花巻 |「マルカンビル大食堂」昭和レトロな雰囲気でいただく10段ソフト!マルカンラーメン!

花巻 |「マルカンビル大食堂」昭和レトロな雰囲気でいただく10段ソフト!マルカンラーメン!

地元花巻市民に愛され、惜しまれつつ2016年に閉店した旧マルカン百貨店。その6階にあった展望大食堂が、「マルカンビル大食堂」として2017年2月に復活しました。昭和レトロな面影が漂う店内の雰囲気やメニューは閉店前のまま。10段ソフトクリームやマルカンラーメンなど、ボリューム満点の手づくり料理をお手頃価格で味わえます。


連日大賑わいの大食堂

JR花巻駅から徒歩15分、マルカンビルの6階に「マルカンビル大食堂」はあります。かつてのマルカン百貨店そのままの場所です。

エレベーターの扉が開き一歩店に足を踏み入れれば、そこは昭和の大食堂。ショーケースにずらりと並ぶ料理サンプルやテーブル、イス、照明、箸立てなど、調度品はすべて旧マルカン百貨店からそのまま引き継いだものだそう。昭和の趣が香る食堂は、大人には懐かしく子どもの目には新鮮に映りそうですね。

ラーメンや寿司、洋食、ソフトクリーム、パフェ…など、メニューはなんと114品以上。今ではあまり目にすることが少なくなったレトロな料理サンプルを眺めてメニューを選んだら、レジで食券を購入しましょう。

広々とした店内には580席ありますが、平日でもお昼時には満席になることも。週末ともなれば食券を購入する人の行列が6階から階段づたいに1階まで続くこともあります。ワイワイにぎやかなのがマルカン百貨店時代からこの大食堂の定番の光景です。

箸で食べる!?10段ソフトクリーム

この大食堂の名物といえば、箸で食べる「ソフトクリーム」です。くるくると10段も巻かれた圧巻のビジュアルを誇り、高さはなんと約25cm。テーブルに置かれたレトロな箸立てと背を並べるほどの高さです。

こちらのソフトクリーム、販売当初は一般的な大きさでしたが、旧マルカン百貨店の創業者はお客さんに喜んでもらいたいと「盛りを良くして」が口癖。ある時、テレビの取材中に、創業者の口癖を思い出しはりきったスタッフが、ソフトクリームを10段巻いたのがはじまりなのだそう。

あまりの大きさから、いつしか箸で食べるのがこの大食堂の定番に。ソフトクリームを箸で上からつまむ派、下からすくう派、なかには彫刻のように形をつくりながら食べる造形派など、地元では流派もあるとか。1個のソフトクリームをみんなで分け合って食べる家族の姿も多く見かけます。

こんなにボリュームがあって楽しい10段ソフトクリームですが、180円と驚きの安さです。

不動の人気「マルカンラーメン」と「ナポリかつ」

厨房が見えるカウンター式キッチンから次々と提供される料理メニューも、閉店前そのままの味が楽しめます。以前と変わらず、「マルカンラーメン」と「ナポリかつ」が不動の人気メニュー。

「マルカンラーメン」は、野菜やマッシュルーム、かまぼこなど具がたっぷりのピリ辛あんかけラーメンです。麺はあんがよくからむ柔らかめの中細縮れ麺。麺の鮮度を大事にしていて、近くの製麺所からつくりたての麺が1日に2、3度届けられます。

数あるメニューのなかでも特に地元リピーターが多いメニューで、物心がつく前からこの大食堂に通っていた現社長の小友康広さんも「マルカンラーメン」をこよなく愛するひとり。

「ナポリかつ」は、まずそのボリュームに驚きます。トマトがジューシーに香るたっぷりのナポリタンと、オーダーが入ってから肉を切る揚げたてカツが丸々1枚乗っています。同じ皿にはサラダもたっぷり。売り切れることが多い人気メニューなので、早めの来店がオススメです。

コクのある「カレーライス」もどうぞ

子どもにオススメのメニューが「カレーライス」。具が少なくも見えますが、玉ねぎやニンジン、ジャガイモなど数種類の野菜をすりおろして入れていて、甘みとコクのある奥深い味に仕上げています。地元の小学生は、家族とはもちろん、町内会やクラブの集まりなどで食べることが多い思い出の味だそう。値段も450円とお手頃です。

幼児の人気メニューは「子ども寿司」。スペースシャトルの器に巻き寿司が乗って登場します。フルーツと風車のおもちゃも付いていますよ。

まとめ

昭和レトロな雰囲気の大食堂は、花巻市民にとって憩いの場のよう。今度の休日はマルカンビル大食堂で家族みんなでワイワイ食事を楽しみ、デザートにはソフトクリームを箸で食べてみてはいかがでしょうか。

「マルカンビル大食堂」について詳しくはこちら

関連する投稿


山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

三陸の豊かな海が育んだ旨みたっぷりのカキが楽しめる季節が到来!「山田かき小屋」では2018年7月1日(日)まで、殻付きの蒸し焼きカキが制限時間内食べ放題で存分に味わえます。産地ならではの価格と野趣に富んだ雰囲気のなかで、“海のミルク”と呼ばれる濃厚なカキの旨みを贅沢に堪能しましょう。


岩泉 |「岩泉ヨーグルト」が台風被害を乗り越え復活!

岩泉 |「岩泉ヨーグルト」が台風被害を乗り越え復活!

もちっとした食感と濃厚な味わいで、全国にファンをもつ「岩泉ヨーグルト」。2016年に発生した台風10号の豪雨により工場が被災し、製造中止を余儀なくされていましたが、2017年10月についに販売が再開されました。一度食べると夢中になると評判のヨーグルトの製造元、岩泉乳業をご紹介!


盛岡 |「岩手県立美術館」にエリック・カール展がやってくる!

盛岡 |「岩手県立美術館」にエリック・カール展がやってくる!

絵本『はらぺこあおむし』でおなじみのエリック・カール。その豊かな色彩の世界が、2017年秋、岩手県立美術館の特別展でたっぷり楽しめます。期間中は、親子で参加できる関連イベントやオリジナルグッズの販売などが行なわれます。斬新な設計が魅力のアート空間で、心豊かなひとときを過ごしてはいかがでしょうか?


岩手 |「キャンプ・スキー場ガイド」

岩手 |「キャンプ・スキー場ガイド」

季節は秋、そして冬へ。寒くて外にでるのがおっくうになりがちですが、北国のお楽しみはまだまだこれから!とくにキャンプやスキー場では、家族で非日常を味わえる貴重なチャンスです。今回は、冬のレジャーを楽しめるおでかけスポットと、その付近にある温泉までご紹介します!


盛岡 |「KANEIRI STANDARD STORE」で見つける東北のクラフトアイテム

盛岡 |「KANEIRI STANDARD STORE」で見つける東北のクラフトアイテム

「KANEIRI STANDARD STORE」は、東北6県の伝統工芸品を中心に、国内外から集められた文具やアクセサリー、本などをセレクトする雑貨店。鮮やかな色味やポップなデザインなど、暮らしを明るく彩ってくれるアイテムが並びます。クラフトならではのぬくもりを、手に取り感じながらショッピングを楽しみましょう。


最新の投稿


仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

仙台 |「2017SENDAI光のページェント」キラキラのイルミネーションと一緒にパレードやスケートを楽しもう!

2017年で32回目を迎える仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」。ケヤキ並木で知られる定禅寺通が約60万球ものライトで光り輝きます。通りを歩けば、まるで瞬く星々に包まれているよう。冬の間だけのお楽しみ、仙台の街に広がる幻想的な空間へおでかけしてみませんか。


福島 |「こむこむ」図書館と入場無料の室内遊び場!親子で楽しく学べるプラネタリウムも魅力

福島 |「こむこむ」図書館と入場無料の室内遊び場!親子で楽しく学べるプラネタリウムも魅力

外遊びが制限される冬の季節。福島のママに人気で、外で遊びたいお子さんたちの強い味方が「福島市子どもの夢を育む施設 こむこむ」。施設内には子ども向けの図書館や充実した室内遊び場、プラネタリウムに、さまざまな体験イベントやワークショップ、マルシェやコンサートなど、お子さんはもちろん大人も楽しめる教育文化複合施設です。


山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

山田 |「山田かき小屋」でジューシーなカキが食べ放題♪今シーズンもスタート!

三陸の豊かな海が育んだ旨みたっぷりのカキが楽しめる季節が到来!「山田かき小屋」では2018年7月1日(日)まで、殻付きの蒸し焼きカキが制限時間内食べ放題で存分に味わえます。産地ならではの価格と野趣に富んだ雰囲気のなかで、“海のミルク”と呼ばれる濃厚なカキの旨みを贅沢に堪能しましょう。


いわき |【ななび連載:いわき編vol.2】海、山、街…いわきグルメを味わうステキなお店

いわき |【ななび連載:いわき編vol.2】海、山、街…いわきグルメを味わうステキなお店

国内有数の広さを誇るいわき市は、海、山、街と、それぞれのおいしい味覚も魅力です。今回、海の味覚は小名浜の「海鮮と鍋」、山の味覚は遠野の「自然薯麦とろろご飯」、街で国の有形文化財の蔵で味わう、手づくりのパンやケーキが好評の「カフェ」をご紹介します。地域色豊かなステキなお店で、おいしいいわきを味わいましょう。


仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

仙台 |「キリンビール仙台工場」五感を使って工場見学!試飲や限定グッズもお楽しみ

全国に9ヶ所あるキリンビール工場のひとつ「キリンビール仙台工場」。水族館やアウトレットなど、おでかけスポットが充実する仙台港エリアの一角にあります。ビールができるまでを楽しく見学したあと、ビールやジュースを試飲したり、ショップで限定グッズを入手したりと、大人もお子さんも大満足の施設です。