十日町 |「アウトランド」まるで異国!アート作品でもあるログハウス村&キャンプ場

十日町 |「アウトランド」まるで異国!アート作品でもあるログハウス村&キャンプ場

新潟県十日町市の山裾に、突然現れる異空間。まるで異国のような雰囲気が漂うキャンピングビレッジです。このログハウス群をはじめ、約3,000坪の敷地内はすべてオーナーがつくったセルフビルド王国であり、泊まれるアート作品でもあります。異国情緒漂う「アウトランド」で、大自然を満喫してみませんか?


大自然のなかにある異国情緒漂うキャンピングビレッジ

異国かのような雰囲気が漂うキャンピングビレッジ「アウトランド」

「アウトランド」があるのは、日本有数の豪雪地帯として知られる新潟県十日町市。四季の変化に彩られる美しい山々があり、大河・信濃川が流れています。日本の原風景である里山が今も豊かに残る、「妻有(つまり)」と昔から呼ばれているエリアです。

十日町は、3年に1度開催される「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の舞台としても有名。雄大な自然と、昔ながらの人々の暮らし、そしてアートが融合する、見どころがたくさんある美しいエリアでもあります。

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

十日町の大自然に囲まれた山裾にある「アウトランド」

そんな十日町の大自然に囲まれた山裾にある「アウトランド」は、鮮やかな緑に包まれ、すぐそばを小川が流れています。約3,000坪の敷地には、ミニログハウスやキャンプサイト、オートキャンプ場を有するキャンピングビレッジも。

オーナーは、ミュージシャンや舞台俳優として活躍していた芹川智一さん。1997年に「子育ては田舎でする!」と家族とともに東京から移住し、目標だったキャンピングビレッジの造成をひとりでスタート。

手づくりのログハウス

「子どもはパンツが切れるくらい遊べ」という自身の考えのもと、手づくりのログハウスがいくつも並ぶ「アウトランド」をオープンしました。

手づくりとは思えない!アウトドア派でなくとも1度は泊まりたいログハウス

オーナー手づくりのミニログハウスたち

敷地に入ると出迎えてくれるのが、美しい緑と花に囲まれた、オーナー手づくりのミニログハウスたち。

なんとこのログハウスたち、どれもオーナーがひとりでつくったもの!それを感じさせない規模と完成度の高さです。

畳がある和風ログハウス

「Moon」「昭和」「Little River」など、それぞれに名前が付けられたミニログハウスは、つくりも広さも雰囲気も1棟ごとにまったく異なります。なかには畳がある和風ログハウスもあるんですよ。

エアコンが付いているミニログハウス内

ミニログハウスはすべて2階建て。階段やはしごを登って入る造りは、子どもたちだけでなく大人もはしゃいでしまいそう!2階にテラスのあるミニログハウスでは、周囲の美しい景色も眺められます。

そして何よりうれしいのは、全室エアコンが付いているところ!「暑くて眠れないからアウトドアはちょっと…」という方でも快適に過ごせそうです。

ただし、注意したいのは寝具です。あくまでここは「キャンピングビレッジ」。寝袋、マットなどは有料レンタルも行なっていますが、なるべく持参しましょう。

素敵な雰囲気のログハウス内

ミニログハウスの1階では椅子に座ってくつろいだり、ペットの居場所としても利用できますよ。

外国人ファミリーのみなさん

このログハウスの雰囲気が好評で、県外に住む外国人ファミリーも多く訪れるそうです。

アート作品としても認められた「アウトランド」

芸術祭「越後妻有アートトリエンナーレ」の作品でもある「アウトランド」

移住した1997年から現在にいたるまで20年以上、オーナーの芹川さんがひとりでつくり続けてきたキャンピングビレッジ「アウトランド」ですが、3年に1度開催される芸術祭「越後妻有アートトリエンナーレ」の作品でもあります。

ライトアップされた「アウトランド」

2006年に開催された第3回の越後妻有アートトリエンナーレに初めて作品としてエントリー。それまで芸術祭にエントリーしていたのは海外や日本のアーティストで、地元・十日町からのエントリーは初めてだったそうです。

その作品が認められ、「田園の中の童話(2009年)」、「梵字院(2012年)」、「Door’s(2015年)」など、毎回新たな建造物を作品としてセルフビルドしてきました。

2009年の作品「田園の中の童話」は、開催期間中、唯一のナイト観覧日「異国の夜」が高い評価を獲得。2012年の梵字をテーマにした作品「OutLand 梵寺院-MOTHER-」内の仕掛けは、当時絶賛されたといいます。今でも宿泊すれば、これらの作品が見学できますので、ぜひ訪れてみてくださいね。

「OutLand 梵寺院-MOTHER-」

しかしその後は、本来のキャンピングビレッジとして活動するため、エントリーを辞退。自然のなかで泊まってくつろげる「アート作品」というクオリティーの高さから、参加辞退を惜しむ声が多方面から寄せられました。

芹川さんお手製の「ネパールカレー」
夏の一定期間だけはカフェも営業

それだけに、「見学してみたい!」という人は今でも多く訪れるため、夏の一定期間だけはカフェ営業も行なっています。カフェではドリンク類のほか、芹川さんお手製の「ネパールカレー」などもありますよ。

芹川智一さん

しかし、アウトランドの1番の魅力はやはり……
セルフビルドを続けるアート作家であり、夏の期間はアウトランドのオーナーとして訪れる人々をもてなしてくれ、オフシーズンにはミュージシャンとして全国を駆け回る…そんな芹川さんとのおしゃべりかもしれません。

「アウトランド」を楽しむためのななびチェック!

ログハウス泊まりでも、寝具は忘れずに!

まるでちょっとしたホテルのようなミニログハウスですが、アウトランドはキャンピングビレッジ。寝具は有料です。寝袋、マットなどは忘れずに!

ペットと一緒にアウトドア!

ペットと一緒に泊まることもできるこのログハウス!オーナーの芹川さんも大の犬好き。ペットの寝床はログハウスの下のオープンスペースにしましょう。

周辺にはアート作品がいっぱい!

3年ごとに広大なエリアで行なわれる「越後妻有アートトリエンナーレ」。開催年以外でも、見てまわれる作品はたくさんあります。アウトランドを拠点に、宿泊しながらアートめぐりをするのもオススメですよ。

「アウトランド」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

新潟の中部、山古志を中心とした地域では、古くから雄牛を闘わせる行事「角突き」が行なわれてきました。現在は長岡市山古志と小千谷市、2ヶ所の闘牛場で行なわれていますが、今回は毎年5月~11月に行なわれる山古志闘牛大会での「牛の角突き」を紹介します。




新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟の大福は、県外の人がびっくりするほどのおいしさで知られています。新潟にはきんぴらごぼうを入れたものや、塩だけで煮た甘くないあんこが入った「おやき」と呼ばれる大福など、珍しい大福も。ただ、今回紹介するのは定番の豆大福。新潟の老舗がつくるこだわりや工夫が詰まった豆大福をぜひ食べ比べてみてください。


最新の投稿


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。