新型コロナウイルス感染症の影響により、「ななび」に掲載しているスポットやイベントなどの
開催・営業時間に、変更が発生している場合がございます。
おでかけ前に、各スポット公式サイトをご確認くださいませ。
 

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.4】蔵王連峰の絶景&アクティビティ体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.4】蔵王連峰の絶景&アクティビティ体験

蔵王連峰の雄大な自然に抱かれた宮城県蔵王町。春の「みやぎ蔵王えぼし すいせん祭り」にはじまり、夏・秋の満天にきらめく星空散歩、秋の紅葉ドライブ、冬は樹氷ツアーと、この街ならではの楽しみがいっぱい!今回は蔵王の四季が織り成す美しい絶景と、アクティビティをご紹介します。


【春】ゲレンデが黄色に染まる!「みやぎ蔵王えぼし すいせん祭り」

スイセン畑

東北自動車道村田ICまたは白石ICから遠刈田温泉方面へ車で約30分、蔵王連峰の後烏帽子岳(うしろえぼしだけ)中腹に広がる「みやぎ蔵王えぼしリゾート」。冬の間、一面銀世界だったゲレンデは、例年4月下旬~5月中旬になると55万株ものスイセンに彩られます。

その風景は、まるでゲレンデ全体にイエローカーペットが敷かれたかのよう。青空とのコントラストも美しく、絶景そのものです。キングアルフレッドやガーデンジャイアントなど、スイセンの種類は30種類以上と豊富。甘い香りも楽しみながら、スイセン畑を散策してみてください。

見ごろにあわせて「みやぎ蔵王えぼし すいせん祭り」も開催されます。2019年は4月19日(金)から5月31日(金)に行なわれ、期間中は展望ロープウェーが運行。空中散歩しながらのスイセン観賞も楽しみですね。

【夏・秋】ナイトアクティビティ「みやぎ蔵王えぼし ナイトゴンドラ 空中さんぽ」

満天に輝く星空

みやぎ蔵王えぼしリゾートでは、星空を観賞するロマンチックなアクティビティも開催しています。

「みやぎ蔵王えぼし ナイトゴンドラ 空中さんぽ」では、ロープウェーに乗って空中散歩を楽しみながら、一気に標高1,100mの石子ゲレンデへ。星空専門ガイドによる天体や星座などにまつわるエピソードを聞いたあとに、満天に輝く星空を眺めます。

人工の明かりがない、360度見渡す限りの星空のパノラマは感動的!レストハウス前に設置されている望遠鏡で、月や惑星、星雲などを観察するのもオススメです。

「みやぎ蔵王えぼし ナイトゴンドラ 空中さんぽ」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

【秋】赤や黄色に包まれる「蔵王エコーライン」で紅葉ドライブ

蔵王エコーライン

遠刈田温泉から山形県の蔵王坊平高原へと抜ける「蔵王エコーライン」は、約26キロメートルの山岳観光道路。標高が上がるにつれて変わっていく蔵王の大自然を体感しながら、爽快なドライブが楽しめます。

特に秋は紅葉スポットとして大人気。蔵王連峰は針葉樹が多く、緑のなかにブナやカエデ、ナラなどの赤やオレンジ、黄色が映える見事な紅葉風景を観賞できます。

蔵王エコーラインのなかでも、標高約700メートル地点にある「滝見台」は知る人ぞ知る紅葉の名所。紅葉に染まる森のなかを、落差53.5メートルの不動滝をはじめ、地蔵滝、三階の滝の3つの名瀑が流れる様子は、一枚の絵のようです。

【冬】スノーモンスターに会いに行こう!「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」

“自然の芸術”といわれる樹氷

冬の蔵王といえば、“自然の芸術”といわれる樹氷を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

蔵王連峰の標高1,100メートル超の場所に広がる「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」は、極上のパウダースノーを滑走できるスキー場。さまざまなウィンターアクティビティも楽しめ、例年12月上旬~3月中旬は「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」が行なわれています。

雪上車・ワイルドモンスター号で樹氷めぐり

みやぎ蔵王の樹氷めぐりは、雪上車・ワイルドモンスター号で雪山を登り、10メートル近い高さの“スノーモンスター”と呼ばれる樹氷を間近で観賞できる、とっておきのツアー。寒さ対策とサングラスは必携ですが、雪上車内は暖房付きで快適です。

「みやぎ蔵王の樹氷めぐり」は、こちらの記事で詳しくご紹介中です!

蔵王連峰の雄大な自然に恵まれた蔵王町。春夏秋冬、季節ごとのお楽しみや絶景が待っていますよ。

遊んだあとは「遠刈田温泉」でリラックス!蔵王町でオススメの共同浴場をななびチェック!

江戸時代の湯小屋のよう!「壽(ことぶき)の湯」

宮大工による建築の湯小屋。源泉掛け流しの熱めの湯が特徴で、湯上がりは身体がすっきり軽く感じられます。

温泉街の中心部にある「共同浴場 神の湯」

木造りの風情あふれる共同浴場。湯口からは源泉掛け流しのフレッシュな湯が注がれ、あつめの湯とぬるめの湯が楽しめます。

足湯で気軽に温泉を楽しみましょう

神の湯の玄関前には足湯があり、こちらでも源泉掛け流しの湯で足元から温まれます。無料で利用できるのもうれしいポイント!

「みやぎ蔵王えぼし すいせん祭り」について詳しくはこちら
「空中さんぽde星空さんぽ」について詳しくはこちら
「蔵王エコーライン」について詳しくはこちら
「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」について詳しくはこちら

関連する投稿


名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

宮城県名取市の「カフェ モーツァルト ユリイカ」は、JR名取駅と直結している「名取市図書館」併設のカフェ。日差しがたっぷり入り込む明るい店内で、地元食材を活かしたランチや華やかなスイーツが味わえます。カフェと同じフロアに設けられた図書館の児童コーナーには、靴を脱いでお子さんと一緒に読書が楽しめるスペースもありますよ。


仙台 |「どようびキッズ・プログラム」で遊びながらアートに親しもう

仙台 |「どようびキッズ・プログラム」で遊びながらアートに親しもう

宮城県仙台市の「宮城県美術館」で毎月開催される「どようびキッズ・プログラム」は、3歳くらいから10歳くらいまでのお子さんを対象とした無料のワークショップ。水や土、木などの身近な素材を使って遊んだり、美術館の敷地内を探検したり、五感を使ったアート体験ができますよ。


仙台 |「スプリングバレー泉高原」アクセス抜群のスキー場

仙台 |「スプリングバレー泉高原」アクセス抜群のスキー場

寒い冬の楽しみといえば雪遊び。宮城県仙台市の「スプリングバレー泉高原」では、はじめてのチャレンジから滑りなれた上級者までお子さんがスキーレッスンを受けられる「スキッズ・キャンプ」、スノーチュービングやそり遊びができる「雪の冒険王国」など、ウィンターアクティビティが充実!思いきり体を動かしてリフレッシュしませんか?


南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

宮城県南三陸町は、県内外から観光客が集まる商店街や、旬魚をたっぷりと盛った丼が有名な街。そんな南三陸町のおみやげの定番は“モアイグッズ”!手がけるのは、モアイグッズの専門店「南三陸モアイファミリー」です。なぜ南三陸町でモアイなのか、どんなアイテムが人気なのか…、気になる疑問をリサーチします。


大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

宮城県大崎市にある「感覚ミュージアム」は、五感をテーマにしたミュージアムです。体全体を使って線を描いたり、空が映り込んだ鏡張りの空間に入り込んだり、お子さんも大人も楽しめる体験型の展示が盛りだくさん。オリジナルグッズがそろうショップや、地元食材を使ったメニューを味わえるカフェにもたち寄ってみましょう。


最新の投稿


秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

秋田 |「ブックスタート推進事業」赤ちゃんの絵本デビューをサポート

全国で広がりをみせる「ブックスタート推進事業」。秋田県秋田市では、0歳児とその保護者を対象に絵本の読み聞かせを定期開催し、絵本をプレゼントする子育て支援事業のひとつとして推進されています。無料で参加できるので、赤ちゃんのはじめての絵本選びや読み聞かせの参考にしてみてくださいね。


名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

名取 |「カフェ モーツァルト ユリイカ」図書館にある地元食材が味わえるカフェ

宮城県名取市の「カフェ モーツァルト ユリイカ」は、JR名取駅と直結している「名取市図書館」併設のカフェ。日差しがたっぷり入り込む明るい店内で、地元食材を活かしたランチや華やかなスイーツが味わえます。カフェと同じフロアに設けられた図書館の児童コーナーには、靴を脱いでお子さんと一緒に読書が楽しめるスペースもありますよ。


奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

奥州 |「N'CAFE」体にやさしいスイーツを味わえる“無添加”の住宅ショールーム

岩手県南部の奥州市水沢地区にある「N'CAFE」は、住宅ショールーム内に設けられたカフェ。“無添加”をキーワードにしたナチュラルな空間で、体にやさしい素材を使ったスイーツをいただけます。日によって担当シェフが替わるランチも要チェックですよ。


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)