奥州 |「奥州市水沢産業まつり」地元グルメを楽しめる一大イベント

奥州 |「奥州市水沢産業まつり」地元グルメを楽しめる一大イベント

岩手県奥州市で毎年10月中旬に開催される「奥州市水沢産業まつり」。旬の地場産品の販売が行なわれる、実りの秋にぴったりのイベントです。同時開催の「奥州水沢グルメまつり」には、巨大な鉄鍋で煮込む芋の子汁が登場!食欲の秋を存分に満喫できる名物イベントの内容をご紹介します。


「奥州市水沢産業まつり」ってどんなイベント?

「奥州市水沢産業まつり会場」

「奥州市水沢産業まつり」は、岩手県奥州市で行なわれる秋の恒例イベント。例年10月中旬の土曜・日曜に開催され、2019年は10月12日(土)・13日(日)の2日間に開催されます。

会場は、JR水沢駅から徒歩15分ほどの場所にある水沢公園と、園内に併設する水沢体育館の2ヶ所。期間中は、野菜やフルーツといった農産品の販売を中心に、ものづくりの体験コーナーや工業品の展示など多彩なジャンルのブースが並びます。

北海道産の野菜も手に入る!フレッシュな食材を要チェック

「農産品の販売ブース」

地元のファミリーから特に好評なのが、農産品の販売ブース。奥州市内で収穫された新鮮な野菜が豊富にそろうこともあって、イベント開始と同時に大勢の買い物客で賑わいます。

また、姉妹都市である北海道長沼町の物産展も注目ブースのひとつ。ジャガイモやタマネギ、ジンギスカンなどが販売され、この物産展を目当てに訪れるリピーターも多いのだとか。

お子さんが楽しめるコーナーもあります

「建設機械の乗車体験」

奥州市水沢産業まつりでは、建設機械の乗車体験コーナーといった、お子さん向けの催しも行なわれます。2018年にはボルダリングやスラックラインの体験スペースが設置され、大人気だったそうですよ。

イベント内容の詳細は決まり次第、奥州市の公式ホームページなどで紹介されます。

郷土料理・芋の子汁をいただきます

「巨大な鉄鍋で煮込む芋の子汁」

イベントの2日目には「奥州水沢グルメまつり」を同時開催。水沢の伝統産業である鋳物づくりの技術を活かしてつくられた、直径約3.5メートル、重さ約5トンもの巨大な鉄鍋で煮込む芋の子汁がふるまわれます。その量なんと約6,000人分!里芋や鶏肉など具材のおいしさがたっぷりと染みこんだ芋の子汁を、おなかいっぱい味わいましょう。

旬のグルメを買って・食べて楽しめる奥州市水沢産業まつりに、ぜひ訪れてはいかがでしょうか。

「奥州市水沢産業まつり」のココに注目!ななびチェック!

来場時間はイベント開始直後が狙い目

目当てのブースがある場合は、はやめの来場がオススメ。人気のお店や催しはお昼時だと長蛇の列になるため、事前にスケジューリングしてからおでかけしましょう。

食べ歩きも楽しめる!

水沢公園内には、たこ焼きや焼きそばなどのグルメを味わえる屋台も並びます。ウェットティッシュや、ゴミを入れるビニール袋を持参すると便利ですよ。

大迫力のステージイベントも

例年、太鼓演奏を開催。間近で見るダイナミックな演奏に、お子さんはワクワクしてしまいそう。

「奥州市水沢産業まつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。


盛岡 |「BAzaR et panpantutu 盛岡店」女の子が夢見るかわいいデザインの子ども服

盛岡 |「BAzaR et panpantutu 盛岡店」女の子が夢見るかわいいデザインの子ども服

岩手県盛岡市にある「BAzaR et panpantutu 盛岡店」は、小さな女の子がときめくようなキュートな服が集まるショップ。白を基調にした明るい店内には、カラフルなチュチュスカート、リボンや花をモチーフにした飾りが付いたコート、帽子などが所狭しと並びます。出産祝いにぴったりのギフトアイテムも豊富ですよ。


久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

岩手県久慈市で行なわれる「北三陸くじ冬の市」は、海の幸が豊富な三陸沿岸地域ならではの冬の味覚を中心に、久慈の魅力をまるごと体感できるイベント。例年11月~2月に開催され、地元の特産品や選りすぐりのグルメを味わえるほか、ファミリーで楽しめる企画がいっぱいです。


雫石 |「元祖!しずくいし軽トラ市」軽トラックが並ぶユニークな屋外マーケット

雫石 |「元祖!しずくいし軽トラ市」軽トラックが並ぶユニークな屋外マーケット

毎年5月~11月の第1日曜に、岩手県雫石町の「雫石よしゃれ通り商店街」で開催される「元祖!しずくいし軽トラ市」。470メートルの通りを埋め尽くすように、新鮮な野菜やフルーツ、海産物、クラフト雑貨などを積んだ軽トラックがずらりと並びます。ショッピングはもちろん、お子さんが楽しめるワークショップもありますよ。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。


最新の投稿


南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

宮城県南三陸町は、県内外から観光客が集まる商店街や、旬魚をたっぷりと盛った丼が有名な街。そんな南三陸町のおみやげの定番は“モアイグッズ”!手がけるのは、モアイグッズの専門店「南三陸モアイファミリー」です。なぜ南三陸町でモアイなのか、どんなアイテムが人気なのか…、気になる疑問をリサーチします。


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

茅葺き屋根の街並みが美しい、福島県下郷町の大内宿。毎年2月には「大内宿雪まつり」が開催され、「1度は訪れてみたい!」と遠方にもファンが多いお祭りです。雪まつりの夜には、雪灯籠が灯り雪に覆われ白くなった茅葺き屋根を、打ち上げ花火が照らし幻想的な雰囲気に!雪国ならではの風景と、伝統行事や郷土料理が楽しめるのも魅力です。


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。