耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


観光客からも地元の人からも愛されるくつろぎのカフェ

ヒロのお菓子やさん外観

山々に囲まれ、自然が豊かな裏磐梯。春は新緑、夏は深緑、秋は紅葉、冬は銀世界と、四季折々の大変美しい景観が臨める地域です。「ヒロのお菓子屋さん」は、そんな裏磐梯の森のなか、ペンション村の一角にあります。

ヒロのお菓子やさん店内

店内には靴を脱いで入るので、小さなお子さんが歩き回っても大丈夫。窓いっぱいに広がる大自然を眺めながら、ゆったりとくつろぎの時間が過ごせます。

週末や休日は満席になることが多く、人気のスイーツは完売してしまうことも。お目あてのスイーツがあったり、ゆっくりと過ごしたい方は、平日の訪問がオススメです。

名物「花豆もんぶらん」や、地元食材を使用した手づくりスイーツたち

ヒロのお菓子屋さんのスイーツは、地元食材を積極的に使っています。地域繁栄の願いと、「安心安全でおいしいものを食べて笑顔になってもらいたい」という想いをこめて、オーナーの奥さまがひとつひとつ手づくりされているのです。

花豆もんぶらん

ヒロのお菓子屋さんで特に人気なのが、裏磐梯の名物スイーツとも呼ばれている「花豆もんぶらん」。こちらをお目あてに毎日たくさんの人が訪れています。

地元の特産品「花豆」をふんだんに使い、見た目も味もどことなく和菓子のよう。ふわっと香る花豆の風味に、1口食べるごとに笑みがこぼれてしまいそう。

花豆もんぶらん

モンブランの上だけではなく、なかにも大粒の花豆がかくれているところがまたうれしいですね。

ヒロのお菓子やさんのスイーツ

「花豆もんぶらん」以外にも、根強いファンのいるスイーツがまだまだあります。

たとえば、大塩裏磐梯温泉の温泉水を煮詰めて山から採れる塩「山塩」を使ってつくる「ガトー塩っこら」をはじめ、夏いちごを使ったスイーツ、地元会津のりんごがたっぷり味わえる「タルトタタン」など。

季節ごとに新メニューも登場するので、いろいろ試してみてくださいね。

マスター自慢の特製ランチフードメニューも要チェック!

ヒロの特製カレー

お店の名前は“お菓子屋さん”ですが、実はフードメニューもオススメ!
10種類以上のスパイスと骨付き国産若鳥を煮込んだ「ヒロの特製カレー」やホットサンド、ニョッキやボロネーゼなどのランチメニューも好評です。

会津味噌のボロネーゼ

こちらは、もちもちとした生パスタに、会津味噌が入ったボロネーゼがからめられていて、コクのある和風の味わいが楽しめる「会津味噌のボロネーゼ」。

きのこクリームソースのニョッキ

さらにこちらは「きのこクリームソースのニョッキ」。かぼちゃとじゃがいもの2種のニョッキが味わえてオススメです。

大自然に囲まれながら、満天の星が望めるペンションも!

ペンション

ヒロのお菓子屋さんは、素泊まりのペンションも併設!お手頃な金額で宿泊でき、ウェルカムドリンクとお好きなスイーツがいただけます。
裏磐梯の大自然に包まれて、鳥たちのさえずりを聞きながら、日頃の疲れをのんびりと癒やしませんか?

ヒロのお菓子屋さんのフードメニュー

宿泊特典として、ヒロのお菓子屋さんのフードメニュー料金が2割引きになります。宿泊者は21:00まで利用できるので、夕食はヒロのお菓子屋さんでフードメニューをいただくのもよさそうです。

子連れでも、おしゃれなカフェでおいしいスイーツをいただきながらのんびりしたいときにぴったり!ぜひファミリーで遊びに行ってみてくださいね。

「ヒロのお菓子屋さん」をもっと知りたい!ななびチェック!

ヒロのお菓子屋さん 剣ヶ峯テイクアウト店も要チェック

猪苗代や裏磐梯の観光スポットから近く、便利な立地にあるのが、ヒロのお菓子屋さんの剣ヶ峯テイクアウト店。テイクアウト店ですがイスもあり、挽きたてのコーヒーも販売しているので、スイーツを食べながらちょっと休憩するのにオススメです。

オリジナルハーブティーはいかが?

裏磐梯には「バンディアハーブガーデン」というハーブガーデンがあります。こちらにはヒロのお菓子屋さんをイメージしてつくっているオリジナルハーブティーが。季節ごとにフレーバーが変わるので、飲み比べてみてくださいね。

お目あてのスイーツがあれば、予約をしてから訪れましょう

人気のスイーツは、はやめに売り切れてしまう日もあります。事前に電話で予約をしてからお出かけしましょう。

「ヒロのお菓子屋さん」について詳しくはこちら
「バンディアハーブガーデン」について詳しくはこちら

関連する投稿


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山 |「モーニング」全国的にも珍しいヨーグルト専門店で身も心もハッピーに!

郡山市に本店があるヨーグルト専門店「モーニング」。旬を迎えた果実をたっぷり使ったオリジナルヨーグルトとデザートが人気を呼び、毎日のデザートや特別な日のプレゼントとして、長きにわたり大変愛されているお店です。


郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

郡山市 |「AMEKAZE」“ローカル”に特化した食のセレクトショップ

黒を基調としたシンプルなたたずまいが特徴的な、グローサリーマーケット「AMEKAZE」。カーショップのようなスタイリッシュな外観ですが、店内には地元の名産物をはじめ、各地のおいしいものがずらりと勢ぞろい。おみやげやプレゼント選びにもピッタリなお店です。



最新の投稿


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。