南陽 |「漆山果樹園」30品種以上ものぶどうを栽培!果樹園直営のカフェで味わう絶品メニュー

南陽 |「漆山果樹園」30品種以上ものぶどうを栽培!果樹園直営のカフェで味わう絶品メニュー

山形県といえば、国内有数のぶどうの産地。なかでも南陽市は、県内のぶどう栽培発祥の地といわれる街です。「漆山果樹園」は30品種以上ものぶどうを栽培する果樹園で、自慢のぶどうをたっぷり使ったパフェやジェラートを提供するカフェを併設。無添加とできたてにこだわってつくるメニューの数々は、ファミリーから評判なんですよ。


見渡す限りに果樹園が広がる山形屈指のぶどう産地

「漆山果樹園」

ぶどうの生育に適した地形や気候条件がそろった南陽市赤湯エリアでは、江戸時代初期からぶどうの栽培が行なわれてきました。そんなエリアのなかでも80年超の歴史をもつ「漆山果樹園」は、JR赤湯駅から車で約15分、山の斜面に沿ってぶどう畑が連なるのどかな場所にあります。2019年4月に開通した東北中央自動車道 南陽高畠ICからは車で約10分です。

「漆山果樹園」のカフェ

こちらで栽培しているぶどうは、デラウェアや巨峰をはじめとするおなじみの品種から、近ごろ人気が高まっているシャインマスカットまで、なんと30品種以上。ぶどう狩りやカフェのオリジナルスイーツでそのおいしさを余すところなく楽しめます。

ぶどう園を眺めながらカフェでスイーツを

「ぶどうパフェ」

漆山果樹園のカフェでは、園内で採れた甘くてジューシーなぶどうを活かしたメニューが味わえます。1番人気の「ぶどうパフェ」は、生・冷凍・ドライと加工方法が異なるぶどうをたっぷりと使った華やかな一品。同じぶどうでも、いろいろな味わいと食感が楽しめるのが魅力です。

中央にのったジェラートは、数種類から好きなフレーバーを1つ選ぶことができます。また、注文を受けてからホイップする純生クリームは濃厚でミルキー。グラスのなかにはヨーグルトも入っていて、ぶどうの芳醇な甘みとの相性抜群です。このパフェを目当てに、県外から訪れるお客さんも多いそうですよ。

「ぶどう園のぶどうたっぷりアイスティー」

漆山果樹園では紅茶を使ったメニューにも力を入れています。ティーコーディネーターの資格をもつ店長が、世界各地の茶葉を厳選。あわせるフルーツや飲み方によって使い分けています。

そんななか生まれた自信作が「ぶどう園のぶどうたっぷりアイスティー」です。果汁100%の自家製ぶどうジュースと茶葉からていねいに淹れた紅茶にガムシロップをあわせ、なかには半分にカットしたぶどうがゴロゴロ!爽やかなぶどうと香り高い紅茶がマッチして、ゴクゴク飲み干してしまうおいしさです。

パパやママには、ラム酒を加えたアルコール版もありますよ。ラム酒は自園のぶどうでつくったレーズンを漬けているので、ほんのりぶどうの風味。深みのあるフルーティーな味わいは、大人だけのお楽しみです。

「山形や東北の素材を使ったジェラート」

山形や東北の素材を使ったジェラートもオススメです。

品種の異なるぶどう、りんごやいちご、かぼちゃなど、味は季節や日により数種類がラインナップ。フルーツや野菜そのものの味と香りを楽しめるよう、素材を皮ごと粉砕したり、砂糖は控えめにしたりと工夫がいっぱい。

乳化剤や安定剤などの添加物が一切入っていないのも安心です。「欲張り6点」のメニューなら、いろいろな種類を味わえます。

7月~9月はぶどう狩りを楽しもう

ぶどう狩り

漆山果樹園では、7月~9月までぶどう狩りが楽しめます。ハウス内での体験なので、天気を気にしなくていいのがうれしいポイント。30品種のうち、ぶどう狩りができる品種は時季によって変わり、早めに終了することもあります。

また、食べ放題ではなくもぎ取った分だけ購入するスタイルなので、「おなかいっぱいになってカフェのスイーツを食べられなかった!」ということもありません。

狩ったぶどうを食べるお子さん

数あるぶどうの品種のなかでも特にオススメなのが、7月上旬~8月下旬が食べごろのデラウェア。小粒で種がないためお子さんでも食べやすく、糖度が20度以上と高く甘みも抜群。収穫したぶどうは、カフェでスイーツと一緒に味わってもOKですよ。

みずみずしいぶどうと多彩なオリジナルスイーツがそろう「漆山果樹園」へ、ぜひファミリーでおでかけしてみてください。

「漆山果樹園」で山形のフルーツを満喫!ななびチェック!

オフシーズンは来園前の予約をお忘れなく

漆山果樹園は、ぶどうのシーズンである7月~9月は無休で営業していますが、そのほかの時期は予約制です。ホームページまたは電話で、希望のメニューと人数を伝えて予約をしましょう。

紅茶やハーブティーの教室を開催

ティーコーディネーターの資格をもつ店長による、いろいろなフルーツを使ったお茶が楽しめるお茶会も行なっています。詳しくはお問い合わせを。

ペットと一緒の来店もOK!

カフェにはペットを連れて入店できるスペースを用意。屋根付きなので快適です。

「漆山果樹園」について詳しくはこちら

関連する投稿


寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

冬の山形県は、豪雪地帯ならではの雪にちなんだイベントが目白押し。その先陣を切るのが、寒河江市で開催される「やまがた雪フェスティバル」です。巨大な雪像をバックに行なわれるアーティストのライブや、雪を使ったアトラクション、ラーメンをはじめ地元のグルメが集まる屋台、夜のイルミネーションに花火大会と、お楽しみがいっぱいです。


朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

朝日町 |「朝日町産業まつり・りんごまつり」地元の特産品が勢ぞろいする秋のイベント

山形県の中央部・村山地域に位置し、朝日連峰の主峰・大朝日岳がある朝日町。毎年11月に開催される「朝日町産業まつり・りんごまつり」では、農産物の販売や街の名産品であるりんごの品評会、お子さんが楽しめる催しが行なわれます。餅まきや三平汁のふるまいなど、うれしいサービスも盛りだくさんのイベントですよ。


上山 |「上山市総合子どもセンター めんごりあ」親子にやさしい無料で楽しめる屋内遊び場

上山 |「上山市総合子どもセンター めんごりあ」親子にやさしい無料で楽しめる屋内遊び場

名湯・かみのやま温泉で有名な山形県上山市にある「上山市総合子どもセンター めんごりあ」。大型遊具でわんぱくに遊べるエリアと、小さいお子さんが安心して遊べるエリアに分かれた屋内遊び場です。気軽に参加できるイベントや休憩スペースも充実。しかも入館無料とあって、地元をはじめ県内外のファミリーが訪れる人気のスポットです。


庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

庄内 |「しょうない秋まつり」地元ゆかりのおいしいものが勢ぞろい!

毎年10月上旬に山形県庄内町で開かれる「しょうない秋まつり」。例年、地元特産品の販売、餅つき大会や和太鼓の演奏などが行なわれて賑わいます。なかでも人気なのは、地元食のコーナー。川ガニ汁やイワナの塩焼きをはじめとした山形県の郷土料理、庄内町の友好町・宮城県南三陸町のホタテの炭火焼きといったグルメが充実しています。


鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.4】お子さんとおでかけ!レジャースポット3選

鶴岡 |【ななび連載:鶴岡編vol.4】お子さんとおでかけ!レジャースポット3選

日本海と山に抱かれた鶴岡市で、お子さんと思う存分遊んでみませんか?今回は、世界的に有名なクラゲの水族館「鶴岡市立加茂水族館」、全天候型の遊戯施設「KIDS DOME SORAI」、江戸時代にタイムスリップした気分になれる映画の撮影所「スタジオセディック庄内オープンセット」をご紹介。ファミリーでのおでかけにオススメです!


最新の投稿


湯沢 |「犬っこまつり」雪国で400年続く伝統の小正月行事

湯沢 |「犬っこまつり」雪国で400年続く伝統の小正月行事

秋田県湯沢市は、積雪期間が年間100日以上あり、街全域が特別豪雪地帯になっている雪国。そんな厳しい寒さが続く冬の湯沢で、毎年2月に行なわれるお祭りが「犬っこまつり」です。お祭りが開催される2日間、街には犬の雪像と雪のお堂が並び、冬の寒さをやわらげるようなあたたかな光景がつくりだされます。


青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森 |【ななび連載:青森編vol.2】青森の大地・海の恵みを収穫して食べられる体験スポット3選

青森といえば、リンゴ、ほたて…とたくさんの特産品があります。今回はそんな青森市内にある、自分で収穫して食べられる体験スポットをご紹介。収穫時期によってさまざまな食材を楽しめるので、何度訪れても楽しめますよ。


新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

新発田 |「城下町しばた全国雑煮合戦」で、体も心もホカホカに

「城下町しばた全国雑煮合戦」は毎年1月に城下町・新発田市で開催されるイベント。新潟県内のみならず、全国から個性あふれるお雑煮が大集合し、みなさんの投票でグランプリが決まります。当日は餅まきなどのイベントもあり、親子でたっぷりと楽しめます。


寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

寒河江 |「やまがた雪フェスティバル」グルメと雪遊びを楽しめる冬イベント

冬の山形県は、豪雪地帯ならではの雪にちなんだイベントが目白押し。その先陣を切るのが、寒河江市で開催される「やまがた雪フェスティバル」です。巨大な雪像をバックに行なわれるアーティストのライブや、雪を使ったアトラクション、ラーメンをはじめ地元のグルメが集まる屋台、夜のイルミネーションに花火大会と、お楽しみがいっぱいです。


青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森 |【ななび連載:青森編vol.1】青森ってどんなところ?

青森県の県庁所在地である青森市は、美しい自然や新鮮な海の幸・山の幸、歴史を感じる文化財に恵まれた中心都市。四季の風景や熱く盛り上がるイベントなどは、海外からの観光客にも注目される、魅力たっぷりの街です。今回は、家族でおでかけしたくなるイベントや観光スポットをご紹介します!