十日町 |「アウトランド」まるで異国!アート作品でもあるログハウス村&キャンプ場

十日町 |「アウトランド」まるで異国!アート作品でもあるログハウス村&キャンプ場

新潟県十日町市の山裾に、突然現れる異空間。まるで異国のような雰囲気が漂うキャンピングビレッジです。このログハウス群をはじめ、約3,000坪の敷地内はすべてオーナーがつくったセルフビルド王国であり、泊まれるアート作品でもあります。異国情緒漂う「アウトランド」で、大自然を満喫してみませんか?


大自然のなかにある異国情緒漂うキャンピングビレッジ

異国かのような雰囲気が漂うキャンピングビレッジ「アウトランド」

「アウトランド」があるのは、日本有数の豪雪地帯として知られる新潟県十日町市。四季の変化に彩られる美しい山々があり、大河・信濃川が流れています。日本の原風景である里山が今も豊かに残る、「妻有(つまり)」と昔から呼ばれているエリアです。

十日町は、3年に1度開催される「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の舞台としても有名。雄大な自然と、昔ながらの人々の暮らし、そしてアートが融合する、見どころがたくさんある美しいエリアでもあります。

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

十日町の大自然に囲まれた山裾にある「アウトランド」

そんな十日町の大自然に囲まれた山裾にある「アウトランド」は、鮮やかな緑に包まれ、すぐそばを小川が流れています。約3,000坪の敷地には、ミニログハウスやキャンプサイト、オートキャンプ場を有するキャンピングビレッジも。

オーナーは、ミュージシャンや舞台俳優として活躍していた芹川智一さん。1997年に「子育ては田舎でする!」と家族とともに東京から移住し、目標だったキャンピングビレッジの造成をひとりでスタート。

手づくりのログハウス

「子どもはパンツが切れるくらい遊べ」という自身の考えのもと、手づくりのログハウスがいくつも並ぶ「アウトランド」をオープンしました。

手づくりとは思えない!アウトドア派でなくとも1度は泊まりたいログハウス

オーナー手づくりのミニログハウスたち

敷地に入ると出迎えてくれるのが、美しい緑と花に囲まれた、オーナー手づくりのミニログハウスたち。

なんとこのログハウスたち、どれもオーナーがひとりでつくったもの!それを感じさせない規模と完成度の高さです。

畳がある和風ログハウス

「Moon」「昭和」「Little River」など、それぞれに名前が付けられたミニログハウスは、つくりも広さも雰囲気も1棟ごとにまったく異なります。なかには畳がある和風ログハウスもあるんですよ。

エアコンが付いているミニログハウス内

ミニログハウスはすべて2階建て。階段やはしごを登って入る造りは、子どもたちだけでなく大人もはしゃいでしまいそう!2階にテラスのあるミニログハウスでは、周囲の美しい景色も眺められます。

そして何よりうれしいのは、全室エアコンが付いているところ!「暑くて眠れないからアウトドアはちょっと…」という方でも快適に過ごせそうです。

ただし、注意したいのは寝具です。あくまでここは「キャンピングビレッジ」。寝袋、マットなどは有料レンタルも行なっていますが、なるべく持参しましょう。

素敵な雰囲気のログハウス内

ミニログハウスの1階では椅子に座ってくつろいだり、ペットの居場所としても利用できますよ。

外国人ファミリーのみなさん

このログハウスの雰囲気が好評で、県外に住む外国人ファミリーも多く訪れるそうです。

アート作品としても認められた「アウトランド」

芸術祭「越後妻有アートトリエンナーレ」の作品でもある「アウトランド」

移住した1997年から現在にいたるまで20年以上、オーナーの芹川さんがひとりでつくり続けてきたキャンピングビレッジ「アウトランド」ですが、3年に1度開催される芸術祭「越後妻有アートトリエンナーレ」の作品でもあります。

ライトアップされた「アウトランド」

2006年に開催された第3回の越後妻有アートトリエンナーレに初めて作品としてエントリー。それまで芸術祭にエントリーしていたのは海外や日本のアーティストで、地元・十日町からのエントリーは初めてだったそうです。

その作品が認められ、「田園の中の童話(2009年)」、「梵字院(2012年)」、「Door’s(2015年)」など、毎回新たな建造物を作品としてセルフビルドしてきました。

2009年の作品「田園の中の童話」は、開催期間中、唯一のナイト観覧日「異国の夜」が高い評価を獲得。2012年の梵字をテーマにした作品「OutLand 梵寺院-MOTHER-」内の仕掛けは、当時絶賛されたといいます。今でも宿泊すれば、これらの作品が見学できますので、ぜひ訪れてみてくださいね。

「OutLand 梵寺院-MOTHER-」

しかしその後は、本来のキャンピングビレッジとして活動するため、エントリーを辞退。自然のなかで泊まってくつろげる「アート作品」というクオリティーの高さから、参加辞退を惜しむ声が多方面から寄せられました。

芹川さんお手製の「ネパールカレー」
夏の一定期間だけはカフェも営業

それだけに、「見学してみたい!」という人は今でも多く訪れるため、夏の一定期間だけはカフェ営業も行なっています。カフェではドリンク類のほか、芹川さんお手製の「ネパールカレー」などもありますよ。

芹川智一さん

しかし、アウトランドの1番の魅力はやはり……
セルフビルドを続けるアート作家であり、夏の期間はアウトランドのオーナーとして訪れる人々をもてなしてくれ、オフシーズンにはミュージシャンとして全国を駆け回る…そんな芹川さんとのおしゃべりかもしれません。

「アウトランド」を楽しむためのななびチェック!

ログハウス泊まりでも、寝具は忘れずに!

まるでちょっとしたホテルのようなミニログハウスですが、アウトランドはキャンピングビレッジ。寝具は有料です。寝袋、マットなどは忘れずに!

ペットと一緒にアウトドア!

ペットと一緒に泊まることもできるこのログハウス!オーナーの芹川さんも大の犬好き。ペットの寝床はログハウスの下のオープンスペースにしましょう。

周辺にはアート作品がいっぱい!

3年ごとに広大なエリアで行なわれる「越後妻有アートトリエンナーレ」。開催年以外でも、見てまわれる作品はたくさんあります。アウトランドを拠点に、宿泊しながらアートめぐりをするのもオススメですよ。

「アウトランド」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 |「新潟の定期市」新鮮な野菜や魚、店の人との会話も楽しい定期市

新潟 |「新潟の定期市」新鮮な野菜や魚、店の人との会話も楽しい定期市

新潟県内では、毎日どこかで定期市が開催されています。採れたての野菜や新鮮な魚介、おいしいお菓子や衣類などがそろい、まるでお宝の山のよう。お店の人からは野菜の育て方や調理方法など、ためになる話を直接聞けて、実りの多い時間を過ごせそうです。旅の途中に訪れても温かく迎えてくれるので、親子で定期市めぐりをしてみてはいかがですか?


十日町 |【ななび連載:十日町編vol.2】十日町でオススメのふのりそば店4選

十日町 |【ななび連載:十日町編vol.2】十日町でオススメのふのりそば店4選

十日町に来たらどうしても食べておきたいのが、十日町発祥の「ふのりそば」。つなぎに「布海苔(ふのり)」という海藻を使い、「へぎ」という器に盛り付けるため、「へぎそば」とも呼ばれ、とても強いコシとツルツルの喉ごしが特徴です。近年は首都圏でも人気があり、これをめあてに多くの人が訪れる「ふのりそば」についてご紹介します。


十日町 |【ななび連載:十日町編vol.1】十日町市ってどんなところ?

十日町 |【ななび連載:十日町編vol.1】十日町市ってどんなところ?

十日町市は新潟県南部に位置し、信濃川が中央を流れ、山々に囲まれた自然豊かな町。日本の原風景のような棚田やブナ林が今でも残っていて、豊かな食文化や織物などの産業を育んできました。世界が注目する大地の芸術祭や縄文文化、温泉、そして温かい人情も味わえる十日町市を紹介していきます。


妙高 |「アパリュージョン」音楽とイルミネーションによる幻想的な世界を楽しもう!

妙高 |「アパリュージョン」音楽とイルミネーションによる幻想的な世界を楽しもう!

新潟県妙高市にあるホテル&リゾート「アパリゾート上越妙高」では、2014年からイルミネーションイベントが開催されています。2018年に「アパリュージョン」という名称になってから、光と音で構成するデジタルアートイリュージョンとして、内容も規模もパワーアップ!その魅力をご紹介します!


新潟 |「mimi(ミミ)」子どもの靴と洋服がそろうセレクトショップ

新潟 |「mimi(ミミ)」子どもの靴と洋服がそろうセレクトショップ

新潟県新潟市にある「mimi」は、子ども靴や服を取り扱うセレクトショップ。「足に合う靴選びのお手伝い」をテーマに、赤ちゃんからキッズまで、さまざまなタイプの靴がそろっています。棚にずらりと並んだ靴や洋服など、扱う商品はどれもかわいいだけでなく、かっこいいものもいっぱい。大人サイズの洋服や雑貨もあり親子で楽しめます。キッズスペースもあり、お子さん連れも安心してショッピングができるお店です。


最新の投稿


上山 |「上山市総合子どもセンター めんごりあ」親子にやさしい無料で楽しめる屋内遊び場

上山 |「上山市総合子どもセンター めんごりあ」親子にやさしい無料で楽しめる屋内遊び場

名湯・かみのやま温泉で有名な山形県上山市にある「上山市総合子どもセンター めんごりあ」。大型遊具でわんぱくに遊べるエリアと、小さいお子さんが安心して遊べるエリアに分かれた屋内遊び場です。気軽に参加できるイベントや休憩スペースも充実。しかも入館無料とあって、地元をはじめ県内外のファミリーが訪れる人気のスポットです。


新潟 |「新潟の定期市」新鮮な野菜や魚、店の人との会話も楽しい定期市

新潟 |「新潟の定期市」新鮮な野菜や魚、店の人との会話も楽しい定期市

新潟県内では、毎日どこかで定期市が開催されています。採れたての野菜や新鮮な魚介、おいしいお菓子や衣類などがそろい、まるでお宝の山のよう。お店の人からは野菜の育て方や調理方法など、ためになる話を直接聞けて、実りの多い時間を過ごせそうです。旅の途中に訪れても温かく迎えてくれるので、親子で定期市めぐりをしてみてはいかがですか?


十日町 |【ななび連載:十日町編vol.2】十日町でオススメのふのりそば店4選

十日町 |【ななび連載:十日町編vol.2】十日町でオススメのふのりそば店4選

十日町に来たらどうしても食べておきたいのが、十日町発祥の「ふのりそば」。つなぎに「布海苔(ふのり)」という海藻を使い、「へぎ」という器に盛り付けるため、「へぎそば」とも呼ばれ、とても強いコシとツルツルの喉ごしが特徴です。近年は首都圏でも人気があり、これをめあてに多くの人が訪れる「ふのりそば」についてご紹介します。


横浜町 |「湧水亭」湧き水×大豆のおいしさに夢中!老若男女を虜にする憩いの豆腐店

横浜町 |「湧水亭」湧き水×大豆のおいしさに夢中!老若男女を虜にする憩いの豆腐店

青森県上北郡横浜町の国道279号線沿いにたたずむ、豆腐茶屋「湧水亭」。この地に湧き出るお水と良質な国産大豆でつくる、こだわりのお豆腐やスイーツを販売している人気店です。平日でも多くのお客さんで賑わうお店の魅力と、リピーター続出の絶品お豆腐グルメをたっぷりとご紹介します!


登米 |「津山もくもくランド秋祭り」登米の特産品をゲットしよう!

登米 |「津山もくもくランド秋祭り」登米の特産品をゲットしよう!

「津山もくもくランド秋祭り」は、例年10月に「道の駅 津山もくもくランド」で開催されるイベントです。登米市の特産品を購入できるほか、餅つき大会やビンゴゲーム、木工体験など、お子さんがわくわくする企画がたくさん。会場となる道の駅には大型遊具が設置された公園や郷土料理を味わえる食事処もあり、ファミリーでゆっくり楽しめますよ。