久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

久慈 |「山根六郷水車市・水車まつり」郷土グルメをおなかいっぱい味わおう

伝統行事や古い食文化が残る岩手県久慈市山根町。「山根六郷水車市」は地元を代表するイベントで、会場は地域のシンボルである水車が建つ「桂の水車広場」です。特産の雑穀を使っただんごや餅など、地元の味をたっぷり味わいましょう。11月開催の「水車まつり」では餅つき大会が行なわれ、つきたてのあわ餅が無料で振る舞われます。


山根六郷の食文化を体験するおいしいお祭り

三陸鉄道久慈駅から車で40分ほど進むと、山間に見えてくる久慈市山根町。長内川(おさないがわ)に沿って6つの集落が点在し、まとめて「山根六郷(やまねろくごう)」と呼ばれています。

そのなかの端神郷(はしかみごう)で、5月・6月、9月~12月に行なわれるお祭りが「山根六郷水車(くるま)市」。古くからこの地域では雑穀がよく採れることから、水車を使ってひいた粉でつくるだんごや餅が郷土料理として伝わってきました。

水車は時代とともに一度廃れてしまいましたが、伝統文化を残そうと地元の有志が1988年に復元。翌年、水車が建った広場で地元の食文化を伝える「水車(すいしゃ)まつり」が開かれ、現在も続くお祭りとなりました。定期的に開催される山根六郷水車市では、水車を使った粉ひきの実演を見学でき、郷土グルメが味わえます。

あわ餅の餅つき大会が見学できる「水車まつり」

11月開催の水車まつりは、山根六郷水車市に加えて、「あわ餅つきのお振る舞い」が行なわれます。昨今、ヘルシー食材として注目されているアワやヒエといった雑穀類ですが、岩手県北部では古くから米の代わりによく食べられていました。特に山根町の端神郷では、餅といえばアワのみを使った餅が主流だったそう。

水車まつりには、このあわ餅の振る舞いを楽しみに訪れる人がたくさんいます。威勢のよい掛け声が響く餅つき大会は大迫力。その場できなこをまぶしていただく、つきたてふわふわのあわ餅は大人気で、あっという間に振る舞いが終わってしまうこともあります。

だんごに餅!地元の味をたっぷり味わおう

山根六郷水車市と水車まつりに共通しているのは、水車で加工する雑穀の粉を使った山根六郷の郷土グルメがたくさん味わえること。なかでも「軍配餅」はイベントの途中で売り切れることもある人気メニューです。その名前は、小麦粉を練ったお餅を2つくっつけたような、軍配に似た形に由来します。

昔はそば粉でつくられていましたが、現在は小麦粉でつくるのが一般的。甘めのクルミ味噌がたっぷり塗られたお餅を頬張ると、香ばしさが口いっぱいに広がりますよ。

このお祭りで味わえる山根六郷の郷土グルメは、雑穀を使ったものだけではありません。「いわなの塩焼き」は、山根特産のイワナを、シンプルな味付けでいただく山根名物。しっかりと塩をふり、炭火で焼き上げます。身がやわらかい、アツアツのうちにいただきましょう。

山村に伝わる郷土グルメがずらりとそろう「山根六郷水車市・水車まつり」。地域に伝わる伝統の味を楽しみに訪れてみませんか。

「山根六郷水車市・水車まつり」をもっと楽しむ!ななびチェック!

山根六郷水車市・水車まつりを訪れるなら車がオススメ

三陸鉄道久慈駅を起点に、車で県道7号を抜けるのが一般的。駐車場が会場のすぐ近くにあり便利です。

山根六郷水車市は毎月メインイベントが変わる!

6月は「山菜市」、9月は「そばの花市」と、月によってメインイベントが変わります。ホームページでチェックしてからでかけましょう。

時間に注意!朝は早めに出発を

山根六郷水車市と水車まつりは、9:00~13:00と朝早くから開催されています。人気のメニューは売り切れることがあるので、お目当てが決まっていれば早くから訪れるのがオススメ。

「山根六郷水車市・水車まつり」について詳しくはこちら

関連する投稿


久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

久慈 |「北三陸くじ冬の市」地元ならではのグルメを満喫できる冬イベント

岩手県久慈市で行なわれる「北三陸くじ冬の市」は、海の幸が豊富な三陸沿岸地域ならではの冬の味覚を中心に、久慈の魅力をまるごと体感できるイベント。例年11月~2月に開催され、地元の特産品や選りすぐりのグルメを味わえるほか、ファミリーで楽しめる企画がいっぱいです。


雫石 |「元祖!しずくいし軽トラ市」軽トラックが並ぶユニークな屋外マーケット

雫石 |「元祖!しずくいし軽トラ市」軽トラックが並ぶユニークな屋外マーケット

毎年5月~11月の第1日曜に、岩手県雫石町の「雫石よしゃれ通り商店街」で開催される「元祖!しずくいし軽トラ市」。470メートルの通りを埋め尽くすように、新鮮な野菜やフルーツ、海産物、クラフト雑貨などを積んだ軽トラックがずらりと並びます。ショッピングはもちろん、お子さんが楽しめるワークショップもありますよ。


奥州 |「奥州市水沢産業まつり」地元グルメを楽しめる一大イベント

奥州 |「奥州市水沢産業まつり」地元グルメを楽しめる一大イベント

岩手県奥州市で毎年10月中旬に開催される「奥州市水沢産業まつり」。旬の地場産品の販売が行なわれる、実りの秋にぴったりのイベントです。同時開催の「奥州水沢グルメまつり」には、巨大な鉄鍋で煮込む芋の子汁が登場!食欲の秋を存分に満喫できる名物イベントの内容をご紹介します。


盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

盛岡 |「盛岡手づくり村」岩手に伝わる伝統産業を気軽に体験!

岩手県盛岡市の郊外、美しいロケーションの御所湖近くにあるのが「盛岡手づくり村」です。「南部曲り家ゾーン」「手づくり工房ゾーン」「盛岡地域地場産業振興センター」の3つの施設からなり、その中心となるのが「手づくり工房ゾーン」。南部せんべい手焼きや木地玩具の絵付けなど、岩手ならではのさまざまな伝統産業の体験ができますよ。


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


最新の投稿


湯沢 |「犬っこまつり」雪国で400年続く伝統の小正月行事

湯沢 |「犬っこまつり」雪国で400年続く伝統の小正月行事

秋田県湯沢市は、積雪期間が年間100日以上あり、街全域が特別豪雪地帯になっている雪国。そんな厳しい寒さが続く冬の湯沢で、毎年2月に行なわれるお祭りが「犬っこまつり」です。お祭りが開催される2日間、街には犬の雪像と雪のお堂が並び、冬の寒さをやわらげるようなあたたかな光景がつくりだされます。


青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森といえば、リンゴ、ほたて…とたくさんの特産品があります。今回はそんな青森市内にある、自分で収穫して食べられる体験スポットをご紹介。収穫時期によってさまざまな食材を楽しめるので、何度訪れても楽しめますよ。


新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

「城下町しばた全国雑煮合戦」は毎年1月に城下町・新発田市で開催されるイベント。新潟県内のみならず、全国から個性あふれるお雑煮が大集合し、みなさんの投票でグランプリが決まります。当日は餅まきなどのイベントもあり、親子でたっぷりと楽しめます。


寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

冬の山形県は、豪雪地帯ならではの雪にちなんだイベントが目白押し。その先陣を切るのが、寒河江市で開催される「やまがた雪フェスティバル」です。巨大な雪像をバックに行なわれるアーティストのライブや、雪を使ったアトラクション、ラーメンをはじめ地元のグルメが集まる屋台、夜のイルミネーションに花火大会と、お楽しみがいっぱいです。


青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森県の県庁所在地である青森市は、美しい自然や新鮮な海の幸・山の幸、歴史を感じる文化財に恵まれた中心都市。四季の風景や熱く盛り上がるイベントなどは、海外からの観光客にも注目される、魅力たっぷりの街です。今回は、家族でおでかけしたくなるイベントや観光スポットをご紹介します!