新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2020年4月21日以降の記事更新をお休みいたします。
不要不急のおでかけを控え、おうちでバックナンバーをご覧いただきながら、ゆっくりお過ごしください。
 

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


鶴岡で100年以上愛される老舗青果店

フルーツショップ青森屋

JR鶴岡駅から歩いてすぐのところにある「フルーツショップ青森屋」は、創業100年を超える老舗青果店です。山形県なのに“青森”という屋号が付いているのは、初代が青森県からりんごを鶴岡に持ってきて開業したことから。それ以来、質の高い旬のフルーツがそろうと、地元の人たちに親しまれてきました。

店頭に並ぶ、県内のみならず全国各地から直送される食べ頃のフルーツ

店頭に並ぶのは、県内のみならず全国各地から直送される食べ頃のフルーツ。3代目である現在の社長みずからが産地へ足を運んで仕入れるフルーツは、生産者の方が贈答用に厳選したものなので、そのおいしさはお墨付きです。

おしゃれな空間でのんびりカフェタイム

1階カフェ

フルーツショップ青森屋では、自慢のフルーツを活かしたケーキやタルトをテイクアウトで販売するほか、併設するカフェスペースでドリンクと一緒に味わうこともできます。イートインの場合は、まずレジでオーダーを済ませましょう。

2階カフェ(白い小部屋)

席は1階と2階にあり、それぞれにテイストが異なります。1階はアンティーク調の家具を配した落ち着きのある雰囲気。2階は壁や家具を白で統一したインテリアで、ロフト風の席や隠れ家風の席など遊び心あふれる空間です。

高級フルーツを惜しみなく使ったタルト&ケーキを召し上がれ

フルーツショップ青森屋には、旬のフルーツを使ったタルトやケーキが常時5~6種類ラインナップ。いろいろなフルーツを欲張りに味わいたいなら、「ミックスフルーツタルト」がオススメです。サクサクの生地の上には食べ頃のフルーツが10種類以上!フルーツは時季によって変わるので、訪れるたびに違ったおいしさに出会えます。

いちごミルク

春先からお目見えする「いちごミルク」は、カスタードクリームを敷き詰めたタルトにたっぷりのいちご、そしてホワイトチョコレートのソースをプラス。甘酸っぱいいちごとまろやかなホワイトチョコレートが相性抜群です。

さくらんぼのタルト

山形が誇るフルーツ・さくらんぼをのせた「さくらんぼのタルト」は、6月中旬~7月中旬までの期間限定です。真っ赤に熟したつやつやの実は、ほおばると果汁がじゅわり。なめらかなチョコレートクリームとのハーモニーを楽しめます。

テイクアウトメニュー&おみやげも要チェック

フルーツジュース

店頭ではタルトやケーキのほかにフルーツジュースも販売しています。作り置きはせず、注文を受けてからフルーツをカットしてジューサーにかけるので新鮮そのもの。フルーツのみずみずしさを感じられますよ。

ドライフルーツ

おみやげには自家製のドライフルーツをどうぞ。フルーツの甘みと栄養がギュッと凝縮したドライフルーツは、添加物不使用なのでお子さんのおやつに安心。そのまま食べるのはもちろん、熱湯に5~10分浸してフルーツティーにするのもオススメです。

フルーツショップ青森屋で、旬のフルーツの魅力を余すところなく堪能してくださいね。

旬のフルーツをぜいたくに味わう!「フルーツショップ青森屋」のななびチェック!

フルーツのおいしさを引き立てる生地とクリーム

タルトやケーキに使う生地とクリームは、フルーツの種類や状態によってレシピを調整。フルーツを知り尽くしたプロならではのこだわりですね。

フルーツのおいしさをより楽しむならイートインで

タルトやケーキには新鮮なフルーツを使っているので、みずみずしさを堪能するならテイクアウトよりもイートインがオススメ。テイクアウトの場合も当日中に味わいましょう。

ファミリーにうれしい2階の貸し切りルーム

カフェスペースの2階にある「白い小部屋」は、1組限定の貸し切りルーム。平日(終日)と土・日曜・祝日の午前中なら予約もOKです。

「青森屋」について詳しくはこちら

関連する投稿


山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形 |「シベールファクトリーパーク」ショッピングとラスク工場の見学を楽しもう

山形県山形市の「シベールファクトリーパーク」は、洋菓子店「シベール」のショップやラスク工場がたつスイーツのテーマパーク。ラスクやケーキ、パンなどが盛りだくさんにそろうショップでのお買いものや、ラスク工場の見学を満喫できます。カフェを併設していて、ファミリーでゆっくり過ごすのにオススメのスポットです。


鶴岡 |「木村屋 ファクトリーストア」焼きたてパンが並ぶ人気の老舗菓子店

鶴岡 |「木村屋 ファクトリーストア」焼きたてパンが並ぶ人気の老舗菓子店

山形県鶴岡市にある「木村屋 ファクトリーストア」は、明治時代に創業した老舗菓子店「木村屋」の工場直営店舗。ケーキや和菓子が種類豊富にそろい、ラインナップは季節ごとに入れ替わります。工場直営店舗ならではの焼きたてパンのコーナーも要チェック。イートインスペースを併設する広い店内で、ゆっくりショッピングを楽しみませんか?


鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

鶴岡 |「鶴岡冬まつり」雪の街のロマンチックなイベント

名曲『雪の降るまちを』の発想地・山形県鶴岡市で、冬の風物詩として市民から愛される「鶴岡冬まつり」。おまつり期間中は、明治時代・大正時代に建てられた歴史的建造物のライトアップ、『雪の降るまちを』にちなんだ「鶴岡音楽祭」、郷土料理の寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」など、さまざまなイベントが行なわれます。


寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

冬の山形県は、豪雪地帯ならではの雪にちなんだイベントが目白押し。その先陣を切るのが、寒河江市で開催される「やまがた雪フェスティバル」です。巨大な雪像をバックに行なわれるアーティストのライブや、雪を使ったアトラクション、ラーメンをはじめ地元のグルメが集まる屋台、夜のイルミネーションに花火大会と、お楽しみがいっぱいです。


朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

山形県の中央部・村山地域に位置し、朝日連峰の主峰・大朝日岳がある朝日町。毎年11月に開催される「朝日町産業まつり・りんごまつり」では、農産物の販売や街の名産品であるりんごの品評会、お子さんが楽しめる催しが行なわれます。餅まきや三平汁のふるまいなど、うれしいサービスも盛りだくさんのイベントですよ。


最新の投稿


本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

本宮 |「プリンス・ウィリアムズ・パーク」1日遊べる憩いのあそび場

福島県本宮市にある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」は、「スマイルキッズパーク」の名前で親しまれてきた屋内外で遊べる公園。2014年にイギリスのウィリアム王子が訪れたことをきっかけに、英国庭園が整備され、現在の名前へと変わりました。幼児~小学生まで思いきり遊べるのはもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しめる公園です。


七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

七戸 |「しちのへ春まつり」家族で楽しめるイベントで、町の魅力と春の訪れを満喫しよう!

青森県東部に位置する七戸町は、季節によってがらりと変わる風景美や、幅広い年代が楽しめるイベント、歴史を感じる町並みや史跡、豊富な特産品やめずらしい名物など体感したくなるような魅力が満載です。そんな七戸町の春を彩るイベントにおでかけしてみませんか?※2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました(詳しくは公式ホームページをご確認ください)


黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

黒石 |「松の湯交流館」銭湯を活用した交流拠点で、心あたたまるひとときを過ごそう

青森県黒石市の「松の湯交流館」は、こみせと呼ばれるアーケード状の通路がまとまって残る、全国的にもめずらしい通りに位置する多目的交流施設です。今回は、観光客向けの案内所や、市民の憩いの場として親しまれている「松の湯交流館」の魅力をご紹介します。


猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

猪苗代 |「野口英世記念館」遊んで学べる体験型ミュージアム

福島県猪苗代町出身の偉人といえば、現行の1,000円札の肖像画でもおなじみの野口英世。細菌学者として世界中でさまざまな業績を残した人物です。猪苗代町には、その生家を保存してたてられた「野口英世記念館」があり、ノーベル賞候補になった野口英世の生涯とその業績をわかりやすく紹介しています。


新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟 |「秋葉硝子」吹きガラスの魅力を伝えるガラス工房

新潟市街から車で30分ほどの場所にある秋葉区新津地域。かつてこの地域ではガラス工業が盛んで、10数社の工場があったそう。現在は「秋葉硝子」の1社のみとなりましたが、美しい吹きガラスの魅力を伝えています。大量生産ではなく、手づくりのガラス作品が醸しだす風合いは、多くの人を魅了しています。