新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年4月21日以降の記事更新をお休みいたします。
不要不急のおでかけを控え、おうちでバックナンバーをご覧いただきながら、ゆっくりお過ごしください。
 

仙北 |「田沢湖キャンプ場」でキャンプ&アウトドアスポーツを体験!

仙北 |「田沢湖キャンプ場」でキャンプ&アウトドアスポーツを体験!

秋田県仙北市にたたずむ日本一深い湖・田沢湖。湖畔から歩いて約5分の場所にあるのが「田沢湖キャンプ場」です。雑木林に囲まれたキャンプサイトは、エメラルドグリーンに輝く田沢湖を望む絶好のロケーション。湖でのカヌーやカヤック、周辺の山や川でのトレッキングやラフティングなど、さまざまなアウトドアツアーも行なっています。


美しい田沢湖畔に整備されたキャンプ場

「美しい田沢湖畔」

東北自動車道盛岡ICから車で約1時間。国道46号から乳頭温泉郷方面へと向かうように国道341号へ右折、田沢湖畔が近づいてきたら県道60号へ折れ、しばらく進むと田沢湖東岸に位置する「田沢湖キャンプ場」に着きます。

田沢湖は秋田県内を流れる一級河川雄物川(おものがわ)水系の湖で、最大深度は423.4メートルと日本一。エメラルドグリーンに輝く神秘の湖で、田沢湖キャンプ場が整備された東岸に田沢湖遊覧船の乗り場や田沢湖レストハウスがあり、西岸には湖のシンボル・たつこ像が立っています。

テントサイトのほかにバンガローもあります

「バンガロー」

田沢湖畔の表玄関ともいわれる春山地区から、湖に沿って徒歩5分ほどで着く田沢湖キャンプ場。駐車スペースが隣接するオートキャンプサイトが10区画、森のなかに広がるフリーサイトが約100張、さらにはタイプの異なるバンガローが10棟並んでいます。

バンガローは、6畳・8畳・6畳テラス付きの3種類があり、テラスには屋根が付いていて、雨天の日でもバーベキューが楽しめます。

「ベルテント」

フリーサイトは、予約制ではなく当日受付で利用できます。駐車場に車を停め、林間のサイトスペースまで歩いていきテントを設置。オートキャンプサイトは、奥が森、手前が田沢湖を望むロケーションで、天気のよい日には田沢湖の夕景が見られることも。

場内には売店があり、バーベキューに使う薪や木炭、着火剤のほか、お菓子やカセットボンベ、電池に虫よけスプレーと、キャンプに必要なグッズがそろっていて便利です。

田沢湖エリアの自然を満喫できるアウトドアツアーも

「田沢湖アウトドアツアー」

田沢湖キャンプ場でのもう1つの楽しみが「田沢湖アウトドアツアー」。キャンプ場の管理棟を拠点に、田沢湖とその周辺の大自然を利用したアクティビティです。カヌー、カヤック、トレッキング、ラフティングなど、さまざまなアウトドアツアーが楽しめます。

4歳以上のお子さんであれば体験可能なカヤックは、ファミリーにオススメ。澄んだ水が美しい田沢湖へ漕ぎ出せば、そこはまさに別世界。湖上から見る周囲の山々の景色は、また違った印象で新鮮ですよ。

「トレッキング」

紅葉シーズンにぜひ体験したいのがトレッキング。田沢湖エリアの広大な森では、見事に育ったブナやナラの巨木が見られます。ガイドと一緒に歩きながら、色鮮やかな紅葉を楽しめるのも秋ならでは。トレッキングには半日ツアーと1日ツアーがあります。

このほか、ラフトと呼ばれるゴムボートで川を下るラフティングも人気。県内有数の清流・玉川を下るツアーで、小学生以上が参加可能です。スリル満点の川下りは、10月上旬まで開催しています。

湖の西岸にある「かたまえ山森林公園」

「かたまえ山森林公園のバンガロー」

田沢湖キャンプ場の対岸、金色に輝くたつこ像が立つ西岸エリアにあるのが「かたまえ山森林公園」です。ここには、定員4名のコテージ9棟とバンガロー6棟があり、田沢湖を眺めながらアウトドアレジャーを満喫できます。

秋田のマタギ文化を紹介する「山の幸資料館」や炭焼き体験ができる「森林学習交流館」などがあり、田沢湖キャンプ場とは異なる楽しさもありそう!

神秘の湖・田沢湖周辺の豊かな自然を満喫しながらアウトドア体験ができる田沢湖キャンプ場。気候もほどよく涼しくなる秋に、家族ででかけてみてはいかがですか?

「田沢湖キャンプ場」をもっと知ろう!ななびチェック!

石窯「トーマス」でピザやパンを焼こう

田沢湖キャンプ場にある手づくりの石窯「トーマス」はレンタルができ、窯で焼いたピザやパンは絶品。家族みんなで盛り上がれそうです。

手ぶらでのキャンプも可能!

「キャンプはしたいけれど道具がない」というファミリーには、「手ぶらセット」を利用しましょう。テントやマット、毛布、チェアなどの基本的な道具がそろっています。

カヤックツアーは11月上旬まで楽しめます

4歳以上であれば参加できるカヤックツアーは、アウトドアツアーのなかでも特にお子さんにオススメ。半日コースもあります。

「田沢湖キャンプ場」について詳しくはこちら

関連する投稿


由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

由利本荘 |「鳥海山 木のおもちゃ美術館」美しい廃校を利用したおもちゃの世界

標高2,236メートルの鳥海山の自然に恵まれた、秋田県由利本荘市にある「鳥海山 木のおもちゃ美術館」。国登録有形文化財の廃校を利用した館内では、由利本荘産の木材のおもちゃで遊びながら、木の魅力と文化にふれることができます。赤ちゃんからお年寄りまで多世代で楽しめるとあって、2018年のオープン以来人気を集めています。


横手 |「小松屋本店」本物のような幼虫チョコレートが人気の菓子店

横手 |「小松屋本店」本物のような幼虫チョコレートが人気の菓子店

秋田県横手市にある菓子店「小松屋本店」。こちらで販売されている「カブトムシの幼虫チョコレート」は、そのリアルな見た目が県内外で話題となっています。昔ながらの製法で手づくりするアイスキャンディーやイートインメニューなども種類豊富にそろっているので、お気に入りのスイーツを探してみませんか?


秋田 |「nico」焼きたてのパンケーキが人気!ファミリーでくつろげるカフェ

秋田 |「nico」焼きたてのパンケーキが人気!ファミリーでくつろげるカフェ

夏の「秋田竿灯まつり」で有名な秋田市の中心街に、朝から元気に営業しているカフェ「nico」があります。素材と盛り付けにこだわったパンケーキをはじめ、手づくりのメニューとおしゃれなインテリアが評判で、多くのお客さんから人気を集めています。おいしいスイーツと淹れたてコーヒーで、癒やしの時間を過ごしましょう。


湯沢 |「犬っこまつり」雪国で400年続く伝統の小正月行事

湯沢 |「犬っこまつり」雪国で400年続く伝統の小正月行事

秋田県湯沢市は、積雪期間が年間100日以上あり、街全域が特別豪雪地帯になっている雪国。そんな厳しい寒さが続く冬の湯沢で、毎年2月に行なわれるお祭りが「犬っこまつり」です。お祭りが開催される2日間、街には犬の雪像と雪のお堂が並び、冬の寒さをやわらげるようなあたたかな光景がつくりだされます。


横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

横手 |「横手市増田まんが美術館」マンガの世界を体感しよう!

秋田県横手市にある「横手市増田まんが美術館」は、マンガをテーマにした美術館です。原画の所蔵枚数はなんと23万枚以上!マンガファンなら一度は目にしたい名作マンガの原画を見られるとあって、国内はもちろん海外からも注目されています。


最新の投稿


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。