新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年4月21日以降の記事更新をお休みいたします。
不要不急のおでかけを控え、おうちでバックナンバーをご覧いただきながら、ゆっくりお過ごしください。
 

白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

伊達政宗の腹心・片倉小十郎の城下町として知られる宮城県白石(しろいし)市。街の中心部から離れたのどかな山間部にたたずむ「tsuribori cafe Clover」は、釣り掘とカフェ、駄菓子屋の3つを楽しめるユニークなお店です。お子さんはもちろん、大人も夢中になってしまう注目のスポットをご紹介します。


話題の「tsuribori cafe Clover」って?

東北自動車道村田ICから車を走らせること約25分。周囲を山々に囲まれた蔵王連峰の麓に「tsuribori cafe Clover(ツリボリカフェクローバー)」はあります。

釣り掘にカフェ、駄菓子屋と、3つの要素がそろったこちらのお店は、オープンするやいなや県内のファミリーの間でたちまち話題に。カフェ内におもちゃや絵本があるなど、お子さんに配慮がされているのも人気のポイントです。

ファミリーで釣りにチャレンジ!

釣りは90分釣り放題、竿1本とえさ代込みで1,480円と、ファミリーにうれしいリーズナブルさ。えさは乾燥桜エビなので、虫が苦手なママやお子さんも安心です。

釣り場は、清流が流れる沢と、丸い池のような形をした釣り堀の2ヶ所があります。小さいお子さんがいる場合は、丸い形の釣り堀のほうが足場がよくオススメです。

日によって異なりますが、釣り場にはイワナやニジマス、ヤマメなど、約7種類の魚が泳いでいます。釣った魚は、1匹につき100円で持ち帰りができます。持ち帰らずリリースもOKですよ。

土・日曜、祝日にはカフェがオープン

土・日曜、祝日限定でオープンするカフェにも、ファミリーにうれしいポイントがいっぱいです。

店内にはおもちゃやマンガ、テレビゲームなどが用意され、お子さんはキラキラと目を輝かせてしまいそう。赤ちゃん連れにぴったりな小上がり席もあります。

カフェの人気メニューは「天然氷のかき氷」。天然水を使ったふわふわ食感のかき氷は、なんとシロップと練乳がかけ放題!お子さんにとっては夢のようですね。

シロップはいちごやレモンといった定番のほか、アセロラやすだちなど、めずらしいフレーバーもラインナップ。全部のシロップを少しずつかけてレインボーカラーにしたり、併設の駄菓子屋で購入した菓子をトッピングしたりと、お好みのかき氷に仕上げましょう。

大人は釣りのひと休みに「天然水のコーヒー」をどうぞ。湧き水で淹れたコーヒーはほどよい苦みとすっきりとした後味が評判です。濃厚な蔵王ミルクを加えたカフェラテも味わえますよ。

大人もワクワクの駄菓子屋

カフェ内にある駄菓子コーナーも必見です。種類豊富にそろう昔なつかしい駄菓子に、どれを買おうか大人のほうが興奮してしまいそう。

駄菓子コーナーには、ビニールプールに浮かぶおもちゃをすくう遊び場も。小さなお子さんはこちらで釣りごっこを楽しむのもいいですね。

釣りが初めてというお子さんも、ワクワクのスポットが盛りだくさんのtsuribori cafe Cloverなら気軽にチャレンジできます。今度の休日に、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

「tsuribori cafe Clover」で釣りをさらに楽しむためのななびチェック!

釣りをするときは手ぶらで!

釣りで使うバケツや釣り針を取る道具、魚を持ち帰るときの保冷材やビニール袋も料金に含まれています。釣りの条件が平等になるよう、竿やえさ、仕掛けの持ち込みは禁止です。

釣りは竿のシェアもOK

レンタルした1本の竿をファミリーみんなで使うことができます。人数が多いときにうれしいですね。

たくさん釣りたいときは平日がチャンス

土・日曜は混雑するため、平日のほうが比較的たくさんの魚が釣れます。

「tsuribori cafe Clover」について詳しくはこちら

関連する投稿


仙台 |「どようびキッズ・プログラム」で遊びながらアートに親しもう

仙台 |「どようびキッズ・プログラム」で遊びながらアートに親しもう

宮城県仙台市の「宮城県美術館」で毎月開催される「どようびキッズ・プログラム」は、3歳くらいから10歳くらいまでのお子さんを対象とした無料のワークショップ。水や土、木などの身近な素材を使って遊んだり、美術館の敷地内を探検したり、五感を使ったアート体験ができますよ。


仙台 |「スプリングバレー泉高原」アクセス抜群のスキー場

仙台 |「スプリングバレー泉高原」アクセス抜群のスキー場

寒い冬の楽しみといえば雪遊び。宮城県仙台市の「スプリングバレー泉高原」では、はじめてのチャレンジから滑りなれた上級者までお子さんがスキーレッスンを受けられる「スキッズ・キャンプ」、スノーチュービングやそり遊びができる「雪の冒険王国」など、ウィンターアクティビティが充実!思いきり体を動かしてリフレッシュしませんか?


南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

南三陸 |「南三陸モアイファミリー」話題のモアイグッズの魅力に迫る

宮城県南三陸町は、県内外から観光客が集まる商店街や、旬魚をたっぷりと盛った丼が有名な街。そんな南三陸町のおみやげの定番は“モアイグッズ”!手がけるのは、モアイグッズの専門店「南三陸モアイファミリー」です。なぜ南三陸町でモアイなのか、どんなアイテムが人気なのか…、気になる疑問をリサーチします。


大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

大崎 |「感覚ミュージアム」で五感を使った体験型の展示を楽しもう

宮城県大崎市にある「感覚ミュージアム」は、五感をテーマにしたミュージアムです。体全体を使って線を描いたり、空が映り込んだ鏡張りの空間に入り込んだり、お子さんも大人も楽しめる体験型の展示が盛りだくさん。オリジナルグッズがそろうショップや、地元食材を使ったメニューを味わえるカフェにもたち寄ってみましょう。


名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

名取 |「ICHIBIKO 閖上店」ブランドいちご・ミガキイチゴのスイーツを召し上がれ

宮城県山元町で栽培される「ミガキイチゴ」をご存じでしょうか?濃厚な甘みと形の美しさから、“食べる宝石”と呼ばれるブランドいちごです。そのミガキイチゴを使ったスイーツを提供しているのが、名取市の「ICHIBIKO 閖上店」。ドリンクやプリン、大福など、バラエティに富んだミガキイチゴスイーツを味わってみませんか。


最新の投稿


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。