鹿角 |「花輪ばやし」華やかな屋台が夜の街を彩る夏の祭典

鹿角 |「花輪ばやし」華やかな屋台が夜の街を彩る夏の祭典

秋田県鹿角市で行なわれる「花輪ばやし」。地元で信仰される神様を祀った幸稲荷神社にお囃子を奉納する、江戸時代から伝わる祭りです。壮麗な屋台と賑やかなお囃子が連なるパレードや、全町内会の屋台が駅前広場にそろい人々が円陣を組んでお囃子を奏でる「駅前行事」は大迫力。花輪の夏を派手に締めくくる伝統行事を楽しみましょう。


進化しながら続いてきた花輪伝統の祭り「花輪ばやし」

花輪にある10の町内会が率いる屋台とお囃子のパレード

秋田県北部に位置する鹿角市花輪で、毎年8月19日・20日に行なわれる夏の伝統行事「花輪ばやし」。地元で信仰されている守り神「産土神(うぶすな)さん」を祀った幸稲荷(さきわいいなり)神社にお囃子を奉納する、古くから続く祭りです。大町や船場元町といった花輪にある10の町内会が率いる屋台とお囃子のパレードや、屋台がずらりと並ぶ「駅前行事」で、街が夜通し賑わいます。

花輪ばやしの屋台

花輪ばやしは、江戸時代中期から「花輪祭礼」や「稲荷神社祭典」など、名前を変えながら行なわれてきたといわれています。奉納されるお囃子の伝承曲のなかには、平安時代末期から伝わるものもあるそう。

明治時代になると、高さ10メートルもの屋台が登場。舞や芸能が披露されはじめ、華やかな祭りとなりました。現在は、ユネスコ世界無形文化遺産と国重要無形民俗文化財などに登録され、日本三大囃子の1つに数えられています。

地元の人々が受け継いできた花輪ばやしの伝承曲

日本三大囃子の1つに数えられている花輪ばやし

お囃子の曲がつくられたのは、おもに平安時代末期、江戸時代中期、幕末頃と考えられています。平安時代の貴族がつくった曲をベースにしたものや、江戸時代の演芸ばやしを編曲したものなどさまざま。行進曲風でテンポのよい「本屋台ばやし」や、笛と太鼓の掛けあいが見事な「二本滝(にほんだき)」といった全12曲が伝わります。町内会によって得意な曲が異なるので、パレードで鳴り響くさまざまな曲に耳をかたむけてみてください。

各町内会が誇る豪華な屋台が祭りの華

花輪町内に現存するなかでもっとも古い大町の屋台

10の町内会それぞれがもつ、荘厳な屋台もじっくり観賞してみましょう。なかでも大町の屋台は、花輪町内に現存するなかでもっとも古く、1937年につくられたもの。須佐之男命(すさのおのみこと)が八岐大蛇(やまたのおろち)と戦う神話をモチーフにした飾りが特徴で、屋台全体のデザインは、他の町内会がつくる屋台の見本となったといわれています。

最高潮の賑わいを見せる「駅前行事」

祭りの開始地点「御旅所(おたびしょ)」

祭りはまず、のろしを合図に各町内の屋台が祭りの開始地点「御旅所(おたびしょ)」に集まります。「サンサンサントセ、オササノサントセ、ヨイヨイヨーイ」という独特の掛け声による「サンサ」と呼ばれる手締め式が終わると、屋台はお囃子とともに駅前広場に向かって出発します。

屋台が一列にずらりと並ぶ「駅前行事」

駅前広場に着くと、屋台が一列にずらりと並び「駅前行事」がスタート。各町内会がそれぞれに奏でるお囃子の共演やその審査が行なわれます。屋台の明かりがともるなか、若い衆が大きな円陣を組んで行なうサンサは見ごたえ十分。

駅前行事が終わると、屋台とお囃子に加えて踊り手も引き連れた壮大な「朝詰運行」がはじまり、それぞれの町内まで帰っていきます。

屋台とお囃子に加えて踊り手も引き連れた「朝詰運行」

朝詰運行では、自分たちの町内に帰るまでの道中でもイベントが行なわれます。代表者同士による挨拶やお囃子合戦、時には神輿のぶつかりあいなど見どころがいっぱい。朝方、屋台を納める「桝形(ますがた)」に到着すると、華やいだパレードから一転して厳粛なムードに。お囃子は静かな曲に変わり、神事が行なわれると空気が引き締まります。

2日目には、駅前行事のあとに幸稲荷神社へ向かい、赤い鳥居の前で最後のサンサを行なう「赤鳥居行事」を披露。御神体を返し、神様に挨拶をして2日間にわたる祭りに幕が下ろされます。

花輪の夏の夜を華々しく飾る「花輪ばやし」。地元の人々が誇る、熱気に包まれた豪華絢爛な伝統行事を見に訪れてみましょう。

「花輪ばやし」をもっと楽しむ!ななびチェック!

お子さんが主役のイベントをチェック

1日目の昼間は「花輪ばやし子供パレード」を開催。地域のお子さんたちが屋台を引いて、お囃子と踊りを披露しながら街なかを練り歩きます。

「駅前行事」の観賞には桟敷席がオススメ

事前に申し込めば、祭り1番の見どころ「駅前行事」を座って観賞することができます。応募者が多い場合は抽選になるので注意が必要です。

雨具の準備をお忘れなく

雨天決行なので、雨具を準備しておくと安心。ただし、伝統芸能の舞は状況によって中止となる場合があるので注意してくださいね。

「花輪ばやし」について詳しくはこちら

関連する投稿


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。


羽後 |「道の駅 うご 端縫いの郷」イベントが充実!名物の西馬音内そばも味わえる道の駅

羽後 |「道の駅 うご 端縫いの郷」イベントが充実!名物の西馬音内そばも味わえる道の駅

秋田県羽後町にある「道の駅 うご 端縫いの郷」は、羽後の夏の風物詩「西馬音内盆踊り」で踊り手が着用する伝統的な衣装・端縫いにちなんで愛称が付けられた道の駅。週末にはフリーマーケットやグルメイベントを開催しています。名物の西馬音内そばをセルフ方式で味わえる食事処や、搾りたての生乳を使ったジェラートショップも人気です。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?


最新の投稿


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。