登米 |「海老喜 蔵の資料館」江戸時代から残る貴重な蔵を見学

登米 |「海老喜 蔵の資料館」江戸時代から残る貴重な蔵を見学

宮城県登米市登米町は、武家屋敷や明治・大正時代の洋風建築が並ぶ街並みから、“みやぎの明治村”と呼ばれるエリアです。そのメインストリートに建つ「海老喜 蔵の資料館」では、約85年間手が加えられず、古い姿のまま残る酒蔵を資料館として公開。実際に使われていた酒づくりの道具や日用品といった、貴重な品々とあわせて見学できます。


180年以上続く老舗「海老喜」で蔵を見学

「海老喜 蔵の資料館」

三陸自動車道登米(とめ)ICから車で約6分。登米(とめ)市登米(とよま)町の大通りを進むと、北上川の手前に見えるのが「海老喜(えびき) 蔵の資料館」です。1833年に創業した海老喜は、味噌や醤油、酒の醸造店として栄えたのち、明治時代末期以降は味噌と醤油のみを醸造。敷地内には江戸時代末期から大正時代に建てられた8棟の蔵が保存され、そのうちの酒蔵を資料館として公開しています。

江戸時代の酒蔵が1棟まるごと資料館!

当時のままの姿で残っている酒蔵

蔵の見学は海老喜の店舗で受付をしたあと、お店のスタッフと一緒に蔵へ向かいます。見学中はスタッフがガイドをしてくれるので、不思議に思ったことやもっと知りたいことはその場で聞いてみましょう。

明治時代末期まで使われた酒蔵は、1992年に公開されるまで手が加えられず、奇跡的に当時のままの姿で残っていたそう。なかに入ると、夏はひんやりと涼しく、冬はほんのりあたたかみを感じます。

大きな仕込み樽

酒蔵のなかには、江戸・明治時代に酒や醤油、味噌などを仕込んだ、貴重な道具がずらりと並びます。特に目をひくのは、中央の大きな樽。明治時代の終わりに酒の仕込みから用途が変わり、醤油の醸造にも使われた珍しい歴史をもつ樽です。役目を終えた今も、木にしみ込んだ塩分が湿気と一緒ににじみ、まるで樽の内側が濡れているかのようです。

仕込み樽の手前にある井戸は現役で、ポンプで汲み出した地下水は味噌や醤油の醸造に利用されています。蔵の奥では、明治・大正時代のはかりや皿といった日用品と、江戸時代に海老喜が地元の武家から譲り受けた甲冑などの展示を楽しみましょう。

モダンな食堂に改装された明治時代の蔵「エビキホール」

「エビキホール」

明治時代につくられた醤油の醸造蔵は、「エビキホール」として団体客向けの食事処になっています。梁がめぐる高い天井は、やわらかな明かりの照明が飾られていて、和と洋が合わさったモダンな雰囲気。団体客の予約がない日は一般公開されているので、必ず見たい場合は電話で問い合わせてみましょう。

味噌や醤油を使ったユニークなスイーツをおみやげに

「みそアイス」

海老喜を訪れたおみやげに、味噌や醤油を使ったスイーツはいかがでしょうか。特にユニークなのが「みそアイス」。味噌の豊かな風味とほのかな塩気でバニラアイスの甘みが引き立つ、意外にも相性のいい組みあわせが好評です。

手前「醤油まころん」、奥「味噌まころん」

ほかには、味噌や醤油を生かしたお菓子「味噌まころん」や「醤油まころん」も人気です。生地に加えた落花生の香ばしさに、味噌や醤油の風味がマッチ。サクサクとした軽い食感で食べやすく、思わずもうひとつと手をのばしたくなります。

蔵見学とおみやげ探しができる「海老喜 蔵の資料館」。タイムトリップしたような気分で、江戸時代や明治時代の蔵を訪れてみませんか。

「海老喜 蔵の資料館」をもっと知ろう!ななびチェック!

「みそアイス」はお店で食べてもOK

店内にあるイートインスペースでは、購入したアイスクリームをすぐに味わうことができます。

海老喜の旧店舗も要チェック!

おみやげを購入できる現在の店舗のほか、旧店舗も保存されています。お店で使われていた帳場机(ちょうばづくえ)が置かれた店内を、外側から見学しましょう。

登米町の街なかは歴史散策にぴったり

登米町には時代を感じる建物がたくさんあります。エビキホールと同じ職人が建てた「登米町教育資料館(旧登米高等尋常小学校)」もそのひとつ。海老喜から歩いて5分ほどなので、散歩をしながら訪れてみてください。

「海老喜 蔵の資料館」について詳しくはこちら

関連する投稿


利府 |「宮城県県民の森」遊びながら森の魅力を体感しよう!

利府 |「宮城県県民の森」遊びながら森の魅力を体感しよう!

仙台市、富谷市、利府町にまたがる広大な敷地をもつ「宮城県県民の森」。園内ではフィールドアスレチックで思いきり体を動かしたり、ガイドの説明を聞きながら森の草花を観察できるほか、親子で一緒に楽しめるアクティビティもありとても充実しています。屋内施設もあり、雨の日は自然の素材を使ったクラフト体験がオススメです。


白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

伊達政宗の腹心・片倉小十郎の城下町として知られる宮城県白石(しろいし)市。街の中心部から離れたのどかな山間部にたたずむ「tsuribori cafe Clover」は、釣り掘とカフェ、駄菓子屋の3つを楽しめるユニークなお店です。お子さんはもちろん、大人も夢中になってしまう注目のスポットをご紹介します。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.4】蔵王連峰の絶景&アクティビティ体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.4】蔵王連峰の絶景&アクティビティ体験

蔵王連峰の雄大な自然に抱かれた宮城県蔵王町。春の「みやぎ蔵王えぼし すいせん祭り」にはじまり、夏・秋の満天にきらめく星空散歩、秋の紅葉ドライブ、冬は樹氷ツアーと、この街ならではの楽しみがいっぱい!今回は蔵王の四季が織り成す美しい絶景と、アクティビティをご紹介します。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


最新の投稿


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。