盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。


人と馬が一緒に住む南部曲り家が残る「南部曲り家ゾーン」

南部曲り家

東北自動車道盛岡ICから車で約10分。国道46号線を秋田方面へ進み、案内板に従って左折すると、まもなく「盛岡手づくり村」が見えてきます。

まず訪れたいのが、奈良時代から名馬の産地として知られた岩手の歴史を伝える「南部曲り家ゾーン」。この地方を治めた南部氏が馬産に力を注いだこともあり、南部藩では農耕馬も家族同様に大切に育てられたといいます。その歴史を物語るように、人と馬が一緒に住む南部曲り家が多く建てられるようになりました。

盛岡手づくり村に移築された南部曲り家は、150年以上前に建てられた雫石町の柳原家から寄贈されたもの。豪壮な茅葺き屋根、土間や厩(うまや)も当時のまま残されています。かつての農家の暮らしを知るうえで、とても興味深い建物ですね。

「手づくり工房ゾーン」で手焼きした南部せんべいを味わおう

「盛岡せんべい店」煎餅焼き体験

「手づくり工房ゾーン」には、岩手県内の伝統工芸の職人、10業種14の工房が集まっています。各工房でさまざまな制作体験ができますが、定番の手焼き体験を行なっているのが「盛岡せんべい店」。まず、せんべいの生地を丸くこね、それを型に入れて焼きます。そして、台で型を変えたら3分ほどで焼き上がり、その場でおいしい焼きたてを味わえます。

「みちのく工房」絵付け体験

木地玩具を扱う「みちのく工房」では、盛岡で200年以上続く行事「チャグチャグ馬コ」の木地玩具の絵付け体験ができます。盛岡の初夏の風物詩として知られるチャグチャグ馬コは、美しく着飾った100頭ほどの馬がお子さんを乗せて、14キロメートルの道のりを行進する祭り。チャグチャグ馬コの人形を、自分好みにかわいく仕上げてみてくださいね。

「チャグチャグ馬コ」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

盛岡三大麺の1つ「盛岡冷麺」を自分でつくろう!

「ぴょんぴょん舎冷麺工房」盛岡冷麺の手づくり体験(釜で茹で)

「盛岡冷麺」は、盛岡三大麺に数えられる人気のご当地麺。手づくり工房ゾーンには、盛岡を代表する冷麺店「ぴょんぴょん舎」のキムチやスープを製造している工場があるんです。ガラス越しに製造工程を見学できるほか、盛岡冷麺の手づくり体験もできますよ。

「ぴょんぴょん舎冷麺工房」盛岡冷麺の手づくり体験(盛り付け)

盛岡冷麺の手づくり体験は、生地づくりからスタートします。小麦粉にでんぷんと熱湯を入れて、自分の体重をかけながら7~8分力強く練ると生地が完成します。この生地を製麺機に入れると、ところてんのように生地が麺の形状となって押し出されます。

あとはそのまま熱湯でゆでて冷水で締めれば、麺のできあがり。自分好みにお皿に盛り付け、ぴょんぴょん舎特製のスープを注げば、まるでお店で食べるような盛岡冷麺の完成です。そのまま試食ができますよ。

岩手県内各地のおみやげが一堂にそろう「盛岡地域地場産業振興センター」

盛岡地域地場産業振興センター

「盛岡地域地場産業振興センター」の1階には、盛岡をはじめ岩手県内の工芸品やおみやげを販売するショップがあります。南部せんべいや盛岡三大麺、岩手の地酒や漬け物、小岩井農場の乳製品など、実に4,000種類ものアイテムがそろいます。手づくり体験をしたあと、おみやげ選びに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

「盛岡手づくり村」をもっと知ろう!ななびチェック!

オリジナルアイスが人気の喫茶コーナー

館内の喫茶コーナー「手づくり村マルシェ」では、南部せんべいとジェラートを組みあわせた「なんじぇら?」というオリジナルアイスが好評です。

夏休み限定のハンドクラフト教室

毎年、学校の夏休み期間にあわせて開催されるのが「夏休みハンドクラフト教室」。とんぼ玉やまゆ細工など普段、施設にはない工芸の制作体験ができますよ。

遊びながら散策できる手づくり工房ゾーン

手づくり工房ゾーンにある南部鉄器の工房の近くには、ベーゴマで遊べるコーナーがあります。昔懐かしい遊びに、お子さんはもちろん大人も夢中になってしまいそうですね。

「盛岡手づくり村」について詳しくはこちら

関連する投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

伝統行事や古い食文化が残る岩手県久慈市山根町。「山根六郷水車市」は地元を代表するイベントで、会場は地域のシンボルである水車が建つ「桂の水車広場」です。特産の雑穀を使っただんごや餅など、地元の味をたっぷり味わいましょう。11月開催の「水車まつり」では餅つき大会が行なわれ、つきたてのあわ餅が無料で振る舞われます。


紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

紫波 |「紫波フルーツパーク」でぶどう畑に囲まれた食育体験を

岩手県盛岡市の南部に位置する紫波(しわ)町は、ぶどうやりんごなどフルーツの栽培が盛ん。そんな紫波町にある「紫波フルーツパーク」は、地元のぶどうを使ったワイナリーの見学や、食の手づくり体験などが楽しめる農業公園です。手づくり体験を通して、ファミリーで農業や食に親しんでみませんか?




最新の投稿


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。