上越 |「ななび連載:上越編vol.4」ファミリーにオススメ!子どもも楽しいキャンプ場3選

上越 |「ななび連載:上越編vol.4」ファミリーにオススメ!子どもも楽しいキャンプ場3選

アウトドアはお好きですか?市街地と自然のバランスがよい上越市は、キャンプ場も豊富。その立地ならではの自然を楽しめます。今回はそのなかでも特にファミリーにオススメの市内のキャンプ場を3つご紹介。最高の景色、海水浴やアスレチック、温泉施設近くなど、子どもも大人も楽しめるキャンプ場を選びました。


「南葉高原キャンプ場」:日本海を臨む迫力の大パノラマ!

登山、スキー、海水浴など豊富なアクティビティができる「南葉高原キャンプ場」。久比岐県立自然公園にあり、南場山中腹に位置する眺望自慢のキャンプ場です。

眼下には市街地や日本海を一望する大パノラマが広がり、「大自然にいる!」気分を満喫するのに絶好のロケーション!雪解けの4月下旬から、雪が降りはじめる11月下旬までのオープンで、季節ごとに変化する美しい景色を見ようと、繰り返し訪れる方も少なくありません。

キャンプ場にはテントサイトのほかに、山小屋風のバンガロー、南葉山荘、食堂や売店があるロッジがあって過ごし方もいろいろ。キャンプを楽しむ方やハイカー、家族連れなど地元と近隣の方に幅広く利用されています。

キャンプ場からは1時間半・2時間半・3時間コースと3つの登山道が伸びているので、体力にあわせて登山にもチャレンジしてみては?

「大潟キャンプ場」:海まで徒歩1分!温泉も近い好立地

「新潟県森林浴の森100選」に選ばれた海浜公園のなかにある「大潟キャンプ場」は、海岸まで歩いて約1分の松林に囲まれた好立地なキャンプ場。

オープンは4月下旬ごろから10月上旬ごろまでと、営業期間は比較的短め。約500名を収容できる大規模なキャンプ場なため事前予約は不要です。当日申し込みでOKというのは、なにかと予定が変わりやすいファミリーにはうれしいですね。駐車場も完備しています。

施設内には幼児向けの遊具と本格的なアスレチックゾーンがあるので、大人たちも子どもに混じって大はしゃぎしましょう!シャワーは3つで水のみですが、車で5分ほどのところに日帰り温泉があるので「お風呂に入れないからキャンプはちょっと…」という方も大丈夫。

さらに「鵜の浜海水浴場」まで行けば海水浴も!キャンプでバーベキュー、海水浴、温泉でゆったり…レジャーのお楽しみを詰め込んだプランができそうですね。

「大池いこいの森」:透明度の高い池のほとりで自然を満喫!

「新潟県景勝100選」にも選ばれた景勝地・大池のほとりにあるキャンプ場。例年4月1日から11月まで無料で利用可能。予約もできますが当日利用もOKです。うれしいシャワー・トイレ完備で、さらに車で20分ほどのところに日帰り温泉「ゆったりの郷」があります。

また、車で10分で市街地なので、食料の買い出しにも困りません。事前準備の時間がとれない小さいお子さん連れファミリーは重宝しますね。
※キャンプ利用には、ビジターセンターにて受付が必要です。

キャンプ場には屋根付きの調理場があり、薪(まき)なども販売されています。大自然に囲まれてのバーベキューはファミリーの思い出づくりにもぴったり!食後は散策コースとしても親しまれる大池と小池にある遊歩道へ。家族でのんびり語らいながら散策なんて、よい休日になりそうです。

まとめ

大自然のなかで夜を過ごすキャンプは、大人はもちろん、子どもにとってもドキドキワクワクの体験。ファミリーなら、調理場などの設備がしっかりしたところを選ぶと安心です。必要なものをピックアップする準備のところから、お子さんたちと一緒に楽しんでくださいね。

「南葉高原キャンプ場」について詳しくはこちら
「大潟キャンプ場」について詳しくはこちら
「大池いこいの森」について詳しくはこちら

関連するキーワード


新潟県 上越 上越 連載

関連する投稿


新潟 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

新潟 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。お子さんを連れておでかけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


新潟 |「レールフェスタ in にいつ」「にいつ鉄道まつり」子どもから大人まで楽しめる、「鉄道イベント」に行こう

新潟 |「レールフェスタ in にいつ」「にいつ鉄道まつり」子どもから大人まで楽しめる、「鉄道イベント」に行こう

新潟市秋葉区は、山手線をはじめ、首都圏を走る多くの電車がつくられ、鉄道の街として知られてきました。この街で開催されるのが、鉄道ファンなら見逃せない、年に一度だけ開催される鉄道イベントです。毎年10月上旬に行なわれ、2017年は10月7日に開催。大勢の鉄道好きで賑わうイベントに出かけてみませんか。


新潟 |「潟マルシェ」自然にあふれた、オシャレなマルシェ

新潟 |「潟マルシェ」自然にあふれた、オシャレなマルシェ

新潟市の鳥屋野潟公園の一角で、5月~10月の第3日曜日に開かれる「潟マルシェ」。新潟市内の飲食店によるこだわりフード、自然栽培の野菜、クラフト雑貨の店などが20~30軒ほど並びます。ガーランドが彩るオシャレな林の中は、訪ねるだけでワクワク!食べる、遊ぶ、ワークショップを通じて、鳥屋野潟の水辺の魅力に触れてみませんか。


燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

燕 |「momo」かわいい&リーズナブルな子ども服屋さん

できれば子どもにはかわいい洋服を着せたいもの。でもかわいい洋服ほど高いと思っていませんか。そんなママにオススメなのが、新潟県燕市にある「momo」。国内外のベビー&キッズ服を集めた小さなセレクトショップですが、並ぶ商品はどれもオシャレでリーズナブル!「ほかにはない服を探したい!」というママはぜひ足を運んでみて。


新潟 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

新潟 |「夏のレジャー・おでかけガイド」

いよいよ夏本番!抜けるような青空の下、お子さんと一緒におでかけするのにピッタリなシーズンがやってきました。この機会に、まだ足を運んだことのないさまざまなスポットに行ってみませんか?思い出づくりはもちろんのこと、絵日記や自由研究など、お子さんの夏休みの宿題にも役立つはず!この夏、家族で行きたいスポットをご紹介します。


最新の投稿


秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

毎日子育てをがんばっているママのお楽しみは、おいしいものを食べたり、ママ友とおしゃべりに花を咲かせたりという、何気ない時間。ママも子どもも、ときには外に出てリフレッシュしたいですよね。一方で、「子連れでカフェに行くのは…」と不安な方も多いのでは。今回紹介する「CHERISH CAFÉ」はそんなママたちの心強い味方です。


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

福島県河沼郡湯川村に、会津坂下町との2町村が共同で整備する日本初の道の駅「道の駅あいづ」があります。会津地方のちょうど中心に位置し、会津地域の新鮮な農産物や食料品、メイドイン会津の逸品が揃います。観光の方はもちろん、地域住民のお買い物にも人気で、週末はイベントの開催など地域内外の人々との交流の場にもなっています。


金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山町は、ここでしか食べられない絶品グルメの宝庫!金山町でしか取れない「奥会津金山赤カボチャ」や「アザキ大根」など、珍しくておいしい特産品を使ったグルメは必見です。遠方からのファンも多い人気のB級グルメや、懐かしいパンとケーキをその場で気軽に味わえるパン屋さんなど…今回はそんな魅力いっぱいの金山グルメをご紹介します。


大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

宮城県の内陸北部に位置する鳴子温泉郷。その西部にある大渓谷「鳴子峡」は、見渡すかぎり極彩色の大パノラマが広がる、東北有数の紅葉スポットです。例年10月下旬から11月上旬に見頃を迎えるので、秋のおでかけにぴったり。自然美を満喫したあとは、レトロな温泉街を散策して、日帰り入浴やご当地グルメを楽しみましょう。