南陽 |「漆山果樹園」30品種以上ものぶどうを栽培!果樹園直営のカフェで味わう絶品メニュー

南陽 |「漆山果樹園」30品種以上ものぶどうを栽培!果樹園直営のカフェで味わう絶品メニュー

山形県といえば、国内有数のぶどうの産地。なかでも南陽市は、県内のぶどう栽培発祥の地といわれる街です。「漆山果樹園」は30品種以上ものぶどうを栽培する果樹園で、自慢のぶどうをたっぷり使ったパフェやジェラートを提供するカフェを併設。無添加とできたてにこだわってつくるメニューの数々は、ファミリーから評判なんですよ。


見渡す限りに果樹園が広がる山形屈指のぶどう産地

ぶどうの生育に適した地形や気候条件がそろった南陽市赤湯エリアでは、江戸時代初期からぶどうの栽培が行なわれてきました。そんなエリアのなかでも80年超の歴史をもつ「漆山果樹園」は、JR赤湯駅から車で約15分、山の斜面に沿ってぶどう畑が連なるのどかな場所にあります。2019年4月に開通した東北中央自動車道 南陽高畠ICからは車で約10分です。

こちらで栽培しているぶどうは、デラウェアや巨峰をはじめとするおなじみの品種から、近ごろ人気が高まっているシャインマスカットまで、なんと30品種以上。ぶどう狩りやカフェのオリジナルスイーツでそのおいしさを余すところなく楽しめます。

ぶどう園を眺めながらカフェでスイーツを

漆山果樹園のカフェでは、園内で採れた甘くてジューシーなぶどうを活かしたメニューが味わえます。1番人気の「ぶどうパフェ」は、生・冷凍・ドライと加工方法が異なるぶどうをたっぷりと使った華やかな一品。同じぶどうでも、いろいろな味わいと食感が楽しめるのが魅力です。

中央にのったジェラートは、数種類から好きなフレーバーを1つ選ぶことができます。また、注文を受けてからホイップする純生クリームは濃厚でミルキー。グラスのなかにはヨーグルトも入っていて、ぶどうの芳醇な甘みとの相性抜群です。このパフェを目当てに、県外から訪れるお客さんも多いそうですよ。

漆山果樹園では紅茶を使ったメニューにも力を入れています。ティーコーディネーターの資格をもつ店長が、世界各地の茶葉を厳選。あわせるフルーツや飲み方によって使い分けています。

そんななか生まれた自信作が「ぶどう園のぶどうたっぷりアイスティー」です。果汁100%の自家製ぶどうジュースと茶葉からていねいに淹れた紅茶にガムシロップをあわせ、なかには半分にカットしたぶどうがゴロゴロ!爽やかなぶどうと香り高い紅茶がマッチして、ゴクゴク飲み干してしまうおいしさです。

パパやママには、ラム酒を加えたアルコール版もありますよ。ラム酒は自園のぶどうでつくったレーズンを漬けているので、ほんのりぶどうの風味。深みのあるフルーティーな味わいは、大人だけのお楽しみです。

山形や東北の素材を使ったジェラートもオススメです。

品種の異なるぶどう、りんごやいちご、かぼちゃなど、味は季節や日により数種類がラインナップ。フルーツや野菜そのものの味と香りを楽しめるよう、素材を皮ごと粉砕したり、砂糖は控えめにしたりと工夫がいっぱい。

乳化剤や安定剤などの添加物が一切入っていないのも安心です。「欲張り6点」のメニューなら、いろいろな種類を味わえます。

7月~9月はぶどう狩りを楽しもう

漆山果樹園では、7月~9月までぶどう狩りが楽しめます。ハウス内での体験なので、天気を気にしなくていいのがうれしいポイント。30品種のうち、ぶどう狩りができる品種は時季によって変わり、早めに終了することもあります。

また、食べ放題ではなくもぎ取った分だけ購入するスタイルなので、「おなかいっぱいになってカフェのスイーツを食べられなかった!」ということもありません。

数あるぶどうの品種のなかでも特にオススメなのが、7月上旬~8月下旬が食べごろのデラウェア。小粒で種がないためお子さんでも食べやすく、糖度が20度以上と高く甘みも抜群。収穫したぶどうは、カフェでスイーツと一緒に味わってもOKですよ。

みずみずしいぶどうと多彩なオリジナルスイーツがそろう「漆山果樹園」へ、ぜひファミリーでおでかけしてみてください。

「漆山果樹園」で山形のフルーツを満喫!ななびチェック!

オフシーズンは来園前の予約をお忘れなく

漆山果樹園は、ぶどうのシーズンである7月~9月は無休で営業していますが、そのほかの時期は予約制です。ホームページまたは電話で、希望のメニューと人数を伝えて予約をしましょう。

紅茶やハーブティーの教室を開催

ティーコーディネーターの資格をもつ店長による、いろいろなフルーツを使ったお茶が楽しめるお茶会も行なっています。詳しくはお問い合わせを。

ペットと一緒の来店もOK!

カフェにはペットを連れて入店できるスペースを用意。屋根付きなので快適です。

「漆山果樹園」について詳しくはこちら

関連する投稿


寒河江 |「さがえ さくらんぼの祭典」さくらんぼの街の一大イベント

寒河江 |「さがえ さくらんぼの祭典」さくらんぼの街の一大イベント

さくらんぼの収穫量が日本一を誇る山形県。なかでも寒河江市は県内屈指のさくらんぼ産地として知られています。さくらんぼの最盛期である6月に、寒河江の魅力を体感できる「さがえ さくらんぼの祭典」を開催。1ヶ月間繰り広げられるこちらの祭典には、お子さんから大人まで楽しめるイベントが盛りだくさんです。




鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

鶴岡 |「フルーツショップ青森屋」こぼれんばかりのフルーツにびっくり!ぜいたくなタルト&ケーキを味わおう

山形県といえば、日本屈指のフルーツ王国。鶴岡市にある「フルーツショップ青森屋」は、地元をはじめ全国各地から仕入れたよりすぐりのフルーツを扱う青果店です。店内にはカフェスペースも併設し、青果店ならではの新鮮なフルーツをたっぷり使ったタルトやケーキが大人気。遊び心あふれる空間にも注目してみてくださいね。


鶴岡 |「HOUSE清川屋」ショッピングもイベントも楽しめる!新感覚の体験型みやげ店

鶴岡 |「HOUSE清川屋」ショッピングもイベントも楽しめる!新感覚の体験型みやげ店

山形県鶴岡市の「清川屋」といえば、創業350年を超える老舗のみやげ店。山形県内に9つの店舗を構え、なかでも「HOUSE清川屋」は、ユニークなコンセプトをもった新感覚の店舗です。さまざまな仕掛けのある店内で、ショッピングはもちろん食にまつわるイベントも楽しめるんですよ。


最新の投稿


須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

須賀川 |「Rojima~すかがわの路地deマーケット~」須賀川の街にこだわりのモノが集まる手づくり市 

福島県の空の玄関口「福島空港」がある須賀川市。その須賀川市で、福島県内だけではなく、県外からもこだわりのモノが集まるのが「Rojima(ロジマ)」です。路地や空き地、商店街の空き店舗などを利用して開催され、毎回たくさんの人で賑わっています。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.3】ショッピングしながらくつろげるカフェ併設の雑貨店3選

気になるカフェや雑貨店があっても、ファミリーでおでかけすると1日に何軒もめぐるのは難しいもの。スイーツを楽しみながらおしゃれなアイテム選びもできる、そんなお店はうれしいですよね。今回は、カフェのある雑貨店をご紹介。秋田県湯沢市の伝統工芸品やエキゾチックな雑貨など、旅行気分を盛り上げるお気に入りが見つかりますよ。


新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

新潟 | 濃厚なバタークリームがたっぷり!愛され続けるサンドパン4選

あまり聞きなれない「サンドパン」。コッペパンにクリームを塗ったもので、新潟県の人にとってはおなじみのパンです。クリームの種類はたくさんあり、レトロなパッケージに入っているのも特徴のひとつ。新潟県内で「サンドパン」を販売するお店のなかから、今回はオススメの「サンドパン」4店舗をご紹介します。


三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

三沢 |「青森県立三沢航空科学館」大人も子どもも夢中!航空機と科学の魅力を全身で体感しよう

青森県三沢市にある「青森県立三沢航空科学館」は、「大空」と「飛翔」をテーマとした航空科学を学べる施設です。本物の航空機に搭乗したり、豊富な体験型展示で科学のおもしろさを体感したりと、大人も盛り上がってしまうような仕掛けがいっぱい!今回は、何時間でもいたくなる楽しい内容をたっぷりご紹介します。


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.2】稲庭の郷で味わう秋田名物・稲庭うどん

お子さんに人気のグルメのひとつ「うどん」!湯沢市稲庭町は、秋田名物として有名な「稲庭うどん」の発祥地。栗駒山系の山々と田園風景に囲まれたこの町は「稲庭の郷(さと)」と呼ばれ、20数軒のうどん製造工場が集まっています。なめらかでコシのある稲庭うどんを食べに、製造元の直営店を訪ねてみませんか?