おいらせ |「おいらせ百石まつり」「おいらせ下田まつり」華やかな山車で豊作を祈る、秋の2大山車祭り

おいらせ |「おいらせ百石まつり」「おいらせ下田まつり」華やかな山車で豊作を祈る、秋の2大山車祭り

青森県おいらせ町で毎年9月に行なわれる「おいらせ百石まつり」と「おいらせ下田まつり」。旧百石町と旧下田町が合併して生まれた“おいらせ町”の秋祭りで、豊作や大漁、無病息災などを祈願して行なわれます。全国的にも珍しい種類の山車からさまざまな催し物まで、見どころをたっぷりとご紹介します!


「おいらせ百石まつり」約140年の伝統を誇る豪華絢爛な山車祭り

「おいらせ百石まつりの山車1」

写真提供:おいらせ町観光協会

毎年9月の第3金曜日~月曜日にかけて開催される「おいらせ百石まつり」。秋の豊作や大漁を祈願する、1880年から約140年続く歴史あるお祭りです。見どころは10台の豪華絢爛な山車による合同運行。

「虎舞」

写真提供:おいらせ町観光協会

運行が行われるお通り(往路)、お還り(復路)の日は、さまざまな演出で行列を盛り上げます。御神輿行列が練り歩き、“頭を噛まれると無病息災にご利益がある”とされる「虎舞」(写真上)や、木製の馬を腰に着け、手綱を取りながら跳ねたり体をひねったりする「駒踊り」といった激しい舞いの伝統芸能、中高生のブラスバンド、揃いの浴衣でしっとりと踊りながら歩く盆踊りの一種「流し踊り」などを披露。

最後を飾るのは華やかな山車。紙に絵つけをする津軽地方の山車とは異なり、色鮮やかな飾りや人形で立体的につくられています。なかには開閉、伸縮する仕掛けが施されているものもあり、目の前で展開される様子に思わず興奮してしまいそうですね。

山車を楽しんだ後は、さまざまなステージや催し物でわいわいしよう!

「おいらせ百石まつりの山車2」

写真提供:おいらせ町観光協会

おいらせ百石まつり期間中は、運行やパレードの終了後にさまざまなステージを開催しています。

会場となる中央公園おまつり広場では、地元高校生によるブラスバンド演奏や、警察音楽隊による演奏会、迫力ある太鼓の披露、ゲストによるステージなど、さまざまなジャンルが繰り広げられ、見どころがたくさん!

ほかにも、大ビンゴ大会やカラオケ大会など参加型の催し物で盛り上がれそう。各日とも異なる内容が行なわれるのもうれしいポイントですね。

また中日には、みなくる館駐車場でクラシックカーフェスタも開催します。4輪自動車だけでなく、3輪、2輪のバイクなど懐かしの名車が100台以上も集結。車やバイク好きのお父さんたちにはたまらない眺めになりそう。

「おいらせ下田まつり」全国でも類を見ない“生き人形”が山車に迫力と華を添える

「おいらせ百石まつりの山車3」

写真提供:おいらせ町観光協会

毎年9月の第4金曜日~日曜日に下田駅前で開催される「おいらせ下田まつり」。4つの山車組が歴史や民話などのテーマにあわせて山車を製作し、無病息災や五穀豊穣を祈るお祭りです。

百石まつりと同様に勇壮な山車が出陣するお祭りで、全国的にも珍しい「生き人形」とよばれる山車が見どころ。なんと山車の上に乗っているのは、人形ではなく本物の人!手づくりの衣装や小道具で仮装をし、役になりきってパフォーマンスをするのが特徴です。

子どもたちの元気な掛け声やにぎやかなお囃子と共に運行する山車は、生き人形ならではの繊細な動作と表情が魅力。各団体こだわりの演出に、細部まで見入ってしまいそうですね。

ロータリーを貸し切っての多彩な催し物も見逃せない!

「獅子舞」

写真提供:おいらせ町観光協会

おいらせ下田まつりが開催される3日間は、下田駅前ロータリーを貸し切って露店の出店やさまざまな催し物が行なわれます。前夜祭では、まつりばやし競演会をはじめ、ライトアップされた山車を展示。日中とは異なる妖艶な姿が見られるチャンスです。

お通り、お還りの2日間は、御神輿や獅子舞をはじめとする伝統芸能やブラスバンド演奏を披露。

また特設ステージでは、ゲストによるショーなど、催しが盛りだくさんです。

おいらせ町の秋を盛り上げる2つの山車祭り。県南地域の特徴である鮮やかな山車や生き人形、郷土芸能など地元の魅力を満喫するのはもちろん、多彩なステージや催し物でわいわいして、楽しい思い出づくりに訪れてみませんか?

祭りを楽しく過ごすために!覚えておきたいななびチェック!

交通規制に備えてルートの確認を

祭り会場周辺は交通規制がかかります。区間によって時間も異なるので、ホームページなどで事前の確認をお忘れなく。

臨時駐車場の利用が便利!

おいらせ百石まつりは「法運寺駐車場」と「三上医院西側特設駐車場」を、おいらせ下田まつりは「しもだサーモンパーク駐車場」を、無料臨時駐車場として開放します。いずれも会場まで徒歩2分~10分ほどの距離なので、アクセスも便利です。

参加型の大会は事前の申し込みが必須

おいらせ百石まつりでは、毎年恒例の仮装大会とカラオケ大会が開催されます。事前予約となりますので、詳細を確認してお申し込みください。

「おいらせ百石まつり」について詳しくはこちら
「おいらせ下田まつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!


青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.4】ご褒美にもおみやげにも映えるスイーツ店3選

青森市には、青森県産の豊富なフルーツや新鮮な卵を使用した自家製スイーツを販売しているお店がたくさんあります。今回はそのなかでも、オススメのスイーツ店を3店舗ご紹介。素材へのこだわりだけではなく見た目も華やかなスイーツを味わってみませんか。


青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森 |【ななび連載:青森編vol.3】ひとくち食べたらクセになるラーメン店

青森県青森市は100店舗以上のラーメン店が軒を連ねる激戦区!その8割以上が昔ながらの中華そばのお店で、煮干しだしをベースにしたラーメンが多く扱われています。今回は、青森県民が愛してやまない煮干しだしラーメンと、1度は食べてほしい青森のソウルフード「味噌カレー牛乳ラーメン」が食べられる2店舗をご紹介します。


むつ |「冬の下北半島 食の祭典」下北のおいしいが大集合!自慢のメニューを心ゆくまで食べつくそう

むつ |「冬の下北半島 食の祭典」下北のおいしいが大集合!自慢のメニューを心ゆくまで食べつくそう

青森県北の5市町村を指す“下北半島”のご当地グルメが1度に味わえる「冬の下北半島 食の祭典」。さまざまな地場産品を使用した郷土料理や、冬が旬のメニュー、人気グルメ店の自慢の逸品などがいただける冬の名物イベントです。お料理体験やステージショー、クイズラリーなど、お食事がより楽しくなる催し物も開催されますよ。


青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森といえば、リンゴ、ほたて…とたくさんの特産品があります。今回はそんな青森市内にある、自分で収穫して食べられる体験スポットをご紹介。収穫時期によってさまざまな食材を楽しめるので、何度訪れても楽しめますよ。


最新の投稿


魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

魚沼 |「第32回魚沼国際雪合戦」で冬の寒さを吹き飛ばそう!

新潟県でも有数の豪雪地で知られている魚沼市。市内の小出地区で開催する「魚沼国際雪合戦」は、2020年で32回目を迎えます。雪を楽しもうという発想から誕生し、地元はもちろん、県外からの参加も多数。今では魚沼市の冬を代表するイベントになっています。


下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

下郷町 |「大内宿雪まつり」フォトジェニックな雪まつりを満喫!

茅葺き屋根の街並みが美しい、福島県下郷町の大内宿。毎年2月には「大内宿雪まつり」が開催され、「1度は訪れてみたい!」と遠方にもファンが多いお祭りです。雪まつりの夜には、雪灯籠が灯り雪に覆われ白くなった茅葺き屋根を、打ち上げ花火が照らし幻想的な雰囲気に!雪国ならではの風景と、伝統行事や郷土料理が楽しめるのも魅力です。


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

大船渡 |「三陸・大船渡つばきまつり」街のシンボル・ツバキを見て、食べて、楽しめるイベント

岩手県の沿岸南部に位置する大船渡市は、ヤブツバキが自生する太平洋沿岸の北限域の地。1月下旬~4月下旬にかけて、街のあちこちで美しく咲き誇る花々を見ることができます。この時季に行なわれる「三陸・大船渡つばきまつり」は、ツバキにちなんだ催しがいっぱいのイベントです。


三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

三戸町 |「三戸名物元祖まける日」380年以上の歴史を誇る、大興奮の“お得”を満喫しよう!

青森県の南端に位置する三戸町は、縄文遺跡やさまざまな寺社や文化財が立ち並ぶ、歴史遺産があふれる町。近年では絵本のキャラクター「11ぴきのねこ」の街としても知られ、若い世代からも人気を集めています。今回はそんな三戸町で380年以上受け継がれている伝統行事「三戸名物元祖まける日」をご紹介します!