳥たちが鮮やかに照らされていて、驚くことに鳴き声が聞こえてくる演出も。臨場感もあり、まるでナイトサファリのような雰囲気です。

うれしいのはどの場所でもフォトジェニックな写真が撮れること。記念写真を撮りたい人にはオススメのエリアですよ。

「絶景フラワーロード」

(c)(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー/丸田あつし

色あざやかなバラで埋め尽くされた「絶景フラワーロード」は、お子さんだけではなく大人もよろこぶエリアです。

ライトアップした約23,000本のバラの花畑に、それを照らすイルミネーション。花と光の絶景コラボレーションに、うっとりしてしまいそう。

打ち上げ花火

また、アパリュージョン2019の開催期間中、毎週土曜日、お盆、特定日には打ち上げ花火が上がります。開催日はホームページをご覧ください。

9月~11月の期間は19:00から約1分30秒間、夜空を鮮やかな花火が彩ります。お子さん連れのファミリーにはちょっとだけ見て満喫できるちょうどよい時間になりそう。こんな演出もうれしいですね。

アパリュージョンだけじゃない!2019年誕生の新スポット「ひまわりコキア王国」も

「ひまわりコキア王国」

アパリゾート上越妙高の敷地面積は、なんと500万平方メートルで、東京ドーム約100個分の広さ!ここに東京ドームと阪神甲子園球場を足した大きさの約10万平方メートルの「ひまわりコキア王国」が、2019年に新しく登場しました。

世界的庭園デザイナー・石原和幸さんプロデュースで、夏には約100万本のひまわりが黄色の花を咲かせ、秋には約15万本のコキアが庭を赤く埋め尽くします。
石原さんは「英国チェルシー・フラワー・ショー」で累計11個のゴールドメダルを受賞していて「ひまわりコキア王国」は園芸好きの人からも注目されている場所なのだとか。開花情報など詳しくは施設のホームページをご覧ください。

子どもたちが遊べるスポットも満載

「こどもタイヤ広場」

ホテルにはゴルフ場やテニスコート、屋内プール(夏休み限定)をはじめサイクリングロードなど、多彩なスポーツ施設がそろいます。

お子さんたちに人気なのが「こどもタイヤ広場」です。使用済みのタイヤを利用したすべり台や、トンネルなどがあり、青空の下で思いっきり遊べます。

せっかくなら昼間から出かけ、屋外で遊んでみてはいかがですか。

宿泊して、リゾートホテルを満喫しよう!

壺風呂の露天風呂

日帰りでアパリュージョンを楽しむのもいいですが、ゆっくり満喫するなら、宿泊がオススメです。

なぜなら、アパリゾート上越妙高は温泉やスポーツ施設を備えたリゾートホテル。2018年4月には大浴場をリニューアルし、壺風呂の露天風呂が新しく誕生しました。露天風呂の目の前に広がるのは雄大な妙高山のパノラマで、ダイナミックな景色を眺めながら温泉に入れば疲れも癒やされるはず。

バイキング

また、バイキングディナーでは、和食、中華、洋食などバラエティに富んだメニューがたくさん。お子さんたちがよろこぶパフェづくりコーナーもあるんですよ。

昼間はアクティブに過ごし、夕方からは「アパリュージョン」を楽しみ、夜はホテルでリラックス。こんな過ごし方も魅力的。次のお休みはぜひアパリュージョンへ訪れてみてはいかがですか?

「アパリュージョン」をファミリーで楽しむためのななびチェック!

小学生以下のお子さんは入場料無料

ファミリーで楽しめるように、小学生以下のお子さんはアパリュージョンの入場料が無料。しかも、ひまわりコキア王国も小学生以下の入園料が無料。お財布にも優しく、何度も通いたくなりますね。

人気イベントなので、早めに出かけよう!

無料駐車場がありますが、アパリュージョンは毎年多くの人が訪れる人気イベント。混雑しているときはイルミネーション会場まで徒歩約5分の駐車場を利用することになります。小さなお子さんがいるファミリーははやめのおでかけがオススメです。

歩きやすい靴で出かけよう!

イルミネーション会場はなだらかな坂道が多いため、スニーカーなど歩きやすい靴で向かいましょう。

「アパリュージョン2019」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。


津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

津南 |「つなん雪まつり」で雪と友達になろう!

日本有数の豪雪地帯の津南町で行なわれる「つなん雪まつり」は、雪の楽しさ、美しさを体験できるイベント。注目イベントはスカイランタンの打ち上げですが、ほかにも雪を使ったアトラクションや露店市などイベントが盛りだくさんです。


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

「城下町しばた全国雑煮合戦」は毎年1月に城下町・新発田市で開催されるイベント。新潟県内のみならず、全国から個性あふれるお雑煮が大集合し、みなさんの投票でグランプリが決まります。当日は餅まきなどのイベントもあり、親子でたっぷりと楽しめます。


柏崎 |「さけ豊漁まつり」体験して、味わって、サケにふれるイベント

柏崎 |「さけ豊漁まつり」体験して、味わって、サケにふれるイベント

柏崎市は海と山に囲まれた自然が豊かな地域。市内を流れる谷根川は秋になると数多くのサケが遡上します。そんなサケの豊漁を祝って、「さけ豊漁まつり」は1986年にはじまりました。今では柏崎の秋を代表する行事のひとつになっています。2019年は11月23日と24日に開催されます。さけ豊漁まつりの見どころを紹介します。


最新の投稿


秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

全国で広がりをみせる「ブックスタート推進事業」。秋田県秋田市では、0歳児とその保護者を対象に絵本の読み聞かせを定期開催し、絵本をプレゼントする子育て支援事業のひとつとして推進されています。無料で参加できるので、赤ちゃんのはじめての絵本選びや読み聞かせの参考にしてみてくださいね。


名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

宮城県名取市の「カフェ モーツァルト ユリイカ」は、JR名取駅と直結している「名取市図書館」併設のカフェ。日差しがたっぷり入り込む明るい店内で、地元食材を活かしたランチや華やかなスイーツが味わえます。カフェと同じフロアに設けられた図書館の児童コーナーには、靴を脱いでお子さんと一緒に読書が楽しめるスペースもありますよ。


奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

岩手県南部の奥州市水沢地区にある「N'CAFE」は、住宅ショールーム内に設けられたカフェ。“無添加”をキーワードにしたナチュラルな空間で、体にやさしい素材を使ったスイーツをいただけます。日によって担当シェフが替わるランチも要チェックですよ。


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)