湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


「momotose」蔵カフェで秋田生まれのお気に入りアイテムを探そう

湯沢市の中心部から車で10分ほど。古い町屋や蔵が多く残るエリアに建つ「momotose(モモトセ)」は、築120年ほどの蔵付きの物件を改装したカフェ兼インテリアショップ。歴史ある建物が醸す穏やかな空気感のなか、ゆったりとした時間を過ごせると人気です。

店内に入るとまず広がるのは、秋田杉をふんだんに使った明るいショップスペース。秋田県内外からセレクトしたインテリア雑貨やキッチンウェアなど暮らしの道具が並びます。「三温窯」をはじめ県内の窯元による器や、北東北の広葉樹を使った木のトレーといった雑貨は、どれもシンプルで美しいものばかり。毎日をちょっとステキにしてくれるアイテムは、ギフトにもオススメです。

ショップスペースの奥は、黒漆喰の重厚な蔵のなかにしつらえられたカフェスペース。時が止まっているかのような落ち着いた雰囲気です。どっしりとした木のテーブルやイスなどの家具は、オーナーが全国の工房から厳選したもの。ファミリーで座れるゆったりとしたソファ席もあるので、空いていれば好みの席でカフェタイムを過ごせます。

カフェの家具は購入することもできます。座り心地や使い勝手を確認するために何度も通う方もいるのだとか。実際に使いながら選べるので、相性のいいお気に入りの家具を見つけられそうですね。

ランチのオススメは「月替わり膳」です。地元産の野菜や山菜といった旬の素材を引き立てるよう、和え物やゼリー寄せなどのシンプルな調理法で滋味深い味わいに仕上げています。

そのほか、秋田のブランド豚「シルクポーク」を使ったカレーや、栗駒山系の麓で育った牛のミルクを温泉熱で殺菌したソフトクリームとアイスクリームを使ったパフェなどのメニューがラインナップ。秋田の味覚をたっぷり堪能できます。

「月替わり膳」の器に使われる湯沢の伝統工芸品・川連漆器(かわつらしっき)や、料理に使われている石孫(いしまご)醸造の味噌や醤油は、ショップスペースで購入可。おみやげにチェックしてみてくださいね。

「カーリタース」ポップな雑貨探しならここ!自家製ケーキも味わって

湯沢駅から車で5分ほどの場所にある「カーリタース」は、お菓子に雑貨に洋服にと、ひとつのお店で「かわいい」アイテムがなんでもそろうカフェ&雑貨店。青い外壁を目印に、お店を目指しましょう。ポップな外観に、どんなかわいいものが待っているのかワクワクしてきます。

セレクトの基準は「心ときめくかわいいもの」。鮮やかな海外製のステーショナリーにお菓子、北欧柄のキュートなキッチンウェア、ナチュラルテイストのレディースウェアなどジャンルはさまざまです。ルームフレグランスなどのアロマグッズも充実。品ぞろえが豊富なので、プレゼント選びにも重宝しそうです。

シーズンごとにオススメアイテムもピックアップ。ピクニックなど外遊びが楽しい季節は、パッと目を引くポップなキャラクターのお弁当箱や水筒を持っておでかけしてみてはいかがでしょうか。

ショッピングの後は、手づくりケーキでひと休みしましょう。

ケーキは素材の味を活かすよう甘さひかえめ。旬のフルーツや野菜がふんだんに使われています。1番人気は、なめらかなかぼちゃプリンのケーキ、「カーリーパンプキン」です。じっくり蒸したかぼちゃのやさしい甘みが口いっぱいに広がるファンの多いメニューで、お手ごろな価格も魅力。コーヒーや紅茶、たんぽぽコーヒー、10種類以上あるハーブティーなどと一緒に、スイーツでリフレッシュしてくださいね。

「重右衛門」小安峡とあわせて行きたいログハウス風のコーヒーショップ

湯沢随一の名所・小安峡(おやすきょう)で見事な渓谷美とダイナミックな大噴湯を楽しんだあとは、自家焙煎コーヒーでひと休みしながら個性派雑貨のショッピングをしましょう。

小安峡の大噴湯駐車場から宮城方面へ車で2分ほど進むと見える、ログハウス風の建物が「珈琲・雑貨舎 重右衛門(じゅうえもん)」です。切り株をそのまま使ったイスや、どっしりとしたテーブルが並ぶウッディーな店内でいただけるのは、シングルオリジンの日替わりコーヒー。湯沢市内のフレンチレストランが監修したイチジクパイといった手づくりスイーツと一緒に味わえば、おでかけの疲れもやわらいでいくようです。

コーヒーが飲めない方には、オリジナルのぶどうジュースもオススメ。濃厚な味わいが人気で、手みやげとして購入していく方も多いのだそう。

インドネシアの廃材を使ったという木の棚に、オーナーが全国各地で集めた民芸品や個性的な雑貨がさまざま並び、店内はまるで森のよう。素朴な焼き物や、ナチュラルな籠バッグ、やさしい風あいのストールなどカフェタイムの合間にぜひ手に取ってみてください。どこで出会ったアイテムなのか話を聞くのも楽しそうです。

湯沢におでかけの際には、カフェと一緒にショッピングもできる欲張りなお店に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。ここでしか出会えないアイテムが見つかりますよ。

お子さんも楽しめる湯沢の雑貨店&カフェ!ななびチェック!

絵本を一緒に読める「momotose」のカフェ

ブックカフェでもあるmomotose。暮らしに関わる本のほかに、お子さん向けの本を置いています。お子さんと一緒に絵本を読みながら過ごすカフェタイムもステキですね。

「カーリタース」で英会話に挑戦!

イベントやカルチャー教室も随時開催しているカーリタース。毎週火曜には小中学生を対象に英語のレッスンを行なっています。興味のある方はチェックしてみてくださいね。

看板犬にご挨拶!「珈琲・雑貨舎 重右衛門」

珈琲・雑貨舎 重右衛門では、看板犬のトイプードルがお出迎え。犬好きのお子さんは喜んでくれるはず!

「momotose」について詳しくはこちら
「カーリタース」について詳しくはこちら

関連する投稿


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。


羽後 |「道の駅 うご 端縫いの郷」イベントが充実!名物の西馬音内そばも味わえる道の駅

羽後 |「道の駅 うご 端縫いの郷」イベントが充実!名物の西馬音内そばも味わえる道の駅

秋田県羽後町にある「道の駅 うご 端縫いの郷」は、羽後の夏の風物詩「西馬音内盆踊り」で踊り手が着用する伝統的な衣装・端縫いにちなんで愛称が付けられた道の駅。週末にはフリーマーケットやグルメイベントを開催しています。名物の西馬音内そばをセルフ方式で味わえる食事処や、搾りたての生乳を使ったジェラートショップも人気です。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.1】湯沢ってどんなところ?

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.1】湯沢ってどんなところ?

秋田県南部に位置する湯沢市は、鎌倉時代に城下町として開かれ、江戸時代以降は鉱山の発展とともに栄えた街。日本三大うどんのひとつ・稲庭うどん発祥の地で、おいしい地酒が豊富です。美しい自然がつくり出すダイナミックな景観と、各地に湧き出る温泉も魅力。グルメにイベント、温泉と、湯沢自慢の見どころをたっぷりご紹介します。


最新の投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。