上越 |「ななび連載:上越編vol.4」ファミリーにオススメ!子どもも楽しいキャンプ場3選

上越 |「ななび連載:上越編vol.4」ファミリーにオススメ!子どもも楽しいキャンプ場3選

アウトドアはお好きですか?市街地と自然のバランスがよい上越市は、キャンプ場も豊富。その立地ならではの自然を楽しめます。今回はそのなかでも特にファミリーにオススメの市内のキャンプ場を3つご紹介。最高の景色、海水浴やアスレチック、温泉施設近くなど、子どもも大人も楽しめるキャンプ場を選びました。


「南葉高原キャンプ場」:日本海を臨む迫力の大パノラマ!

登山、スキー、海水浴など豊富なアクティビティができる「南葉高原キャンプ場」。久比岐県立自然公園にあり、南場山中腹に位置する眺望自慢のキャンプ場です。

眼下には市街地や日本海を一望する大パノラマが広がり、「大自然にいる!」気分を満喫するのに絶好のロケーション!雪解けの4月下旬から、雪が降りはじめる11月下旬までのオープンで、季節ごとに変化する美しい景色を見ようと、繰り返し訪れる方も少なくありません。

キャンプ場にはテントサイトのほかに、山小屋風のバンガロー、南葉山荘、食堂や売店があるロッジがあって過ごし方もいろいろ。キャンプを楽しむ方やハイカー、家族連れなど地元と近隣の方に幅広く利用されています。

キャンプ場からは1時間半・2時間半・3時間コースと3つの登山道が伸びているので、体力にあわせて登山にもチャレンジしてみては?

「大潟キャンプ場」:海まで徒歩1分!温泉も近い好立地

「新潟県森林浴の森100選」に選ばれた海浜公園のなかにある「大潟キャンプ場」は、海岸まで歩いて約1分の松林に囲まれた好立地なキャンプ場。

オープンは4月下旬ごろから10月上旬ごろまでと、営業期間は比較的短め。約500名を収容できる大規模なキャンプ場なため事前予約は不要です。当日申し込みでOKというのは、なにかと予定が変わりやすいファミリーにはうれしいですね。駐車場も完備しています。

施設内には幼児向けの遊具と本格的なアスレチックゾーンがあるので、大人たちも子どもに混じって大はしゃぎしましょう!シャワーは3つで水のみですが、車で5分ほどのところに日帰り温泉があるので「お風呂に入れないからキャンプはちょっと…」という方も大丈夫。

さらに「鵜の浜海水浴場」まで行けば海水浴も!キャンプでバーベキュー、海水浴、温泉でゆったり…レジャーのお楽しみを詰め込んだプランができそうですね。

「大池いこいの森」:透明度の高い池のほとりで自然を満喫!

「新潟県景勝100選」にも選ばれた景勝地・大池のほとりにあるキャンプ場。例年4月1日から11月まで無料で利用可能。予約もできますが当日利用もOKです。うれしいシャワー・トイレ完備で、さらに車で20分ほどのところに日帰り温泉「ゆったりの郷」があります。

また、車で10分で市街地なので、食料の買い出しにも困りません。事前準備の時間がとれない小さいお子さん連れファミリーは重宝しますね。
※キャンプ利用には、ビジターセンターにて受付が必要です。

キャンプ場には屋根付きの調理場があり、薪(まき)なども販売されています。大自然に囲まれてのバーベキューはファミリーの思い出づくりにもぴったり!食後は散策コースとしても親しまれる大池と小池にある遊歩道へ。家族でのんびり語らいながら散策なんて、よい休日になりそうです。

まとめ

大自然のなかで夜を過ごすキャンプは、大人はもちろん、子どもにとってもドキドキワクワクの体験。ファミリーなら、調理場などの設備がしっかりしたところを選ぶと安心です。必要なものをピックアップする準備のところから、お子さんたちと一緒に楽しんでくださいね。

「南葉高原キャンプ場」について詳しくはこちら
「大潟キャンプ場」について詳しくはこちら
「大池いこいの森」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 |「キャンプ・スキー場ガイド」

新潟 |「キャンプ・スキー場ガイド」

季節は秋、そして冬へ。寒くて外にでるのがおっくうになりがちですが、北国のお楽しみはまだまだこれから!とくにキャンプやスキー場では、家族で非日常を味わえる貴重なチャンスです。今回は、冬のレジャーを楽しめるおでかけスポットと、その付近にある温泉までご紹介します!


新潟 |「ヤスダヨーグルトY&Y GARDEN」買い物も食事も楽しめる、ヤスダヨーグルト直営ショップ

新潟 |「ヤスダヨーグルトY&Y GARDEN」買い物も食事も楽しめる、ヤスダヨーグルト直営ショップ

新鮮な生乳にこだわったドリンクヨーグルトなどの乳製品を中心に、さまざまな商品を新潟から全国へ発信している「ヤスダヨーグルト」。本社・工場の敷地内にある直営ショップには、オリジナルスイーツやフードなど、ここでしか味わうことのできないメニューでいっぱい!自然豊かな空間で、とっておきのおいしさを味わいに、でかけてみませんか?


新潟 |「紅葉ライトアップスポット探訪」幻想的な夜の紅葉狩りを楽しもう

新潟 |「紅葉ライトアップスポット探訪」幻想的な夜の紅葉狩りを楽しもう

朝晩の冷え込みが激しくなり、紅葉が少しずつ、鮮やかに色づきはじめる秋が、今年もやってきました。昼間の青空と紅葉も見応えがありますが、夜の紅葉の美しさも見逃せません。暗夜に照らし出される色とりどりの紅葉は、時間や寒さを忘れてしまうほどの絶景!幻想的な紅葉を愛でにでかけて、秋の夜長を楽しみましょう。


新潟 |「人情横丁」味と趣味の専門店が立ち並ぶ、人情あふれる商店街

新潟 |「人情横丁」味と趣味の専門店が立ち並ぶ、人情あふれる商店街

昭和の時代にタイムスリップしたかのように懐かしい。そんな気分になる商店街が新潟市の中心部にある「人情横丁」。新潟ならではの食材やお菓子、雑貨に至るまで、現在は38軒の個性豊かなお店が並び、食事ができる店もたくさんあります。人情あふれるお店の人たちとの会話は心がホッと温まりますよ。世代を超えて楽しめる横丁に寄りなれて!


新潟 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

新潟 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。お子さんを連れておでかけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


最新の投稿


仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

2017年で32回目を迎える仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」。ケヤキ並木で知られる定禅寺通が約60万球ものライトで光り輝きます。通りを歩けば、まるで瞬く星々に包まれているよう。冬の間だけのお楽しみ、仙台の街に広がる幻想的な空間へおでかけしてみませんか。


福島 |「こむこむ」図書館と入場無料の室内遊び場!親子で楽しく学べるプラネタリウムも魅力

福島 |「こむこむ」図書館と入場無料の室内遊び場!親子で楽しく学べるプラネタリウムも魅力

外遊びが制限される冬の季節。福島のママに人気で、外で遊びたいお子さんたちの強い味方が「福島市子どもの夢を育む施設 こむこむ」。施設内には子ども向けの図書館や充実した室内遊び場、プラネタリウムに、さまざまな体験イベントやワークショップ、マルシェやコンサートなど、お子さんはもちろん大人も楽しめる教育文化複合施設です。


山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

三陸の豊かな海が育んだ旨みたっぷりのカキが楽しめる季節が到来!「山田かき小屋」では2018年7月1日(日)まで、殻付きの蒸し焼きカキが制限時間内食べ放題で存分に味わえます。産地ならではの価格と野趣に富んだ雰囲気のなかで、“海のミルク”と呼ばれる濃厚なカキの旨みを贅沢に堪能しましょう。


いわき |【ななび連載:いわき編vol.2】海、山、街…いわきグルメを味わうステキなお店

いわき |【ななび連載:いわき編vol.2】海、山、街…いわきグルメを味わうステキなお店

国内有数の広さを誇るいわき市は、海、山、街と、それぞれのおいしい味覚も魅力です。今回、海の味覚は小名浜の「海鮮と鍋」、山の味覚は遠野の「自然薯麦とろろご飯」、街で国の有形文化財の蔵で味わう、手づくりのパンやケーキが好評の「カフェ」をご紹介します。地域色豊かなステキなお店で、おいしいいわきを味わいましょう。


仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

全国に9ヶ所あるキリンビール工場のひとつ「キリンビール仙台工場」。水族館やアウトレットなど、おでかけスポットが充実する仙台港エリアの一角にあります。ビールができるまでを楽しく見学したあと、ビールやジュースを試飲したり、ショップで限定グッズを入手したりと、大人もお子さんも大満足の施設です。