花巻 |「マルカンビル大食堂」昭和レトロな雰囲気でいただく10段ソフト!マルカンラーメン!

花巻 |「マルカンビル大食堂」昭和レトロな雰囲気でいただく10段ソフト!マルカンラーメン!

地元花巻市民に愛され、惜しまれつつ2016年に閉店した旧マルカン百貨店。その6階にあった展望大食堂が、「マルカンビル大食堂」として2017年2月に復活しました。昭和レトロな面影が漂う店内の雰囲気やメニューは閉店前のまま。10段ソフトクリームやマルカンラーメンなど、ボリューム満点の手づくり料理をお手頃価格で味わえます。


連日大賑わいの大食堂

JR花巻駅から徒歩15分、マルカンビルの6階に「マルカンビル大食堂」はあります。かつてのマルカン百貨店そのままの場所です。

エレベーターの扉が開き一歩店に足を踏み入れれば、そこは昭和の大食堂。ショーケースにずらりと並ぶ料理サンプルやテーブル、イス、照明、箸立てなど、調度品はすべて旧マルカン百貨店からそのまま引き継いだものだそう。昭和の趣が香る食堂は、大人には懐かしく子どもの目には新鮮に映りそうですね。

ラーメンや寿司、洋食、ソフトクリーム、パフェ…など、メニューはなんと114品以上。今ではあまり目にすることが少なくなったレトロな料理サンプルを眺めてメニューを選んだら、レジで食券を購入しましょう。

広々とした店内には580席ありますが、平日でもお昼時には満席になることも。週末ともなれば食券を購入する人の行列が6階から階段づたいに1階まで続くこともあります。ワイワイにぎやかなのがマルカン百貨店時代からこの大食堂の定番の光景です。

箸で食べる!?10段ソフトクリーム

この大食堂の名物といえば、箸で食べる「ソフトクリーム」です。くるくると10段も巻かれた圧巻のビジュアルを誇り、高さはなんと約25cm。テーブルに置かれたレトロな箸立てと背を並べるほどの高さです。

こちらのソフトクリーム、販売当初は一般的な大きさでしたが、旧マルカン百貨店の創業者はお客さんに喜んでもらいたいと「盛りを良くして」が口癖。ある時、テレビの取材中に、創業者の口癖を思い出しはりきったスタッフが、ソフトクリームを10段巻いたのがはじまりなのだそう。

あまりの大きさから、いつしか箸で食べるのがこの大食堂の定番に。ソフトクリームを箸で上からつまむ派、下からすくう派、なかには彫刻のように形をつくりながら食べる造形派など、地元では流派もあるとか。1個のソフトクリームをみんなで分け合って食べる家族の姿も多く見かけます。

こんなにボリュームがあって楽しい10段ソフトクリームですが、180円と驚きの安さです。

不動の人気「マルカンラーメン」と「ナポリかつ」

厨房が見えるカウンター式キッチンから次々と提供される料理メニューも、閉店前そのままの味が楽しめます。以前と変わらず、「マルカンラーメン」と「ナポリかつ」が不動の人気メニュー。

「マルカンラーメン」は、野菜やマッシュルーム、かまぼこなど具がたっぷりのピリ辛あんかけラーメンです。麺はあんがよくからむ柔らかめの中細縮れ麺。麺の鮮度を大事にしていて、近くの製麺所からつくりたての麺が1日に2、3度届けられます。

数あるメニューのなかでも特に地元リピーターが多いメニューで、物心がつく前からこの大食堂に通っていた現社長の小友康広さんも「マルカンラーメン」をこよなく愛するひとり。

「ナポリかつ」は、まずそのボリュームに驚きます。トマトがジューシーに香るたっぷりのナポリタンと、オーダーが入ってから肉を切る揚げたてカツが丸々1枚乗っています。同じ皿にはサラダもたっぷり。売り切れることが多い人気メニューなので、早めの来店がオススメです。

コクのある「カレーライス」もどうぞ

子どもにオススメのメニューが「カレーライス」。具が少なくも見えますが、玉ねぎやニンジン、ジャガイモなど数種類の野菜をすりおろして入れていて、甘みとコクのある奥深い味に仕上げています。地元の小学生は、家族とはもちろん、町内会やクラブの集まりなどで食べることが多い思い出の味だそう。値段も450円とお手頃です。

幼児の人気メニューは「子ども寿司」。スペースシャトルの器に巻き寿司が乗って登場します。フルーツと風車のおもちゃも付いていますよ。

まとめ

昭和レトロな雰囲気の大食堂は、花巻市民にとって憩いの場のよう。今度の休日はマルカンビル大食堂で家族みんなでワイワイ食事を楽しみ、デザートにはソフトクリームを箸で食べてみてはいかがでしょうか。

「マルカンビル大食堂」について詳しくはこちら

関連するキーワード


岩手県 花巻 花巻 グルメ

関連する投稿


岩手 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

岩手 |「秋祭り・紅葉スポットガイド」

秋本番、レジャーシーズンがやってきました。お子さんを連れておでかけしませんか?この時季、地元の文化や歴史に触れるお祭りや、芋煮会などの食文化にも触れられるイベントが盛りだくさん。さらに、真っ赤に染まる紅葉狩りスポットもご案内します!おでかけのプランをたてる際に、ぜひお役立てください。


雫石 |「小岩井農場」の収穫祭でハロウィンランタンをつくろう!

雫石 |「小岩井農場」の収穫祭でハロウィンランタンをつくろう!

岩手山南麓に広がる3,000ヘクタールもの広大な「小岩井農場」。その観光エリア・まきば園は、のどかな風景のなかで1日中遊べるファミリーに大人気のスポットです。秋は大花壇にコスモスが咲き誇り、11月5日までは恒例の「小岩井農場収穫祭」も開催。農場産のかぼちゃを使ったハロウィンランタンづくりなどを体験できます。


二戸 |「北のチョコレート工場&店舗 2door」南部せんべいとチョコレートがコラボ!二戸市の新名所

二戸 |「北のチョコレート工場&店舗 2door」南部せんべいとチョコレートがコラボ!二戸市の新名所

岩手銘菓・南部せんべいの生産地として知られる二戸市。伝統の南部せんべいにチョコレートをあわせた、新感覚のお菓子を製造・販売する施設「北のチョコレート工場&店舗 2door(ツードア)」がオープンしました。工場見学やおみやげ選びをしたり、イートインでスイーツを味わったりと、南部せんべいの新たな魅力にふれられますよ。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.4】古きよき街並みが残る「鉈屋町」をおさんぽしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.4】古きよき街並みが残る「鉈屋町」をおさんぽしよう

盛岡駅から車で約10分、北上川沿いに位置する鉈屋町(なたやちょう)は、かつて舟運の要所として栄えた街。明治時代に建てられた町家が並び、ノスタルジックな景観が広がっています。近年その街並みを保存活用する動きが進み、レトロな街歩きが楽しめると注目されています。親子で楽しめるスポットもあり、休日のおでかけにぴったりですよ。


盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

盛岡 |【ななび連載:盛岡編vol.3】ショッピングもグルメも!盛岡の市(いち)へおでかけしよう

城下町として栄えた盛岡では、藩政時代から各所で生活用品や食材などを売買する市が開催されていました。今も盛岡市内のさまざまな場所で、地場産野菜や郷土料理の露店が並ぶ市が開かれています。なかには骨董品市や花市なども。地元の人との会話を楽しみながら、産地ならではのお得なショッピングができますよ。


最新の投稿


秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

秋田 |「CHERISH CAFÉ」ママも子どももよろこぶ親子カフェ

毎日子育てをがんばっているママのお楽しみは、おいしいものを食べたり、ママ友とおしゃべりに花を咲かせたりという、何気ない時間。ママも子どもも、ときには外に出てリフレッシュしたいですよね。一方で、「子連れでカフェに行くのは…」と不安な方も多いのでは。今回紹介する「CHERISH CAFÉ」はそんなママたちの心強い味方です。


山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

山形 |「宝珠山ライトアップ・光のロード」で、秋色に染まる山寺を紅葉さんぽ♪

「山寺」の呼び名で親しまれる宝珠山立石寺。紅葉の名所としても知られ、例年10月下旬を迎えると、秋の深まりとともに赤や黄の鮮やかな紅葉世界に一変。見頃にあわせて「宝珠山ライトアップ・光のロード」も開催されます。参道グルメのなかでも、おやつにぴったりの「さくらんぼソフトクリーム」も要チェックですよ。


河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

河沼郡 湯川・会津坂下 |「道の駅あいづ」で、あいづの旬といいもの発見!食べて遊べるショッピングスポット

福島県河沼郡湯川村に、会津坂下町との2町村が共同で整備する日本初の道の駅「道の駅あいづ」があります。会津地方のちょうど中心に位置し、会津地域の新鮮な農産物や食料品、メイドイン会津の逸品が揃います。観光の方はもちろん、地域住民のお買い物にも人気で、週末はイベントの開催など地域内外の人々との交流の場にもなっています。


金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山 |【ななび連載:金山編vol.2】金山でしか味わえないおいしいグルメを食べにいこう

金山町は、ここでしか食べられない絶品グルメの宝庫!金山町でしか取れない「奥会津金山赤カボチャ」や「アザキ大根」など、珍しくておいしい特産品を使ったグルメは必見です。遠方からのファンも多い人気のB級グルメや、懐かしいパンとケーキをその場で気軽に味わえるパン屋さんなど…今回はそんな魅力いっぱいの金山グルメをご紹介します。


大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

大崎 |「鳴子峡」東北屈指の紅葉スポット!日帰り温泉やグルメも楽しもう

宮城県の内陸北部に位置する鳴子温泉郷。その西部にある大渓谷「鳴子峡」は、見渡すかぎり極彩色の大パノラマが広がる、東北有数の紅葉スポットです。例年10月下旬から11月上旬に見頃を迎えるので、秋のおでかけにぴったり。自然美を満喫したあとは、レトロな温泉街を散策して、日帰り入浴やご当地グルメを楽しみましょう。