蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.4】蔵王連峰の絶景&アクティビティ体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.4】蔵王連峰の絶景&アクティビティ体験

蔵王連峰の雄大な自然に抱かれた宮城県蔵王町。春の「みやぎ蔵王えぼし すいせん祭り」にはじまり、夏・秋の満天にきらめく星空散歩、秋の紅葉ドライブ、冬は樹氷ツアーと、この街ならではの楽しみがいっぱい!今回は蔵王の四季が織り成す美しい絶景と、アクティビティをご紹介します。


【春】ゲレンデが黄色に染まる!「みやぎ蔵王えぼし すいせん祭り」

スイセン畑

東北自動車道村田ICまたは白石ICから遠刈田温泉方面へ車で約30分、蔵王連峰の後烏帽子岳(うしろえぼしだけ)中腹に広がる「みやぎ蔵王えぼしリゾート」。冬の間、一面銀世界だったゲレンデは、例年4月下旬~5月中旬になると55万株ものスイセンに彩られます。

その風景は、まるでゲレンデ全体にイエローカーペットが敷かれたかのよう。青空とのコントラストも美しく、絶景そのものです。キングアルフレッドやガーデンジャイアントなど、スイセンの種類は30種類以上と豊富。甘い香りも楽しみながら、スイセン畑を散策してみてください。

見ごろにあわせて「みやぎ蔵王えぼし すいせん祭り」も開催されます。2019年は4月19日(金)から5月31日(金)に行なわれ、期間中は展望ロープウェーが運行。空中散歩しながらのスイセン観賞も楽しみですね。

【夏・秋】ナイトアクティビティ「みやぎ蔵王えぼし ナイトゴンドラ 空中さんぽ」

満天に輝く星空

みやぎ蔵王えぼしリゾートでは、星空を観賞するロマンチックなアクティビティも開催しています。

「みやぎ蔵王えぼし ナイトゴンドラ 空中さんぽ」では、ロープウェーに乗って空中散歩を楽しみながら、一気に標高1,100mの石子ゲレンデへ。星空専門ガイドによる天体や星座などにまつわるエピソードを聞いたあとに、満天に輝く星空を眺めます。

人工の明かりがない、360度見渡す限りの星空のパノラマは感動的!レストハウス前に設置されている望遠鏡で、月や惑星、星雲などを観察するのもオススメです。

「みやぎ蔵王えぼし ナイトゴンドラ 空中さんぽ」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

【秋】赤や黄色に包まれる「蔵王エコーライン」で紅葉ドライブ

蔵王エコーライン

遠刈田温泉から山形県の蔵王坊平高原へと抜ける「蔵王エコーライン」は、約26キロメートルの山岳観光道路。標高が上がるにつれて変わっていく蔵王の大自然を体感しながら、爽快なドライブが楽しめます。

特に秋は紅葉スポットとして大人気。蔵王連峰は針葉樹が多く、緑のなかにブナやカエデ、ナラなどの赤やオレンジ、黄色が映える見事な紅葉風景を観賞できます。

蔵王エコーラインのなかでも、標高約700メートル地点にある「滝見台」は知る人ぞ知る紅葉の名所。紅葉に染まる森のなかを、落差53.5メートルの不動滝をはじめ、地蔵滝、三階の滝の3つの名瀑が流れる様子は、一枚の絵のようです。

【冬】スノーモンスターに会いに行こう!「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」

“自然の芸術”といわれる樹氷

冬の蔵王といえば、“自然の芸術”といわれる樹氷を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

蔵王連峰の標高1,100メートル超の場所に広がる「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」は、極上のパウダースノーを滑走できるスキー場。さまざまなウィンターアクティビティも楽しめ、例年12月上旬~3月中旬は「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」が行なわれています。

雪上車・ワイルドモンスター号で樹氷めぐり

みやぎ蔵王の樹氷めぐりは、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの“スノーモンスター”と呼ばれる樹氷を間近で観賞できる、とっておきのツアー。寒さ対策とサングラスは必携ですが、雪上車内は暖房付きで快適です。

「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

蔵王連峰の雄大な自然に恵まれた蔵王町。春夏秋冬、季節ごとのお楽しみや絶景が待っていますよ。

遊んだあとは「遠刈田温泉」でリラックス!蔵王町でオススメの共同浴場をななびチェック!

江戸時代の湯小屋のよう!「壽(ことぶき)の湯」

宮大工による建築の湯小屋。源泉掛け流しの熱めの湯が特徴で、湯上がりは身体がすっきり軽く感じられます。

温泉街の中心部にある「共同浴場 神の湯」

木造りの風情あふれる共同浴場。湯口からは源泉掛け流しのフレッシュな湯が注がれ、あつめの湯とぬるめの湯が楽しめます。

足湯で気軽に温泉を楽しみましょう

神の湯の玄関前には足湯があり、こちらでも源泉掛け流しの湯で足元から温まれます。無料で利用できるのもうれしいポイント!

「みやぎ蔵王えぼし すいせん祭り」について詳しくはこちら
「空中さんぽde星空さんぽ」について詳しくはこちら
「蔵王エコーライン」について詳しくはこちら
「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」について詳しくはこちら

関連する投稿


利府 |「宮城県県民の森」遊びながら森の魅力を体感しよう!

利府 |「宮城県県民の森」遊びながら森の魅力を体感しよう!

仙台市、富谷市、利府町にまたがる広大な敷地をもつ「宮城県県民の森」。園内ではフィールドアスレチックで思いきり体を動かしたり、ガイドの説明を聞きながら森の草花を観察できるほか、親子で一緒に楽しめるアクティビティもありとても充実しています。屋内施設もあり、雨の日は自然の素材を使ったクラフト体験がオススメです。


白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

伊達政宗の腹心・片倉小十郎の城下町として知られる宮城県白石(しろいし)市。街の中心部から離れたのどかな山間部にたたずむ「tsuribori cafe Clover」は、釣り掘とカフェ、駄菓子屋の3つを楽しめるユニークなお店です。お子さんはもちろん、大人も夢中になってしまう注目のスポットをご紹介します。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。


松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。



最新の投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。