松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

松島 |「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」3つのコレクションの魅力を一度に楽しめる博物館

日本三景のひとつ、宮城県の松島にある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」は、レトロなおもちゃ・モードファッション・オルゴールの3つのコレクションをひとつの施設で観ることができるミュージアムです。普段はなかなかお目にかかれない貴重なコレクションをたくさん展示しているので、じっくり鑑賞を楽しみましょう。


世界的にも貴重なおもちゃや衣装の数々を展示

ザ・ミュージアム MATSUSHIMA

JR松島海岸駅から歩いて12分ほどのところにある「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」。以前同じ場所には「松島オルゴール博物館」がありましたが、2011年の震災後に惜しまれつつ閉館。その後、オルゴールコレクションのほかに「北原トイコレクション」と「瀬川モードコレクション」を加え、2016年にリニューアルオープンしました。

北原トイコレクション

エントランスホールを抜けて最初に登場するのは、「北原トイコレクション」です。

テレビなどで活躍するブリキのおもちゃコレクター・北原照久氏により、東日本大震災の復興支援として寄贈された貴重なおもちゃやポスターなどが展示されていて、お子さんだけでなく大人もワクワク。なかでも「モーションディスプレイ」と呼ばれる電気じかけで動く装飾は、世界的にもとても貴重なものなので必見ですよ!

瀬川モードコレクション

「瀬川モードコレクション」は、ミュージアムのオーナーが所有するパリのオートクチュール黄金時代のドレスや装飾品を展示。19世紀の宮廷衣装から現代の有名デザイナーの初期作品などもあり、細部にまでこだわった美しい装飾のコレクションは、観ているだけでうっとりしてしまいます。

大きなものやユニークな形のオルゴールも!音色の違いを楽しみましょう

世界最大のコンサートオルガン

ミュージアムでひときわ目をひく展示が、「オルゴールコレクション」。こちらでは、ベルギー王立博物館より譲り受けた歴史的にも珍しいオルゴール作品を展示していて、広々とした展示室のなかにさまざまな大きさのオルゴールが並んでいます。本物のサックスやアコーディオンが埋め込まれているものや、座ると音が鳴る椅子型のオルゴールなど、今までのオルゴールのイメージを覆すようなユニークな作品もたくさん。

オルゴールコレクション

1時間に1回ほど開催される演奏会では、スタッフの解説とともに演奏を間近で聴くことができるので、よりオルゴールの魅力について知ることができます。

なかでも、高さ7メートル・横幅9メートルの世界最大のコンサートオルガンは、華やかな装飾と大迫力の音色にびっくり!展示室内は写真撮影OKなので、お気に入りのオルゴールの前で記念撮影をしましょう。

お楽しみのおみやげ選び&おいしいカフェメニューでひと休み♪

ミュージアムショップ

作品展示を観た後は、エントランス近くのミュージアムショップでお買い物を楽しみましょう。

ショップ内では、オルゴールのほかに、アニメキャラクターのグッズや松島のおみやげ品も販売。繊細なガラスでできたオルゴールや、お子さんが喜びそうな木製のかわいらしいオルゴールなど、たくさんの品が並んでいるので、お気に入りを探してみてください。

ミュージアムカフェ

ザ・ミュージアム MATSUSHIMAには、薪火焙煎のコーヒーやオリジナルスイーツが評判のカフェも併設。店内は明るく広々としているので、コレクションを楽しんだ後に家族でゆっくりとした時間を過ごせます。

ミュージアムの入館券にケーキセットが付いたおトクなチケットもオススメ。また、カフェのみの利用もできるので、松島散策の途中で立ち寄ってもいいですね。

潮風香る美しい風景が魅力の松島町にある、ステキな博物館「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」。貴重な芸術作品を鑑賞し、豊かな旅の思い出をつくりましょう。

「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」をじっくりと楽しむ!ななびチェック!

館内は広いのでタイムスケジュールに注意!

たくさんの展示作品をじっくりと観るために、時間にゆとりをもっておでかけしましょう。

おむつ交換や授乳スペースを完備

館内トイレ内にはおむつ替えや授乳スペースがあるので、乳幼児が一緒でも安心。エレベーターも備え、ベビーカーでの館内移動がスムーズにできます。

おトクな割引チケットをチェック!

スマートフォンでの購入で割引になる前売りチケットがあるので、おでかけ前に購入しておくのがオススメ。

「ザ・ミュージアム MATSUSHIMA」について詳しくはこちら

関連する投稿


利府 |「宮城県県民の森」遊びながら森の魅力を体感しよう!

利府 |「宮城県県民の森」遊びながら森の魅力を体感しよう!

仙台市、富谷市、利府町にまたがる広大な敷地をもつ「宮城県県民の森」。園内ではフィールドアスレチックで思いきり体を動かしたり、ガイドの説明を聞きながら森の草花を観察できるほか、親子で一緒に楽しめるアクティビティもありとても充実しています。屋内施設もあり、雨の日は自然の素材を使ったクラフト体験がオススメです。


白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

白石 |「tsuribori cafe Clover」カフェや駄菓子屋も登場!お楽しみ満載の釣りスポット

伊達政宗の腹心・片倉小十郎の城下町として知られる宮城県白石(しろいし)市。街の中心部から離れたのどかな山間部にたたずむ「tsuribori cafe Clover」は、釣り掘とカフェ、駄菓子屋の3つを楽しめるユニークなお店です。お子さんはもちろん、大人も夢中になってしまう注目のスポットをご紹介します。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.4】蔵王連峰の絶景&アクティビティ体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.4】蔵王連峰の絶景&アクティビティ体験

蔵王連峰の雄大な自然に抱かれた宮城県蔵王町。春の「みやぎ蔵王えぼし すいせん祭り」にはじまり、夏・秋の満天にきらめく星空散歩、秋の紅葉ドライブ、冬は樹氷ツアーと、この街ならではの楽しみがいっぱい!今回は蔵王の四季が織り成す美しい絶景と、アクティビティをご紹介します。


蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王 |【ななび連載:蔵王編vol.3】遠刈田温泉で探すほっこりアイテム&手づくり体験

蔵王町の人気スポットのひとつといえば、開湯約400年の歴史をもつ遠刈田温泉。温泉街はこぢんまりとしていますが、見どころがたくさんあって散策にぴったり。ステキなアイテムがそろう陶芸工房やギャラリーショップも点在しているので、作家ものの器をおみやげにしたり、絵付け体験でオリジナルアイテムをつくったりするのもオススメです。



最新の投稿


遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

遠野 |「夢産直かみごう」で朝採り野菜とジェラート、五右衛門そばを!

民話の里・岩手県遠野市と沿岸の街・釜石市を結ぶ国道340号線沿いにある「夢産直かみごう」は、地元の人たちに親しまれている産直施設。朝採りのフレッシュ野菜をはじめ、手づくりスイーツ、搾りたてのミルクを使ったジェラートが大人気です。辛いもの好きが多い土地柄という遠野のソウルフード「五右衛門そば」を味わえる食堂もあります。


郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

郡山 |「開成マルシェ」生産者自慢の品が直接買えるマルシェにおでかけ

毎年4月~11月の第4土曜と、12月第2土曜に「柏屋 開成柏屋」の中庭で開催される「開成マルシェ」。福島県内の生産者さんたちがおいしいものを持ち寄り、自慢の品々を直接購入できるマルシェの魅力をご紹介します。


三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

三種 |「サンドクラフトinみたね」まるで砂の美術館!巨大な砂像が砂浜にずらり

秋田県北西部に位置し、日本海に面した三種町(みたねちょう)。秋田名物として知られる水草の一種「じゅんさい」の生産が古くから盛んで、国内生産量の約90%を占める日本一の産地です。この町で例年7月末に開催される「サンドクラフトinみたね」は、夏を盛り上げる名物イベント。砂でつくられた巨大な像の数々が、砂浜に勢ぞろいします。


十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

十和田 |「手づくり村 鯉艸郷」趣あふれる花園で自然の魅力と癒やしを体感しよう

“自然を感じながら食事や体験などができるフラワーガーデン”として整備されてきた「手づくり村 鯉艸郷」。1988年、村内に花菖蒲園を開園して以来、ルピナス園、芍薬園、山野草園を増設し、県内外から観光客が訪れる人気スポットに。今回は、自然の魅力はもちろん、体験メニューやお食事処といったポイントまでたっぷりとご紹介します!


湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

湯沢 |【ななび連載:湯沢編vol.4】湯沢の三大温泉郷でゆったりのんびり

“湯沢”という名前の通り、温泉が豊富な湯沢市。秋田県内最古といわれる「秋の宮温泉郷」をはじめ、渓谷沿いに宿が連なる「小安峡温泉」、泥水のように白濁した湯が特徴の「泥湯温泉」など、個性的な温泉地がそろいます。それぞれの温泉の近くには、噴気孔や泥火山などの見どころも点在。温泉と大自然をあわせて満喫しましょう。