湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.1】湯沢ってどんなところ?

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.1】湯沢ってどんなところ?

秋田県南部に位置する湯沢市は、鎌倉時代に城下町として開かれ、江戸時代以降は鉱山の発展とともに栄えた街。日本三大うどんのひとつ・稲庭うどん発祥の地で、おいしい地酒が豊富です。美しい自然がつくり出すダイナミックな景観と、各地に湧き出る温泉も魅力。グルメにイベント、温泉と、湯沢自慢の見どころをたっぷりご紹介します。


各地のおいしいうどんが集結!「全国まるごとうどんエキスポ in 秋田・湯沢 2019」

秋田名物といえば「稲庭うどん」。湯沢市稲庭町が発祥地で、江戸時代に藩主への上納品として製造がはじまりました。今なお伝統の製法を守り職人の手作業でつくられるうどんは、コシがあってのどごしなめらか。日本三大うどんのひとつにも数えられる逸品です。

そんなうどんの街・湯沢ならではのイベントが、2011年から毎年秋に行なわれている「全国まるごとうどんエキスポ in 秋田・湯沢」。全国各地から約20店のバラエティに富んだご当地うどんが集結し、グランプリを目指してその味を競います。

うどんの食べ比べをするには、3杯分がセットになったチケット「うどん食事券」をゲットしましょう。
メインステージではご当地うどんのPR合戦が行なわれ、地元の高校生たちが熱いプレゼンテーションを繰り広げます。どのうどんにするか迷ったら参考にしてみてくださいね。グランプリは来場者の投票により決定するので、食べ終わったら投票所に立ち寄るのをお忘れなく。

ほかにも会場では、ステージイベントや農産物の直売コーナーなど、お子さんから大人まで楽しめる企画が盛りだくさん。うどんを味わうだけでなく、さまざまな体験ができます。

小野小町をしのぶ優美な祭り「小町まつり」

湯沢市小野地区は平安時代の女流歌人・小野小町生誕の地といわれ、数々の伝承が残されています。絶世の美女として知られ、それゆえ多くの男性から求婚されたという逸話をもつ小野小町。「小町まつり」は、彼女がこよなく愛したという芍薬(しゃくやく)にちなんで、花が見ごろを迎える6月上旬の2日間にわたって開催されます。

1日目の夜に行なわれる宵祭では、湯沢出身の女性のなかから選出された「小町娘」が登場し、小野小町と深草少将との恋物語を再現した「小町逢瀬の図」を上演。平安時代風の衣装や舞台に光と音の演出が加わり、まるでタイムスリップしたような気分が楽しめます。

2日目の本祭も、小町娘による和歌朗詠や、地元の幼稚園児たちが会場を練り歩く「稚児行列」など、見どころ満載です。

「小町まつり」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

お酒好きのパパやママにオススメ!「酒蔵見学」

おいしい米と水、麹菌が生息しやすい環境がそろった湯沢は、かつて“東北の灘”と呼ばれるほど酒造りが盛んでした。最盛期には20以上の銘柄がつくられ、現在は4軒の酒蔵が酒造りを続けています。そのうち3ヶ所で酒蔵見学を実施していて、無料で参加することができます(いずれも要予約)。

もっとも歴史のある「木村酒造」は、1615年の創業以来400年以上も続く蔵元です。国内外のコンテストで数々の受賞実績をもつ代表銘柄「福小町」が有名で、米本来の甘みを引き出した芳醇な味わいが特徴。酒蔵見学では、発酵中のお酒が入った仕込みタンクやお酒を搾るための槽(ふね)を見ながら、酒造りの一連の工程を学べます。

そのほか、建造物が国の登録有形文化財になっている「両関酒造」、上品な飲み口が特徴の銘柄「美酒爛漫」で知られる「秋田銘醸」でも酒蔵見学ができますよ。

迫力満点の自然を満喫できる「ゆざわジオパーク」

江戸時代から昭和初期にかけて多くの鉱山が栄えた湯沢は、火山によるさまざまな恩恵を受けて発展した街ともいえます。かつての火山活動に由来する噴気孔をはじめ、大地の息吹を感じられるスポットがたくさん。市内全域が、地球科学的に貴重な価値をもつ「ゆざわジオパーク」に設定されています。その総面積は約79,000ヘクタールで、なんと東京23区の面積(約62,000ヘクタール)をはるかに超える大きさ!

ゆざわジオパークは16のエリアで構成され、江戸時代から約350年続いた銀山の歴史を伝える「院内銀山」や、温泉をもたらす地熱を体感できる「小安(大噴湯)」や「高松(三途川・川原毛)」エリアなどの見どころがあります。

ジオサイトは広範囲に点在しているので、興味のあるテーマに沿って旅行を計画するのがオススメ。ゆざわジオパークのホームページでは、オススメのモデルコースが紹介されているので、チェックしてみてくださいね。

次回は、湯沢の定番グルメ「稲庭うどん」をピックアップ。本場ならではの味を楽しめる名店をご紹介します。

湯沢のイベントや見どころを賢くめぐる!ななびチェック!

「全国まるごとうどんエキスポ」のおみやげにおいしいうどんをゲット!

「全国まるごとうどんエキスポ」では販売コーナーが設けられ、湯沢の稲庭うどんはもちろん、各地のご当地うどんを購入できます。

「小町芍薬苑」で小野小町が愛した芍薬を鑑賞

小町まつりの会場近くにある小町芍薬苑には、約2,000坪の敷地内に約150種類7,000株の芍薬が植えられ、赤やピンク、黄色など色とりどりの花を見ることができます。小町まつりにあわせて、「芍薬まつり」も開催。

自然散策だけでなく温泉も楽しめる「ゆざわジオパーク」

ゆざわジオパークには、秋の宮温泉郷をはじめ、小安峡温泉や泥湯温泉など、個性豊かな温泉地があります。大自然を感じたあとは、のんびり温泉に浸かって体を癒やしましょう。

「全国まるごとうどんエキスポ in 秋田・湯沢」について詳しくはこちら
「小町まつり」について詳しくはこちら
「酒蔵見学」について詳しくはこちら
「ゆざわジオパーク」について詳しくはこちら

関連する投稿


鹿角 |「花輪ばやし」華やかな屋台が夜の街を彩る夏の祭典

鹿角 |「花輪ばやし」華やかな屋台が夜の街を彩る夏の祭典

秋田県鹿角市で行なわれる「花輪ばやし」。地元で信仰される神様を祀った幸稲荷神社にお囃子を奉納する、江戸時代から伝わる祭りです。壮麗な屋台と賑やかなお囃子が連なるパレードや、全町内会の屋台が駅前広場にそろい人々が円陣を組んでお囃子を奏でる「駅前行事」は大迫力。花輪の夏を派手に締めくくる伝統行事を楽しみましょう。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。


羽後 |「道の駅 うご 端縫いの郷」イベントが充実!名物の西馬音内そばも味わえる道の駅

羽後 |「道の駅 うご 端縫いの郷」イベントが充実!名物の西馬音内そばも味わえる道の駅

秋田県羽後町にある「道の駅 うご 端縫いの郷」は、羽後の夏の風物詩「西馬音内盆踊り」で踊り手が着用する伝統的な衣装・端縫いにちなんで愛称が付けられた道の駅。週末にはフリーマーケットやグルメイベントを開催しています。名物の西馬音内そばをセルフ方式で味わえる食事処や、搾りたての生乳を使ったジェラートショップも人気です。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


最新の投稿


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.3】フレッシュ野菜&フルーツスイーツを買うならココ!

月山と鳥海山という2,000メートル級の2つの山と日本海に囲まれた庄内平野は、伏流水と肥沃な大地に恵まれた農産物の宝庫。夏には、「だだちゃ豆」や「庄内砂丘メロン」といった全国的によく知られる特産品が登場します。旬の採れたて野菜やみずみずしいフルーツを求めて、鶴岡の産直市場へショッピングに出かけましょう。


田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

田舎館 |「道の駅いなかだて 弥生の里」のんびりくつろげる、歴史と芸術があふれる道の駅

「田んぼアート」の村として知られる青森県田舎館村は、弥生時代中期の水田跡が東北で初めて発見された米づくりが盛んな村。そんな歴史ある村の道の駅には、田んぼアートだけでなく、地元の味が堪能できる産直施設やレストラン、大型遊具など魅力的なスポットがたくさんあります。大人から子どもまでわくわくする道の駅におでかけしてみませんか?


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.2】おいしい素材をもりもり食べよう!鶴岡でオススメのランチスポット3選

山形県の西側・庄内地方にある鶴岡市は、ミネラルが豊富な鳥海山の伏流水や夏と冬の寒暖差などの風土が、おいしいお米や野菜、フルーツの生育にぴったりな土地。日本海にも面しているので、海の幸も豊富です。鶴岡市内にたくさんある地産地消レストランで、フレッシュな食材を生かしたランチをいただきましょう!


耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

耶麻郡 |「ヒロのお菓子屋さん」手づくりにこだわったスイーツが評判!宿泊もできるカフェ

福島県北部・北塩原村にある磐梯山のふもと、標高800メートルの所に位置する高原リゾート地「裏磐梯」。今回は裏磐梯の中心部、大自然に囲まれたのどかな場所にたたずむカフェ「ヒロのお菓子屋さん」をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。