長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

長岡 |「山古志闘牛大会」迫力満点!国の重要無形民俗文化財の闘牛を見にいこう

新潟の中部、山古志を中心とした地域では、古くから雄牛を闘わせる行事「角突き」が行なわれてきました。現在は長岡市山古志と小千谷市、2ヶ所の闘牛場で行なわれていますが、今回は毎年5月~11月に行なわれる山古志闘牛大会での「牛の角突き」を紹介します。


牛も家族の一員だった山古志

新潟県中越エリアに位置する長岡市山古志は、美しい棚田が広がる山あいの地域。棚田を耕すための労働力として、牛は大切に飼育されてきました。

冬は3メートル以上の雪が積もる地域のため、昔は牛と人間がひとつ屋根の下で暮らしていました。そんな人間と牛との密接な暮らしのなかで、「牛の角突き」が娯楽として自然発生したそうで、一説には1,000年以上前からはじまったともいわれています。

山古志の闘牛は、引き分けが原則?

山古志の牛の角突きは、五穀成就や安全祈願、神様への感謝をさまざまな形で表現する神事として行なわれる、全国でも珍しい闘牛です。その特徴は、「勝敗をつけない」こと。

一般的な闘牛では、牛の角は武器になるように矯正しますが、山古志の牛は自然のままに伸ばします。それは、「牛を傷つけることなく、引き分けで終わらせる」ため。勝敗がつくと賭けの対象になる可能性があり、神事にはふさわしくないという理由から、勝負づけをしないのです。

ファイトあふれる牛たちと勢子の勇姿がかっこいい!

観客席から闘牛場内が近く、巨体の牛が激突するさまは迫力満点です!

牛の綱を解き放し、「綱なし」と呼ばれる状態になったら戦闘開始。多彩な技を繰り出して闘います。その様子を息をのんで見守る人や、「がんばれ!」と大声で応援する人などで、会場が一気に盛り上がります。

牛は育てられた牛舎や性格によってそれぞれ個性があり、得意技も違います。闘いの内容もさまざまで、激しく角を突き合う取り組みもあれば、がっちり組み合って押し合ったり、ときには闘わずに逃げてしまう牛も。闘いは長くても5分ほどで終わります。

牛はもちろん、牛を取り囲む「勢子(せこ)」と呼ばれる男たちの活躍も、山古志の闘牛の見どころのひとつ。

勢子は牛を叱咤激励して迫力のある技のかけあいを見せ、闘いの最高潮で牛を引き分ける役目を担います。闘いが最高潮に達したあたりで、勢子のなかの審判係ともいえる「綱掛け(つなかけ)」が闘いを止める合図を出し、それぞれの牛の足に綱を掛けて引き分けに。

なんと素手で激闘を止めるのですが、命がけともなるので勇気が試されます。
同時に他の勢子たちが角やあご、急所の鼻をとらえたら手を挙げて、闘いは終了。勢子の連携プレーで牛を傷つけないように引き分けるのも、腕の見せどころです。

山古志の闘牛は子どもも楽しめる、平和な闘牛ともいえます。日本の「闘牛」は現在、新潟以外にも東北、中国四国、九州、沖縄で行なわれていて、地域によって綱をつけたまま闘ったり、勝敗をつけたりと内容が違うようなので、見比べてみるのも楽しいですね。

「牛の角突き」を楽しむためのななびチェック

取組表をもらいましょう

闘牛大会では、牛の角突きの取組表が配られます。そこには牛の詳しいプロフィールが掲載されていて、しこ名や年齢などを確認できます。また、闘牛がはじまる前に勢子に話しかけて、取り組みの見どころを聞いてみましょう。それらの情報から、どのような闘いになるのか予想するのも楽しみのひとつですよ。

天候を見て、服装や持ち物を用意しましょう

闘牛会場は天候によっては地面がぬかるんでいるときもあるので、汚れても気にならない履き物で向かいましょう。会場は屋外なので、レインコートなどの雨具を携帯していると安心です。

闘牛場への直通シャトルバスもあります

駐車場のスペースが限られているので、はやめの到着をオススメします。また、長岡駅から山古志闘牛場いきの有料シャトルバスも運行しています。長岡駅で下車の場合、バスの利用も便利です。

「山古志闘牛大会」について詳しくはこちら

関連する投稿


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。




新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟 | 米どころ・新潟は大福のレベルも高し!人気の大福3選

新潟の大福は、県外の人がびっくりするほどのおいしさで知られています。新潟にはきんぴらごぼうを入れたものや、塩だけで煮た甘くないあんこが入った「おやき」と呼ばれる大福など、珍しい大福も。ただ、今回紹介するのは定番の豆大福。新潟の老舗がつくるこだわりや工夫が詰まった豆大福をぜひ食べ比べてみてください。


村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

村上 |「城下町村上 町屋の人形さま巡り」町屋に伝わる貴重なひな人形を見に行きましょう

日本海に面した「北限の茶どころ」である村上市では、毎年3月1日~4月3日まで「城下町村上 町屋の人形さま巡り」が行われています。村上市は江戸時代、村上藩の城下町として栄えた街で、旧町人町一帯には今も情緒あふれる古い町並みや町屋が残っています。村上市内の町屋を訪ね、各家庭に代々受け継がれながら大切に保管されてきた「人形さま」を見に行きませんか。


最新の投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。