上越 |「ななび連載:上越編vol.4」ファミリーにオススメ!子どもも楽しいキャンプ場3選

上越 |「ななび連載:上越編vol.4」ファミリーにオススメ!子どもも楽しいキャンプ場3選

アウトドアはお好きですか?市街地と自然のバランスがよい上越市は、キャンプ場も豊富。その立地ならではの自然を楽しめます。今回はそのなかでも特にファミリーにオススメの市内のキャンプ場を3つご紹介。最高の景色、海水浴やアスレチック、温泉施設近くなど、子どもも大人も楽しめるキャンプ場を選びました。


「南葉高原キャンプ場」:日本海を臨む迫力の大パノラマ!

登山、スキー、海水浴など豊富なアクティビティができる「南葉高原キャンプ場」。久比岐県立自然公園にあり、南場山中腹に位置する眺望自慢のキャンプ場です。

眼下には市街地や日本海を一望する大パノラマが広がり、「大自然にいる!」気分を満喫するのに絶好のロケーション!雪解けの4月下旬から、雪が降りはじめる11月下旬までのオープンで、季節ごとに変化する美しい景色を見ようと、繰り返し訪れる方も少なくありません。

キャンプ場にはテントサイトのほかに、山小屋風のバンガロー、南葉山荘、食堂や売店があるロッジがあって過ごし方もいろいろ。キャンプを楽しむ方やハイカー、家族連れなど地元と近隣の方に幅広く利用されています。

キャンプ場からは1時間半・2時間半・3時間コースと3つの登山道が伸びているので、体力にあわせて登山にもチャレンジしてみては?

「大潟キャンプ場」:海まで徒歩1分!温泉も近い好立地

「新潟県森林浴の森100選」に選ばれた海浜公園のなかにある「大潟キャンプ場」は、海岸まで歩いて約1分の松林に囲まれた好立地なキャンプ場。

オープンは4月下旬ごろから10月上旬ごろまでと、営業期間は比較的短め。約500名を収容できる大規模なキャンプ場なため事前予約は不要です。当日申し込みでOKというのは、なにかと予定が変わりやすいファミリーにはうれしいですね。駐車場も完備しています。

施設内には幼児向けの遊具と本格的なアスレチックゾーンがあるので、大人たちも子どもに混じって大はしゃぎしましょう!シャワーは3つで水のみですが、車で5分ほどのところに日帰り温泉があるので「お風呂に入れないからキャンプはちょっと…」という方も大丈夫。

さらに「鵜の浜海水浴場」まで行けば海水浴も!キャンプでバーベキュー、海水浴、温泉でゆったり…レジャーのお楽しみを詰め込んだプランができそうですね。

「大池いこいの森」:透明度の高い池のほとりで自然を満喫!

「新潟県景勝100選」にも選ばれた景勝地・大池のほとりにあるキャンプ場。例年4月1日から11月まで無料で利用可能。予約もできますが当日利用もOKです。うれしいシャワー・トイレ完備で、さらに車で20分ほどのところに日帰り温泉「ゆったりの郷」があります。

また、車で10分で市街地なので、食料の買い出しにも困りません。事前準備の時間がとれない小さいお子さん連れファミリーは重宝しますね。
※キャンプ利用には、ビジターセンターにて受付が必要です。

キャンプ場には屋根付きの調理場があり、薪(まき)なども販売されています。大自然に囲まれてのバーベキューはファミリーの思い出づくりにもぴったり!食後は散策コースとしても親しまれる大池と小池にある遊歩道へ。家族でのんびり語らいながら散策なんて、よい休日になりそうです。

まとめ

大自然のなかで夜を過ごすキャンプは、大人はもちろん、子どもにとってもドキドキワクワクの体験。ファミリーなら、調理場などの設備がしっかりしたところを選ぶと安心です。必要なものをピックアップする準備のところから、お子さんたちと一緒に楽しんでくださいね。

「南葉高原キャンプ場」について詳しくはこちら
「大潟キャンプ場」について詳しくはこちら
「大池いこいの森」について詳しくはこちら

関連する投稿


南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

新潟県南魚沼市にある「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」は、持ち帰り用のケーキやスイーツの数々に加えて、イートインのカフェ、ピザやパスタなど本格的なイタリアンを味わえるショップ&レストラン。木を基調としたやさしい雰囲気のインテリアで、新潟県産・魚沼地方産の素材にこだわったラインナップが揃っています。


新潟 |「グルメまとめ」日本一の米どころからラーメン王国に!

新潟 |「グルメまとめ」日本一の米どころからラーメン王国に!

新潟県といえば、誰もが口を揃えて米どころというのではないでしょうか?そのイメージの通り、新潟県はコシヒカリを生み出し、日本一の生産量を誇る、名実ともに日本一の米どころです。でも実は、日本海側に位置する新潟県は、漁業も盛んで、バラエティー豊かなB級グルメもたくさんあります。


新潟 |「新潟市水族館 マリンピア日本海」新潟の水辺の生きものに会いに行こう!

新潟 |「新潟市水族館 マリンピア日本海」新潟の水辺の生きものに会いに行こう!

新潟県新潟市にある「新潟市水族館 マリンピア日本海」。定番のイルカショーやペンギン展示はもちろん、多彩な水の生きものと触れ合うことができるスポットです。地元の日本海に生息する生きものや、信濃川に生息する生きものをじっくり観察し、子どもたちにも大切な学びの機会としてもいかがでしょうか。


佐渡 |「アース・セレブレーション2017」で夏の佐渡を満喫!

佐渡 |「アース・セレブレーション2017」で夏の佐渡を満喫!

2017年8月18日(金)~20日(日)に開催される「アース・セレブレーション2017」。太鼓芸能集団「鼓童」による野外ライブや芝居小屋でのコンサートを中心に、ワークショップやフリーマーケットなどバラエティ豊かなイベントを体験できます。30年目を迎える今年のテーマは、「たいこのこども」です。


新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2017年新潟の夏まつりまとめ

新潟 |「新潟まつり」、「長岡まつり」…2017年新潟の夏まつりまとめ

この夏、新潟県で開催される夏まつりをピックアップしてご紹介します。8月に長岡市で行なわれる「長岡まつり」、新潟市で行なわれる「新潟まつり」、9月に新潟市北区で開催される「葛塚まつり」。観光などで初めて参加する方も、毎年参加される地元の方も、どのように楽しまれますか?


最新の投稿


南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

南魚沼 |「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」で地元食材のスイーツ&イタリアンを堪能!

新潟県南魚沼市にある「魚沼スイーツガーデン ナトゥーラ」は、持ち帰り用のケーキやスイーツの数々に加えて、イートインのカフェ、ピザやパスタなど本格的なイタリアンを味わえるショップ&レストラン。木を基調としたやさしい雰囲気のインテリアで、新潟県産・魚沼地方産の素材にこだわったラインナップが揃っています。


青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森 |「グルメまとめ」北限の地は漁師も農家もすごかった!

青森県といえば真っ先に思い浮かぶ特産物が「リンゴ」。国内生産第1位で、もはや代名詞とも呼べるほど青森を象徴する名産品です。ですが、そのほかにも青森県は十和田市のにんにくや、カシス、そして大間漁港のマグロなど、さまざまな特産品があります。また近年注目を集めているせんべえ汁など、魅力的なご当地グルメも数多くあります。


岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

岩手 |「グルメまとめ」広い土地には山海のうまいものがぎっしり!

本州一という広大な面積を誇る岩手県は、肥沃な大地と、特徴的なリアス式海岸のおかげでさまざまな農産物・海産物を収穫できます。海産物ではワカメやアワビの養殖が盛んなほか、肥沃な大地を活かした稲作や、畜産業でも近年注目を集めています。また、日本三大そばのひとつ「わんこそば」をはじめとした、バラエティーに富んだ郷土料理も魅力。


宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城 |「グルメまとめ」ササニシキに牛タン…杜の都はグルメも全国区!

宮城県は日本を代表するブランド米「ササニシキ」を生み出すなど米どころとして有名。優れた漁港もあり、海の幸も豊富でさまざまな自然の恵みをいただける地です。また、いまやすっかり仙台の代名詞となった牛タンや、すんだ餅、はらこ飯などさまざまな郷土料理も有名。ここでは宮城の「食」にまつわる情報を一挙に紹介します。


秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

秋田 |「グルメまとめ」米どころは郷土料理も米ありき?

北海道・新潟県に次ぐ、日本で3番目の米どころ・秋田県。秋田の名前を冠したブランド米・あきたこまちのイメージが強い秋田県ですが、秋田の県魚にもなっているハタハタや岩牡蠣なども有名です。きりたんぽや稲庭うどんなど、全国的に名のしれた郷土料理も多く存在します。